杜甫《警急〔自注:時高公適領西川節度。〕》三国の参謀といわれた賈詡に喩えられ、淮南、楚の地で功勲を挙げられた高適公はその策は巧妙な戦略、兵を動かすのも適宜になされ、かつ兵卒を大事にされるお方である。

2013年11月22日  の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固)《西都賦》(2)#1-2 文選 賦<112―2>18分割55回 Ⅱ李白に影響を与えた詩956 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3328
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《晚秋郾城夜會聯句〔韓愈、李正封〕》(22)-#20韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <869>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3329韓愈詩-220-#20
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 697 《警急〔自注:時高公適領西川節度。〕》 蜀中転々 杜甫 <604>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3330 杜甫詩1000-604-860/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 81諸葛亮 《梁甫吟》 漢詩  kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3331 (11/22)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 江城子 二首 其一 張泌ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-357-7-#19  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3332
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 花間集 古詩源 玉台新詠

 

697 《警急〔自注:時高公適領西川節度。〕》 蜀中転々 杜甫 <604  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3330 杜甫詩1000-604-860/1500

 

 

詩 題:警急〔自注:時高公適領西川節度。〕

作時:763 廣德元年十月 閬州 杜甫52歳 

卷別: 卷二二七  文體: 五言律詩 

詩題: 警急【案:自注:時高公適領西川節度。】 

作地點: 閬州(山南西道 / 閬州 / 閬州

及地點:  玉壘山 (劍南道北部 無第二級行政層級 玉壘山) 別名:玉壘   松州 (劍南道北部 松州 松州

 

 

掲 載; 杜甫1000首の604首目-場面

杜甫ブログ1500回予定の-860回目

 

警急〔自注:時高公適領西川節度。〕

(此の非常事態を知らせる。〔この時、高適公は、再度剣南西川節度使となっている。〕)

才名舊楚將,妙略擁兵機。

三国の参謀といわれた賈詡に喩えられ、淮南、楚の地で功勲を挙げられた高適公はその策は巧妙な戦略、兵を動かすのも適宜になされ、かつ兵卒を大事にされるお方である。

玉壘雖傳檄,松州會解圍。

玉塁地区は太古より武勇が聞かれるところで、都江堰によっても守られているところかもしれないが、西域防御の松州の都督府もそこを吐蕃に倚って破られたのである。

和親知拙計,公主漫無歸。

粛宗が吐蕃との和親を進めてきたがこれが稚拙なたくらみでしかなかったのであり、嫁がせた公主は未だに帰国されてはいないのである。

青海今誰得,西戎實飽飛。

西域、隴右の青海地方は今誰が領有しているというのか、西の異民族たちの好き勝手にさせているのではないだろうか。

警急〔自注:時高公適領西川節度。〕

才名 舊の楚將なり,略を妙とし兵機を擁す。

玉壘 傳檄をなすと雖も,松州 解圍に會す。

和親 拙計を知り,公主 漫【そぞろ】に歸る無し。

青海 今や誰か得るや,西戎 實に飽き飛ぶ。

 蜀中転々圖

 

 

『警急』 現代語訳と訳註

(本文)

警急〔自注:時高公適領西川節度。〕

才名舊楚將,妙略擁兵機。

玉壘雖傳檄,松州會解圍。

和親知拙計,公主漫無歸。

青海今誰得,西戎實飽飛。

 

 

(下し文)

警急〔自注:時高公適領西川節度。〕

才名 舊の楚將なり,略を妙とし兵機を擁す。

玉壘 傳檄をなすと雖も,松州 解圍に會す。

和親 拙計を知り,公主 漫【そぞろ】に歸る無し。

青海 今や誰か得るや,西戎 實に飽き飛ぶ。

 

 

(現代語訳)

(此の非常事態を知らせる。〔この時、高適公は、再度剣南西川節度使となっている。〕)

三国の参謀といわれた賈詡に喩えられ、淮南、楚の地で功勲を挙げられた高適公はその策は巧妙な戦略、兵を動かすのも適宜になされ、かつ兵卒を大事にされるお方である。

玉塁地区は太古より武勇が聞かれるところで、都江堰によっても守られているところかもしれないが、西域防御の松州の都督府もそこを吐蕃に倚って破られたのである。

粛宗が吐蕃との和親を進めてきたがこれが稚拙なたくらみでしかなかったのであり、嫁がせた公主は未だに帰国されてはいないのである。

西域、隴右の青海地方は今誰が領有しているというのか、西の異民族たちの好き勝手にさせているのではないだろうか。

 

kimo003 

(訳注)

警急〔自注:時高公適領西川節度。〕

(此の非常事態を知らせる。〔この時、高適公は、再度剣南西川節度使となっている。〕)

広徳元年(七六三)正月、北方ではひきつづき敗戦を重ねていた賊将史胡挙賊将史朝義(史忠明の子。史思明を殺してこれに代わった)が遂に縊死し、部将らは多く投降し、かくて長年にわたったさしもの大乱も、一段落ついたことになる。この快報を梓州できいた杜甫は、狂喜して詩を賦し、自分も一日も早く北に帰ろうと心をきめたのであった。しかし、その実、時局はなかなか治まらず、回紇が中原に入って横行暴虐の限りをつくし、かつて牡甫が、回紇に救援をたのむことに危惧を抱いた、ちょうどそのことが、今や目前に起こりつつあったのみならず、吐蕃はたえず侵入して、七月には秦州・成州をはじめ河西・隴西隴右を占拠、十月には邠州まで攻めよせたので、代宗はあわてて陝州に逃げ、一時、吐蕃が長安を占領して掠奪をほしいままにした。長安は、郭子儀の反撃により、蜀、松州、維州は高適に倚り、吐蕃は撤退した。

