杜甫 《陳拾遺故宅》才智があり、ざっくばらんであり、優雅でもあることを継承しているし、道理に明るく、知恵があることについては肩を並べるものなどいないのだ。

2013年6月26日 同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩《薤露行》 武帝 魏詩<89-#1>古詩源 巻五 805 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2573
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩桃源圖 韓愈(韓退之) <146-#2>Ⅱ中唐詩720 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2584
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集陳拾遺故宅 五言古詩 成都6-(27-#1) 杜甫 <489-#1>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2585 杜甫詩1000-489-#1-711/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性摩訶池贈蕭中丞 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-208-74-#68  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2587
 
 ■今週の人気記事(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex

『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332

http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。

李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首

 



陳拾遺故宅 五言古詩 成都6-(27-#1) 杜甫 <489-#1>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2585 杜甫詩1000-489-711/1500


杜甫 
作時: 762年  寶應元年51歲
卷別: 卷二二○  文體: 五言古詩 
詩題: 陳拾遺故宅【:宅在射洪縣東七里東武山下。】 
作地: 目前尚無資料 
地點:  陳拾遺故宅 (劍南道北部 梓州 射洪)     
通泉 (劍南道北部 梓州 通泉) 別名:沈家坑     


陳拾遺故宅
(陳拾遺の旧宅について)
〔宅在射洪縣東七里東武山下。〕

〔拾遺の邸宅は梓州射洪縣の東七里の所で東武山の麓にある〕
拾遺平昔居,大屋尚修椽。
拾遺はきょうまでの日常,過ぎた日々をこの居宅で平穏に過ごしている。この古い家とはいえ、大屋根はいまなおきっちり反りあがった縁を奇麗にしている。
悠揚荒山日,慘澹故園煙。
天気の良い日は人けのない寂しい山で一日、ゆったりとしてこせこせしないで過ごす。この古い庭園に霞がかかってくるとまるで身動きが取れず惨澹たる過ごし方になる。
位下曷足傷,所貴者聖賢。
栄誉ある爵位ではないとしてもどうして脛に傷を持っているものだと言えようか、このお方は聖人或は賢人というべき人である。
有才繼騷雅,哲匠不比肩。
才智があり、ざっくばらんであり、優雅でもあることを継承しているし、道理に明るく、知恵があることについては肩を並べるものなどいないのだ。
#2
公生揚馬後,名與日月懸。
同遊英俊人,多秉輔佐權。
彥昭超玉價,郭震起通泉。
到今素壁滑,灑翰銀鉤連。
盛事會一時,此堂豈千年。
終古立忠義,感遇有遺編。
 

陳拾遺の故宅
〔射洪縣の東七里の東武山の下に宅在り。〕
拾遺 昔居に平ぐ,大屋 尚お椽を修む。
悠揚して荒山の日,慘澹たり故園の煙。
位下りて曷んぞ足傷たらんや,貴所 聖賢の者たり。
才有りて騷雅を繼ぐ,哲匠 肩を比べらざり。
#2
公生 揚馬の後,名與し日月懸る。
同遊して英俊の人,多秉りて輔佐の權。
彥昭 玉價を超ゆ,郭震 通泉を起す。
到今 素壁の滑,灑翰 銀鉤の連。
盛事 一時に會し,此堂は豈に千年ならん。
終古 忠義に立ち,感遇して遺編に有る。

陳拾遺故宅  <489-#2>

陳拾遺故宅 #2 杜甫 陳子昂公が生まれるまでは前漢の揚雄と司馬相如の後にに匹敵する人物はまでいない。この名声は、太陽や月にかかるほどである。

陳拾遺故宅 蜀中転々 杜甫 <489-#2>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2890 杜甫詩1000-489-#2-772/1500
--------------------------------------------------------------------------------
sora001詩文(含異文):
拾遺平昔居,大屋尚修椽【大宅尚修椽】。
悠揚荒山日【悠悠荒山日】,慘澹故園煙【慘澹故國煙】【崔崒故園煙】【崔崒故國煙】。
位下曷足傷,所貴者聖賢。有才繼騷雅,哲匠不比肩。公生揚馬後,名與日月懸。同遊英俊人,多秉輔佐權。彥昭【案:趙彥昭,字奐然,甘州人,與郭元振、張說相友善。】超玉價【彥昭趙玉價】,郭震起通泉【案:元振為通泉尉。】。
到今素壁滑,灑翰銀鉤連。盛事會一時,此堂豈千年。終古立忠義【終古占忠義】,感遇有遺編。 
--------------------------------------------------------------------------------


『陳拾遺故宅』 現代語訳と訳註
(本文)
〔宅在射洪縣東七里東武山下。〕
拾遺平昔居,大屋尚修椽。
悠揚荒山日,慘澹故園煙。
位下曷足傷,所貴者聖賢。
有才繼騷雅,哲匠不比肩。


