《即事》晩春の夕暮、春も三カ月たとうとしている。自分が下りいたいと思っている巫峡・三峡ですら遠くて長い。見上げれば薄い雲で一面真っ白で浮浪雲が太陽の光に浮んで過ぎてゆく。

 

2013年9月13日 同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
   
 LiveDoor
司馬相如 《子虚賦 》(7)#3-2 文選 賦<109-#3-2>9分割26回 Ⅱ李白に影響を与えた詩886 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2978
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoor
病鴟 韓愈(韓退之) <185-#4>Ⅱ中唐詩799 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2979
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoor646 《即事》 蜀中転々 杜甫 <551>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2980 杜甫詩1000-551-790/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性LiveDoor106 河傳三首 其二 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-287-5-#41  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2982
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html    

『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304    
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html    
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html    
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html    
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html    
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html    
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。    
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。    
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html    
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html    
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。

李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html    
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。    
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。    
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。    

 

646 《即事》 蜀中転々 杜甫 <551  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2980 杜甫詩1000-551-790/1500

 

 

作者: 杜甫  762  寶應元年  51

卷別: 卷二三一  文體: 七言律詩 

詩題: 即事 

掲 載; 杜甫1000首の551首目-場面

杜甫ブログ1500回予定の-790回目 

 

即事

(最近のニュースで感じたこと。)

暮春三月巫峽長,皛皛行雲浮日光。

晩春の夕暮、春も三カ月たとうとしている。自分が下りいたいと思っている巫峡・三峡ですら遠くて長い。見上げれば薄い雲で一面真っ白で浮浪雲が太陽の光に浮んで過ぎてゆく。

雷聲忽送千峰雨,花氣渾如百和香。

季節の変わり目の雷の響く音はたちまちこのまわりのたくさんの山々に雨をもたらし、咲き誇る花々の気が漂えばみんなの心を和ませてくれるお香のようなものである。

黃鶯過水翻迴去,燕子銜泥不妨。

春と告げるうぐいすは水啄み過ぎていき、翻ってやがて去って行く。入れ替わりに燕が泥を口に含んで巣作りをする、やがて全体に程好い湿気で潤うのを妨げるものはないのが自然の移り変わりだ。

飛閣卷簾圖畫裡,虛無只少對瀟湘。

屋根が反り返った樓閣には簾を巻き上げ、その壁や部屋の中に描かれている絵を見せてくれることになり、隠遁しているものとしてこうした移り変わりを愉しんではいるが、ただ少しだけ思うことは、平穏な地方である屈原の所縁の瀟水、湘水に行ける準備をしたいと思うことである。

 

即事

暮春 三月 巫峽 長【とお】し,皛皛【きょうきょう】として行雲 日光に浮ぶ。

雷聲 忽ち千峰の雨を送り,花氣 渾うは百和【なごま】す香の如し。

黃鶯 水を過り翻って迴り去り,燕子 泥を銜え妨げず。

飛閣 簾を卷き圖畫の裡,虛無 只だ少くも瀟湘に對す。

くちなしの実01 

 

『即事』 現代語訳と訳註

(本文)

即事

暮春三月巫峽長,皛皛行雲浮日光。

雷聲忽送千峰雨,花氣渾如百和香。

黃鶯過水翻迴去,燕子銜泥不妨。

飛閣卷簾圖畫裡,虛無只少對瀟湘。

 

(下し文)

即事

暮春 三月 巫峽 長【とお】し,皛皛【きょうきょう】として行雲 日光に浮ぶ。

雷聲 忽ち千峰の雨を送り,花氣 渾うは百和【なごま】す香の如し。

黃鶯 水を過り翻って迴り去り,燕子 泥を銜えい妨げず。

飛閣 簾を卷き圖畫の裡,虛無 只だ少くも瀟湘に對す。

 

(現代語訳)

(最近のニュースで感じたこと。)
晩春の夕暮、春も三カ月たとうとしている。自分が下りいたいと思っている巫峡・三峡ですら遠くて長い。見上げれば薄い雲で一面真っ白で浮浪雲が太陽の光に浮んで過ぎてゆく。

季節の変わり目の雷の響く音はたちまちこのまわりのたくさんの山々に雨をもたらし、咲き誇る花々の気が漂えばみんなの心を和ませてくれるお香のようなものである。

春と告げるうぐいすは水啄み過ぎていき、翻ってやがて去って行く。入れ替わりに燕が泥を口に含んで巣作りをする、やがて全体に程好い湿気で潤うのを妨げるものはないのが自然の移り変わりだ。

