杜甫《隨章留後新亭會送諸君》「不許葷酒入山門」ということは、竟に改めることはない。酒を進めれば詩を作ることをやめてしまうことになる。すでに峴山の「堕涙碑」前に立ったように涙が零れ落ちる。だからそれに因んでお別れに「零雨詩」と題して詩を作るものである。
 

2013年12月30日 の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固)《西都賦》(40)#15-3 文選 賦<112―40>18分割55回 Ⅱ李白に影響を与えた詩994 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3518
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《瀧吏》嶺南行(4)-2韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <907>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3519韓愈詩-232
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ

735 《隨章留後新亭會送諸君〔草堂逸詩拾遺〕》 蜀中転々 杜甫 <642  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3520 杜甫詩1000-642-898/1500〔草堂逸詩拾遺-(11)

●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ239  《九辯 第七段》 宋玉 kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3521 (12/30)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性LiveDoor9 18 喜遷鶯三首 其三 (薛昭蘊)薛侍郎昭蘊ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-395-9-#18  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3522
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩韓愈全詩李白全集文選花間集 古詩源 玉台新詠

  

735 《隨章留後新亭會送諸君〔草堂逸詩拾遺〕》 蜀中転々 杜甫 <642  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3520 杜甫詩1000-642-898/1500〔草堂逸詩拾遺-(11)          

 

詩 題:隨章留後新亭會送諸君〔草堂逸詩拾遺〕

作時:763 廣德元年 杜甫52歳 

掲 載; 杜甫1000首の642首目-場面

杜甫ブログ1500回予定の-898回目

 

 

作時年:  763  廣德元年  52

卷別: 卷二三四  文體: 五言律詩 

詩題: 隨章留後新亭會送諸君〔草堂逸詩拾遺。】 

及地點:  新亭 (劍南道北部 梓州 梓州)   ・峴山 (山南東道 襄州 峴山) 別名:峴首山     

交遊人物/地點: 章彝 當地交遊(劍南道北部 梓州 梓州)

 

 

〔草堂逸詩拾遺-(11)

隨章留後新亭會送諸君

(章彝梓州の留守居役の副長官に随行して新亭のお披露目の高官の宴会に出席した諸君を送別する。)

新亭有高會,行子得良時。

新しい楼閣の亭のお披露目に高官の宴会があり、是から旅に出る諸君にとってこんなに良い時はないだろう。

日動映江幕,風鳴排檻旗。

太陽が光り輝き涪江沿い雨に張られた幔幕に降り注いで映えている。風が吹き、欄干に着けた旗がはためいて鳴っている。

葷終不改,勸酒欲無詞。

「不許葷酒入山門」ということは、竟に改めることはない。酒を進めれば詩を作ることをやめてしまうことになる。

已墮峴山淚,因題零雨詩。

すでに峴山の「堕涙碑」前に立ったように涙が零れ落ちる。だからそれに因んでお別れに「零雨詩」と題して詩を作るものである。

 

miyajima594 

『隨章留後新亭會送諸君』 現代語訳と訳註

(本文)

隨章留後新亭會送諸君

新亭有高會,行子得良時。

日動映江幕,風鳴排檻旗。

葷終不改,勸酒欲無詞。

已墮峴山淚,因題零雨詩。

 

 

(下し文)

章留後に隨いて新亭の會で諸君を送る

新亭 高きの會有り,行子 良時を得る。

日動 江幕に映え,風鳴 檻旗を排す。

葷【くん】をちて 改めざるを終り,酒を勸めて 詞を無からんと欲す。

已に「峴山の淚」墮ち,因に零雨の詩を題す。

 

 

(現代語訳)

(章彝梓州の留守居役の副長官に随行して新亭のお披露目の高官の宴会に出席した諸君を送別する。)

新しい楼閣の亭のお披露目に高官の宴会があり、是から旅に出る諸君にとってこんなに良い時はないだろう。

太陽が光り輝き涪江沿い雨に張られた幔幕に降り注いで映えている。風が吹き、欄干に着けた旗がはためいて鳴っている。

「不許葷酒入山門」ということは、竟に改めることはない。酒を進めれば詩を作ることをやめてしまうことになる。

すでに峴山の「堕涙碑」前に立ったように涙が零れ落ちる。だからそれに因んでお別れに「零雨詩」と題して詩を作るものである。

蜀中転々圖 

(訳注)

隨章留後新亭會送諸君

(章彝梓州の留守居役の副長官に随行して新亭のお披露目の高官の宴会に出席した諸君を送別する。)

 

新亭 高會 ,行子 良時

新しい楼閣の亭のお披露目に高官の宴会があり、これから旅に出る諸君にとってこんなに良い時はないだろう。

「新亭」新しい楼閣の亭のお披露目。

「高會」高官の宴会。

「行子」旅に出る諸君。

 

日動 江幕 ,風鳴 排檻旗

太陽が光り輝き涪江沿い雨に張られた幔幕に降り注いで映えている。風が吹き、欄干に着けた旗がはためいて鳴っている。

 

終不改 ,勸酒 欲無詞

「不許葷酒入山門」ということは、竟に改めることはない。酒を進めれば詩を作ることをやめてしまうことになる。

「葷」葷酒のこと。 - 臭気の強いネギ・ニラなどの野菜と酒。また、それらを飲食すること。禅寺の山門の脇の戒壇石に刻まれる言葉として、「不許葷酒入山門」(葷酒山門に入るを許さず)葷酒は、心を乱し修行の妨げになるので、寺の門内に持ち込むことは許さない。

 

 

已墮 峴山 ,因題 零雨

すでに峴山の「堕涙碑」前に立ったように涙が零れ落ちる。だからそれに因んでお別れに「零雨詩」と題して詩を作るものである。

「墮峴山淚」堕涙碑の故事に基づく。・峴山 襄陽県の東南にある山で、漢水にのぞむ。唐代の名勝の地。漢水とおなじ。長江の一番大きな支流。 

李白『襄陽曲四首 其三』

峴山臨漢江、水淥沙如雪。

上有墮淚碑、青苔久磨滅。

○堕涙碑 晋の羊祜は、荊州の都督(軍事長官)として襄陽のまちを治めて人望があった。かれは生前、峴に登って酒を飲み、詩を作つたが、かれが死ぬと、襄陽の人びとはその人となりを偲んで、山上に石碑を立てた。その碑をみる人は、かれを思い出して涙を堕さないではいられなかったので、堕涙碑と名づけられた。名づけ親は、羊祜の後任で荊州の都督となった杜預、(杜甫の遠い先祖にあたる)である。

答友人贈烏紗帽 李白Kanbuniinkai紀頌之の漢詩李白特集350 -293

305 孟浩然 与諸子登峴山 
309  〃   輿黄侍御北津泛舟②
310  〃   峴山送張去非遊巴東(峴山亭送朱大)

311  〃   過故人莊
     
312  〃   峴山送蕭員外之荊州
  ⑤
313  〃   登峴山亭寄晉陵張少府

kimo003