(某省員外郎の李布があらたに司議郎に除せられ、萬州の別駕を兼ねたというのでこの詩を寄せた。)君は東宮付きであるから君の名は漢の博望苑の諸官にまじわったようなものであるし、君の職はむかし後漢の周景が陳蕃の別駕の輿に題した職とおなじになったことを述べるのである。

 
 2014年7月16日の紀頌之5つのブログ 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
34 《古風五十九首之三十四》-#1 Index-30Ⅳ-5 751年天寶十年51歳554古風,五十九首之三十四羽檄如流星, <34> Ⅰ李白詩1192 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4508 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorブログ
415-#4 《鄆州谿堂詩》韓愈(韓退之)ID Index-12-504 Ⅱ韓昌黎集822年長慶二年<1105>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4509韓愈詩-415-#4 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorブログ廣徳2年764-101-#1 《寄李十四員外布十二韻》 杜甫index-14 764年 杜甫<773-#1> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4510 杜甫詩1500-773-#1-1073/2500 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor1-62-410《清平樂二首其一》温庭筠Ⅻ唐五代詞・『花間集』全詩訳注解説Gs-593-1-62-(410) 二巻漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4512 
 薛濤の全詩花間集(1)花間集(2)花間集(3)花間集(4)花間集(5) 
 魚玄機全詩●花間集(6)●花間集(7)●花間集(8)●花間集(9)●花間集(10) 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 
 

廣徳2764-101-#1 《寄李十四員外布十二韻〔自注:新除司議郎,兼萬州別駕,雖尚伏枕,已聞理裝。〕》 杜甫index-14 764年 杜甫<773-#1> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4510 杜甫詩1500-773-#1-1073/2500

 

 

製作年:  764  廣德二年  53

卷別: 卷二二八  文體: 五言古詩 

詩題: 寄李十四員外布十二韻〔自注:新除司議郎,兼萬州別駕,雖尚伏枕,已聞理裝。〕 

作地點: 成都(劍南道北部 / 益州 / 成都

及地點: 博望苑 (京畿道 京兆府 長安) 別名:望苑     

黃牛峽 (山南東道 峽州 黃牛山) 別名:黃牛     

交遊人物: 李布 書信往來

 

 

寄李十四員外布十二韻〔自注:新除司議郎,兼萬州別駕,雖尚伏枕,已聞理裝。〕

名參漢望苑,職述景題輿。 

(某省員外郎の李布があらたに司議郎に除せられ、萬州の別駕を兼ねたというのでこの詩を寄せた。)

巫峽將之郡,荊門好附書。 

君は東宮付きであるから君の名は漢の博望苑の諸官にまじわったようなものであるし、君の職はむかし後漢の周景が陳蕃の別駕の輿に題した職とおなじになったことを述べるのである。

遠行無自苦,熱比何如。 

君は巫峡のある夔州の郡へ行かれようとするが、荊州の方に手紙を託するのに好都合なので恃みたい。

しかし、君は決して遠くへ旅行するのにわざとおのれをくるしめるようなことはならないことだ。病気で発熱することが多いと聞いたがこの頃はどうなのだ。

正是炎天闊,那堪野館疏。 

まさにこれからは炎天が続きそれに炎天の道が広く遠くまで続くし、この度は田野で宿すこと窗めったにないから耐えられるだろう。

#2

黃牛平駕浪,畫鷁上凌虛。 

試待盤渦歇,方期解纜初。 

悶能過小徑,自為摘嘉蔬。 

渚柳元幽僻,村花不掃除。 

#3

宿陰繁素柰,過雨亂紅蕖。 

寂寂夏先晚,泠泠風有餘。 

江清心可瑩,竹冷髮堪梳。 

直作移巾几,秋帆發弊廬。 

 

 

名參漢望苑【案:漢武為太子置博望苑以通賓客。】,職述景題輿【案:周景為陳蕃題輿。】。巫峽將之郡,荊門好附書。

遠行無自苦,熱比何如。

正是炎天闊,那堪野館疏。

黃牛平駕浪,畫鷁上凌虛。

試待盤渦歇,方期解纜初。

悶能過小徑,自為摘嘉蔬【日為摘嘉蔬】。

渚柳元幽僻,村花不掃除。

宿陰繁素柰,過雨亂紅蕖。

寂寂夏先晚,泠泠風有餘。

江清心可瑩,竹冷髮堪梳【竹冷髮宜梳】。

直作移巾几,秋帆發弊廬。 

 

(李十四員外布に寄す十二韻〔新たに司議郎に除せられ,萬州の別駕を兼ね,尚お伏枕にすと雖も,已に裝を理むと聞く。〕

#1

名は參わる漢の望苑,職は述ぶ景が題輿。 

巫峽 將に郡に之かんとす,荊門 好し書を附す。 

遠行 自ら苦しむこと無れ,熱 比のごろ 何如。 

正に是れ 炎天 闊し,那ぞ堪えん 野館の疏なるに。 

#2

黃牛 駕浪平らかに,畫鷁【がげき】上りて 虛を凌ぐ。 

試みて盤渦の歇むを待ちて,方に期せよ 解纜【かいらん】の初め。 

悶 能く小徑に過らば,自ら為に嘉蔬を摘まん。 

渚柳 元と幽僻なり,村花 掃除せず。 

#3

宿陰 素柰【そたい】繁く,過雨 紅蕖【こうきょ】亂る。 

寂寂 夏先づ晚る,泠泠 風 餘り有る。 

江 清くして 心 瑩【きよ】くす可し,竹 冷にして 髮 梳くに堪える。 

直ちに巾几【きんき】を移すを作し,秋帆 弊廬を發せよ。 

蜀中転々圖 

 

