巴山をみると春の景色がしずかに横たわっているが、朝廷のある北をながめると都には異民族がたむろし、その山はいよいよ遠くまでつづいていて、その道も危なくて、とても都の役人になれと言われてもその気にはなれないのである。


2014年4月8日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表
曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>
●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首 
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首
index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首
index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など
孟郊張籍    
●杜甫の全作品1500首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorブログ
杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首
杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ
      
●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor
薛濤の全詩花間集(1)花間集(2)花間集(3)花間集(4)花間集(5)
魚玄機全詩●花間集(6)●花間集(7)●花間集(8)●花間集(9)●花間集(10)
温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻
毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻
魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻
 ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch
杜甫全詩案内韓愈全詩 案内李白全集文選古詩源花間集案内
 

廣徳2764-61 《傷春,五首之二》 ふたたび成都 杜甫<737> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4015 杜甫詩1500-737-974/250025

 

傷春,五首 〔二〕 
(この第二首は国事より家事に及んで傷んだ)

〔自注:巴閬僻遠,傷春罷,始知春前已收宮闕。〕

(巴蜀の閬州は僻地の田舎だからこの「傷春」の詩をつくってしまったけれど、そのあとに「やっと春より前(76312月)に代宗が長安の御殿に帰りついたことを知った」というのである。)
鶯入新年語,花開滿故枝。
新年になれば庭に入って鶯は春を告げることばを云うし、花はもとの枝にそのままいっぱいに咲き満ちちるものだ。
天青風卷幔,草碧水通池。

天も春の青さを知らせてくれ、風も行楽の幔幕を巻きあげて報せ、草の色はみどりにして成長し、春水が豊かさを池のもほうに運んでくれる。
牢落官軍速,蕭條萬事危。
国の方はというと唐の国軍兵士は外敵に攻められて簡単に陥落して逃散し、形勢さびしく振るわず万事が危いことだらけである。
鬢毛元自白,點向來垂。

自分の髪の毛はもとから白いがもっと白くなったのではないか、この有様では涙のしずくの上に涙が至り、これまでもこれからもに垂れつづけることだろう。

不是無兄弟,其如有別離。

国の事ばかりではない。自分には兄弟がいないのと同然なのだ、いるのに別れたままで連絡も取れないという事実のあることをどうすることもできないのである。

巴山春色靜,北望轉逶迤。

巴山をみると春の景色がしずかに横たわっているが、朝廷のある北をながめると都には異民族がたむろし、その山はいよいよ遠くまでつづいていて、その道も危なくて、とても都の役人になれと言われてもその気にはなれないのである。

 

(春を傷む 五首〔二〕)

鶯入りて 新年語なり、花開きて故枝【こし】に満つ。

天 靑くして 風 幔【まん】を巻き、草碧にして 水 池に通づ。

牢落【ろうらく】官軍 速く、蕭条 万事 危し。

鬢毛 元【もとも】と自ずから白し、涙点【るいてん】 向い来たりて垂る。

是れ兄弟 無きならず、其れ別離 有るを如せん。

巴山 春色 静なり、北望 転【うた】た透迤【いい】たり。

蜀中転々圖

『傷春,五首 〔二〕』 現代語訳と訳註

(本文)

傷春,五首 〔二〕

〔自注:巴閬僻遠,傷春罷,始知春前已收宮闕。〕

鶯入新年語,花開滿故枝。天青風卷幔,草碧水通池。

牢落官軍速,蕭條萬事危。鬢毛元自白,點向來垂。

不是無兄弟,其如有別離。巴山春色靜,北望轉逶迤。

 

 

(下し文)

(春を傷む 五首〔二〕)

