錦官城の西なる吾が草堂へかえったところで自分は貧乏でくらしむきはあいもかわらぬものでしかないのだが、つかいならした黒皮の脇息が残っているのを思い出すとやっぱり貧乏でも帰りたいとおもう次第だ。昔は乱兵が侵入しはせぬかと気づこうて立ち去ったのだが、さて今もどるとなるとまた去る前にも、空き家があったので近所の人たちも前とはうってかわったものになっていいるのではないかと案ぜられるのである。

 
 2014年6月26日の紀頌之5つのブログ 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
19 《古風五十九首之十九》Index-35Ⅳ-10 756年至德元年年;56歳730古風,五十九首之十九西嶽蓮花山, <19> Ⅰ李白詩1167 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4383 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorブログ
504-5 《祭柳子厚文》韓愈(韓退之)ID Index-12-504 Ⅱ唐宋八大家読本<1085>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4409韓愈詩-504-5 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorブログ廣徳2年764-93 《將赴成都草堂途中有作,先寄嚴鄭公,五首之五》 杜甫index-14 764<765> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4410 杜甫詩1500-765-1053/2500 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ417 韓昌黎集 巻五 350《晩春》 韓愈 kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 4411 (06/26) 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor14-390《上行盃二首 其一》孫光憲(50)Ⅻ唐五代詞・『花間集』全詩訳注解説Gs-573-14-(390) 花間集 巻第八 (四十八首)漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4412 
 薛濤の全詩花間集(1)花間集(2)花間集(3)花間集(4)花間集(5) 
 魚玄機全詩●花間集(6)●花間集(7)●花間集(8)●花間集(9)●花間集(10) 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 
 

廣徳2764-93 《將赴成都草堂途中有作,先寄嚴鄭公,五首之五》 杜甫index-14 764765> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4410 杜甫詩1500-765-1053/2500

 

草堂の前後の世情をいい将来の画策についてのべている。

將赴成都草堂途中有作,先寄嚴鄭公,五首之五

錦官城西生事微,烏皮幾在還思歸。

昔去為憂亂兵入,今來已恐鄰人非。

側身天地更懷古,回首風塵甘息機。

總戎雲鳥陣,不妨遊子芰荷衣。

(将に成都の草堂に赴かんとして途中に作有り 先ず厳鄭公に寄す 五首  其の五)

錦官城西生事なり、烏皮幾【うひき】在り還た帰るを思う。

昔去りしは乱兵の入らんことを憂えしが為なり、今来たれば已に恐る隣人の非ならんことを。

身を天地に側てて更に懐古し、首を風塵に回らして息機を甘んず。

共に説かん 総戎雲鳥の陣、妨げず遊子芰荷の衣。

 

『将赴成都草堂途中有作先寄厳鄭公 五首』 現代語訳と訳註

(本文)

將赴成都草堂途中有作,先寄嚴鄭公,五首之五。

錦官城西生事微,烏皮幾在還思歸。

昔去為憂亂兵入,今來已恐鄰人非。

側身天地更懷古,回首風塵甘息機。

總戎雲鳥陣,不妨遊子芰荷衣。

 

(下し文)

(将に成都の草堂に赴かんとして途中に作有り 先ず厳鄭公に寄す 五首  其の五)

錦官城西生事微なり、烏皮幾【うひき】在り還た帰るを思う。

昔去りしは乱兵の入らんことを憂えしが為なり、今来たれば已に恐る隣人の非ならんことを。

身を天地に側てて更に懐古し、首を風塵に回らして息機を甘んず。

共に説かん 総戎雲鳥の陣、妨げず遊子芰荷の衣。

 

(現代語訳)

草堂の前後の世情をいい将来の画策についてのべている。)その五

錦官城の西なる吾が草堂へかえったところで自分は貧乏でくらしむきはあいもかわらぬものでしかないのだが、つかいならした黒皮の脇息が残っているのを思い出すとやっぱり貧乏でも帰りたいとおもう次第だ。

昔は乱兵が侵入しはせぬかと気づこうて立ち去ったのだが、さて今もどるとなるとまた去る前にも、空き家があったので近所の人たちも前とはうってかわったものになっていいるのではないかと案ぜられるのである。

自分は天地の間に幅たかっておれぬゆえからだをかたえへとすぼめながら古代の平和に治まった時のことをしたわしくおもい、過去の騒乱へと追憶の首をふりむけながらこんどはじっとして心を小利巧にはたらかさずにいようとおもう。

