屏跡,三首之三  いつも朝、遅く起きだすのであるがわたしにはこれといって仕事もないから。また農業経営をすることもないから日頃からしずかな土地である。家は竹林のひかりこんもりとしていて、原野の色よこたわるその中にある、濯錦江のながれには草堂の影をうつしただようているのである。


2013年8月14日 同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
   
 LiveDoor
揚雄 《甘泉賦 》 文選 賦<108-(3)#1-2>9分割26回 Ⅱ李白に影響を与えた詩856 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2828
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoor
聽穎師彈琴【聽潁師彈琴】 韓愈(韓退之) <164-#1>Ⅱ中唐詩769 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2829
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoor屏跡,三首之三 蜀中転々 杜甫 <527>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2830 杜甫詩1000-527-760/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集Fc2擬魏太子鄴中集詩八首 《徐幹》 謝靈運 六朝詩 kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 2831 (08/14)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性LiveDoor應天長 二 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-257-5-#11  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2667
 
 ■最近の人気記事(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex

『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html  
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html  
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html  
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html  
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html  
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html  
謝靈運詩 
http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。  
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。  
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html  
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー 
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html  
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。

李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html  
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。  
女性詩人 
http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。  
孟郊詩 
http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。  
李商隠詩 
http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150


 

  

屏跡,三首之三  蜀中転々 杜甫 <527>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2830 杜甫詩1000-527-760/1500      

 denen05520

















 

詩題:  屏跡,三首之三

作時:762年 寶應元年 杜甫51歳 

卷別:  卷二二七        文體: 五言古詩

掲 載; 杜甫1000首の527首目-場面

杜甫ブログ1500回予定の-760回目   40859

 

 

     

(浣花草堂において人とのまじらいをせず隠遁生活していることをのべる。その3)

起家何事,無營地轉幽。

いつも朝、遅く起きだすのであるがわたしにはこれといって仕事もないから。また農業経営をすることもないから日頃からしずかな土地である。

竹光團野色,舍影漾江流。

家は竹林のひかりこんもりとしていて、原野の色よこたわるその中にある、濯錦江のながれには草堂の影をうつしただようているのである。

失學從兒懶,長貧任婦愁。

子供達はなまけて勉学するのを怠るのであがそのままにしている、長いこと貧乏しつづけていて妻が心配しているがこれもそのままにしているというものだ。

百年渾得醉,一月不梳頭。

人生百年というが、できることなら生涯、酔いっぱなしでいたいものだとおもっている。そのためならひと月じゅうとう、頭に櫛をいれなくてもいいと思っている。

篠竹15 





















 

 

『屏跡三首』之三 現代語訳と訳註

(本文)

起家何事,無營地轉幽。

竹光團野色,舍影漾江流。

失學從兒懶,長貧任婦愁。

百年渾得醉,一月不梳頭。

 

詩文(含異文) 

晚起家何事,無營地轉幽。

竹光團野色【竹光圍野色】,舍影漾江流【山影漾江流】。

失學從兒懶,長貧任婦愁。

百年渾得醉,一月不梳頭。

 

 

(下し文)

晚く起く家何の事かある,營む無くして地轉【うた】た幽なり。

竹光 野色に團たり,舍影 江流に漾【ただよ】う。

失學 兒の懶なるに從【まか】す,貧しさを長くして婦の愁うるに任す。

百年渾【すべ】て醉うことを得ん,一月頭を梳【くしけず】らず。

 

 

(現代語訳)

(浣花草堂において人とのまじらいをせず隠遁生活していることをのべる。その3)

いつも朝、遅く起きだすのであるがわたしにはこれといって仕事もないから。また農業経営をすることもないから日頃からしずかな土地である。

家は竹林のひかりこんもりとしていて、原野の色よこたわるその中にある、濯錦江のながれには草堂の影をうつしただようているのである。

子供達はなまけて勉学するのを怠るのであがそのままにしている、長いこと貧乏しつづけていて妻が心配しているがこれもそのままにしているというものだ。

人生百年というが、できることなら生涯、酔いっぱなしでいたいものだとおもっている。そのためならひと月じゅうとう、頭に櫛をいれなくてもいいと思っている。

 

 

(訳注)

『屏跡三首』之三 

(浣花草堂において人とのまじらいをせず隠遁生活していることをのべる。その3)

たっぷり朝寝坊をして「晩く起きる」というのはもともと隠者の特権である。仕官の身では早朝から官服に身をかためて勤めに出なければならない。隠遁生活の一コマを歌うのがこの詩のテーマだから、そういう言葉が出てくるのは当然である。たっぷり朝寝坊をして「晩く起きる」というのはもともと隠者の特権である。仕官の身では早朝から官服に身をかためて勤めに出なければならない。隠遁生活の一コマを歌うのがこの詩のテーマだから、そういう言葉が出てくるのは当然である。

『屏跡三首』の三首とも浣花渓草堂において作ったものではない。現実感、生活観のない表現である。梓州かどこかにいて草堂の生活を頭に浮かべて作ったものであろう。

 

起家何事,無營地轉幽。

いつも朝、遅く起きだすのであるがわたしにはこれといって仕事もないから。また農業経営をすることもないから日頃からしずかな土地である。

○晩起 あさおそくおきること。

○家何事 わがこの隠居の家ではいかなる仕事があるか、仕事はべつにない、だからおそくおきでもさしつかえないというのである。

○無 為すことのないこと。農業経営をしていない。

 

竹光團野色,舍影漾江流。

家は竹林のひかりこんもりとしていて、原野の色よこたわるその中にある、濯錦江のながれには草堂の影をうつしただようているのである。

○竹光団野色 隠棲生活には竹林の奥まったところが必須アイテムである。成都の洪水を防ぐ遊水地のような場所であったから、原野の中に竹藪が団塊のように存在していることを表現している。

○舎影 草堂のかげ。

 

失學從兒懶,長貧任婦愁。

子供達はなまけて勉学するのを怠るのであがそのままにしている、長いこと貧乏しつづけていて妻が心配しているがこれもそのままにしているというものだ。

○失学 学業を怠ることをいう。子供が勉強しないといろんなところで述べているがこまったものという表現は一度もしていない。

○長貧 長い貧乏暮らしをしていることを云うが。杜甫は、儒学者であるため質素倹約を表現するための文某という語を使用している。道教の隠遁者と儒教の隠遁者とではその生活を表現の仕方が違うものである。

 

百年渾得醉,一月不梳頭。

人生百年というが、できることなら生涯、酔いっぱなしでいたいものだとおもっている。そのためならひと月じゅうとう、頭に櫛をいれなくてもいいと思っている。

○婦 つま。

〇百年 人生百年。生涯。

○得酔 すべての隠遁者の希望のことば。

 杜甫草堂詳細図02