2013年6月10日 同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩《擬魏太子鄴中集詩八首 應瑒》 謝靈運 六朝詩<83-#1> 791 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2503
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩雪後寄崔二十六丞公 韓愈(韓退之) <142-#3>Ⅱ中唐詩705 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2509
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集漁陽 楽府(七言歌行) 成都6-(11) 杜甫 <476>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2505 杜甫詩1000-476-695/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性酬郭簡州寄柑子 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-192-58-#52  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2507
 
 ■今週の人気記事(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex

『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。

李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首

 



唐宋時代鄴城05
漁陽 楽府(七言歌行) 杜甫 成都(6部)浣花渓の草堂(6-(11))  安史軍に抑えられている魚陽は755年11月突然に精鋭たちによって乗っ取られた。威権のかがやく蕹王はすべて徳があり、節をも守って治めていた。


漁陽 楽府(七言歌行) 成都6-(11) 杜甫 <476>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2505 杜甫詩1000-476-695/1500


詩 題:漁陽楽府(五言律詩) 杜甫 成都(6部)浣花渓の草堂(6-(11)) 
卷別: 卷二一九  文體: 七言古詩 
作時:762年寶應元年1月杜甫51歳 
掲 載; 杜甫1000首の476首目-場面6-(11)
杜甫ブログ1500回予定の-695回目   40794
梓州(劍南道北部 / 梓州 / 梓州) 
漁陽 (河北道南部 薊州 漁陽)   雄武城 (河北道南部 幽州 范陽)     
 

漁陽
 (叛乱軍が占拠している魚陽のことについて)
漁陽突騎猶精銳,赫赫雍王都節制。
安史軍に抑えられている魚陽は755年11月突然に精鋭たちによって乗っ取られた。威権のかがやく蕹王はすべて徳があり、節をも守って治めていた。
猛將飄然恐後時,本朝不入非高計。
勇猛果敢な大将は凡俗を超脱しヨウヨウトしており突然おこった事を懼れるだけ手手を打つのをことごとく後手をとった。その朝は朝廷に入らず高尚な計画は全くされなかった。
祿山北築雄武城,舊防敗走歸其營。
安禄山は黄河より北側を抑え幽州范陽に雄武城を築いたのである。王朝軍の旧防衛軍は敗走を重ね、破れた者たちはその本拠地の軍営には帰ってこなかったのである。
繫書請問燕耆舊,今日何須十萬兵。

書簡を継続して届け、問題点をはっきりさせてきた燕の国には優秀な儒者が居るではないか、今日至って、どうして十万を超える軍隊を用いて制圧してくれないのだろうか。

『漁陽』 現代語訳と訳註

toubanrimap044
(本文)
漁陽突騎猶精銳,赫赫雍王都節制。
猛將飄然恐後時,本朝不入非高計。
祿山北築雄武城,舊防敗走歸其營。
繫書請問燕耆舊,今日何須十萬兵。


(下し文) 漁陽
漁陽 突騎して猶お精銳たり,赫赫として 雍王は都【み】な節制す。
猛將 飄然として恐れ時を後にし,本朝 入らず 高計するに非らず。
祿山 北築 雄武の城,舊防 敗走して其の營に歸る。
書を繫ぎ 請問し 燕は耆舊す,今日 何んぞ須いん 十萬の兵。


(現代語訳)
(叛乱軍が占拠している魚陽のことについて)
安史軍に抑えられている魚陽は755年11月突然に精鋭たちによって乗っ取られた。威権のかがやく蕹王はすべて徳があり、節をも守って治めていた。
勇猛果敢な大将は凡俗を超脱しヨウヨウトしており突然おこった事を懼れるだけ手手を打つのをことごとく後手をとった。その朝は朝廷に入らず高尚な計画は全くされなかった。
安禄山は黄河より北側を抑え幽州范陽に雄武城を築いたのである。王朝軍の旧防衛軍は敗走を重ね、破れた者たちはその本拠地の軍営には帰ってこなかったのである。
書簡を継続して届け、問題点をはっきりさせてきた燕の国には優秀な儒者が居るではないか、今日至って、どうして十万を超える軍隊を用いて制圧してくれないのだろうか。


