杜甫《章梓州水亭》荊州の人人は山簡を愛してこどもが歌をつくったが、章留後も山簡のようなひとだ、だから、わたしも酔うて荊州の童べをまねて長くうたうしかない。


2013年11月26日  の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固)《西都賦》(6)#2-4 文選 賦<112―6>18分割55回 Ⅱ李白に影響を与えた詩960 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3348
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《晚秋郾城夜會聯句〔韓愈、李正封〕》(26)-#24韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <873>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3349韓愈詩-220-#24
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 701 《章梓州水亭〔自注:時漢中王兼道士席謙在會,同用荷字韻。〕》蜀中転々 杜甫<608> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3350 杜甫詩1000-608-864/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 85蘇武 《詩四首 其二》 古詩源  漢詩  kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3351 (11/26)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 寄人 張泌【ちょうひつ】ⅩⅫ唐五代詞 Gs-361-7-#23  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3352
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 花間集 古詩源 玉台新詠

701 《章梓州水亭〔自注:時漢中王兼道士席謙在會,同用荷字韻。〕》蜀中転々 杜甫<608> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3350 杜甫詩1000-608-864/1500





卷別: 卷二二七  文體: 五言律詩 

詩題: 章梓州水亭〔自注:時漢中王兼道士席謙在會,同用荷字韻。〕

及地點:  梓州 (劍南道北部 梓州 梓州)  ・荊州 (山南東道 荊州 荊州) 別名:郢門     

交遊人物/地點: 章梓州





章梓州水亭

(梓州の留後である章彝の池水にのぞんだ亭)

〔原注〕時漢中王乗道士席謙在合、同用荷字韻

〔この時漢中王や道士席謙も座にあり、みなが「荷」の字の韻をつかって詩をつくった。〕

城の方から暮てきて夕霞や霧が一体にかかるようになってきて、だんだんこの水亭のおくまできてみると芰荷のあるところになる。

吏人橋外少,秋水席邊多。

役人どもが橋の向こう側には少なく、池のそばにはねだした坐席は秋の増水にたくさんせまっている。

近屬淮王至,高門薊子過。

ここへ皇族である准王の漢中王がおいでになり、またこのお宅へは仙人の薊子である席謙もこられている。
荊州愛山簡,吾醉亦長歌。

荊州の人人は山簡を愛してこどもが歌をつくったが、章留後も山簡のようなひとだ、だから、わたしも酔うて荊州の童べをまねて長くうたうしかない。

(章梓州が水亭)

(時に漢中王兼【およ】び道士席謙会に在り、同じく荷の字の韻を用う)

城 晩れて雲霧通ず、亭深くして芰荷【きか】に到る。

吏人 橋外に少【まれ】なり、秋水 席辺に多し。

近属 准王至り、高門 薊子【けいし】過ぐ。

荊州 山簡を愛し、吾酔いて亦た長歌す。

miyajima594 

『章梓州水亭』 現代語訳と訳註

(本文)

章梓州水亭

〔原注〕時漢中王乗道士席謙在合、同用荷字韻

通雲霧,亭深到芰荷。

吏人橋外少,秋水席邊多。

近屬淮王至,高門薊子過。

荊州愛山簡,吾醉亦長歌。

 


(下し文)

(章梓州が水亭)

(時に漢中王兼【およ】び道士席謙会に在り、同じく荷の字の韻を用う)

城 晩れて雲霧通ず、亭深くして芰荷【きか】に到る。

吏人 橋外に少【まれ】なり、秋水 席辺に多し。

近属 准王至り、高門 薊子【けいし】過ぐ。

荊州 山簡を愛し、吾酔いて亦た長歌す。


(現代語訳)

(梓州の留後である章彝の池水にのぞんだ亭)

〔この時漢中王や道士席謙も座にあり、みなが「荷」の字の韻をつかって詩をつくった。〕

城の方から暮てきて夕霞や霧が一体にかかるようになってきて、だんだんこの水亭のおくまできてみると芰荷のあるところになる。

役人どもが橋の向こう側には少なく、池のそばにはねだした坐席は秋の増水にたくさんせまっている。

ここへ皇族である准王の漢中王がおいでになり、またこのお宅へは仙人の薊子である席謙もこられている。

荊州の人人は山簡を愛してこどもが歌をつくったが、章留後も山簡のようなひとだ、だから、わたしも酔うて荊州の童べをまねて長くうたうしかない。


(訳注)

章梓州水亭

梓州の留後である章彝の池水にのぞんだ亭

○章梓州 梓州の留後である章彝

○水亭 池水にのぞんだ亭。

 


〔原注〕時漢中王乗道士席謙在合、同用荷字韻

〔この時漢中王や道士席謙も座にあり、みなが「荷」の字の韻をつかって詩をつくった。〕

○漢中王 名を璃といい譲皇帝(寧王)の第六子で汝陽王璡の弟である。玄宗が蜀に幸したときに従って漢中に至り、漢中王に封ぜられ銀青光禄大夫・漢中郡太守を加えられた。のち粛宗を諌めて帝の怒りにふれ蓬州の刺史に貶せられた。ここには漢中王と称しているが蓬州の刺史として何かの事によって梓州に来たのにより作者が彼とあったものとおもわれる。