『寄李十四員外布十二韻』 現代語訳と訳註

(本文)

寄李十四員外布十二韻〔自注:新除司議郎,兼萬州別駕,雖尚伏枕,已聞理裝。〕 

#1

名參漢望苑,職述景題輿。 

巫峽將之郡,荊門好附書。 

遠行無自苦,熱比何如。 

正是炎天闊,那堪野館疏。 

 

(下し文)

(李十四員外布に寄す十二韻〔新たに司議郎に除せられ,萬州の別駕を兼ね,尚お伏枕にすと雖も,已に裝を理むと聞く。〕

#1

名は參わる漢の望苑,職は述ぶ景が題輿。 

巫峽 將に郡に之かんとす,荊門 好し書を附す。 

遠行 自ら苦しむこと無れ,熱 比のごろ 何如。 

正に是れ 炎天 闊し,那ぞ堪えん 野館の疏なるに。 

 

(現代語訳)

(某省員外郎の李布があらたに司議郎に除せられ、萬州の別駕を兼ねたというのでこの詩を寄せた。)

君は東宮付きであるから君の名は漢の博望苑の諸官にまじわったようなものであるし、君の職はむかし後漢の周景が陳蕃の別駕の輿に題した職とおなじになったことを述べるのである。

君は巫峡のある夔州の郡へ行かれようとするが、荊州の方に手紙を託するのに好都合なので恃みたい。

しかし、君は決して遠くへ旅行するのにわざとおのれをくるしめるようなことはならないことだ。病気で発熱することが多いと聞いたがこの頃はどうなのだ。

まさにこれからは炎天が続きそれに炎天の道が広く遠くまで続くし、この度は田野で宿すこと窗めったにないから耐えられるだろう。

 

題新津北橋棲00 

(訳注)

寄李十四員外布十二韻〔自注:新除司議郎,兼萬州別駕,雖尚伏枕,已聞理裝。〕 

李十四員外布に寄す十二韻〔新たに司議郎に除せられ,萬州の別駕を兼ね,尚お伏枕にすと雖も,已に裝を理むと聞く。

(某省員外郎の李布があらたに司議郎に除せられ、萬州の別駕を兼ねたというのでこの詩を寄せた。)

司義郎 東宮の官属で侍従規諌し、啓奏を駁正し、東宮の記注を記録することをつかさどる。太子左春坊に司議郎四人を設けるとされている。 

萬州 夔州府の萬縣。

別駕 州の属官。

伏枕 病気で寝付いたこと。

理裝 旅の出発準備の旅支度すること

 

#1

名參漢望苑,職述景題輿。 

君は東宮付きであるから君の名は漢の博望苑の諸官にまじわったようなものであるし、君の職はむかし後漢の周景が陳蕃の別駕の輿に題した職とおなじになったことを述べるのである。

漢望苑 漢の博望苑のこと。漢の武帝の時戻太子冠す。賓客を通じせしめ東宮にあった博望苑で司議郎が対応した。

職述 能く古人の職に倣うをいうという職のことを述べる。

景題輿 後漢の周景が陳蕃の別駕の輿に題した職になったことをいう。

 

巫峽將之郡,荊門好附書。 

君は巫峡のある夔州の郡へ行かれようとするが、荊州の方に手紙を託するのに好都合なので恃みたい。

巫峽 中国・長江三峡の二番目の峡谷。重慶市巫山県の大寧河の河口から湖北省巴東県官渡口まで全長45km 上流側の巫山県は四川盆地東端にあり、巫山山脈をはじめ東西方向に伸びる細長い褶曲山脈多数が並行して走っている。

○荊門 荊州。湖北省荊州府をさす。この江水(嘉陵江)は南流して長江に入り東流して荊州、南京、上海に達する。孟浩然峴山送蕭員外之荊州』とか李白『贈王判官時余歸隱居廬山屏風疊「荊門倒屈宋、梁苑傾鄒枚。」では荊州のことを指す。

附書 手紙を付託する。

 

遠行無自苦,熱比何如。 

しかし、君は決して遠くへ旅行するのにわざとおのれをくるしめるようなことはならないことだ。病気で発熱することが多いと聞いたがこの頃はどうなのだ。

○自苦 自分で自分を苦しめる。

熱 病気で発熱する。

比 このごろ。

 

正是炎天闊,那堪野館疏。 

まさにこれからは炎天が続きそれに炎天の道が広く遠くまで続くし、この度は田野で宿すこと窗めったにないから耐えられるだろう。

○闊 遠くへ広がる

○野館 幔幕に倚り田野で宿すこと。

○疏 まばら、稀少である。