杜甫 《入奏行贈西山檢察使竇侍禦》雑言古詩(楽府) 貴方のもとに八州の刺史たちはこの一戦のことをおもっているし、国境守備の拠点三城はよく守るべく準備されている。

2013年5月28日 同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩擬魏太子鄴中集詩八首  魏太子 謝靈運 六朝魏詩<78-#3>文選 雜擬 上 778 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2438
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩奉和虢州劉給事使君三堂新題二十一詠。竹徑 韓愈(韓退之) <130>Ⅱ中唐詩691 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2439
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集入奏行贈西山檢察使竇侍御 雑言古詩(楽府) 成都6-(2-#3) 杜甫 <469-#3>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2440 杜甫詩1000-469-682/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性十離詩十首 犬離主 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-178-50-#40-2  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2437
 
 ■今週の人気記事(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex

『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。

李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首

 


入奏行贈西山檢察使竇侍御 雑言古詩(楽府) 成都6-(2-#3) 杜甫 <469>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2440 杜甫詩1000-469#3-682/1500




詩 題:入奏行贈西山檢察使竇侍禦雑言古詩(楽府)
杜甫 成都(5部)浣花渓の草堂6-(2-#3)
作時:762年1月杜甫51歳 
掲 載; 杜甫1000首の469-#3首目-場面6-(2-#3)
杜甫ブログ1500回予定の-682回目


入奏行贈西山檢察使竇侍禦
(宴の演奏や詩を詠む席にはいって西山の検察、竇侍禦のこの詩を贈る。)
竇侍御,驥之子,鳳之雛。 
竇侍禦は優れた才能を持つ人であり、鳳凰になるべきヒナの様な人である。
年未三十忠義俱,骨鯁絕代無。 
年末の三十日の恒例行事で忠義を共にしたことがあった、道理にそっている諌めの言葉を遠慮せずに言うことは誰一人としてできるものではないのである。
炯如一段清冰出萬壑,置在迎風寒露之玉壺。 
あきらか光り輝くさまは清廉なところは山々の峰々から出でてくる奇麗な氷のようであり、寒風のなか冰露が宝玉で作った壺の様なのである。
蔗漿歸廚金碗凍,洗滌煩熱足以寧君軀。
 
サトウキビの搾り汁でさえ厨房にはって調理する間に金椀の中も凍る。だから、きれいに洗い、温め、蒸して、十分に料理が足りるまではゆっくりとあなた自身の体をやすめることである。
#2
政用疏通合典則,戚聯豪貴耽文儒。 
政治的に働かせ、筋道がよく通り、法則にのっとり、合致する。心を痛めて心配することが関連ずけられ、身分・家柄などが高貴で詩文と儒学に勤しんでいる。
兵革未息人未蘇,天子亦念西南隅。 
ここにおいて戦争は未だに終わっていないし、人々が以前の元気を取り戻していない。天子はいろんな苦慮をされていたがここ国の西南の隅の地域の叛乱にも懸念をされている。
吐蕃憑陵氣頗粗,竇氏檢察應時須。 
異民族国家である吐蕃は国境の丘陵地帯を抑え、その辺りの雰囲気をとても荒れたものにしている。竇侍禦は西の山岳の檢察を時にあたって適時的にされるのである。
運糧繩橋壯士喜,斬木火井窮猿呼。 
食糧を運び、竹の橋を手早く縄で縛って作られたし、決死の覚悟で敵地に赴く勇者たちを喜んで迎えられている。制圧のための準備の木を伐採し、火器を準備し、叛乱の奴らの去る呼ばわりして追いつめられるであろう。
#3
八州刺史思一戰,三城守邊卻可圖。 
貴方のもとに八州の刺史たちはこの一戦のことをおもっているし、国境守備の拠点三城はよく守るべく準備されている。
此行入奏計未小,密奉聖旨恩宜殊。 
この「入奏」の一行は未だ小さい州にも目配りをしている。ひそかに心に思っているのは聖天子の恩に報いることを奉ずることである。
繡衣春當霄漢立,綵服日向庭闈趨。
天子から戴いた冠衣はこの春にあたってこの天下を鎮めるために出立するのである。美しく色どりしてある衣服はたいようにあたってかがやくように一族の栄誉を担って奮闘するだろう。
綵服日向庭闈趨。 
美しく色どりしてある衣服は太陽にあたってかがやくように一族の栄誉を担って奮闘するだろう。
#4
省郎京尹必俯拾,江花未落還成都。 
江花未落還成都,肯訪浣花老翁無。 
為君酤酒滿眼酤,與奴白飯馬青芻。 



