(その昔、玄宗皇帝の開元年問、唐朝全盛の日をおもい、その後の不幸なる大変化をのべ、身は天涯におうて、憂国の涙をそそぎつつ唐朝の復興をまちのぞむ心持ちをうたったのである。その第二首。)

憶い起こす昔、開元の全盛時代には、小さな町でも万戸の家があり、夜逃げすることもなかった。


2014年1月25日 の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固)《東都賦》(18)#10(神を敬うと仁徳の施政)―1 文選 賦<113―18>18分割55回 Ⅱ李白に影響を与えた詩1020 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3648
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《潮州刺史謝上表》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <933>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3649韓愈詩-242-1
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 746廣徳2年764年―6-#1 《憶昔,二首之二》 蜀中転々 杜甫 <656-1>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3650 杜甫詩1000-656-1-924/1500 750-1
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 265 《調張籍》 韓愈  kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3651 (01/25)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 11 -11 南鄉子八首 其七 歐陽舍人炯十七首ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-421-11-#11  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3652
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 李白全集 文選 花間集 古詩源 玉台新詠


746
廣徳2764年―6-1 《憶昔,二首之二》 蜀中転々 杜甫 <6561>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3650 杜甫詩1000-6561-924/1500 750-1

 

作時年:  764  廣德二年  53

卷別: 卷二二○  文體: 七言古詩 

詩題: 憶昔,二首之一 

作地點: 目前尚無資料 

及地點:  朔方節度使 ( 靈州 朔方節度使) 別名:朔方   霊武  

咸陽 (京畿道 京兆府 咸陽) 別名:秦、咸     

陰山 ( 豐州 陰山)     

相州 (河北道南部 相州 相州) 別名:鄴城、鄴、鄴中     

未央宮 (京畿道 京兆府 長安

 

 

憶昔二首之一

(昔のことを憶えば残念至極であることを詠う。)

憶昔先皇巡朔方,千乘萬騎入咸陽。

昔のことを思いおこすと、先の天子、粛宗は安禄山の叛乱で朔方の霊武に避巡され、行在所より態勢を立て直し、千乘萬騎、百万の軍勢で叛乱より長安を奪還し入城された。

陰山驕子汗血馬,長驅東胡胡走藏。

陰山山脈を越えてウイグル軍が大宛国の駿馬の汗血馬で援軍したのである。安史軍は東部、北部を征圧しており、長安は長躯している地点で補給路を断たれると全滅するとして東に走り隠れたのである。

鄴城反覆不足怪,關中小兒壞紀綱,張後不樂上為忙。

しかし、洛陽より北の鄴城では、反復され勢いをつけているといういったいどういうことなのか、そして、今、長安の宮殿では宦官の横暴で、宮廷内の風紀、規律は壊れてしまっているというではないか。「張皇后」というべきお方でもその意見や要望さえも取り次ぐこともしないで不自由な生活を強いているという。

至今今上猶撥亂,勞身焦思補四方。

しかし、ウイグル軍という異民族に援軍を求めたことがここにきて、この騒乱を招くことに起因しているのである。この身をどれ程務め尽くしても焦燥感を消してくれる術というものが四方尽くしても全くないのが現状であろう。

 

我昔近侍叨奉引,出兵整肅不可當。

私が近侍の左拾遺であった時にこの事は、くどくどと申し上げていた。「出兵宿に際しては、整備され、粛々としてこれにあたらなければいけないのである」と、やみくもに、異民族の援軍を得てはならない、古くからの重臣の心を一つにして是にあたらねばならないと申し上げていたのだ。

為留猛士守未央,致使岐雍防西羌。

したがって、今は長安の宮殿をどんな猛者がお守りしても、肝心の鳳翔、岐山、雍州の西の守り、ウイグル、吐蕃の異民族からの守りに問題が出てしまったのである。

犬戎直來坐禦林,百官跣足隨天王。

吐蕃とウイグルなど「犬戎」の者たちが今度は直接に侵入し、国の西域に居座ってしまい、百官、重臣は這う這うの体で逃げ出し、天子は郭子儀を引き連れて陜州へ回避された。

願見北地傅介子,老儒不用尚書郎。

願う事なら、今こそ、北地郡義渠の「傅介子」を見たいものである、此の老いぼれた儒学者の隠遁したものには、尚書郎に任命するといわれてもお断りするしかないのである。

 

憶昔二首之二

(その昔、玄宗皇帝の開元年問、唐朝全盛の日をおもい、その後の不幸なる大変化をのべ、身は天涯におうて、憂国の涙をそそぎつつ唐朝の復興をまちのぞむ心持ちをうたったのである。その第二首。)

憶昔開元全盛日,小邑猶藏萬家室。

憶い起こす昔、開元の全盛時代には、小さな町でも万戸の家があり、夜逃げすることもなかった。

稻米流脂粟米白,公私倉廩俱豐實。

田地には米がよくできて、白く脂を流すようであり、公私の穀物蔵と米蔵にはみな食糧が一杯詰まっていた、

九州道路無豺虎,遠行不勞吉日出。

天下じゅうの道路に盗賊などおらず、遠方へ出かけるのにも、特に吉日をうらなうような苦労はなかった。

齊紈魯縞車班班,男耕女桑不相失。

斉の白いねりぎぬや魯の白絹をつんだ車は続々来るし、男は耕作、女は養蚕、それぞれその時期をはずされることがなく作業に勤しんだ。

 

