杜甫《送韋諷上閬州錄事參軍 》 韋諷殿にはきっと陶淵明の様な充実した四季、山水の春秋生活を過せる時が来る。清廉な知識者として存在していただくことを貫ぬき徹して欲しいのだ。


2014年1月11日  の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固)《東都賦》(4)#2(光武帝の即位)-2 文選 賦<113―2>18分割55回 Ⅱ李白に影響を与えた詩1006 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3578
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《贈別元十八協律,六首之三》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <919>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3579韓愈詩-234
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 744廣徳2年764年―2 《送韋諷上閬州錄事參軍 》 蜀中転々 杜甫 <651-#1>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3580 杜甫詩1000-651-#1-910/1500744
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 10 -10 臨江仙七首其六 牛學士希濟(牛希濟)ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-407-10-#10  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3582
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 李白全集 文選 花間集 古詩源 玉台新詠

 

744廣徳2764年―2 《送韋諷上閬州錄事參軍 》 蜀中転々 杜甫 <651-#1>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3580 杜甫詩1000-651-#1-910/1500744

 

詩 題:送韋諷上閬州錄事參軍 

作時:764年 廣德二年 杜甫53

 

掲 載; 杜甫1000首の654首目-場面

杜甫ブログ1500回予定の-910回目

卷別: 卷二二○  文體: 五言古詩 

詩題: 送韋諷上閬州錄事參軍 

及地點:  閬州 (山南西道 閬州 閬州) 別名:閬、巴城     

交遊人物/地點: 韋諷

 

 

763年この年の夏ごろから、杜甫は梓州刺史章彝(前任の杜済は綿州刺史に転じていた)の客分となり、その主催する送別や歓迎の宴に出席したり、遊覧・遊猟に随行している。杜甫の詩人としての名も、かなり揚がっていたらしく、彼はそれによって一家の生活を支え、また東下の旅費を蓄えていた。しかしこのころ、辺境の情勢は緊迫の度を加え、吐蕃の軍は長安に迫り、西南方面(松・雅・保州)においては巴・蜀を圧迫していた。そうして、十月になるとついに長安に攻めこみ、代宗は東の方の陝州(河南省陝県)に逃げてしまった。しばらくして郭子儀が反撃に転じ、吐蕃軍は遁走したが、まさに安禄山の乱の再現かと思われた。

杜甫はそれらの情報を伝え聞きながら、今はただ一つしか残されていない東方への道、長江を下るべく、ひたすら旅の準備をととのえていた。その大部分は章彝の援助に頼るしかなかったため、彼は章彝とその幕僚の機嫌を損ねないように、言行を慎重にしていたらしい。そのためであろう、杜甫が東方の旅に出発することを申し出ると、彼らは送別会を開いてくれ、章彝は無事な旅を祈って、梓州特産の桃竹の杖を二本、杜甫に贈った。

出発も間近に迫ったある日、都に帰った厳武のはからいであろうか、杜甫を京兆府の功曹参軍(庶務課長)に任ずるとの連絡があった。しかし、すでに三峡を下って呉・楚の地に赴く決心をしていた杜甫は、それを辞退した。

 

 

送韋諷上閬州錄事參軍 #1

(韋諷が閬州の錄事參軍に上奏するために送別する。)

國步猶艱難,兵革未衰息。

この国の歩むべき道のりは今なお、艱難辛苦に立ち向かっている。国軍の兵卒たちは未だに可哀相で、安息できる暇もないのである。

萬方哀嗷嗷,十載供軍食。

国の各機関、人民に至るまでどこを向いてみても、非難ごうごう、悲しくなるように満足できる状況ではないのである。あなたにしてみれば、この十年、戰場での食事を兵卒たちと一緒にとることの繰り返しということなのだ。

庶官務割剝,不暇憂反側。

余り高くない爵位職責で身を裂かれ剥れるほどの職務を全うされたのであるが、この先を憂うことばかり、ゆっくりすること、安寧であることなどなく全く反対側に居続けていて暇もない状態であった。

