杜甫 《陪王侍御同登東山最高頂宴姚通泉晚攜酒泛江》 姚公は公平無私で寛容な政治を行うということで誰がその類になるのだろうか、昔のころでいえば「陳太丘」(陳寔)を置いてほかにはいないだろう。


2013年7月12日 同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
  
LiveDoor
出師表-前出師表-諸葛亮 漢詩<97-#4>Ⅱ李白に影響を与えた詩823 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2663
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
LiveDoor
盆池,五首之二 韓愈(韓退之) <157>Ⅱ中唐詩736 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2664
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集 LiveDoor陪王侍御同登東山最高頂宴姚通泉晚攜酒泛江【案:東山在潼川涪江上。】 成都 杜甫 <496ー#1>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2665 杜甫詩1000-496ー#1-727/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor和段相公登武擔寺西臺 姚康 唐五代詞・宋詩 薛濤-224-90-#80  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2667
 
 ■今週の人気記事(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex

『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。

李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首

 



陪王侍御同登東山最高頂宴姚通泉晚攜酒泛江【案:東山在潼川涪江上。】  成都 杜甫 <496ー#1>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2665 杜甫詩1000-496ー#1-727/1500


作年: 寶應元年 762年 51歲 
卷別: 卷二二○  文體: 七言古詩 
詩題: 陪王侍御同登東山最高頂宴姚通泉晚攜酒泛江〔東山は涪江支流の潼川の上【ほとり】に在る〕。 
寫作地點: 目前尚無資料 
寫及地點:  東山 (劍南道北部 梓州)     
通泉 (劍南道北部 梓州 通泉) 別名:沈家坑     
交遊人物/地點: 王掄 當地交遊(劍南道北部 梓州 通泉)


詩文:

陪王侍御同登東山最高頂宴姚通泉晚攜酒泛江
(王侍御に同行して東山の最高の頂上に昇って、通泉の夕暮に姚公の宴席があり酒を携えて涪江に舟を泛べる。)
姚公美政誰與儔,不減昔時陳太丘。
姚公は公平無私で寛容な政治を行うということで誰がその類になるのだろうか、昔のころでいえば「陳太丘」(陳寔)を置いてほかにはいないだろう。
邑中上客有柱史,多暇日陪驄馬遊。
梓州の城郭の街中のこれといった上客とされるのは「柱史」とされる王御史であろう。ゆっくりとした暇が多い時でも日がな一日、後漢の桓典侍御史のように驄馬につきっきりでいるのだ。
東山高頂羅珍羞,下顧城郭銷我憂。
ここ東山の一番高い所に昇ってきてうまい食い物を手にしている。下の方を見てみると平穏な梓州の城郭があり、それを見ると政局不安な時で心配していることが消え失せる。
清江白日落欲盡,復攜美人登綵舟。」
涪江支流潼川は清らかに流れ、太陽が沈んでいこうとしている。また、謝安が美人を携える五彩に飾られた船に乗るのである。
花蕊夫人006#2
笛聲憤怨哀中流,妙舞逶迤夜未休。
燈前往往大魚出,聽曲低昂如有求。」
三更風起寒浪湧,取樂喧呼覺船重。
滿空星河光破碎,四座賓客色不動。
請公臨深莫相違,回船罷酒上馬歸。
人生歡會豈有極,無使霜過霑人衣。」


(王侍御に陪し、同じく東山最高頂に登り、通泉の晚に酒を攜え江に泛び姚を宴す)
姚公 美政 誰と儔にし,昔時 陳太の丘を減せず。
邑中 上客 柱史有り,暇を多くし日ち陪して驄馬の遊。
東山 高頂 羅珍の羞,下顧 城郭 我憂を銷す。
清江 白日 落ちて盡さんことと欲,復た美人を攜えて綵舟に登る。
#2
笛聲 憤怨 中流を哀み,妙舞 逶迤 夜未だ休まず。
燈前 往往 大魚出で,曲 低昂を聽きて 有求の如し。
三更 風起 寒浪湧き,取樂 喧呼 船重を覺える。
滿空 星河 光 破碎し,四座 賓客 色 動かず。
請公 臨深 相違する莫ことれ,回船 酒を罷め 上馬して歸る。
人生 歡會 豈に極め有らんや,霜 霑人の衣を過らしむなし。


『陪王侍御同登東山最高頂宴姚通泉晚攜酒泛江』 現代語訳と訳註
(本文)
姚公美政誰與儔,不減昔時陳太丘。
邑中上客有柱史,多暇日陪驄馬遊。
東山高頂羅珍羞,下顧城郭銷我憂。
清江白日落欲盡,復攜美人登綵舟。」


(下し文)
(王侍御に陪し、同じく東山最高頂に登り、通泉の晚に酒を攜え江に泛び姚を宴す)
姚公 美政 誰と儔にし,昔時 陳太の丘を減せず。
邑中 上客 柱史有り,暇を多くし日ち陪して驄馬の遊。
東山 高頂 羅珍の羞,下顧 城郭 我憂を銷す。
清江 白日 落ちて盡さんことと欲,復た美人を攜えて綵舟に登る。