(訳注)
漁陽

(叛乱軍が占拠している魚陽のことについて)
・漁陽 漁陽郡(ぎょようぐん)は、中国にかつて存在した郡。現在の北京市、天津市、河北省の一部に相当する。唐の開元18年(730年)、漁陽郡は薊州と改称、天宝元年(742年)に漁陽郡と改称されたが、乾元元年(758年)に再び薊州と改称され漁陽郡の行政区画名は消滅した。河北道南部 薊州 漁陽


漁陽突騎猶精銳,赫赫雍王都節制。
安史軍に抑えられている魚陽は755年11月突然に精鋭たちによって乗っ取られた。威権のかがやく蕹王はすべて徳があり、節をも守って治めていた。
・赫赫 威権のかがやくさま。


猛將飄然恐後時,本朝不入非高計。
勇猛果敢な大将は凡俗を超脱しヨウヨウトしており突然おこった事を懼れるだけ手手を打つのをことごとく後手をとった。その朝は朝廷に入らず高尚な計画は全くされなかった。
・猛將 勇猛果敢な大将。杜甫『戲作花卿歌』「成都猛將有花卿,學語小兒知姓名。」
・諷然 凡俗を超脱し拘束されぬさまをいう。


祿山北築雄武城,舊防敗走歸其營。
安禄山は黄河より北側を抑え幽州范陽に雄武城を築いたのである。王朝軍の旧防衛軍は敗走を重ね、破れた者たちはその本拠地の軍営には帰ってこなかったのである。


繫書請問燕耆舊,今日何須十萬兵。 
書簡を継続して届け、問題点をはっきりさせてきた燕の国には優秀な儒者が居るではないか、今日至って、どうして十万を超える軍隊を用いて制圧してくれないのだろうか。
・耆舊 【耆旧】: 《「耆」は60歳の意》年寄り。老人。 ぎじゃくっ‐せん【耆闍崛山】: 《(梵)Gṛdhrakūṭaの音写。鷲峰(じゅぶ)などと訳》「霊鷲山(りょうじゅせん)」に同じ。 き‐じゅ【耆儒】: 年とった儒者、また、学者。 き‐しゅく【耆宿】: 《「耆」も「宿」も老、旧の意》学徳の


杜甫『石龕』「奈何漁陽騎,颯颯驚蒸黎!」
ああ、なんであの漁陽の叛乱の軍らは、風の吹きまくる如く人民を驚かしつづけるのであろうか。
“同谷紀行(9)” 石龕 杜甫 1000<328>#2 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1559 杜甫詩 1500- 484
石龕 
熊羆咆我東,虎豹號我西。
我後鬼長嘯,我前狨又啼。
天寒昏無日,山遠道路迷。
驅車石龕下,仲冬見虹霓。
伐竹者誰子?悲歌上雲梯。
為官采美箭,五歲供梁齊。
苦雲直竿盡,無以充提攜。
奈何漁陽騎,颯颯驚蒸黎!
(石龕)
熊羆【ゆうひ】我が東に咆【ほ】え、虎豹【こひょう】我が西に号【さけ】ぶ。
我が後【うしろ】には鬼長く嘯【うそぶ】く、我が前には狨【じゅう】又た啼く。
天寒くして昏れて日無く、山遠くして道路迷う。
車を駆る石龕【せきがん】の下、仲冬【ちゅうとう】虹霓【こうげい】を見る。
#2
竹を伐る者は誰が子ぞ、悲歌【ひか】して雲梯【うんてい】に上る。
官【かん】の為めに美箭【びぜん】を採り、五歳【ごさい】梁斉【りょうせい】に供す。
苦【ねんごろ】に云う直幹【ちょくかん】尽きて、以て提携【ていけい】に応ずる無しと。
奈何【いかん】ぞ漁陽【ぎょよう】の騎【き】、颯颯【さつさつ】として蒸黎【じょうれい】を驚かすや。