杜甫《對雨》天下の隅々まで雨が降って暗い日々が続く、旅先の涪江のほとりに独り佇んでこの時を過ごしている。剣南、山南西、嘉陵江下流域の三巴地方の道路交通事情には今や愁いはない、ただ、長安の唐王朝と軍隊の旗には大雨で湿りきって怖いと思えるものである。


2013年11月21日 の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固)《西都賦》(1)#1-1 文選 賦<112―1>18分割55回 Ⅱ李白に影響を与えた詩955 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3323
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《晚秋郾城夜會聯句〔韓愈、李正封〕》(21)-#19韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <868>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3324韓愈詩-220-#19
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ696 《對雨》 蜀中転々 杜甫 <603>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3325 杜甫詩1000-603-859/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ79魏武帝(曹操) 《苦寒行》 魏詩 kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3321 (11/20)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor南歌子 三首之三 張泌【ちょうひつ】  ⅩⅫ唐五代詞・ 「花間集」 Gs-356-7-#18  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3327
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 花間集 古詩源 玉台新詠

696 《對雨》 蜀中転々 杜甫 <603  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3325 杜甫詩1000-603-859/1500

 

詩 題:對雨

作時:763 廣德元年 杜甫52歳 

五言律詩

掲 載; 杜甫1000首の603首目-場面

杜甫ブログ1500回予定の-859回目

 

 

對雨

(こんな雨が降って暗い世の中に対して)

莽莽天涯雨,江邊獨立時。

天下の隅々まで雨が降って暗い日々が続く、旅先の涪江のほとりに独り佇んでこの時を過ごしている。

不愁巴道路,恐濕漢旌旗。

剣南、山南西、嘉陵江下流域の三巴地方の道路交通事情には今や愁いはない、ただ、長安の唐王朝と軍隊の旗には大雨で湿りきって怖いと思えるものである。

雪嶺防秋急,繩橋戰勝遲。

蜀盆地を囲む雪嶺の山々には秋の気配が急に迫ってきた、叛乱や、異民族の侵略に対して素早い対応して闘いに飼ってもらいたいのにそれができず後手後手になっている。

西戎甥舅禮,未敢背恩私。

ウイグルや吐蕃の王室の兄弟たちはきっと礼を尽くしてくれるだろうが、いまだあえて、恩義・謝恩の叛くことなどあることはないだろう。

(雨に對して)

莽莽【ぼうぼう】とすは天涯の雨,江邊に獨り立時とす。

巴の道路に愁わざるなく,濕するを恐れるは漢の旌旗を。

雪嶺は 秋を急するを防ぐ,繩橋【じょうきょう】しては 戰勝遲れる。

西戎 甥舅の禮あるも,未だ敢て恩私に背かず。

  DCF00018

 

『對雨』 現代語訳と訳註

(本文)

對雨

莽莽天涯雨,江邊獨立時。

不愁巴道路,恐濕漢旌旗。

雪嶺防秋急,繩橋戰勝遲。

西戎甥舅禮,未敢背恩私。

 

(下し文)

(雨に對して)

莽莽【ぼうぼう】とすは天涯の雨,江邊に獨り立時とす。

巴の道路に愁わざるなく,濕するを恐れるは漢の旌旗を。

雪嶺は 秋を急するを防ぐ,繩橋【じょうきょう】しては 戰勝遲れる。

西戎 甥舅の禮あるも,未だ敢て恩私に背かず。

 

(現代語訳)

(こんな雨が降って暗い世の中に対して)

天下の隅々まで雨が降って暗い日々が続く、旅先の涪江のほとりに独り佇んでこの時を過ごしている。

剣南、山南西、嘉陵江下流域の三巴地方の道路交通事情には今や愁いはない、ただ、長安の唐王朝と軍隊の旗には大雨で湿りきって怖いと思えるものである。

蜀盆地を囲む雪嶺の山々には秋の気配が急に迫ってきた、叛乱や、異民族の侵略に対して素早い対応して闘いに飼ってもらいたいのにそれができず後手後手になっている。

ウイグルや吐蕃の王室の兄弟たちはきっと礼を尽くしてくれるだろうが、いまだあえて、恩義・謝恩の叛くことなどあることはないだろう。

 

(訳注)

對雨

(こんな雨が降って暗い世の中に対して)

763年廣徳元年7月吐蕃が河西・隴西の地を略したこと心配して、施政者に警鐘を鳴らすものである。

政治的なことを取り上げる際の詩題として『対・・・』こんな・・・なときにどうしているのか?という意味である。人の生活に必要な雨を取り上げる場合、特に農業に必要なものである場合には、『大雨』『梅雨』『喜晴』『喜雨』『村雨』

『対雪』、『対酒』

左拾遺として長安にいた758年乾元元年三月の作『曲江對雨』

城上春雲覆苑牆,江亭晚色靜年芳。

林花著雨燕支濕,水荇牽風翠帶長。

龍武新軍深駐輦,芙蓉別殿謾焚香。

何時詔此金錢會,暫醉佳人錦瑟旁?

