《大雨》 五言古詩 杜甫 成都(6部)浣花渓の草堂(6-(5)) 
浣花草堂は当地の権力者の裁量によって与えられたもので、自由に処分できる個人の財産ではない。草堂には農夫付きの農園が附属していて、杜甫はその農園を耕作する必要はなかった。麦や黍の穀物および野菜などの商品作物の経営、管理にも直接関与しなかったのだ。しかしその農園からの収穫物、収益は自分のものにできた。ただ家族の消費のための小規模な野菜作りなどは自ら菜園に出ておこなっていた。農業について知識も増えた。

2013年6月1日 同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩《擬魏太子鄴中集詩八首 陳琳》 謝靈運 六朝詩<80-#1>文選 雜擬 上 782 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2458
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩奉和虢州劉給事使君三堂新題二十一詠。花源 韓愈(韓退之) <134>Ⅱ中唐詩695 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2459
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集《大雨》 五言古詩 成都6-(5) 杜甫 <470-#3>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2460 杜甫詩1000-470-#3-686/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性十離詩十首 鸚鵡離籠 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-183-55-#43  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2462
 
 ■今週の人気記事(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex

『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。

李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首

 

大雨 五言古詩 成都6-(5) 杜甫 <470-#3>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2460 杜甫詩1000-470-#3-686/1500



詩 題:大雨五言古詩 杜甫 成都(6部)浣花渓の草堂(6-(5)) 
卷別: 卷二一九  文體: 五言古詩 
作時:762年寶應元年  1月杜甫51歳 
掲 載; 杜甫1000首の470-#3首目-場面6-(5)
杜甫ブログ1500回予定の-686回目




大雨
(大雨)
西蜀冬不雪,春農尚嗷嗷。
蜀に来て3年たつこの冬に積雪が少なかった。したがって春になっての農業にとっては多くの人が心配して騒ぐ声が多いのだ。
上天回哀眷,朱夏雲鬱陶。
昨年から天を仰いでぐるぐる見回して、悲しく振り返ってみても天気がおかしく、真夏であっても気分が重苦しいほどの厚い雲であった。
執熱乃沸鼎,纖絺成縕袍。
持てない鼎の熱を冷ますというが乃ち鼎でお湯を沸かしていることが前提だし、細い目の粗い布であっても防寒のドテラを作ることはできるものである。
風雷颯萬里,霈澤施蓬蒿。
風と雷は、万里さきからに沸き起って吹きあげてくれ、大雨は、蓬蒿をはじめとする一年草の草深い茂みを潤すものである。
#2
敢辭茅葦漏,已喜黍豆高。
待ち遠しかった雨が茅葦の屋根から漏れ落ちるのだが今は雨を慶び詩に詠おうと思う。間違いなく、この雨によって五穀豊穣が期待できることなのだから喜ぶべきことなのだ。
三日無行人,二江聲怒號。
この三日大雨が降り続き、通りを行き交う人の姿がまったく無い。増水した成都を流れる岷江と錦江の二江の、洪水の轟音が聞こえる。
流惡邑里清,矧茲遠江皋。
しかし、その流れは、ここの邑里の清を嫌うかのように避けてくれている。ここは、岷江から遠い所にある岸辺であるけれどあわてて洪水対策の準備にとりかかっている。
荒庭步鸛鶴,隱几望波濤。

大雨で荒れた庭に、雨をさけるように鸛鶴が歩いている。私は、江亭の長椅子に雨を避けて、流れ行く川波濤を眺めているのである。
DCF00106







#3
沈痾聚藥餌,頓忘所進勞。
こじれた病気で心は沈みがちになり、食事と薬についてはあらゆるものを整えていた。しかし、ここにきてからはそうした病気の進行も、生活苦も無く全く忘れさせてくれるほどなのだ。
則知潤物功,可以貸不毛。
生活、農業のことがわかってきたのは、耕作の功能、雨が物を潤し必要な事だということだ。不毛な土地でも、貸与されたものでもいいのではないか、何となく思えるようになってきているのだ。
陰色靜隴畝,勸耕自官曹。
雨は小康状態で雲を残している。田畑は静まり返ったままである。この雨で管理している役人が耕作を励行しようと、率先して農具を手に取ってはじめるのである。
四鄰耒耜出,何必吾家操。
四方隣り、ここらへん一帯では、農具を手に田畑に出て行きはじめた。私自身と家族が耕作に際して率先していく必要はないだろう。

(大雨) 
西蜀の冬は雪せず、春農は尚お嗷嗷たり。
上天は回りて哀眷し、朱夏の雲は鬱陶たり。
執熱 乃ち鼎を沸かし、纖は、袍を成す。
風雷は萬里に颯(ふ)き、霈澤は、蓬蒿に施す。

