《別唐十五誡因寄禮部賈侍郎》#1君とは九年もたって、やっと一見することができたのだが、それというのも我々の生涯はたかだか百年というがその年月というものがどれだけのものか。ところがまた万里のお別れをするということで、君を山の隈まで送ろうとするのである。


2014年2月1日 の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固)《東都賦》(25) 文選 賦 賦<113―25>18分割35回 Ⅱ李白に影響を与えた詩1027 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3683
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《潮州刺史謝上表》(8)韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <940>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3684韓愈詩-242-(8)
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 廣徳2年764-9-1 《別唐十五誡因寄禮部賈侍郎》 蜀中転々 杜甫 <659-1>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3685 杜甫詩1000-659-1-931/1500753-1 4分割
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 272 《嘲魯連子》 韓愈  kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3686 (02/01)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 12 -1 小重山二首其一 和學士凝二十首ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-428-12-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3687
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 李白全集 文選 花間集 古詩源 玉台新詠

 

廣徳2764-9-1 《別唐十五誡因寄禮部賈侍郎》 蜀中転々 杜甫 <659-1>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3685 杜甫詩1000-659-1-931/1500753-1 4分割

 

 

年: 廣德二年 

寫作時間: 764 

寫作年紀: 53 

卷別: 卷二二○  文體: 五言古詩 

詩題: 別唐十五誡因寄禮部賈侍郎【案:賈至。】 

及地點:  天門 (河南道 兗州 泰山)     

洛陽 (都畿道 河南府 洛陽) 別名:洛城、洛、東洛、洛邑、京洛、河洛、洛下     

交遊人物/地點: 賈至 書信往來(京畿道 京兆府 長安)

唐誡 當地交遊(劍南道北部 益州 成都)
 

 

 別唐十五誡因寄禮部賈侍郎  #1

(唐誡君と別れるによってこの詩を礼部の賈至侍郎に寄せる)#1

九載一相逢,百年能幾何。

君とは九年もたって、やっと一見することができたのだが、それというのも我々の生涯はたかだか百年というがその年月というものがどれだけのものか。

複為萬里別,送子山之阿。

ところがまた万里のお別れをするということで、君を山の隈まで送ろうとするのである。

白鶴久同林,潛魚本同河。

君とはながらく同じ林野にすんだ白鶴のごとく良い詩を交わし合ったし、また同じ河にひそんでいた魚のように仲間内であったものだ。

未知棲集期,衰老強高歌

ここでわかれてしまうと、いつまた同じところで棲み同じところに集まり得るかという時期はわからないものである、だから、衰老の身を以て強いて高く歌って別れのこころをのべることにするのである。

#2

歌罷兩淒惻,六龍忽蹉跎。相視發皓白,況難駐羲和。』

胡星墜燕地,漢將仍橫戈。蕭條四海,人少豺虎多。

#3

少人慎莫投,多虎信所過。饑有易子食,獸猶畏虞羅。

子負經濟才,天門鬱嵯峨。飄搖適東周,來往若崩波。』

#4

南宮吾故人,白馬金盤陀。雄筆映千古,見賢心靡他。

念子善師事,寒守舊柯。為吾謝賈公,病肺臥江沱。』

 

(唐十五誡【かい】に別る、因って礼部の賈侍郎に寄す。)

九載一たび相見て、百年能く幾何ぞ。

復た万里の別を為し、子を送る山の阿。

白鶴久しく林を同じくし、潜魚本河を同じくす。

未だ知らず棲集【せいしゅう】の期を、衰老強いて高歌す。

 

歌罷みて両ながら棲惻し、六竜忽ち蹉跎たり。

相視るに髪皓白なり、況や義和を駐め難きをや。』

胡星 燕地に墜ちしも、漢将 仍お戈を横とう。

蕭條【しょうじょう】たり四海の内、人少なくして豺虎多し。

 

少人には慎みて投ずること莫れ、多虎は信【まこと】に過ぐる所なり。

飢えては子を易えて食する有り、獣すら猶お虞羅【ぐら】を畏る。

子経済の才を負い、天門鬱として嵯峨【さが】たり。

飄搖【ひょうよう】東周に適【ゆ】き、来往 崩波の若くならん。』

 

