杜甫 《重簡王明府》 五言律詩  成都(3部)浣花渓の草堂(5-(19)) 

この年、甲子の月、西南のこの蜀の地方において異変が起きた。冬が到来しているこのような寒波が来ている時期であるというのに。長江にかかる雲はどういうことで夜になると覆い尽くし雨を降らせるのであろうか、そして、蜀地方は何時になったら乾いてくれるのだろうか。

2013年5月1日 同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩上責躬應詔詩表 曹植 魏詩<74-#5>文選 上 献詩 751 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2303
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35>Ⅱもっとも影響を与えた詩文 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集重簡王明府 五言律詩 成都5-(19) 杜甫 <468>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2305 杜甫詩1000-468-655/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集日出東南隅行 謝霊運(康楽) <61> kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞ブログ 2306 (05/01)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性四友贊 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-152-24-#17  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2307
 
 ■今週の人気記事(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex

安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。

李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首

 

重簡王明府 五言律詩 成都5-(19) 杜甫 <468>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2305 杜甫詩1000-468-655/1500


詩 題:重簡王明府 杜甫 成都(3部)浣花渓の草堂(5-(19)) 
作時761年10末~11月初め、杜甫50歳 
卷別: 卷二二六  文體: 五言律詩
掲 載; 杜甫1000首の468首目-場面5-(19)
杜甫ブログ1500回予定の-655回目


重簡王明府
(重ねて書簡を王明府に送ります。)
甲子西南異,冬來只簿寒。
この年、甲子の月、西南のこの蜀の地方において異変が起きた。冬が到来しているこのような寒波が来ている時期であるというのに。
江雲何夜盡,蜀雨幾時幹?
長江にかかる雲はどういうことで夜になると覆い尽くし雨を降らせるのであろうか、そして、蜀地方は何時になったら乾いてくれるのだろうか。
行李須相問,窮愁豈自寬?
こうしてまた旅に出ることで互いにの思いをぶっつけ合おうではないか。苦しみ悲しむことを何とかして自分自身で打ちやぶって晴らそうではないか。
君聽鴻雁響,恐致稻粱難。
君はもう聞いているだろうとは思うのだが、大鳥や、雁が鳴くのが響いて伝わってきたのは元号も変わりどんな変化があるのだろうか。一番心配するのは五穀豊穣が難しくなりはしないかということなのだ。
(重ねて王明府に簡す)
甲子 西南の異,冬來りて只寒に簿【いた】る。
江雲 何ぞ夜に盡せん,蜀雨 幾時に幹せんや?
行李 須く相い問わん,窮愁 豈に自ら寬かん?
君聽くや鴻雁の響あるを,恐れ致【いだ】くは 稻粱の難なり。


蜀の山50055この年(761)の情勢(新唐書)
  二年(761)正月甲寅、降死罪、流以下原之。乙卯、劉展が処刑された。
  二月己未、奴剌・党項羌が宝を寇し、大散関を焚き、鳳州を寇し、刺史の蕭がここに死に、鳳翔尹の李鼎がこれを破った。戊寅、李光弼が史思明と北邙で戦い、敗れた。史思明が河陽を陥落させた。癸未、李揆を左遷して袁州長史とした。河中節度使の蕭華が中書侍郎・同中書門下平章事となった。乙酉、来瑱が史思明と魯山で戦い、これを破った。
  三月甲午、史朝義が陜州を寇し、神策軍節度使の衛伯玉がこれを破った。戊戌、史朝義がその父の史思明を弑した。李光弼が副元帥を辞任した。
  四月己未、吏部侍郎の裴遵慶が黄門侍郎・同中書門下平章事となった。乙亥、青密節度使の尚衡が史朝義と戦い、これを破った。丁丑、兗鄆節度使の能元皓がまたこれを破った。壬午、剣南東川節度兵馬使の段子璋がそむき、綿州を陥落させ、遂州刺史の嗣虢王李巨がここに死に、節度使の李奐が成都に逃れた。
  五月甲午、史朝義の将の令狐彰が滑州をもって降った。戊戌、平盧軍節度使の侯希逸が史朝義と幽州で戦い、これを破った。庚子、李光弼が河南道副元帥となった。剣南節度使の崔光遠が東川を落とし、段子璋が処刑された。
  七月癸未朔日食があった。
  八月辛巳、殿中監の李国貞が朔方・鎮西・北庭・興平・陳鄭・河中節度使を都統した。
  九月壬寅、大赦し、「乾元大聖光天文武孝感」の号を去り、「上元」の号を去り、寶應元年を称し、十一月を歳首とし、月以斗所建辰為名。文武の官に階・勲・爵を賜り、版授侍老官、先授者進之。停四京号。