(現代語訳)
(王侍御に同行して東山の最高の頂上に昇って、通泉の夕暮に姚公の宴席があり酒を携えて涪江に舟を泛べる。)
姚公は公平無私で寛容な政治を行うということで誰がその類になるのだろうか、昔のころでいえば「陳太丘」(陳寔)を置いてほかにはいないだろう。
梓州の城郭の街中のこれといった上客とされるのは「柱史」とされる王御史であろう。ゆっくりとした暇が多い時でも日がな一日、後漢の桓典侍御史のように驄馬につきっきりでいるのだ。
ここ東山の一番高い所に昇ってきてうまい食い物を手にしている。下の方を見てみると平穏な梓州の城郭があり、それを見ると政局不安な時で心配していることが消え失せる。
涪江支流潼川は清らかに流れ、太陽が沈んでいこうとしている。また、謝安が美人を携える五彩に飾られた船に乗るのである。


(訳注)
陪王侍御同登東山最高頂宴姚通泉晚攜酒泛江
(王侍御に同行して東山の最高の頂上に昇って、通泉の夕暮に姚公の宴席があり酒を携えて涪江に舟を泛べる。)
・王侍御 一年前に浣花渓の杜甫の家に訪れている。『王十七侍禦掄許攜酒至草堂,奉寄此詩,便請邀高三十五使君同到』(侍御史王掄が酒をもって草堂へくることを承諾していたのについて、此の詩をやり、高適をもついでに呼んで一緒にきてもらいたいといって作った詩。上元二年冬成都での作。)
○王十七侍禦掄 侍御史王掄。
○高三十五便君 蜀州の刺史高適、使君は刺史の敬称、高適はこのころ何かの事について成都へでてきていたものとみえる。


姚公 美政 誰與 儔 ,不減 昔時 陳太丘 。
姚公は公平無私で寛容な政治を行うということで誰がその類になるのだろうか、昔のころでいえば「陳太丘」(陳寔)を置いてほかにはいないだろう。
「姚公」姚公とは不明の人物。今後の考証に待つとされている。段文昌と唱和している姚向はこの時期より7・80年後世である。ここではおそらく三国時代の蜀漢のこの梓州の長官クラスのものと解する。
「美政」諫言を受け入れる君主であること、屈原の理想とする政治をいう。
「儔」類とする。
「昔時」(今昔)、昔であった時。
「陳太丘」語義類別:人、人名、他稱、陳寔(漢)。陳寔(ちんしょく、104年 - 187年)は、後漢の人。字は仲弓である。 子に陳紀。三国時代の陳羣は孫。玄奘三蔵や小説家陳舜臣の祖先ともされる。穎川許の出身。太丘県の長を務めていたので陳太丘とも呼ばれた。潁川陳氏の高祖であり、潁川清流派の中心人物でもある。 貧しい家に生まれた陳寔は若い頃から学に親しみ、また公平無私で寛容な政治を行ったので民からすこぶる評判がよかったが、宦官の専横に反対したため、党錮の禁を受けることとなる。


邑中 上客 有 柱史 ,多暇 日陪 驄馬 遊 。
梓州の城郭の街中のこれといった上客とされるのは「柱史」とされる王御史であろう。ゆっくりとした暇が多い時でも日がな一日、後漢の桓典侍御史のように驄馬につきっきりでいるのだ。
「邑中」都城の街中。
「上客」上位の客。
「柱史」古代の官職。内記の別称。
「日」日日。
「驄馬」後漢の桓典が侍御史となると剛直な性格のため役人たちが恐れたという故事。桓典はいつも驄馬に乗って往来した。驄馬は白黒混ざった毛の馬のこと。職官爵位、御史。


東山 高頂 羅 珍羞 ,下顧 城郭 銷我憂 。
ここ東山の一番高い所に昇ってきてうまい食い物を手にしている。下の方を見てみると平穏な梓州の城郭があり、それを見ると政局不安な時で心配していることが消え失せる。
「東山」東山は涪江支流の潼川の上【ほとり】に在る。
「珍羞」珍しくてうまいごちそう。珍しい料理。珍肴(ちんこう)。珍膳(ちんぜん)。


清江 白日 落 欲盡,復攜 美人 登 綵舟 。
涪江支流潼川は清らかに流れ、太陽が沈んでいこうとしている。また、謝安が美人を携える五彩に飾られた船に乗るのである。
・「清江」杜甫はここ涪江にこの語をよく使う。清らかな川の水が静かに流れている状況を云う。
・「白」語義類別:其他、顏色、原色、白。
・「美人」携えるのは、美人である。謝安の故事にならう
・「登」登る。
・「綵舟」:綵女(穿著花衣的宮女);綵舟(結綵或飾以五彩的船). 染め模様の美しい絹。また、美しい色を取り合わせて染めた絹。 ・あや。模様。また、いろどり。
四川省西部地区略図