鶯入りて 新年語なり、花開きて故枝【こし】に満つ。

天 靑くして 風 幔【まん】を巻き、草碧にして 水 池に通づ。

牢落【ろうらく】官軍 速く、蕭条 万事 危し。

鬢毛 元【もとも】と自ずから白し、涙点【るいてん】 向い来たりて垂る。

是れ兄弟 無きならず、其れ別離 有るを如せん。

巴山 春色 静なり、北望 転【うた】た透迤【いい】たり。

 

(現代語訳)

(この第二首は家事がままならぬ国事のあり方に傷んだ)

新年になれば庭に入って鶯は春を告げることばを云うし、花はもとの枝にそのままいっぱいに咲き満ちちるものだ。

天も春の青さを知らせてくれ、風も行楽の幔幕を巻きあげて報せ、草の色はみどりにして成長し、春水が豊かさを池のもほうに運んでくれる。

国の方はというと唐の国軍兵士は外敵に攻められて簡単に陥落して逃散し、形勢さびしく振るわず万事が危いことだらけである。

自分の髪の毛はもとから白いがもっと白くなったのではないか、この有様では涙のしずくの上に涙が至り、これまでもこれからもに垂れつづけることだろう。

国の事ばかりではない。自分には兄弟がいないのと同然なのだ、いるのに別れたままで連絡も取れないという事実のあることをどうすることもできないのである。

巴山をみると春の景色がしずかに横たわっているが、朝廷のある北をながめると都には異民族がたむろし、その山はいよいよ遠くまでつづいていて、その道も危なくて、とても都の役人になれと言われてもその気にはなれないのである。

 

8世紀唐と周辺国00 

(訳注)

傷春,五首 〔二〕 (この第二首は家事がままならぬ国事のあり方に傷んだ)

〔自注:巴閬僻遠,傷春罷,始知春前已收宮闕。〕

鶯、花、天、山の青さ、風、草、池と春は当たり前のように來るし、自分の白髪頭も白さを増していくし、涙を止めようにも止まらず、兄弟は離れ離れのままである。どうしてこんな国になったのか。北の朝廷の方にきたいをしてもだめなのか。

 

鶯入新年語,花開滿故枝。

新年になれば庭に入って鶯は春を告げることばを云うし、花はもとの枝にそのままいっぱいに咲き満ちちるものだ。

 

天青風卷幔,草碧水通池。

天も春の青さを知らせてくれ、風も行楽の幔幕を巻きあげて報せ、草の色はみどりにして成長し、春水が豊かさを池のもほうに運んでくれる。

○幌 まく。

 

牢落官軍速,蕭條萬事危。

国の方はというと唐の国軍兵士は外敵に攻められて簡単に陥落して逃散し、形勢さびしく振るわず万事が危いことだらけである。

○牢落さびしいさま。

*杜甫は、現皇帝の代宗、その前の粛宗に対して厳しい見方をしている。左拾遺から左遷したのも粛宗である。代宗もイェスマンだけを取りたて、気ままな政治をしている。

 

鬢毛元自白,點向來垂。

自分の髪の毛はもとから白いがもっと白くなったのではないか、この有様では涙のしずくの上に涙が至り、これまでもこれからもに垂れつづけることだろう。

*ここはこの国は、この天子、それを支える官僚たちではどうしようもないことをいう。

 

不是無兄弟,其如有別離。

国の事ばかりではない。自分には兄弟がいないのと同然なのだ、いるのに別れたままで連絡も取れないという事実のあることをどうすることもできないのである。

○如「如何」とおなじ。

*唐は30里に一か所の駅伝制(駅亭・水亭)を整備していた玄宗の時代はきちんと書簡通っていたが、道路・水路もズタズタになっていることをいう。

 

巴山春色靜,北望轉逶迤。

巴山をみると春の景色がしずかに横たわっているが、朝廷のある北をながめると都には異民族がたむろし、その山はいよいよ遠くまでつづいていて、その道も危なくて、とても都の役人になれと言われてもその気にはなれないのである。

○巴山 閬州の山。

○逶迤 はるかに遠いさま、巴山のさまをいう。
月明峡01