『戲題寄上漢中王,三首之一』

西漢親王子,成都老客星。 

百年雙白鬢,一別五秋螢。 

忍斷杯中物,祗看座右銘。 

不能隨皂蓋,自醉逐浮萍。

639五言律詩《戲題寄上漢中王,三首之一》 蜀中転々 杜甫 <544  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2945 杜甫詩1000-544-783/1500

『戲題寄上漢中王,三首之二』

策杖時能出,王門異昔遊。 

已知嗟不起,未許醉相留。 

蜀酒濃無敵,江魚美可求。 

終思一酩酊,淨掃雁池頭。 

640 五言律詩《戲題寄上漢中王,三首之二》 蜀中転々 杜甫 <545  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2950 杜甫詩1000-545-784/1500

『戲題寄上漢中王,三首之三』

群盜無歸路,衰顏會遠方。

尚憐詩警策,猶記酒顛狂。

魯衛彌尊重,徐陳略喪亡。

空餘枚叟在,應念早升堂。

641五言律詩《戲題寄上漢中王,三首之三》 蜀中転々 杜甫 <546  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2955 杜甫詩1000-546-785/1500

『玩月呈漢中王』

夜深露氣清,江月滿江城。

浮客轉危坐,歸舟應獨行。

關山同一照,烏鵲自多驚。

欲得淮王術,風吹暈已生。

643 《玩月呈漢中王》 蜀中転々 杜甫 <548  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2965 杜甫詩1000-548-787/1500

○席謙 梓州粛明観の道士で棊(ごはじき)を好んだ、「存穀口号」詩に「席謙見ず近ごろ棊を弾ずるを。」とあるのはこの人のことである。

 


通雲霧,亭深到芰荷。

城の方から暮てきて夕霞や霧が一体にかかるようになってきて、だんだんこの水亭のおくまできてみると芰荷のあるところになる。

○通 城内からこことすべてみなぎること。

○亭深 事が池の中央に奥まってあること。

○到芰荷 だんだんゆくと芰荷のあるところまできたということ。はひし、荷ははす。

 


吏人橋外少,秋水席邊多。

役人どもが橋の向こう側には少なく、池のそばにはねだした坐席は秋の増水にたくさんせまっている。

○橋 池の浮島の亭に達するまでの橋であろう。

○席 亭の水上の座席のでのしきもの。

 


近屬淮王至,高門薊子過。

ここへ皇族である准王の漢中王がおいでになり、またこのお宅へは仙人の薊子である席謙もこられている。

○近属 天子の近いおつづきあい。

○准王 准帝王のこと、漢中王を比していう、前にもみえる。○高門 章亭の家ということ。

○薊子 薊子訓という仙人のこと、この仙人は都に至り二十三家の貴族の宅に同時に姿をあらわしたとの話がある、薊子訓をもって席謙に此する。

 


荊州愛山簡,吾醉亦長歌。

荊州の人人は山簡を愛してこどもが歌をつくったが、章留後も山簡のようなひとだ、だから、わたしも酔うて荊州の童べをまねて長くうたうしかない。

荊州 荊州の民。

○山簡 晋の山簡が裏陽に鎮したとき、つねに習家の池に出遊して酒をのんだのを、児童が歌にうたったという、簡をもって章彝に比する。山簡:字は季倫。西晋時代の人。竹林の七賢の一人、山濤の子。詩では「山公」と歌われ、公は一般に尊称であるが、ここでは、とくに尊敬と親しみの気特がこもっている。山簡、あざなは季倫。荊州の地方長官として嚢陽にいたとき、常に酔っぱらっては高陽の池にあそび(野酒)、酩酊したあげく、白い帽子をさかさに被り、馬にのって歩いた。それが評判となり、そのことをうたった歌までできた。話は「世説」にある。 

李白『答友人贈烏紗帽』

領得烏紗帽,全勝白接蘺。

山人不照鏡,稚子道相宜。

答友人贈烏紗帽 李白Kanbuniinkai紀頌之の漢詩李白特集350 -293

李白と道教48襄陽歌 ⅰ

李白と道教(7)襄陽曲49から52

阮籍 詠懐詩 、 白眼視    嵆康 幽憤詩

秋浦歌十七首 其七 李白Kanbuniinkai紀頌之の漢詩李白特集251/350

秋浦歌十七首 其九 李白Kanbuniinkai紀頌之の漢詩李白特集 -253/350

秋浦歌十七首 其十一 李白Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白特集-255/350

 


(章梓州が水亭)

(時に漢中王兼【およ】び道士席謙会に在り、同じく荷の字の韻を用う)

城 晩れて雲霧通ず、亭深くして芰荷【きか】に到る。

吏人 橋外に少【まれ】なり、秋水 席辺に多し。

近属 准王至り、高門 薊子【けいし】過ぐ。

荊州 山簡を愛し、吾酔いて亦た長歌す。
金燈花01



通雲霧,亭深到芰荷。