《涪江泛舟送韋班歸京〔得山字〕》この日は、あとからおいかけて旅立ちのはなむけをしようと同じ舟でゆく日である。この一すじの涪江の流れにおいて春げしきに対してもこころをいためる。

 


2013年10月28日 同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
   
LiveDoor
司馬相如 《上林賦 》(26)―#10-1  文選 賦<110-#10-1>13分割38回 Ⅱ李白に影響を与えた詩931 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3203
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoor
《次潼關先寄張十二閣老使君〔張賈也。〕》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <844>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3204韓愈詩-216
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoor673 《涪江泛舟送韋班歸京〔得山字〕》 蜀中転々 杜甫 <579>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3205 杜甫詩1000-579-835/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor菩薩蠻七首 其三 牛嶠【ぎゅうきょう】  ⅩⅫ唐五代詞・ 「花間集」 Gs-332-6-#19  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3207
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 花間集 古詩源 玉台新詠

《涪江泛舟送韋班歸京〔得山字〕》 蜀中転々 杜甫 <579>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3205 杜甫詩1000-579-835/1500


 

 

涪江泛舟送韋班歸京〔得山字〕

(涪江に舟をうかべて韋班というものが都へかえるのを送る詩。)〔山の字を得る〕

追餞同舟日,傷春一水間。

この日は、あとからおいかけて旅立ちのはなむけをしようと同じ舟でゆく日である。この一すじの涪江の流れにおいて春げしきに対してもこころをいためる。

飄零為客久,衰老羨君還。

自分は零落・飄蓬しており久しく旅客となったままであり、衰老の境涯にある身でこのたび君がみやこへかえるのをうらやましくおもうのである。

花遠重重樹,雲輕處處山。

君のとおる処には花が一面に咲き、遠くまでいろんな花が咲いていて、その向こうに幾重にもかさなった樹がある。そして処処の山には雲が軽くういている。

天涯故人少,更益鬢毛斑。

君とわかれてしまえばここ天の果てにあってはなじみのものもすくない。その上、さらに鬢の毛の白髪斑なることが益すこととおもう。

 

(涪江に舟を泛かべ韋班が京に帰るを送る、山の字を得たり)

追餞 同舟の日、春を傷む 一水の間。

諷零 客となること久しく、衰老 君が還るを羨む。

花は雑わる重重たる樹 雲は軽し処処の山

天涯故人少なし 更に贅毛の斑なるを益さん

 

鸕鶿002 

『涪江泛舟送韋班歸京』 現代語訳と訳註

(本文)

涪江泛舟送韋班歸京〔得山字〕

追餞同舟日,傷春一水間。

飄零為客久,衰老羨君還。

花遠重重樹,雲輕處處山。

天涯故人少,更益鬢毛斑。

(異文)

追餞同舟日,傷春一水間【傷心一水間】。

飄零為客久,衰老羨君還。

花遠重重樹【花雜重重樹】,雲輕處處山。

天涯故人少,更益鬢毛斑【更憶鬢毛斑】。 

 

(下し文)

(涪江に舟を泛かべ韋班が京に帰るを送る、山の字を得たり)

追餞 同舟の日、春を傷む 一水の間。

諷零 客となること久しく、衰老 君が還るを羨む。

花は雑わる重重たる樹 雲は軽し処処の山

天涯故人少なし 更に贅毛の斑なるを益さん

 

 

(現代語訳)

(涪江に舟をうかべて韋班というものが都へかえるのを送る詩。)〔山の字を得る〕

この日は、あとからおいかけて旅立ちのはなむけをしようと同じ舟でゆく日である。この一すじの涪江の流れにおいて春げしきに対してもこころをいためる。

自分は零落・飄蓬しており久しく旅客となったままであり、衰老の境涯にある身でこのたび君がみやこへかえるのをうらやましくおもうのである。

君のとおる処には花が一面に咲き、遠くまでいろんな花が咲いていて、その向こうに幾重にもかさなった樹がある。そして処処の山には雲が軽くういている。

君とわかれてしまえばここ天の果てにあってはなじみのものもすくない。その上、さらに鬢の毛の白髪斑なることが益すこととおもう。

 

 

(訳注)

涪江泛舟送韋班歸京〔得山字〕

(涪江に舟をうかべて韋班というものが都へかえるのを送る詩。)〔山の字を得る〕

卷別: 卷二二七  文體: 五言律詩  763年広徳元年春、劍南道北部梓州での作。

○韋班 事歴は詳かでない。

○京 長安であろうか。

 

 

追餞同舟日,傷春一水間。

この日は、あとからおいかけて旅立ちのはなむけをしようと同じ舟でゆく日である。この一すじの涪江の流れにおいて春げしきに対してもこころをいためる。

○追餞 あとをおいかけてはなむけする。

 

飄零為客久,衰老羨君還。

自分は零落・飄蓬しており久しく旅客となったままであり、衰老の境涯にある身でこのたび君がみやこへかえるのをうらやましくおもうのである。

 

花遠重重樹,雲輕處處山。

君のとおる処には花が一面に咲き、遠くまでいろんな花が咲いていて、その向こうに幾重にもかさなった樹がある。そして処処の山には雲が軽くういている。

○花遠 花遠とは花が一面に咲き、遠くまでいろんな花が咲いていることを云う。花雑であれば異種類の花がさきあっていることをいう。

 

天涯故人少,更益鬢毛斑。

君とわかれてしまえばここ天の果てにあってはなじみのものもすくない。その上、さらに鬢の毛の白髪斑なることが益すこととおもう。

○天涯 京に対して居地の梓州をさす。

DCF00213