(長安に散騎常侍となって帰る高適公に寄せ奉る)君と若いころに汶水のほとりでたがいに逢ってあそんだものたが今からみると随分多くの年を経たものだ。君は元気溌剌で自分の様なものはとても君のようにはなんとしようができはしないのだ。

        
 2014年4月13日の紀頌之5つのブログ 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
李白index- 27 《748年天寶七年48歳 袁州済南、梁苑に遊び、夏、蕹丘・鄭縣、穎陽陳州で元丹邱を尋ねる。梁苑で年越》1098kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4038 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《唐宋八大家文読本 巻一  (17章)》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <1011>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4039韓愈詩-272 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorブログ 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ342 韓昌黎集 巻二 43 《縣齋有懷(陽山縣齋作,時貞元二十一年順宗新即位)》 韓愈kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 4036 (04/13) 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor13-316《酒泉子七首,其五》顧太尉敻(顧夐【こけい】)五十五首Ⅻ唐五代詞・『花間集』全詩訳注解説Gs-499-13-(316) 花間集 巻第七漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4042 
 薛濤の全詩花間集(1)花間集(2)花間集(3)花間集(4)花間集(5) 
 魚玄機全詩●花間集(6)●花間集(7)●花間集(8)●花間集(9)●花間集(10) 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩 案内李白全集文選古詩源花間集案内 
        
 

廣徳2764-66 《奉寄高常侍〔寄高三十五大夫〕》 ふたたび成都奉寄高常侍【寄高三十五大夫】 杜甫<742> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4040 杜甫詩1500-742-979/250030

 



製作年:  764  廣德二年  53

卷別:卷二二八  文體: 七言律詩 

詩題:奉寄高常侍〔寄高三十五大夫〕 

交遊人物/地點: 高適 書信往來(京畿道 京兆府 長安)

 

 

奉寄高常侍〔寄高三十五大夫〕

(長安に散騎常侍となって帰る高適公に寄せ奉る)

汶上相逢年頗多,飛騰無那故人何。

君と若いころに汶水のほとりでたがいに逢ってあそんだものたが今からみると随分多くの年を経たものだ。君は元気溌剌で自分の様なものはとても君のようにはなんとしようができはしないのだ。

總戎楚蜀應全未,方駕曹劉不啻過。

君は楚や蜀に軍務の長官となったがまだ君の才を十分尽くしたのではあるまい。また君の文才は曹楯や劉楯とならんで走っても遠く彼らにすぎているだろう。

今日朝廷須汲黯,中原將帥憶廉頗。

今日朝廷では汲舘のような直諌の臣がいりようなのである。また自分は中原の将帥としては廉頗のような君のことをおもうのである。

天涯春色催遲暮,別遙添錦水波。

いまこの天涯という蜀の春景色は次第に変わっていて、自分の人生、日一日と晩暮もせまり来たるということである。この時に君と直接おあいしてお別れをすることができないけれど、遠く錦江の波に添えて涙をお送りするのである。

 

(高常侍に寄せ奉る)

汶上【ぶんじょう】相い逢う年 頗る多し、飛騰 故人を那何ともする無し。

戎を楚蜀に総【す】ぶるは 応に全く未だなるべし、駕を曹劉に方【なら】ぶるは【ただ】に過ぐるのみならず。

今日 朝廷 汲黯【きゅうあん】を須【ま】つ、中原の将帥【しょうすい】廉頗【れんぱ】を憶う。

天涯の春色 遅暮【ちぼ】催【もよお】す、別涙 遙かに添う 錦水の波。

蜀の山50055 

 

奉寄高常侍』 現代語訳と訳註

(本文)

奉寄高常侍〔寄高三十五大夫〕

汶上相逢年頗多,飛騰無那故人何。

總戎楚蜀應全未,方駕曹劉不啻過。

今日朝廷須汲黯,中原將帥憶廉頗。

天涯春色催遲暮,別淚遙添錦水波。

 

(下し文)

(高常侍に寄せ奉る)