誅求何多門,賢者貴為德。

天による誅殺を求めるとしたならば、何と多くのグループ、一族、官僚に至る多くの門があるというものであろうか。儒者、賢者は仁徳でもって施政を行うということを貴きものとしている。

韋生富春秋,洞徹有清識。

韋諷殿にはきっと陶淵明の様な充実した四季、山水の春秋生活を過せる時が来る。清廉な知識者として存在していただくことを貫ぬき徹して欲しいのだ。

#2

操持紀綱地,喜見朱絲直。

當令豪奪吏,自此無顏色。

必若救瘡痍,先應去蟊賊。

揮淚臨大江,高天意悽惻。

行行樹佳政,慰我深相憶。

 

韋諷が閬州の錄事參軍に上つるを送る #1

國步 猶お艱難たり,兵革 未だ衰息せず。

萬方 哀嗷嗷として,十載 軍食を供にする。

庶官 割剝に務め,暇わず 反側を憂う。

誅求は何ぞ門多からん,賢者は德を為すを貴しとす。

韋 富める春秋を生じ,清識有るを洞徹せよ。

#2

操持して紀綱の地,喜見して朱絲の直。

當令 豪奪の吏,此れ自り顏色無し。

必ず瘡痍を救わんとするが若し,先ず應に蟊賊去る。

淚を揮って大江に臨み,高天 意 悽惻たり。

行き行きて佳政を樹て,我を慰む 深く相い憶うを。

 

 

『送韋諷上閬州錄事參軍』 現代語訳と訳註

(本文) 送韋諷上閬州錄事參軍 #1

國步猶艱難,兵革未衰息。

萬方哀嗷嗷,十載供軍食。

庶官務割剝,不暇憂反側。

誅求何多門,賢者貴為德。

韋生富春秋,洞徹有清識。

 

(下し文)

韋諷が閬州の錄事參軍に上つるを送る #1

國步 猶お艱難たり,兵革 未だ衰息せず。

萬方 哀嗷嗷として,十載 軍食を供にする。

庶官 割剝に務め,暇わず 反側を憂う。

誅求は何ぞ門多からん,賢者は德を為すを貴しとす。

韋 富める春秋を生じ,清識有るを洞徹せよ。

 

(現代語訳)

(韋諷が閬州の錄事參軍に上奏するために送別する。)

この国の歩むべき道のりは今なお、艱難辛苦に立ち向かっている。国軍の兵卒たちは未だに可哀相で、安息できる暇もないのである。

国の各機関、人民に至るまでどこを向いてみても、非難ごうごう、悲しくなるように満足できる状況ではないのである。あなたにしてみれば、この十年、戰場での食事を兵卒たちと一緒にとることの繰り返しということなのだ。

余り高くない爵位職責で身を裂かれ剥れるほどの職務を全うされたのであるが、この先を憂うことばかり、ゆっくりすること、安寧であることなどなく全く反対側に居続けていて暇もない状態であった。

天による誅殺を求めるとしたならば、何と多くのグループ、一族、官僚に至る多くの門があるというものであろうか。儒者、賢者は仁徳でもって施政を行うということを貴きものとしている。

韋諷殿にはきっと陶淵明の様な充実した四季、山水の春秋生活を過せる時が来る。清廉な知識者として存在していただくことを貫ぬき徹して欲しいのだ。

 

(訳注)

送韋諷上閬州錄事參軍

(韋諷が閬州の錄事參軍に上奏するために送別する。)

『東津送韋諷攝閬州錄事』

江山好,憐君吏隱兼。 

寵行舟遠泛,怯別酒頻添。 

推薦非承乏,操持必去嫌。 

他時如按縣,不得慢陶潛。

650五言律詩 《東津送韋諷攝閬州錄事》 蜀中転々 杜甫 <555  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3000 杜甫詩1000-555-794/1500

