杜甫《寄賀蘭銛》(数か月前に別れをした賀蘭銛がまた訪ねてくれて、一献傾け、詩を交わし合った)いまこうして50を超えて晩年といわれるようになってもやっぱり袂を分かたねばならないという。そのうえ此の蜀の江辺で轉蓬のように更にころがりあるくというのである。この蜀の地はおたがいにとって、他郷の地ではあるのだから悲しいなどといってはいけない。こうやっていっしょに飲食することのできることはこれから幾度こうしてできるであろうか、この時をあのよかったころと同じように楽しもうではないか。

 

2014年3月2日

の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
張平子(張衡)《西京賦》(19)(閣道)#8-2 文選 賦<114―(19)>31分割68回 Ⅱ李白に影響を与えた詩1056 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3828
孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《詠燈花同侯十一》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <969>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3829韓愈詩-262
・李商隠詩 (1)・李商隠詩 (2)韓愈index-1 青年期・孟郊、張籍と交遊・汴州の乱に遭遇●韓愈詩index-2[800年貞元16年 33歳~804年貞元20年 37歳]●韓愈詩index-3 [805年貞元21年 38歳]陽山から江陵府参事軍 36首●韓愈詩index-4 [806年元和元年 39歳]江陵府参事軍・権知国子博士 51首(1)
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ廣徳2年764-45 《寄賀蘭銛》 ふたたび成都 杜甫<669> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3830 杜甫詩1000-669-960/1500779
杜甫詩 作時(1) 青年李白杜甫詩 作時(2)青年期・就活杜甫詩 (3)755~756安史の乱に彷徨杜甫詩 (4)作時757年;至徳二年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺杜甫詩 (5)作時758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷内疎外、左遷杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ
      
●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor《虞美人六首 其五 》顧太尉敻(顧夐【こけい】)五十五首 『花間集』Gs-457-13-(5) 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3832
薛濤の全詩花間集(1)花間集(2)花間集(3)花間集(4)花間集(5)
魚玄機全詩●花間集(6)●花間集(7)●花間集(8)●花間集(9)●花間集(10)
温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻
毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻
魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)

杜甫全詩

韓愈全詩

李白全集

文選

古詩源

花間集

 

廣徳2764-45 《寄賀蘭銛》 ふたたび成都 杜甫<669 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3830 杜甫詩1000-669-960/1500779

 

 

 

作時年:  764  廣德二年  53

卷別: 卷二二六  文體: 五言律詩 

詩題: 寄賀蘭銛 

作地點: 目前尚無資料 

交遊人物: 賀蘭銛

 

 

寄賀蘭銛

(数か月前に別れをした賀蘭銛がまた訪ねてくれて、一献傾け、詩を交わし合った)

朝野歡後,乾坤震蕩中。 

一時太平全盛で朝となく野となく歓娯をつくしたあと、にわかに755年安史の乱以降の騒乱がおこって天地が動き出した真っ最中に一緒した。

相隨萬里日,總作白頭翁。 

それまでというのは、君とわたしとは万里の遠くまでというほど相随ってきたが、いまはふたりとも白髪頭のじいさんとなってしまった。

晚仍分袂,江邊更轉篷。 

いまこうして50を超えて晩年といわれるようになってもやっぱり袂を分かたねばならないという。そのうえ此の蜀の江辺で轉蓬のように更にころがりあるくというのである。

勿云俱異域,飲啄幾回同。 

この蜀の地はおたがいにとって、他郷の地ではあるのだから悲しいなどといってはいけない。こうやっていっしょに飲食することのできることはこれから幾度こうしてできるであろうか、この時をあのよかったころと同じように楽しもうではないか。 

(賀蘭銛【がらんせん】に寄す)

朝野 歓娯【かんご】の後なれば、乾坤 震蕩【しんとう】の中にあり。

相い随う万里の日、総て白頭翁と作る。

歳晩 を分かち、江辺 更に転蓬なり。

云う勿れ 供に異域なりと、飲啄【いんたく】幾回か同じうせん。

成都関連地図 00 

『寄賀蘭銛』 現代語訳と訳註

(本文)