あなたにお逢いすればいずれはごいっしょに陣形のおはなしもいたしましょうが、わたくしは隠居の身だから芰荷の衣をつけて応対してもさしつかえはないのではないかと、すこしわがままことをお許しのこととおもっておるしだいです。

 

 

(訳注)

將赴成都草堂途中有作,先寄嚴鄭公,五首之五。

草堂の前後の世情をいい将来の画策についてのべている。

 

錦官城西生事微,烏皮幾在還思歸。

錦官城の西なる吾が草堂へかえったところで自分は貧乏でくらしむきはあいもかわらぬものでしかないのだが、つかいならした黒皮の脇息が残っているのを思い出すとやっぱり貧乏でも帰りたいとおもう次第だ。

○錦官城 成都の城をいう。

○西 草堂のある浣花村は城の西にあたる。

○生事 生理に同じ、生計の事をいう。○生理 くらしむきのこと。

将赴成都草堂途中有作先寄厳鄭公 五首 其四

常苦沙崩損藥欄,也從江檻落風湍。

新松恨不高千尺,惡竹應須斬萬竿。

生理只憑黃閣老,衰顏欲付紫金丹。

三年奔走空皮骨,信有人間行路難。

○微 かすか、振興せぬこと、貧乏なことをいう。

○烏皮幾 烏羔(くろびつじ)の皮を張った脇息(きようそく)をいう、平生につかうもの。

○在 草堂に存在している。

○還 亦に同じ、此の字は上旬の「生事徴」からかかる、「生事雄レ徴亦」の意。

 

昔去為憂亂兵入,今來已恐鄰人非。

昔は乱兵が侵入しはせぬかと気づこうて立ち去ったのだが、さて今もどるとなるとまた去る前にも、空き家があったので近所の人たちも前とはうってかわったものになっていいるのではないかと案ぜられるのである。

○昔去 去とは成都をさったこと。徐知道が乱する直前の頃で不穏な世情であった。

○乱兵入 徐知道の乱兵の侵入。

○非 昔日の状態ではないことをいう、或は逃亡し、或は死去する。

 

側身天地更懷古,回首風塵甘息機。

自分は天地の間に幅たかっておれぬゆえからだをかたえへとすぼめながら古代の平和に治まった時のことをしたわしくおもい、過去の騒乱へと追憶の首をふりむけながらこんどはじっとして心を小利巧にはたらかさずにいようとおもう。

○側身 からだをかたがわへよせること、身を容れる地のないさま。

○懐古 昔の治まった時代を思う。

○風塵 兵馬のちり、前年の騒乱をいう。

○甘心にあましとする、満足すること。

○息機 磯心(からくりのこころ)をやめること。「荘子」(天地)に子貢が漢陰を過ぎたときに一の老人が要を抱いて田に水をそそいでいるのを見た、子貢がはねつるぺを用いたならば力を用いることが少くして功を見ることが多いであろうといったところ、老人がいうのに、機械ある者は必ず機事あり、機事ある者は必ず機心あり、機心胸中に存すれば純白備わらず云云と。ここでは心を器用にはたらかさぬ意に用いている。

 

總戎雲鳥陣,不妨遊子芰荷衣。

あなたにお逢いすればいずれはごいっしょに陣形のおはなしもいたしましょうが、わたくしは隠居の身だから芰荷の衣をつけて応対してもさしつかえはないのではないかと、すこしわがままことをお許しのこととおもっておるしだいです。

○共説 諸家に明解がない、浦氏が「家人共二説キ敦ク勧ム」といっているのは取らぬ、思うに草堂の主客が相い共に説くことをいうのであろう、作者は此の時まだ厳武の参謀とはなっておらず(参謀となったのは六月のこと)、草堂においでは作者は主人、厳武は客である。

○総戎 軍をすべるもの、節度使をいう、厳武をさす。

○雲鳥陣 「握奇経」に八陣をといて、天・地・風・雲を四正、飛竜・巽虎・鳥翔・蛇蜂を四奇としている。種種の陣形をいう、これは吐巷を防禦するについて画策することをいう。○不妨 妨げない、さしつかえない。

○遊子 たびのもの、作者自己をさす。

芰荷衣 屈原の 「離騒」に「芰荷ヲ製シテ以テ衣ヲ為ル」とみえる、ひし、はすの葉をとりつづって衣をつくったもの、隠遁者の服である。