#2
敢えて辞せんや わが茅葦の漏るるを、已に黍豆の高きを喜ぶ。
三日して行人無く、二江の聲は怒號たり。
流は邑里の清を惡う、矧んや茲の遠くの江皋をや。
荒庭は鸛鶴がみ、几に隱れて波濤を望む。

#3
沈痾にして藥餌を聚め、頓に進んで勞する所を忘る。
則ち潤物の功を知り、以って不毛を貸するべし。
色を陰いて隴畝を靜かにし、耕を勸むるに官曹よりし。
四鄰は耒耜を出すも、何ぞ必ずしも吾が家も操せん。


『大雨』 現代語訳と訳註
(本文)
#3
沈痾聚藥餌,頓忘所進勞。則知潤物功,可以貸不毛。
陰色靜隴畝,勸耕自官曹。四鄰耒耜出,何必吾家操。


(下し文)#3
沈痾にして藥餌を聚め、頓に進んで勞する所を忘る。
則ち潤物の功を知り、以って不毛を貸するべし。
色を陰いて隴畝を靜かにし、耕を勸むるに官曹よりし。
四鄰は耒耜を出すも、何ぞ必ずしも吾が家も操せん。


(現代語訳)
こじれた病気で心は沈みがちになり、食事と薬についてはあらゆるものを整えていた。しかし、ここにきてからはそうした病気の進行も、生活苦も無く全く忘れさせてくれるほどなのだ。
いつの間にか、身を入れて骨折りする事を忘れてしまったようだ
生活、農業のことがわかってきたのは、耕作の功能、雨が物を潤し必要な事だということだ。不毛な土地でも、貸与されたものでもいいのではないか、何となく思えるようになってきているのだ。
雨は小康状態で雲を残している。田畑は静まり返ったままである。この雨で管理している役人が耕作を励行しようと、率先して農具を手に取ってはじめるのである。
四方隣り、ここらへん一帯では、農具を手に田畑に出て行きはじめた。私自身と家族が耕作に際して率先していく必要はないだろう。


(訳注) #3
沈痾聚藥餌,頓忘所進勞。

こじれた病気で心は沈みがちになり、食事と薬についてはあらゆるものを整えていた。しかし、ここにきてからはそうした病気の進行も、生活苦も無く全く忘れさせてくれるほどなのだ。
・痾 こじれた病気。「旧痾・宿痾・沈痾」
・頓忘 その場に応じて忘れる。度忘れ。反対語:頓智。頓:①つまずく。②くるしむ。③つかれる。④とめる。⑤ととのえる。⑥ひとたび。⑦とみに。


則知潤物功,可以貸不毛。
生活、農業のことがわかってきたのは、耕作の功能、雨が物を潤し必要な事だということだ。不毛な土地でも、貸与されたものでもいいのではないか、何となく思えるようになってきているのだ。
・貸不毛 当地の権力者の裁量によって与えられたもので、自由に処分できる個人の財産ではない。


陰色靜隴畝,勸耕自官曹。
雨は小康状態で雲を残している。田畑は静まり返ったままである。この雨で管理している役人が耕作を励行しようと、率先して農具を手に取ってはじめるのである。
・陰色 厚い雲が覆ている状態を云う。
・壟畝/隴畝【ろうほ】 ①うねとあぜ。田畑。②田舎。また、民間。
・官曹 耕作地を管理している役人。


四鄰耒耜出,何必吾家操。
四方隣り、ここらへん一帯では、農具を手に田畑に出て行きはじめた。私自身と家族が耕作に際して率先していく必要はないだろう。
・耒耜 中国古代の代表的農具。本来はともに手労働による耕起,除草,作溝を兼ねた農具であろうが,古代の手労働用の農具の代名詞的に使用される場合も多い。
・四鄰 四方隣り、ここらへん一帯。
・吾家操 杜甫自身と家族が耕作に際して率先してというほどの意味。


この四聯によって、この地は当地の権力者の裁量によって与えられたもので、自由に処分できる個人の財産ではない。草堂には農夫付きの農園が附属していて、杜甫はその農園を耕作する必要はなかった。麦や黍の穀物および野菜などの商品作物の経営、管理にも直接関与しなかったのだ。しかしその農園からの収穫物、収益は自分のものにできた。ただ家族の消費のための小規模な野菜作りなどは自ら菜園に出ておこなっていた。農業について知識も増えた。この二句は浣花渓草堂における杜甫の生産基盤がはっきりと示されている重要な資料の一つである。
この詩は浣花渓草堂に移り住んでの詩の中で最も注目される詩である。成都関連地図 00