南宮の吾が故人【こじん】、白馬 金盤の陀。

雄筆 千古に映じ、賢を見ては心 他靡【たひ】し。

念う子が善く師事して、歳寒まで舊柯【きゅうか】を守らんことを。

我が為に賈公に謝せよ、肺を病みて江花に臥すと。』

 

denen05520 

『別唐十五誡因寄禮部賈侍郎』 現代語訳と訳註

(本文)#1

九載一相逢,百年能幾何。複為萬里別,送子山之阿。

白鶴久同林,潛魚本同河。未知棲集期,衰老強高歌。

 

(下し文)

(唐十五誡【かい】に別る、因って礼部の賈侍郎に寄す。)

九載一たび相見て、百年能く幾何ぞ。

復た万里の別を為し、子を送る山の阿。

白鶴久しく林を同じくし、潜魚本河を同じくす。

未だ知らず棲集【せいしゅう】の期を、衰老強いて高歌す。

 

(現代語訳)

(唐誡君と別れるによってこの詩を礼部の賈至侍郎に寄せる)#1

君とは九年もたって、やっと一見することができたのだが、それというのも我々の生涯はたかだか百年というがその年月というものがどれだけのものか。

ところがまた万里のお別れをするということで、君を山の隈まで送ろうとするのである。

君とはながらく同じ林野にすんだ白鶴のごとく良い詩を交わし合ったし、また同じ河にひそんでいた魚のように仲間内であったものだ。

ここでわかれてしまうと、いつまた同じところで棲み同じところに集まり得るかという時期はわからないものである、だから、衰老の身を以て強いて高く歌って別れのこころをのべることにするのである。

成都遂州002 

(訳注)

別唐十五誡因寄禮部賈侍郎 #1

(唐誡君と別れるによってこの詩を礼部の賈至侍郎に寄せる)

唐誡が洛陽へゆくのに別れ、ついでに礼部侍郎賈至に寄せるためによんだ詩。広徳二年秋の作。

○唐十五誡 唐誡は姓名、十五は排行、誡の事蹟は評かでない、此の時誠は東京(洛陽)に赴いて試験をうけるもののようである、作者はそのために彼を貫至に紹介したのである。

○礼部費侍郎 礼部侍郎賈至をいう。至は宝応二年に尚書左丞となり、広徳二年に礼部侍郡に転じた。同年九月、至は楊棺とともに両京の選挙を分掌した、両都に挙人を試みることは至より始まる。

作者と賈至との関係は密なるものがあったことは末尾に示す詩篇があるのによって知ることができる。

 

九載一相逢,百年能幾何。

君とは九年もたって、やっと一見することができたのだが、それというのも我々の生涯はたかだか百年というがその年月というものがどれだけのものか。

○阿 曲隅(くま)をいう。

複為萬里別,送子山之阿。

ところがまた万里のお別れをするということで、君を山の隈まで送ろうとするのである。

 

白鶴久同林,潛魚本同河。

君とはながらく同じ林野にすんだ白鶴のごとく良い詩を交わし合ったし、また同じ河にひそんでいた魚のように仲間内であったものだ。

〇白鶴・潜魚 詩人のグループの喩えとして用いる。この頃の詩人は仲間・グループ・徒党内で集まって詠みあった。

 

未知棲集期,衰老強高歌。

ここでわかれてしまうと、いつまた同じところで棲み同じところに集まり得るかという時期はわからないものである、だから、衰老の身を以て強いて高く歌って別れのこころをのべることにするのである。

○棲集 同じところで棲み同じところに集まる、棲の字は鶴についていい、集の字は魚についていうのである。

楊貴妃清華池002 

 

賈至(かし) 718年~772年、安史の乱には、玄宗に従って、蜀に避れる。時に中書舎人であった。閣老とは舎人の牛深きものをいう尊称とし、或は門下省と呼びあう場合の称号とする、賈至をさしていうものである。汝州は河南省南陽府に属する。賈至は河南洛陽の人である。此の詩は中書舎人である貿至が長安から河南の汝州へ刺史として出かけるのを送るために作る。

 

 

送賈閣老出汝州

西掖梧桐樹,空留一院陰。

艱難歸故裡,去住損春心。

宮殿青門隔,雲山紫邏深。

人生五馬貴,莫受二毛侵。

送賈閣老出汝州 杜甫

 

 

寄岳州賈司馬六丈、巴州嚴八使君兩閣老五十韻 杜甫 <317-#1> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1448 杜甫詩 700- 447

 

早朝大明宮呈両省僚友 賈至 杜甫の「奉和賈至舍人早朝大明宮」に関連した詩kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 杜甫特集700- 233