(下し文)
陳拾遺の故宅
〔射洪縣の東七里の東武山の下に宅在り。〕
拾遺 昔居に平ぐ,大屋 尚お椽を修む。
悠揚して荒山の日,慘澹たり故園の煙。
位下りて曷んぞ足傷たらんや,貴所 聖賢の者たり。
才有りて騷雅を繼ぐ,哲匠 肩を比べらざり。


(現代語訳)
(陳拾遺の旧宅について)

〔拾遺の邸宅は梓州射洪縣の東七里の所で東武山の麓にある〕

拾遺はきょうまでの日常,過ぎた日々をこの居宅で平穏に過ごしている。この古い家とはいえ、大屋根はいまなおきっちり反りあがった縁を奇麗にしている。
天気の良い日は人けのない寂しい山で一日、ゆったりとしてこせこせしないで過ごす。この古い庭園に霞がかかってくるとまるで身動きが取れず惨澹たる過ごし方になる。
栄誉ある爵位ではないとしてもどうして脛に傷を持っているものだと言えようか、このお方は聖人或は賢人というべき人である。
才智があり、ざっくばらんであり、優雅でもあることを継承しているし、道理に明るく、知恵があることについては肩を並べるものなどいないのだ。

成都遂州00




















(訳注)
陳拾遺故宅

陳拾遺の旧宅について
・もとの家。旧宅。また、古い家。
〔宅在射洪縣東七里東武山下。〕

〔拾遺の邸宅は梓州射洪縣の東七里の所で東武山の麓にある〕


拾遺平昔居,大屋尚修椽。
拾遺はきょうまでの日常,過ぎた日々をこの居宅で平穏に過ごしている。この古い家とはいえ、大屋根はいまなおきっちり反りあがった縁を奇麗にしている。
・平昔 きょうまでの日常,過ぎた日々。
・大屋 屋根は富貴の象徴であり、大きいほど身分定期高いことを謂う。
・縁・椽】. ①人と人を結ぶ,人力を超えた不思議な力。巡り合わせ。 「こうなったのも何かの-」 「ご-があったら,また会いましょう」. ②和風建築で,部屋の外側につけた板張りの細長い床の部分。


悠揚荒山日,慘澹故園煙。
天気の良い日は人けのない寂しい山で一日、ゆったりとしてこせこせしないで過ごす。この古い庭園に霞がかかってくるとまるで身動きが取れず惨澹たる過ごし方になる。
・悠揚 ゆったりとしてこせこせしないさま。落ち着いているさま。ゆるやかにあがること。また、はるか遠くまで届くこと。
・慘澹 (1)いたましくて見るに忍びないさま。(2)あれこれと心を砕くさま。
・荒山 険しく、人けのない寂しい山。


位下曷足傷,所貴者聖賢。
栄誉ある爵位ではないとしてもどうして脛に傷を持っているものだと言えようか、このお方は聖人或は賢人というべき人である。
・位下 栄誉ある爵位を位階といい、そこに至っていないものを位したとする。
・曷 曷は「なんとして」と譯す、輕く詰る意あり。
・足傷 犯罪などの後ろ暗いところがあって、常に不安をいだいていることのたとえ。
・所貴 1 相手を敬って、その住所をいう語。 2 貴人の居所。貴人の御前。
・聖賢 1 聖人と賢人。また、知識・人格にすぐれた人物。「―の道に学ぶ」2 《清酒を聖人、濁酒を賢人というところから》清酒と濁酒。


有才繼騷雅,哲匠不比肩。
才智があり、ざっくばらんであり、優雅でもあることをけいしょうしているし、道理に明るく、知恵があることについては肩を並べるものなどいないのだ。
・騷雅 楚辞の離騒からくる世俗の煩わしさから離脱することであるが、ここでいう「騒」は俗であること、ざっくばらんな事を云う。俗的であり優雅でもあること。
・哲匠 1 道理に明るく、知恵がある。2 徳や知恵のある人。才能・識見のすぐれた人。哲人。3 「哲学」の略。


489-#2 につて手違いで 2013/8/26に記載
陳拾遺故宅 #2 杜甫 陳子昂公が生まれるまでは前漢の揚雄と司馬相如の後にに匹敵する人物はまでいない。この名声は、太陽や月にかかるほどである。

陳拾遺故宅  <489-#2>
#2
公生揚馬後,名與日月懸。
同遊英俊人,多秉輔佐權。
彥昭超玉價,郭震起通泉。
到今素壁滑,灑翰銀鉤連。
盛事會一時,此堂豈千年。
終古立忠義,感遇有遺編。 

陳拾遺故宅 蜀中転々 杜甫 <489-#2>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2890 杜甫詩1000-489-#2-772/1500