寄賀蘭銛

朝野歡後,乾坤震蕩中。 

相隨萬里日,總作白頭翁。 

晚仍分袂,江邊更轉篷。 

勿云俱異域,飲啄幾回同。 

 

(下し文)

(賀蘭銛【がらんせん】に寄す)

朝野 歓娯【かんご】の後なれば、乾坤 震蕩【しんとう】の中にあり。

相い随う万里の日、総て白頭翁と作る。

歳晩 仍お袂を分かち、江辺 更に転蓬なり。

云う勿れ 供に異域なりと、飲啄【いんたく】幾回か同じうせん。

 

(現代語訳)

(数か月前に別れをした賀蘭銛がまた訪ねてくれて、一献傾け、詩を交わし合った)

一時太平全盛で朝となく野となく歓娯をつくしたあと、にわかに755年安史の乱以降の騒乱がおこって天地が動き出した真っ最中に一緒した。

それまでというのは、君とわたしとは万里の遠くまでというほど相随ってきたが、いまはふたりとも白髪頭のじいさんとなってしまった。

いまこうして50を超えて晩年といわれるようになってもやっぱり袂を分かたねばならないという。そのうえ此の蜀の江辺で轉蓬のように更にころがりあるくというのである。

この蜀の地はおたがいにとって、他郷の地ではあるのだから悲しいなどといってはいけない。こうやっていっしょに飲食することのできることはこれから幾度こうしてできるであろうか、この時をあのよかったころと同じように楽しもうではないか。

江畔独歩尋花 

 (訳注)

寄賀蘭銛

(数か月前に別れをした賀蘭銛がまた訪ねてくれて、一献傾け、詩を交わし合った)

○賀蘭錆 事歴は評かでない。別にこの詩の数か月前に「贈別賀蘭銛」(賀蘭銛君にこの詩を贈って別れる。)詩がある。廣徳2年764-8-1 《贈別賀蘭銛》 蜀中転々 杜甫 <658-1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3675 杜甫詩1000-658-1-929/1500752-1

 

廣徳2年764-8-2 《贈別賀蘭銛》 蜀中転々 杜甫 <658-2  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3680 杜甫詩1000-658-2-930/1500752-2

 

朝野歡後,乾坤震蕩中。

一時太平全盛で朝となく野となく歓娯をつくしたあと、にわかに755年安史の乱以降の騒乱がおこって天地が動き出した真っ最中に一緒した。

○歓娯 太平であった時をいう。「開元の治」の頃をいう。杜甫は仕官をしてはいなかったが、人的交流が最も多い時期であった。

○震蕩 ふるいうごく、755年安史の乱以降の騒乱の時をいう。

 

相隨萬里日,總作白頭翁。

それまでというのは、君とわたしとは万里の遠くまでというほど相随ってきたが、いまはふたりとも白髪頭のじいさんとなってしまった。

○相随万里日 「万里相随日」の意、日は時をいう。

○総 二人をくるめていう。

 

晚仍分袂,江邊更轉篷。

いまこうして50を超えて晩年といわれるようになってもやっぱり袂を分かたねばならないという。そのうえ此の蜀の江辺で轉蓬のように更にころがりあるくというのである。

○歳晩 としのくれ、前の贈別の詩は春のことである、思うに賀蘭銛は長安の状況により、年末まで出発できなかったのであろう。

○転蓬 根無し蓬が風に吹かれ、転がり歩く如く彷徨う。

 

勿云俱異域,飲啄幾回同。

この蜀の地はおたがいにとって、他郷の地ではあるのだから悲しいなどといってはいけない。こうやっていっしょに飲食することのできることはこれから幾度こうしてできるであろうか、この時をあのよかったころと同じように楽しもうではないか。

○俱異域 異域は郷土に対する他の地をいう、蜀の地をさす、供とは彼我二人をいう。

○飲啄 のみ、ついばむ、鳥の飲食することをいうことばである、これを人に用いるのは食べる御馳走がなくて、酒しかないということをあらわす。貧乏をしていること、苦しいことが言いたいという解釈をしているものがあるが、杜甫は結構この生活を楽しんでいる。

 杜甫像00