《題玄武禪師屋壁》 その絵には、少し傾きかけた午後のぎらぎらの太陽が照らして石林の奥の気がうきあがってくるさまであり、、青天たかくして江海の水流るれるさまが仙境のすがたのように画かれている。


2013年8月31日  同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
   
LiveDoor
揚雄 《甘泉賦 》(20)#6-4 文選 賦<108-#19>9分割26回 Ⅱ李白に影響を与えた詩873 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2913
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoor
遊城南十六首:風折花枝 韓愈(韓退之) <175>Ⅱ中唐詩786 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2914
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoor 五言律詩 《題玄武禪師屋壁》 蜀中転々 杜甫 <538>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2915 杜甫詩1000-538-777/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2 三国時代の詩 甄后 《塘上行》 魏詩 kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 2916 (08/31)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 天仙子 其五 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-274-5-#28  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2917
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex

『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html    
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304    
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html    
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html    
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html    
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html    
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-1>文選 雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html    
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。    
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。    
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html    
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html    
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。

李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html    
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。    
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。    
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。    
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150

 

 

五言律詩《題玄武禪師屋壁》 蜀中転々 杜甫 <538  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2915 杜甫詩1000-538-777/1500

 

 

作者: 杜甫762  寶應元年  51 

卷別: 卷二二七  文體: 五言律詩 

詩題: 題玄武禪師屋壁〔屋在中江大雄山。〕 

作地點: 梓州(劍南道北部 / 梓州 / 梓州

及地點: 玄武 (劍南道北部 梓州 玄武) 、瀛州 (河北道南部 瀛州 瀛州) 、廬山 (江南西道 江州 廬山) 別名:廬嶽、匡山     

交遊人物: 玄武禪師

玄武山の或る禅師の屋壁にかきつけた詩。宝応元年梓州にあっての作。

成都遂州00


















 

題玄武禪師屋壁〔屋在中江大雄山。〕

(玄武の大雄山の禅寺の壁について題した。)

何年顧虎頭,滿壁畫瀛州。

もう300年近くの前の、いつの年なのか顧虎頭がここの壁じゅぅに瀛洲の仙境をえがいている。

赤日石林氣,青天江海流。

その絵には、少し傾きかけた午後のぎらぎらの太陽が照らして石林の奥の気がうきあがってくるさまであり、、青天たかくして江海の水流るれるさまが仙境のすがたのように画かれている。

錫飛常近鶴,杯度不驚鷗。

これに対して禅師は常に図中の鶴にちかく錫を飛ばし、或は古仙のように木杯をうかべて鴎にちかづくとも鴎を驚かすことはなかった故事を、この画にえがかれておられる。

似得廬山路,真隨惠遠遊。

詩人たるわたしも禅師のところでこの図を見るとなんだか盧山の山道で『虎渓三笑』の故事のように恵遠法師にしたがって遊ぶことができたかのようなここちがするのである。

(玄武の禅師の屋壁に題す)

何の年か顧虎頭【こことう】あらん、満壁 瀛洲【えいしゅう】を画ける。

赤日【せきじつ】石林の気、青天 江海の流れ。

錫飛びて 常に鶴に近く、杯渡【はいと】鴎を驚かさず。

廬山の路を得るに似たり、真に恵遠【けいえん】に随って 遊ぶを。

四川省西部地区略図
























 

 

『題玄武禪師屋壁』 現代語訳と訳註

(本文)

題玄武禪師屋壁〔屋在中江大雄山。〕

何年顧虎頭,滿壁畫瀛州。

赤日石林氣,青天江海流。

錫飛常近鶴,杯度不驚鷗。

似得廬山路,真隨惠遠遊。

 

詩文(含異文)

何年顧虎頭,滿壁畫瀛州【滿壁畫滄州】【滿座畫瀛州】【滿座畫滄州】。

赤日石林氣,青天江海流【青天江水流】。

錫飛常近鶴,杯渡不驚鷗。

似得廬山路,真隨惠遠遊。 

 

千畳敷0010

(下し文)

(玄武の禅師の屋壁に題す)

何の年か顧虎頭【こことう】あらん、満壁 瀛洲【えいしゅう】を画ける。

赤日【せきじつ】石林の気、青天 江海の流れ。

錫飛びて 常に鶴に近く、杯渡【はいと】鴎を驚かさず。

廬山の路を得るに似たり、真に恵遠【けいえん】に随って 遊ぶを。

 

