杜甫《敬簡王明府》五言律詩 成都(3部)浣花渓の草堂(5-(18)) 

あなたはきっと見るであろう、高くすぐれた道義を持っている隠れた人材のあなたが登用されるということを。唐の朝廷がそうしないなら万人の中で恥を与えられることとなるというものだ。


2013年4月30日 同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩上責躬應詔詩表 曹植 魏詩<74-#4> 750 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2298
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩九辯 第九段―#8 宋玉  <00-#34>Ⅱもっとも影響を与えた詩文 663 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2299
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集敬簡王明府 五言律詩 成都5-(18) 杜甫 <467>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2300 杜甫詩1000-467-654/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集歳暮 謝霊運(康楽)<60> kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞ブログ 2301 (04/30)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性詠八十一顆 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-151-23-#16  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2302
 
 ■今週の人気記事(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex

安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。

李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首

 

敬簡王明府 五言律詩 成都5-(18) 杜甫 <467>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2300 杜甫詩1000-467-654/1500


詩 題:敬簡王明府五言律詩 杜甫 成都(3部)浣花渓の草堂(5-(18)) 卷二二六
作時761年7・8月杜甫50歳 
掲 載; 杜甫1000首の467首目-場面5-(18)
杜甫ブログ1500回予定の-654回目   40753



敬簡王明府
(敬しく王明府に簡す。)
初夏001葉縣郎官宰,周南太史公。
かつて都畿道 汝州葉縣の郎官の長であった。それから天下の南部分において勝手の司馬遷のような文官である。
神仙才有數,流落意無窮。
神通力をもつ仙人のような人でその持っている能力は有数なものである。現在、不遇をかこって落ちぶててはいるが、その意志や発想表現について無限の広がりを持っている
驥病思偏秣,鷹愁怕苦籠。
今のあなたは、千里を走る馬が病気になるのは偏った飼料を与えられているからであるように思考されるし、鷹の悩みというべきは、苦痛でしかない籠の中にいる恐ろしさの中に有るようなものである。
看君用高義,恥與萬人同。

あなたはきっと見るであろう、高くすぐれた道義を持っている隠れた人材のあなたが登用されるということを。唐の朝廷がそうしないなら万人の中で恥を与えられることとなるというものだ。

(敬【うやうや】しく王明府に簡す)
葉縣【ようけん】郎官の宰,周南の太史公。
神仙にして才は有數なり,流落しても意は窮み無し。
驥病【きびょう】するは偏秣【へんまつ】を思い,鷹愁【おうしゅう】苦籠【くろう】に怕【おそ】る。
君を看るは高義【こうぎ】を用い,恥與【ちよ】するは萬人に同じゅうする。


『敬簡王明府』 現代語訳と訳註
(本文)
葉縣郎官宰,周南太史公。
神仙才有數,流落意無窮。
驥病思偏秣,鷹愁怕苦籠。
看君用高義,恥與萬人同。


(下し文)
(敬【うやうや】しく王明府に簡す)
葉縣【ようけん】郎官の宰,周南の太史公。
神仙にして才は有數なり,流落しても意は窮み無し。
驥病【きびょう】するは偏秣【へんまつ】を思い,鷹愁【おうしゅう】苦籠【くろう】に怕【おそ】る。
君を看るは高義【こうぎ】を用い,恥與【ちよ】するは萬人に同じゅうする。


(現代語訳)
(敬しく王明府に簡す。)
かつて都畿道 汝州葉縣の郎官の長であった。それから天下の南部分において勝手の司馬遷のような文官である。
神通力をもつ仙人のような人でその持っている能力は有数なものである。現在、不遇をかこって落ちぶててはいるが、その意志や発想表現について無限の広がりを持っている
今のあなたは、千里を走る馬が病気になるのは偏った飼料を与えられているからであるように思考されるし、鷹の悩みというべきは、苦痛でしかない籠の中にいる恐ろしさの中に有るようなものである。
あなたはきっと見るであろう、高くすぐれた道義を持っている隠れた人材のあなたが登用されるということを。唐の朝廷がそうしないなら万人の中で恥を与えられることとなるというものだ。