○錄事參軍 古代の官職。衛門尉の別称。常是軍政長官的幕僚。衛門府(えもんふ)とは、律令制における官司。当初は1つであったが、大同3年(808年)に(左右)衛士府と統合されて一旦廃止され、弘仁3年(811年)に左右衛士府の改称に伴って復置された際、左衛門府と右衛門府の2つが置かれた。和訓にて「ゆげひのつかさ」と呼び、「靫負」という漢字をあてる場合がある。唐名は金吾。監門。監府。長は衛門督 (後に左衛門督・右衛門督)である。「柏木」は王朝和歌における衛門府、衛門督の雅称である。

 

國步 猶艱難 ,兵革 未 衰息 。

この国の歩むべき道のりは今なお、艱難辛苦に立ち向かっている。国軍の兵卒たちは未だに可哀相で、安息できる暇もないのである。

國步」国の歩むべき道のり、世局。

艱難」艱難辛苦に立ち向かっている。

兵革」国軍の兵卒たち。

 

萬方 哀 嗷嗷 ,十載 供 軍食 。

国の各機関、人民に至るまでどこを向いてみても、非難ごうごう、悲しくなるように満足できる状況ではないのである。あなたにしてみれば、この十年、戰場での食事を兵卒たちと一緒にとることの繰り返しということなのだ。

萬方」国の各機関、人民に至るまでどこを向いてみても。

嗷嗷」【ごうごう】叫び声などが騒がしいさま。口やかましく非難するさま。

十載」十年。

 

庶官 務割剝,不暇 憂 反側。

余り高くない爵位職責で身を裂かれ剥れるほどの職務を全うされたのであるが、この先を憂うことばかり、ゆっくりすること、安寧であることなどなく全く反対側に居続けていて暇もない状態であった。

庶官」余り高くない爵位職責。

割剝 中国では皮剥ぎの刑を「剥皮」(はくひ)「割剝」(かつはく)と呼ぶ。

前漢の景帝の御世、皇族の広川王劉去が「生の人を割剥した」との記録が「漢書」にある。ここでは、10年来軍に務めあげることをこれほどの辛い思いをして勤め上げたことを云う。

 

誅求 何多門 ,賢者 貴為德 。

天による誅殺を求めるとしたならば、何と多くのグループ、一族、官僚に至る多くの門があるというものであろうか。儒者、賢者は仁徳でもって施政を行うということを貴きものとしている。

誅求」天による誅殺を求めること。

 

韋生 富春秋 ,洞徹 有 清識 。

韋諷殿にはきっと陶淵明の様な充実した四季、山水の春秋生活を過せる時が来る。清廉な知識者として存在していただくことを貫ぬき徹して欲しいのだ。

韋生」韋諷。

春秋」陶淵明の様な充実した四季、山水の春秋生活を過せる時が来ることをいう。

洞徹」知ること、貫通する。通り抜ける。

清識」清廉な知識者。清玩・清幽・清談・清閑・清貧を理解する。

清玩:」「清雅:清らかで上品な美しさのあること。」「清幽:世俗を離れ、清らかで静かなこと。」「清談:知識人たちの哲学的な談話のこと。 概要[編集]. 中国思想史において、儒教思想全盛の漢代から、魏の時代になり、知識人たちは常識的な儒教道徳を超えて、主に老荘思想を題材とする幽玄な哲学的議論を交わしていた」「清閑:俗事にわずらわされず静かなこと。」「清貧:私欲をすてて行いが正しいために、貧しく生活が質素であること。」

法書名画、古鼎宋硯、そのほかくさぐさの文房具をつらねて、香を焚き、茶をすすり、花竹を愛でつつ、窓外に奇峰遠水を眺めて、佳客とともに清玩する。 このような文房生活の境地をいつしか文房清玩とよぶようになった。