杜甫は北の故郷に帰ることもできず、梓州にいて、その間、綿州にゆき、漢州にゆき、閬州にゆき、恐らくは生活のために転々と奔走したのであろう。当時の詩の数はますます多いが、その中、百分の世話になった人々に贈り、その人々に感謝する詩が非常に多い。

この十月頃の作品である。

 

才名舊楚將,妙略擁兵機。

三国の参謀といわれた賈詡に喩えられ、淮南、楚の地で功勲を挙げられた高適公はその策は巧妙な戦略、兵を動かすのも適宜になされ、かつ兵卒を大事にされるお方である。

・才名 三国時代曹操、曹丕に仕え名参謀といわれた賈 詡(か く、147 - 223年、建和元年 - 黄初4年)のこと。後漢末期から三国時代にかけての政治家。字は文和(ぶんわ)。董卓・李傕・段煨・張繍に仕えた後、曹操・曹丕の2代にわたり重臣として活躍した[1] 。賈穆・賈訪の父。賈模の祖父、賈胤・賈龕の高祖父。高適も高齢になって抜擢されたもの。

・舊楚將 高適が永王璘討伐で、揚州都督府長史、淮南節度使を兼ね「楚」の地で功勲を挙げたことをいう。

 

玉壘雖傳檄,松州會解圍。

玉塁地区は太古より武勇が聞かれるところで、都江堰によっても守られているところかもしれないが、西域防御の松州の都督府もそこを吐蕃に倚って破られたのである。

・玉壘 成都の北西50kmの都江堰近くにあるやま。戦国時代末期に巴蜀を領土とした秦の孝文王(紀元前225年)のころ、蜀郡の太守に赴任した李氷(リーピン)は、氾濫する岷江(ピンコウ)を改修するため、四川盆地の治水工事に挑んだ。成都の北西50キロの灌県にある世界遺産「都江堰(トコウエン)」が、その代表的な治水工事である。これは水路を開削して流れを分ける離堆を築く工事である。李氷がこの治水にあたって龍を降し、石犀牛を三()作らせ守り神とし、祖先伝来の開山大斧を三度振るって玉塁山を開削したと語り伝えられている。

 

和親知拙計,公主漫無歸。

粛宗が吐蕃との和親を進めてきたがこれが稚拙なたくらみでしかなかったのであり、嫁がせた公主は未だに帰国されてはいないのである。

・公主 吐蕃との和親で文成公主をいう。文成公主(ぶんせいこうしゅ、623 - 680年)は、唐の皇女で、吐蕃のソンツェン・ガンポ王の第2皇后。

 

青海今誰得,西戎實飽飛。

西域、隴右の青海地方は今誰が領有しているというのか、西の異民族たちの好き勝手にさせているのではないだろうか。

・西戎 749年哥舒翰は吐蕃の石堡城の攻略を命じられる。隴右・河西・朔方・河東及び突厥の兵合わせて10万を率いて攻め込んだ。石堡城は難攻不落であったが、数万の兵を失いつつも落城させた。それがこの7月、吐蕃に倚り、奪回されたことを云う。

・實飽飛 好き勝手にされること。

 

 

高適

滄州渤海(現河北省)の出身。生年不詳 765年で李白と親交があり磊落な性質で家業を怠り、落ちぶれて梁・宋(現河南省)で食客となっていたが、発憤して玄宗の時に有道科に挙げられ、封丘尉の役職を授けられた。その後官職を捨てて河右に遊歴し、河西節度使哥舒翰に見いだされて幕僚となった。また侍御史となり、蜀に乱を避けた玄宗に随行した。粛宗の命で、江西采訪使・皇甫侁とともに皇弟である永王李璘の軍を討伐平定した。後に蜀が乱れるに及び蜀州・彭州の刺史となり、西川節度使となった。長安に帰って刑部侍郎・散騎常侍となり、代宗の代に渤海侯に封ぜられ、その地で没した。

これまでの杜甫が高適に贈った詩は下記の通り。

 

送高三十五書記 杜甫 :kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 誠実な詩人杜甫特集 50

 

寄高三十五書記  杜甫:kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 誠実な詩人杜甫特集 67

 

送蔡希魯都尉還隴右,因寄高三十五書記 杜甫 : kanbuniinkai紀頌之の漢誠実な詩人 93

寄高三十五詹事  杜甫詩kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 杜甫特集700- 268

 

寄彭州高三十五使君適、虢州岑二十七長史參三十韻 杜甫 <316-#1> 漢文委員会紀頌之の漢詩ブログ1430 杜甫詩 700- 441

568

奉簡高三十五使君 杜甫 成都(2部)浣花渓の草堂(3 -5)  杜甫 <387 五言律詩 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1875 杜甫詩1000-387-568/1500

674

王十七侍禦掄許攜酒至草堂,奉寄此詩,便請邀高三十五使君同到  七言律詩 成都5-(38) 杜甫 <463  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2400 杜甫詩1000-463-674/1500

678

李司馬橋成,高使君自成都回 七言絶句 成都5-(42) 杜甫 <467  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2420 杜甫詩1000-467-678/1500

791

647 《寄高適【案:草堂逸詩拾遺。】》 蜀中転々 杜甫 <552  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2985 杜甫詩1000-552-791/1500