(曲江にて雨に対す)

城上の春雲苑牆【えんしょう】を覆う、江亭晩色年芳【ねんほう】静かなり。

林花雨を著【つ】けて燕支【えんし】湿い、水荇【すいこう】風に牽【ひ】かれて翠帯【すいたい】長し。

竜武の新軍に深く輦【れん】を駐【とど】め、芙蓉の別殿に漫【まん】に香を焚く。

何の時か詔【みことのり】して此の金銭の会あって、暫く酔わん佳人【けいじん】錦瑟【きんしつ】の傍【かたわら】

 

莽莽天涯雨,江邊獨立時。

天下の隅々まで雨が降って暗い日々が続く、旅先の涪江のほとりに独り佇んでこの時を過ごしている。

・莽莽 雨が長く暗味のさま。『秦州雑詩二十首 其七』

莽莽万重山、孤城山谷間。

無風雲出塞、不夜月臨関。

属国帰何晩、楼蘭斬未還。

烟塵独長望、衰颯正摧顔。

秦州雜詩二十首 其七 杜甫 2部 <260> kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1229 杜甫詩 700- 374

 

不愁巴道路,恐濕漢旌旗。

剣南、山南西、嘉陵江下流域の三巴地方の道路交通事情には今や愁いはない、ただ、長安の唐王朝と軍隊の旗には大雨で湿りきって怖いと思えるものである。

・漢旌旗 長安の唐王朝と軍隊の旗。

 

雪嶺防秋急,繩橋戰勝遲。

蜀盆地を囲む雪嶺の山々には秋の気配が急に迫ってきた、叛乱や、異民族の侵略に対して素早い対応して闘いに飼ってもらいたいのにそれができず後手後手になっている。

・防秋 秋にあたって敵が侵入してくるのを防ぐこと。吐蕃国境の雪嶺山脈の防御を云う。
・繩橋 竹の橋を手早く縄で縛って作る。素早い対応の戦略などを云う。

『入奏行贈西山檢察使竇侍禦』成都遂州#2

政用疏通合典則,戚聯豪貴耽文儒。 

兵革未息人未蘇,天子亦念西南隅。 

吐蕃憑陵氣頗粗,竇氏檢察應時須。 

運糧繩橋壯士喜,斬木火井窮猿呼。 

 

西戎甥舅禮,未敢背恩私。

ウイグルや吐蕃の王室の兄弟たちはきっと礼を尽くしてくれるだろうが、いまだあえて、恩義・謝恩の叛くことなどあることはないだろう。

・西戎 古代中国人がトルコ族・チベット族など西方の異民族を称した語。西夷(せいい)。→東夷(とうい) →南蛮 →北狄(ほくてき)

・甥舅 甥(おい):自分の兄弟姉妹の息子を指す語。対義語は姪。舅:1 (舅)夫または妻の父。しゅうとおや。2 (姑)「しゅうとめ(姑)」に同じ。◇「舅」「姑」は、配偶者の父母に対する呼びかけには使わない。また、配偶者の父母のことを他人に話すときには「お」を付けない。

ここでは、安禄山の乱以後、無原則に援軍を頼み、公主を嫁がせ義兄弟とし、血縁を結んだことをいう。ところが、安史の乱が集結したら、ウイグルは、全土で略奪を繰り返した。杜甫はウイグルに対しては頭初から批判的であった。唐は中宗の景竜二年(七〇八)に金城公主を賛普(吐事の酋長)に要し、これと親戚関係を結んだ。故に彼はみずから甥(おい)の身分に居り、唐の天子を男(おじさん)として敬礼すべき地位にあるというのである。

・未敢 よもやすまいということであるが、事実をいうのではなく、希望をいったものである。

・恩私 恩愛、私寵のこと。

nat0001