  元年建子月癸巳、曹州刺史の常休明が史朝義の将の薛と戦い、これを破った。己亥、朝聖皇天帝于西内。丙午、衛伯玉が史朝義と永寧で戦い、これを破った。己酉、太清宮で朝献した。庚戌、太廟および元献皇后廟で朝享した。
  建丑月辛亥、有事于南郊。己未、来瑱が史朝義と汝州で戦い、これを破った。乙亥、侯希逸が史朝義の将の李懐仙と范陽で戦い、これを破った。


『重簡王明府』 現代語訳と訳註
aki02(本文)
甲子西南異,冬來只簿寒。
江雲何夜盡,蜀雨幾時幹?
行李須相問,窮愁豈自寬?
君聽鴻雁響,恐致稻粱難。


(下し文)
(重ねて王明府に簡す)
甲子 西南の異,冬來りて只寒に簿【いた】る。
江雲 何ぞ夜に盡せん,蜀雨 幾時に幹せんや?
行李 須く相い問わん,窮愁 豈に自ら寬かん?
君聽くや鴻雁の響あるを,恐れ致【いだ】くは 稻粱の難なり。


(現代語訳)
(重ねて書簡を王明府に送ります。)
この年、甲子の月、西南のこの蜀の地方において異変が起きた。冬が到来しているこのような寒波が来ている時期であるというのに。
長江にかかる雲はどういうことで夜になると覆い尽くし雨を降らせるのであろうか、そして、蜀地方は何時になったら乾いてくれるのだろうか。
こうしてまた旅に出ることで互いにの思いをぶっつけ合おうではないか。苦しみ悲しむことを何とかして自分自身で打ちやぶって晴らそうではないか。
君はもう聞いているだろうとは思うのだが、大鳥や、雁が鳴くのが響いて伝わってきたのは元号も変わりどんな変化があるのだろうか。一番心配するのは五穀豊穣が難しくなりはしないかということなのだ。


(訳注)
重簡王明府

(重ねて書簡を王明府に送ります。)
・王明府 王潛、唐興の明府。劍南道北部 遂州 唐興(fg-2・3)成都の東180kmにある。・明府 漢の時代の県令の尊称であった。明府は県令、少府は県尉のこと、親族が同じ県の長と次長をしていたことになるのである。


甲子西南異,冬來只簿寒。
この年、甲子の月、西南のこの蜀の地方において異変が起きた。冬が到来しているこのような寒波が来ている時期であるというのに。
・西南異 剣南東川節度兵馬使の段子璋がそむき、綿州を陥落させ、遂州刺史の嗣虢王李巨がここに死に、節度使の李奐が成都に逃れたことを指す。


江雲何夜盡,蜀雨幾時幹?
長江にかかる雲はどういうことで夜になると覆い尽くし雨を降らせるのであろうか、そして、蜀地方は何時になったら乾いてくれるのだろうか。
・江雲 蜀には秋から冬にかけて夜になると雨が降ることを云う。江は岷江、錦江と特定した場所ではなく、長江の上流蜀地方の江に沸く雲という意味である。
・蜀雨幾時幹 夜になると雨が降るため大地が渇くことがないのでこういったのである。


行李須相問,窮愁豈自寬?
こうしてまた旅に出ることで互いにの思いをぶっつけ合おうではないか。苦しみ悲しむことを何とかして自分自身で打ちやぶって晴らそうではないか。
・行李 ①竹や柳で編んだ箱形の物入れ。旅行の際に荷物を運搬するのに用いたが、今日では衣類の保管などに使用。②旅行に持っていく荷物。旅のしたく。また、旅。③軍隊で、戦闘や宿営に必要な資材などを運ぶ部隊。旧日本陸軍には、大行李と、小行李とがあった。
・窮愁 苦しみうれえること。困窮して悲しむこと。


君聽鴻雁響,恐致稻粱難。
もう聞いているだろうとは思うのだが、大鳥や、雁が鳴くのが響いて伝わってきたのは元号も変わりどんな変化があるのだろうか。一番心配するのは五穀豊穣が難しくなりはしないかということなのだ。
・稻粱 米や粟稗など五穀。五穀豊穣を心配すること。


この詩は、王明府が不遇続きであることを心配して、俸禄がなくなる心配を云ったものである。特に、この年は蜀地方作物が不作で住民感情には不穏なものがあり、夏には日蝕もあった。そこに叛乱もあり、吐蕃も侵略のチャンスをうかがう様子を見せ、不安定な状況であった。このような時に元号が上元から、寶應に変わり、不安要素がかなりあったことを杜甫は仲間と談義していたのだ。