汶上【ぶんじょう】相い逢う年 頗る多し、飛騰 故人を那何ともする無し。

戎を楚蜀に総【す】ぶるは 応に全く未だなるべし、駕を曹劉に方【なら】ぶるは【ただ】に過ぐるのみならず。

今日 朝廷 汲黯【きゅうあん】を須【ま】つ、中原の将帥【しょうすい】廉頗【れんぱ】を憶う。

天涯の春色 遅暮【ちぼ】催【もよお】す、別涙 遙かに添う 錦水の波。

 

(現代語訳)

(長安に散騎常侍となって帰る高適公に寄せ奉る)

君と若いころに汶水のほとりでたがいに逢ってあそんだものたが今からみると随分多くの年を経たものだ。君は元気溌剌で自分の様なものはとても君のようにはなんとしようができはしないのだ。

君は楚や蜀に軍務の長官となったがまだ君の才を十分尽くしたのではあるまい。また君の文才は曹楯や劉楯とならんで走っても遠く彼らにすぎているだろう。

今日朝廷では汲舘のような直諌の臣がいりようなのである。また自分は中原の将帥としては廉頗のような君のことをおもうのである。

いまこの天涯という蜀の春景色は次第に変わっていて、自分の人生、日一日と晩暮もせまり来たるということである。この時に君と直接おあいしてお別れをすることができないけれど、遠く錦江の波に添えて涙をお送りするのである。

 

(訳注)

奉寄高常侍〔寄高三十五大夫〕

(長安に散騎常侍となって帰る高適公に寄せ奉る)

左散騎常侍高適が長安の都へかえるのにつき別れの意をのべて寄せた詩。広徳二年三月成都の作。

○高常侍 左散騎常侍高適のこと。高適は宝応元年夏、厳武の入朝後に成都尹となったが、吐蕃征伐に失敗して松・維・保などの三州を失った。ために厳武が再び高適に代り、高適は召し還された、764年広徳二年三月のことである、高適は京に還って刑部侍郎となり左散騎常侍に転じ、明年765年永泰元年正月に卒した。散騎常侍は過失をいさめ、侍従顧問にそなわる職である。此の詩は送別の作に似ていることからすれば散騎常侍は着京を待たずして任命されたものである。

 

汶上相逢年頗多,飛騰無那故人何。

君と若いころに汶水のほとりでたがいに逢ってあそんだものたが今からみると随分多くの年を経たものだ。君は元気溌剌で自分の様なものはとても君のようにはなんとしようができはしないのだ。

〇汶上 汶上のほとり、牧水は山東省兗州府の西北にある。

○相逢 高適とあう。

〇年頗多 年数を多く経た。作者が高速・李自らを知ったのは天宝三載ごろで今年広徳二年を去ること二十年前のことである。

○飛騰 元気溌剌としていること、「杜位ノ宅ニテ歳ヲ守ル」詩に「飛騰暮景斜メナリ」、守阿戎家,椒盤已頌花。盍簪喧櫪馬,列炬散林鴉。

四十明朝過,飛騰暮景斜。誰能更拘束,爛醉是生涯。

「贈高式顔」詩贈高式顔

昔別是何処、相逢皆老夫。

故人還寂寞、削跡共艱虞。

自失論文友、空知売酒壚。

平生飛動意、見爾不能無。

 (高式顔に贈る)

昔【むかし】別れしは是【こ】れ何れの処なりしぞ、相【あ】い逢えば皆な老夫【ろうふ】なり。

故人は還()た寂寞【せきばく】、跡を削られて 共に艱虞【かんぐ】。

論文【ろんぶん】の友を失いし自()り、空しく知る 売酒【ばいしゅ】の壚【ろ】。

平生【へいぜい】飛動【ひどう】の意【い】、爾【なんじ】を見ては無きこと能【あた】わず。(第二冊二二七ページ)に「平生飛動ノ意」の句がある、飛動も飛騰も意は同じ。ただこの時代、最も重要なのは、身分とされており、この詩題に暗いのあがったことを喜ぶものであることから飛騰を昇任の意ととく方がしぜんである。

○那故人何 故人は旧知の友、適をさす、那何は奈何に同じ、「那」と「何」との間に「故人」をはさんで動詞形とした。「奈何ともするなし」とは自己にはかなわないことをいう。

 