 

(現代語訳)

(玄武の大雄山の禅寺の壁について題した。)

もう300年近くの前の、いつの年なのか顧虎頭がここの壁じゅぅに瀛洲の仙境をえがいている。

その絵には、少し傾きかけた午後のぎらぎらの太陽が照らして石林の奥の気がうきあがってくるさまであり、、青天たかくして江海の水流るれるさまが仙境のすがたのように画かれている。

これに対して禅師は常に図中の鶴にちかく錫を飛ばし、或は古仙のように木杯をうかべて鴎にちかづくとも鴎を驚かすことはなかった故事を、この画にえがかれておられる。

詩人たるわたしも禅師のところでこの図を見るとなんだか盧山の山道で『虎渓三笑』の故事のように恵遠法師にしたがって遊ぶことができたかのようなここちがするのである。

 

 

(訳注)

題玄武禅師屋壁

(玄武の大雄山の禅寺の壁について題した。)

○玄武 山の名は大雄山でまた県の名、潼川府中江県をいう。成都から梓州に入ってすぐの街である。

○禅師 名は詳らかでない。ここでは禅寺というほどの意味とする。

 

何年顧虎頭,滿壁畫瀛州。 

もう300年近くの前の、いつの年なのか顧虎頭がここの壁じゅぅに瀛洲の仙境をえがいている。

○顧虎頭 膏の顧愷之、小字を虎頭という、絵の名人である。顧 愷之(こ がいし、344?405?)中国・東晋時代の画家。字は長康、またかつて虎頭将軍となったことから、顧虎頭とも称する。

○瀛洲 河北道南部 瀛州、あるいは三山(蓬莱、瀛州、方丈)の仙境をいう。

 

赤日石林氣, 青天江海流。 

その絵には、少し傾きかけた午後のぎらぎらの太陽が照らして石林の奥の気がうきあがってくるさまであり、、青天たかくして江海の水流るれるさまが仙境のすがたのように画かれている。

 

錫飛常近鶴, 杯渡不驚鷗。 

これに対して禅師は常に図中の鶴にちかく錫を飛ばし、或は古仙のように木杯をうかべて鴎にちかづくとも鴎を驚かすことはなかった故事を、この画にえがかれておられる。

○錫飛 梁の時、宝誌上人と白鶴道人とが舒州の潜山にゆぐことを争い、上人は錫を飛ばし道人は鶴をつかわし各々よそのゆきついた処をしるさせたとの話がある。

○鶴 画中の石林に属するもの。

○杯渡 木杯によって河をわたることである、これも仙人のすることである。

○鴎 画中の江海に属するものである、「列子」に道を得て機を忘れたものは鴎にまじっても、鴎はこれになれて驚かぬという話がある。

 

似得廬山路, 真隨惠遠遊。 

詩人たるわたしも禅師のところでこの図を見るとなんだか盧山の山道で『虎渓三笑』の故事のように恵遠法師にしたがって遊ぶことができたかのようなここちがするのである。

廬山 山の名、江西九江府にある、晋の僧恵遠がその山麓に東林寺を建てて白蓮社を結び、十八人の賢人が相い会した。

・惠遠 白蓮社

東晋の時代、『虎渓三笑』と言はれる故事が有名。

  中国の江西省、揚子江の南に在る有名な廬山に恵遠といふ高僧が白蓮社といふ庵を結んで、三十年間一歩も外に出ずに修行を続けていた。其処へ詩人の陶淵明と道教の陸修静が遊びに来て、三人は心ゆくまで語り合ひ楽しい時間を過ごす。帰る時、恵遠禅師は二人を送つて出るが、話しは尽きず、恵遠禅師が此処より外へは決して出ないと決めていた虎渓の石の橋を思はず渡つてしまう。三十年の戒めを踏み越えてしまつた事に気がついた時、三人は其処で手を叩いて大笑ひをすると言ふ話しである。

  恵遠は仏教を、陶淵明は儒教を、陸修静は道教を代表するといふ超俗の三人が、無礙な心境で語り合う清談の楽しさ、如何にも禅味のある話しで、よく水墨画や漢詩の主題になる物語である。

 Nature1-011