留別賈嚴二閣老兩院補缺 杜甫詩kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 杜甫特集700- 275

 

賈至に『嶽陽樓宴王員外貶長沙』というのがあり、別詩題に『作南州有贈』とある。
極浦三春草,高樓萬里心。楚山晴靄碧,湘水暮流深。
忽與朝中舊,同爲澤畔吟。停杯試北望,還欲淚沾襟。

早朝大明宮呈両省僚友 賈至  

賈至が『早朝大明宮呈両省僚友』で「銀燭朝熏紫陌長、禁城春色暁蒼蒼。千條弱柳垂青瑣、百囀流鶯繞建章。劍佩聲髄玉墀歩、衣冠身惹御爐香。共沐恩波鳳池上、朝朝染翰侍君王。」中書省にある池をいう。長安大明宮図確認すると門下省側には龍首池があり、龍のように曲がりくねり長い池がある。賈至は故事にならって鳳池としたのだろう。

 

杜甫「奉和賈至舍人早朝大明宮」   

 

 早朝大明宮呈両省僚友 賈至

銀燭朝熏紫陌長、禁城春色暁蒼蒼。

 銀燭 朝に熏じて 紫陌 長し、禁城の春色 暁に蒼蒼たり。

千條弱柳垂青瑣、百囀流鶯繞建章。

 千条の弱柳は青瑣に垂れ、百囀の流鶯は建章を繞る。

劍佩聲髄玉墀歩、衣冠身惹御爐香。

 剣佩 声を玉墀の歩に随い、衣冠 身には御炉の香を惹けり。

共沐恩波鳳池上、朝朝染翰侍君王。

 共に恩波に沐す 鳳池の上とり、朝朝翰を染めて君王に侍す。

 和賈舎人早朝大明宮之作  王維

絳幘雞人報暁籌、尚衣方進翠雲裘。

 絳幘【こうさく】の鶏人 暁籌【ぎょうちゅう】を報じ、尚衣【しょうい】方【まさ】に進む 翠雲の裘【きゅう】。

九天閶闔開宮殿、万国衣冠拝冕旒。

九天の閶闔(しょうこう) 宮殿を開き、万国の衣冠 冕旒【べんりゅう】を拝す

日色纔臨仙掌動、香煙欲傍袞龍浮。

日色 纔【わず】かに仙掌【せんしょう】に臨んで動き、香煙 傍【そ】わんと欲して袞龍【こんりゅう】浮ぶ。

朝罷須裁五色詔、佩声帰到鳳池頭。

朝【ちょう】罷【や】んで須らく裁すべし 五色の詔、佩声【はいせい】は帰り到る 鳳池の頭【ひとり】。

 奉和中書賈舎人早朝大明宮  岑參

雞鳴紫陌曙光寒,鶯囀皇州春色闌。

 鶏鳴いて紫陌曙光寒し、鶯囁じて皇州春色闌なり。

金闕曉鐘開萬,玉階仙仗擁千官。

 金闕の暁鐘万戸を開き、玉階の仙仗千官を擁す。

花迎劍珮星初落,柳拂旌旗露未乾。

 花は剣侃を迎えて星初めて落ち、柳は旋旗を払って露未だ乾かず。

獨有鳳凰池上客,陽春一曲和皆難。

 独り鳳皇池上の客有り、陽春の一曲和すること皆難し。

 奉和賈至舍人早朝大明宮  杜甫

 賈至舎人が早【つと】に大明宮に朝するを和し奉る

五夜漏聲催曉箭,九重春色醉仙桃。

五夜の漏声【ろうせい】暁箭【ぎょうせん】を催す、九重の春色仙桃【せんとう】酔う。

旌旗日暖龍蛇動,宮殿風微燕雀高。

旌旗【せいき】日 暖【あたた】かにして竜蛇【りゅうだ】動き、宮殿 風 徴【び】にして燕雀【えんじゃく】高し。

朝罷香煙攜滿袖,詩成珠玉在揮毫。

朝【ちょう】罷【や】みて 香煙【こうえん】携【たずさ】えて 袖に満つ、詩成りて珠玉【しゅぎょく】揮毫【きごう】に在り。

欲知世掌絲綸美。池上於今有鳳毛。

世々 絲綸【しりん】掌【つかさど】るの美を知らんと欲せば、地上 今に於て鳳毛【ほうもう】有り。