總戎楚蜀應全未,方駕曹劉不啻過。

君は楚や蜀に軍務の長官となったがまだ君の才を十分尽くしたのではあるまい。また君の文才は曹楯や劉楯とならんで走っても遠く彼らにすぎているだろう。

○総戎楚蜀 総戎は軍務をすべておこなえることをいう、楚は江南の地方をさす。高適はさきに揚州大都督・准南節度使であったことがある。蜀は四川省をさす、高適はさきに西川節度使であった。

○応全未 全未の未の字は未だ其の才を尽くさぬことをいう。

〇方駕曹劉 曹劉は三国魏の曹植、劉楨、方駕とは並び馳せることをいう。

○不啻過 はるかに過ぎることをいう。

 

今日朝廷須汲黯,中原將帥憶廉頗。

今日朝廷では汲舘のような直諌の臣がいりようなのである。また自分は中原の将帥としては廉頗のような君のことをおもうのである。

○汲 漢の武帝の臣、直諌を好む、常侍の職にあてていう。

○中原 洛陽地方をいう。

憶 作者がおもうのである。一般人が憶うこととするというのでもよい。

○廉頗 戦国の時の趙の良将である、のち漢の文帝は「廉頗・李牧のごとき将を得るならば匈奴を憂えぬ」と歎美した。

 

天涯春色催遲暮,別淚遙添錦水波。

いまこの天涯という蜀の春景色は次第に変わっていて、自分の人生、日一日と晩暮もせまり来たるということである。この時に君と直接おあいしてお別れをすることができないけれど、遠く錦江の波に添えて涙をお送りするのである。

○天涯 天のはて、局地をさす。

○遅暮 人生の晩暮、老衰をいう。

○別涙 送別のなみだ。

○錦水 錦江。

成都遂州00 

 

(高常侍に寄せ奉る)

汶上 相い逢う年 頗る多し、飛騰 故人を那何ともする無し。

戎を楚蜀に総【す】ぶるは 応に全く未だなるべし、駕を曹劉に方【なら】ぶるは【ただ】に過ぐるのみならず。

今日 朝廷 汲黯【きゅうあん】を須【ま】つ、中原の将帥【しょうすい】廉頗【れんぱ】を憶う。

天涯の春色 遅暮【ちぼ】催【もよお】す、別涙 遙かに添う 錦水の波。

 

 

 

高適の詩

 

kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 杜甫特集700- 146 除夜作 高適

 

杜甫の高適に関する詩

 

寄高三十五詹事  杜甫詩kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 杜甫特集700- 268

 

贈高式顔(昔別是何処) 杜甫詩kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 杜甫特集700- 269

 

寄彭州高三十五使君適、虢州岑二十七長史參三十韻 杜甫 <316-#1> 漢文委員会紀頌之の漢詩ブログ1430 杜甫詩 700- 441

 

寄彭州高三十五使君適、虢州岑二十七長史參三十韻 杜甫 <316-#2> 漢文委員会紀頌之の漢詩ブログ1433 杜甫詩 700- 442

 

寄彭州高三十五使君適、虢州岑二十七長史參三十韻 杜甫 <316-#3> 漢文委員会紀頌之の漢詩ブログ1436 杜甫詩 700- 443

 

寄彭州高三十五使君適、虢州岑二十七長史參三十韻 杜甫 <316-#4> 漢文委員会紀頌之の漢詩ブログ1439 杜甫詩 700- 444

 

寄彭州高三十五使君適、虢州岑二十七長史參三十韻 杜甫 <316-#5> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1442 杜甫詩 700- 445

 

寄彭州高三十五使君適、虢州岑二十七長史參三十韻 杜甫 <316-#6> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1445 杜甫詩 700- 446

 

成都(1)浣花渓の草堂(1) 酬高使君相贈 杜甫 <354> 1 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1723 杜甫詩 700- 530

 

因崔五侍禦寄高彭州一絶 杜甫 成都(3部)浣花渓の草堂(3 -4)  <386 五言絶句 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1871 杜甫詩1000-386-567/1500

 

奉簡高三十五使君 杜甫 成都(2部)浣花渓の草堂(3 -5)  杜甫 <387 五言律詩 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1875 杜甫詩1000-387-568/1500

 