屋根が反り返った樓閣には簾を巻き上げ、その壁や部屋の中に描かれている絵を見せてくれることになり、隠遁しているものとしてこうした移り変わりを愉しんではいるが、ただ少しだけ思うことは、平穏な地方である屈原の所縁の瀟水、湘水に行ける準備をしたいと思うことである。

 

 (訳注)
即事
(最近のニュースで感じたこと。)
その場の事柄、目の前のけしき・ようすを即興で詩にしたもの。

『即事』

聞道花門破,和親事卻非。

人憐漢公主,生得渡河歸。

秋思雲髻,腰肢勝寶衣。

群凶猶索戰,回首意多違。

《秦州抒情詩(5)  『即事』 杜甫700290首目、杜甫ブログ410回目》即事 杜甫 <290> kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1337 杜甫詩 700- 410

『草堂即事』

荒村建子月,獨樹老夫家。

雪裡江船渡,風前竹徑斜。

寒魚依密藻,宿鷺起圓沙。

蜀酒禁愁得,無錢何處

草堂即事 五言律詩 成都5-(34) 杜甫 <459  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2380 杜甫詩1000-459-670/1500

 

暮春 三月 巫峽 ,皛皛 行雲 日光

晩春の夕暮、春も三カ月たとうとしている。自分が下りいたいと思っている巫峡・三峡ですら遠くて長い。見上げれば薄い雲で一面真っ白で浮浪雲が太陽の光に浮んで過ぎてゆく。

・「三月」三月。初春、盛春、晩春。

・「巫峽」巫峡は中国・長江三峡の二番目の峡谷。重慶市巫山県の大寧河の河口から湖北省巴東県官渡口まで全長45km 上流側の巫山県は四川盆地東端にあり、巫山山脈をはじめ東西方向に伸びる細長い褶曲山脈多数が並行して走っている。巫山県城付近は長江沿いの丘陵地帯で大寧河の河口付近にある。

・「皛皛」あらわれる。あきらかにする。いちめんにしろいさま。

 

 

雷聲 忽送 千峰 ,花氣 渾如百和香

季節の変わり目の雷の響く音はたちまちこのまわりのたくさんの山々に雨をもたらし、咲き誇る花々の気が漂えばみんなの心を和ませてくれるお香のようなものである。

 

黃鶯 過水 翻迴 ,燕子 銜泥 不妨

春と告げるうぐいすは水啄み過ぎていき、翻ってやがて去って行く。入れ替わりに燕が泥を口に含んで巣作りをする、やがて全体に程好い湿気で潤うのを妨げるものはないのが自然の移り変わりだ。

・「黃鶯」春を告げる黃鶯。倉庚。高麗鶯。

『詩経』豳風「七月」

七月流火 九月授衣

春日載陽 有鳴倉庚

女執懿筐 遵彼微行

爰求柔桑 春日遲遲

采蘩祁祁 女心傷悲

杜甫『通泉縣署屋壁後薛少保畫鶴』

萬里不以力,群遊森會神。

威遲白鳳態,非是倉庚鄰。

高堂未傾覆,常得慰嘉賓。

曝露牆壁外,終嗟風雨頻。

赤霄有真骨,恥飲洿池津。

冥冥任所往,略誰能馴。

《通泉縣署屋壁後薛少保畫鶴》  楽府(五言古詩) 成都6-(25-#2) 杜甫 <488-#2>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2580 杜甫詩1000-488-#2-710/1500

 

飛閣 卷簾 圖畫 ,虛無 只少 對瀟湘

屋根が反り返った樓閣には簾を巻き上げ、その壁や部屋の中に描かれている絵を見せてくれることになり、隠遁しているものとしてこうした移り変わりを愉しんではいるが、ただ少しだけ思うことは、平穏な地方である屈原の所縁の瀟水、湘水に行ける準備をしたいと思うことである。

・「飛閣」屋根が反り返った亭臺樓閣。

・「卷簾」簾を巻き上げること。

・「圖畫」簾を巻き上げて中の圖畫がみえること。。

・「「虛無」空しくて何もできないこと。虚空。俗界を離れ隠遁していること。

・「瀟湘」語義類別:地、地名、地名合稱、瀟水、湘水。この時期、最も平穏なところであった。

桜桃001