宮中聖人奏雲門,天下朋友皆膠漆。

百餘年間未災變,叔孫禮樂蕭何律。

豈聞一絹直萬錢,有田種穀今流血。

洛陽宮殿燒焚盡,宗廟新除狐兔穴。

 

傷心不忍問耆舊,複恐初從亂離

小臣魯鈍無所能,朝廷記識蒙祿秩。

周宣中興望我皇,灑血江漢身衰疾。

カンナ223 

 

『憶昔二首之二』 現代語訳と訳註

(本文)

憶昔二首之二

憶昔開元全盛日,小邑猶藏萬家室。

稻米流脂粟米白,公私倉廩俱豐實。

九州道路無豺虎,遠行不勞吉日出。

齊紈魯縞車班班,男耕女桑不相失。

 

 

(下し文)

憶昔二首之二

憶う昔 開元の全盛なる日び,小邑 猶お藏し 萬家室とす。

稻米 脂を流し 粟米 白く,公私の倉廩【そうりん】俱に豐實たり。

九州の道路 豺虎無く,遠行にも勞せず吉日に出づるを。

齊の紈 魯の縞 車班班にし,男は耕し 女は桑す 相い失わず。

 

 

(現代語訳)

(その昔、玄宗皇帝の開元年問、唐朝全盛の日をおもい、その後の不幸なる大変化をのべ、身は天涯におうて、憂国の涙をそそぎつつ唐朝の復興をまちのぞむ心持ちをうたったのである。その第二首。)

憶い起こす昔、開元の全盛時代には、小さな町でも万戸の家があり、夜逃げすることもなかった。

田地には米がよくできて、白く脂を流すようであり、公私の穀物蔵と米蔵にはみな食糧が一杯詰まっていた、

天下じゅうの道路に盗賊などおらず、遠方へ出かけるのにも、特に吉日をうらなうような苦労はなかった。

斉の白いねりぎぬや魯の白絹をつんだ車は続々来るし、男は耕作、女は養蚕、それぞれその時期をはずされることがなく作業に勤しんだ。

杏の花01 

(訳注)

憶昔二首之二

(その昔、玄宗皇帝の開元年問、唐朝全盛の日をおもい、その後の不幸なる大変化をのべ、身は天涯におうて、憂国の涙をそそぎつつ唐朝の復興をまちのぞむ心持ちをうたったのである。その第二首。)

憶昔とは、この詩の首二字をとって名づけたもの。広徳二年成都において作る。

 

憶昔開元全盛日,小邑猶藏萬家室。

憶い起こす昔、開元の全盛時代には、小さな町でも万戸の家があり、夜逃げすることもなかった。

○開元 開元の治のこと。 唐の玄宗の年号(713741)。「開元の治」といわれ唐時代最高の時期といわれる。杜甫は712年生まれ。『丹青引』「開元之中常引見,承恩數上南熏殿。」(開元の中 常に引見せられ、恩を承けて数【しばし】ば上る「南薫殿」。)

○全盛 極盛のとき。

○小邑 小県。

〇万家 万戸。

○租庸調の重税と賄賂政治がない時代である。杜甫がこの制度の崩壊を『三吏三別』詩に触れている。

新安吏 杜甫 三吏三別詩<215>#1 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1019 杜甫詩集700- 304 

石壕吏 杜甫 三吏三別詩<216>#1 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1028 杜甫詩集700- 307 

潼関吏  杜甫 三吏三別詩<217>#1 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1037 杜甫詩集700- 310

新婚別  杜甫 三吏三別詩<218>#1 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1043 杜甫詩集700- 312

無家別 杜甫 三吏三別詩 <219>#1 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1052 杜甫詩集700- 315 

垂老別 杜甫 三吏三別詩 <220>#1 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1061 杜甫詩集700- 318

 

稻米流脂粟米白,公私倉廩俱豐實。

田地には米がよくできて、白く脂を流すようであり、公私の穀物蔵と米蔵にはみな食糧が一杯詰まっていた、

稲米 いねになっている米。

・粟米 もみの米。どちらも白く脂ぎって、豊作であったことをいう。

倉廩 穀蔵を倉、米蔵を魔というと。

 

九州道路無豺虎,遠行不勞吉日出。

天下じゅうの道路に盗賊などおらず、遠方へ出かけるのにも、特に吉日をうらなうような苦労はなかった。

九州 都を中心に九ブロックに分ける中華思想。天下というに同じ。

豺虎 盗賊の類い。重税から逃れて、山野に住み農家を襲うもの。

 

齊紈魯縞車班班,男耕女桑不相失。

斉の白いねりぎぬや魯の白絹をつんだ車は続々来るし、男は耕作、女は養蚕、それぞれその時期をはずされることがなく作業に勤しんだ。

齊紈魯縞 斉(山東臨溜地方)の白いねりぎぬ。魯(山東臨溜地方)のしろぎぬ。

班班 衆多のさま。物資を積んだ車が行き交うこと。

不相失 それぞれその生業の大切な時期をあやまたぬこと。
木蘭02