(訳注)
敬簡王明府

敬しく王明府に簡す。
・簡 書簡する。てがみ。
・王明府 唐興の明府。劍南道北部 遂州 唐興(fg-2・3)成都の東180kmにある。・明府 漢の時代の県令の尊成都遂州00称であった。明府は県令、少府は県尉のこと、親族が同じ県の長と次長をしていたことになるのである。陶淵明や友人の高適が県令職を辞したことをのべるブログ。官定後戲贈 杜甫 : kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 誠実な詩人杜甫特集 100『蕭八明府實處覓桃栽』「奉乞桃栽一百根,春前為送浣花村。河陽縣裡雖無數,濯錦江邊未滿園。」

成都(1)浣花渓の草堂(4) 蕭八明府實處覓桃栽 杜甫 <355  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1735 杜甫詩 700- 533


『從韋二明府續處覓綿竹三數叢』「華軒藹藹他年到,綿竹亭亭出縣高。江上舍前無此物,幸分蒼翠拂波濤。」
成都(1)浣花渓の草堂(5) 從韋二明府續處覓綿竹 杜甫 <356  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1739 杜甫詩 700- 534
『北鄰』「明府豈辭滿,藏身方告勞。青錢買野竹,白幘岸江皋。愛酒晉山簡,能詩何水曹。時來訪老疾,步屧到蓬蒿。 」

北鄰 杜甫 成都(3部)浣花渓の草堂(3 -3)  <385  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1867 杜甫詩1000-385-566/1500

従侄(従兄弟の子)杜済の人脈を通じて杜甫は、成都においての付き合いを広げている。数年前まで左拾遺というキャリアは大きいものがあった。


葉縣郎官宰,周南太史公。
かつて都畿道 汝州葉縣の郎官の長であった。それから天下の南部分において勝手の司馬遷のような文官である。
・葉縣 洛陽の南南東70kmのある都畿道 汝州葉縣のこと。
・郎官 洛陽が唐とであることで特別区の扱いで職官の爵位をもつ。
・宰 ①切って料理する。料理人。②つかさどる。取り仕切る。「宰領/主宰」 ③ つかさ。長。
・周南 中原と関中を中心として唐王朝の領域の南側の部分を云う。
・太史 古代中国の官名。天文・暦法、また、国の法規や宮廷内の諸記録のことなどをつかさどった史官および暦官の長。たいしこう【太史公】⇒司馬遷(しばせん) 周代の記録係である司馬氏の子孫で、太史令の司馬談を父に持つ]。太初暦の制定や、通史『史記』の執筆などの業績がある。


神仙才有數,流落意無窮。
神通力をもつ仙人のような人でその持っている能力は有数なものである。現在、不遇をかこって落ちぶててはいるが、その意志や発想表現について無限の広がりを持っている。
・神仙 不老不死で、神通力をもつ人。仙人。
・才 能力を備えている。お世辞の様なもの。
・流落 人生において不遇をかこっていること。
・意無窮 意志、発想、想像力、表現力において無限の広がりを持っている。


驥病思偏秣,鷹愁怕苦籠。
今のあなたは、千里を走る馬が病気になるのは偏った飼料を与えられているからであるように思考されるし、鷹の悩みというべきは、苦痛でしかない籠の中にいる恐ろしさの中に有るようなものである。
・驥病 千里を走る馬が病気になる。王明府の現在のことを謂う。
・偏秣 秣(まぐさ)とは馬や牛の飼料とする草。
・鷹愁 鷹の悩みということ。王明府の現在のことを謂う。
・苦籠 苦痛でしかない籠の中。


看君用高義,恥與萬人同。
あなたはきっと見るであろう、高くすぐれた道義を持っている隠れた人材のあなたが登用されるということを。唐の朝廷がそうしないなら万人の中で恥を与えられることとなるというものだ。
・高義 高くすぐれた道義。高徳。高士:高い仁徳を持つもの。1 志が高くりっぱな人格を備えた人物。人格高潔な人。「―世に容(い)れられず」 2 世俗を離れて生活している高潔な人物。隠君子