王十七侍禦掄許攜酒至草堂,奉寄此詩,便請邀高三十五使君同到  七言律詩 成都5-(38) 杜甫 <463  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2400 杜甫詩1000-463-674/1500

 

王竟攜酒,高亦同過,共用寒字 七言律詩 成都5-(39) 杜甫 <464  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2405 杜甫詩1000-464-675/1500

 

李司馬橋成,高使君自成都回 七言絶句 成都5-(42) 杜甫 <467  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2420 杜甫詩1000-467-678/1500

 

647 《寄高適【案:草堂逸詩拾遺。】》 蜀中転々 杜甫 <552  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2985 杜甫詩1000-552-791/1500

 

697 警急〔自注:時高公適領西川節度。〕》 蜀中転々 杜甫 <604  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3330 杜甫詩1000-604-860/1500

 

廣徳2764-66 《奉寄高常侍【寄高三十五大夫】》 ふたたび成都奉寄高常侍【寄高三十五大夫】 杜甫<742> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4040 杜甫詩1500-742-979/250030

 

聞高常侍亡【案:自注:忠州作。】

 


 
毎日のkanbuniinkai紀頌之5大詩 案内
 
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝?・?信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場《李白全詩》
 総合案内
李白- 1 《715年》李白- 2 《718年》李白- 3 《720年》李白- 4 《724年》李白- 5 《725年》李白- 6《726年》
李白- 7 《728年》李白- 8 《729年》李白- 9 《730年》李白10 《731年》李白11 《732年》李白12《733年》
李白13《734年》李白14《735年》李白15《736年》李白16《737年》李白17《738年》李白18《739年》
李白 19 《740年40歳》李白 20 《741年41歳》李白 21 《742年42歳》李白 22 《743年43歳》李白 23 《744年44歳》李白 24 《745年45歳》
李白 25 《746年46歳》李白 26 《747年47歳》李白 27 《748年48歳》李白 28 《749年49歳》李白29 《750年50歳》李白 30 《751年51歳》
李白31《752年52歳》李白32《753年53歳》李白33 《754年54歳》李白34 《755年55歳》李白35 《756年56歳》李白36 《757年57歳》
李白37 《758年58歳》李白38 《759年59》李白39 《760年60歳》李白40 《761年61歳》李白41 《762年62歳死》42 《年次不編・未編年》
●孟浩然 詩 index●李白詩index●謝霊運 詩 index●司馬相如 《 子?賦・上林賦 》●揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表
曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)●古詩十九詩 無名氏(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>
 
●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首 
Ⅱ中唐詩・晩唐詩・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首 韓愈
  LiveDoor総合案内
孟郊(孟東野)張籍●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・?州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首
index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首
index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など
 
●杜甫の全作品1500首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩全1500首  LiveDoor秦州抒情詩集・紀行集成都草堂ロマン漂泊詩集杜甫総合案内
      
杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首
杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首
 
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載  ●特集  
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集Fc2中國詩人の概要文選(詩)文選(賦)総合案内
(1)上代から漢(2)三国・建安詩人西晋五胡十六国東晋詩人(4)六朝時代の詩人(5)初唐詩人(6)盛唐詩人
(7)中唐詩人(8)晩唐詩人(9)五代十国詩人(10)北宋・南宋詩人(11)金・元・明詩人(12)清・近時代・現代
韓愈の「孟郊(孟東野)」について韓愈「季節の詩80首選定〔未掲載分含む〕」について韓愈『新題二十一詠』と王維『?川集』韓愈『淮西を平らぐの碑』について韓愈『琴操十首』について韓愈哲学『論佛骨表』
儒家論文『論佛骨表奉和虢州劉給事使君三堂新題二十一詠と王維『輞川集』韓愈徒然に詠う集韓愈 季節の詩80首選定韓愈 子供におしえる「示児」韓愈の交友者に贈る詩。「皇甫湜」
 
●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性LiveDoor中國の  女性詩人古詩源玉台新詠花間集全十巻
総合案内
薛濤の全詩花間集(1)花間集(2)花間集(3)花間集(4)花間集(5)
魚玄機全詩●花間集(6)●花間集(7)●花間集(8)●花間集(9)●花間集(10)
温庭?66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛?31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻
毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻
魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔?6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