『入奏行贈西山檢察使竇侍禦』 現代語訳と訳註
(本文)
#3
八州刺史思一戰,三城守邊卻可圖。 
此行入奏計未小,密奉聖旨恩宜殊。 
繡衣春當霄漢立,綵服日向庭闈趨。綵服日向庭闈趨。


(下し文) #3
八州刺史は一戰を思い,三城邊を守り卻【かえ】って圖る可し。 
此の入奏を行として未だ小を計らわず,密かに聖旨 恩宜の殊を奉じる。 
繡衣 春に當り霄漢【しょうかん】に立ち,綵服【さいふく】日向して庭闈【ていい】を趨る。綵服日向して庭闈【ていい】を趨る。


(現代語訳)
貴方のもとに八州の刺史たちはこの一戦のことをおもっているし、国境守備の拠点三城はよく守るべく準備されている。
この「入奏」の一行は未だ小さい州にも目配りをしている。ひそかに心に思っているのは聖天子の恩に報いることを奉ずることである。
天子から戴いた冠衣はこの春にあたってこの天下を鎮めるために出立するのである。美しく色どりしてある衣服はたいようにあたってかがやくように一族の栄誉を担って奮闘するだろう。
美しく色どりしてある衣服は太陽にあたってかがやくように一族の栄誉を担って奮闘するだろう。


(訳注) #3
八州刺史思一戰,三城守邊卻可圖。
 
貴方のもとに八州の刺史たちはこの一戦のことをおもっているし、国境守備の拠点三城はよく守るべく準備されている。
・八州 松、維、恭、蓬、雅、黎、姚、悉の八州
・三城 姚(雲南) 州、維州、松州の三州
・卻 かてって。また。そのときこそ。

吐蕃国境守備4901















此行入奏計未小,密奉聖旨恩宜殊。
 
この「入奏」の一行は未だ小さい州にも目配りをしている。ひそかに心に思っているのは聖天子の恩に報いることを奉ずることである。
・殊恩  特別に受けた厚い恩義。格別の恩。
・宜 むべ うべ よろしい程よくかなっている。


繡衣春當霄漢立,綵服日向庭闈趨。
天子から戴いた冠衣はこの春にあたってこの天下を鎮めるために出立するのである。美しく色どりしてある衣服は太陽にあたってかがやくように一族の栄誉を担って奮闘するだろう。
・繡衣 長安の朝廷で宮廷人の着飾った刺繍のある制服。紫綺裳 紫のあや絹の上着。
・霄漢 大空。天空。
・綵服 美しく色どりしてある衣服。きれいな着物。
・庭闈  親の居る部屋。闈:皇后の部屋に続く門。杜甫『送韓十四江東省覲』「君今何處訪庭闈?」わたしはこの戦火によって今以て故郷に弟や妹を尋ねてこられる家をうしなっている。君はいずれの地に親のいる奥の場所「庭闈」を訪問されようとするのであるか。送韓十四江東省覲 成都-(7) 杜甫 <460  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2245 杜甫詩1000-460-643/1500
・趨庭 庭さきを走りまわる。『論語』季氏篇に、孔子の子の伯魚(鯉)が「鯉趨而過庭」(庭を趨って過ぎたとき)、父の孔子が呼びとめて「詩」と「礼」とつまり、詩経と書経を学ぶようにさとしたとあるのにもとづき、子供が父の教えを受けることをいう。この『論語』のことばを使用するのは、魯の國に孔子の故郷である曲阜があることによる。
李白『送蕭三十一魯中。兼問稚子伯禽』「魯中正是趨庭處」(魯の國に孔子の故郷で「趨庭の處」ということが分かっているところだ)
*ここは、小さいころから親に心配をかけず立派な成績であったことを云い、一族の栄誉を担って奮闘するというほどの意味。


綵服日向庭闈趨。
美しく色どりしてある衣服は太陽にあたってかがやくように一族の栄誉を担って奮闘するだろう。