送舍弟潁赴齊州,三首之三》杜甫≫もしかして、その地が大変なことになっていても、君まで零落れ果てるようではいけないのだ、わたしは、君と彼らのことをいつも思い続けているから、君は、山東の北にある渤海湾秦皇島の付近にある海中の石門の方からくる鴻に信書を託してくれれば、私はそれを待っている。

 
 2014年8月6日の紀頌之5つのブログ 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
50 《古風五十九首之五十》Index-22Ⅲ― 2-743年天寶二年43歳275古風,五十九首之五十宋國梧臺東, <50> Ⅰ李白詩1213 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4613 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorブログ
424-#1 《與張十八同效阮步兵一日復一夕》韓愈(韓退之)ID Index-14-504 Ⅱ韓昌黎集824年 57歳<1126>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4614韓愈詩-424-#1 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorブログIndex-14廣徳2年764-88 《送舍弟潁赴齊州,三首之三》 杜甫index-14 764年 杜甫<786> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4615 杜甫詩1500-786-1094/2500Index-14廣徳2年764-88 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ458 韓昌黎集 巻五 391《《閒遊,二首之二》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <832>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3144韓愈詩-204》 韓愈 kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 4616 (08/06) 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor9-431《柳含煙四首其二》毛文錫Ⅻ唐五代詞・『花間集』全詩訳注解説Gs-614-9-(431) 五巻漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4617 
 薛濤の全詩花間集(1)花間集(2)花間集(3)花間集(4)花間集(5) 
 魚玄機全詩●花間集(6)●花間集(7)●花間集(8)●花間集(9)●花間集(10) 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 
 

Index-14廣徳2764-88 《送舍弟潁赴齊州,三首之三》 杜甫index-14 764年 杜甫<786> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4615 杜甫詩1500-786-1094/2500Index-14廣徳2764-88

 

 

製作年:        764年廣德二年53

卷 別:  卷二二八       文體:  五言律詩

     杜少陵集 巻十四

詩 題:  送舍弟頻赴齊州,三首之三【送舍弟潁赴齊州,三首之三】

作地點:        成都(劍南道北部 / 益州 / 成都)

寫及地點:齊州 (河南道 齊州 齊州)        

 岷山 (劍南道北部 茂州 岷山) 別名:西山、汶山    

 淄川 (河南道 淄州 淄川) 別名:徐關      

交遊人物:杜穎  當地交遊(劍南道北部 益州 成都)

 

 

送舍弟潁赴齊州,三首之一

実弟の穎が齊州へ赴くのを送った詩で、第一首は別れを惜しむ意をのべる。)764年広徳二年秋、成都での作。

岷嶺南蠻北,徐關東海西。

この地は南に雲南という南蛮があり、北側に岷山など雪嶺山脈が横たわっている、君のゆく斉州には東海の西に徐関がある。

此行何日到,送汝萬行啼。

このたびの旅行では君はいつむこうへ到着するだろうか、わたしは君を送るために万行の涙をそそいで啼くだけである。

域惟高枕,清風獨杖藜。

わたしは都からこんな遠いところで、ただ枕を高くして寝ているだけだ、秋のすがすがしい風にただひとり友からもらったあかぎの枚を点いて暮らしてゆくのである。

危時暫相見,衰白意都迷。

しかし、こんな危険な時世であるから、君と面会することも、ただ、しばしの間にとどまることであろうとおもうのに、今、また別れねばならぬとあっては、老いのこの身にとっては、意の中がすべて昏乱してしまうばかりである。

 

(舍弟〔潁〕が頻に齊州に赴くを送るその一)

岷嶺 南蛮の北、徐関 東海の西。

此の行 何の日か到らん、汝を送りて万行啼く。

絶域 惟だ高枕、清風独り蔾【れい】を杖く。

時 危くして暫く相い見る、衰白 意 都【すべ】て迷う。

 

送舍弟潁赴齊州,三首之二

(実弟の穎が齊州へ赴くのを送った詩で、第二首は別れた後、弟に思い続けているということの意をのべる。その2)

風塵暗不開,汝去幾時來。

君が行こうとする東部は、戦乱兵馬の巻き起こす風塵はまだ依然として暗く閉ざして開かない。だから帰って来るのが何時の事になるだろうか。

兄弟分離苦,形容老病催。

ここで、兄弟が別れることは本当に苦しいことだ。特に私の形容は老化と病気がちであることで崩れてしまっている。

江通一柱觀,日落望臺。

君が長江に船を浮かべてゆく先には、一柱觀があり、そこを通るだろう、そこに行くまでには途中にある、望臺を通るころ、日が落ちかかるのを見ることだろう。

客意長東北,齊州安在哉。

私の思いは、とこしえに東北の方角にある長安・洛陽の故郷へと馳せるが、昔、若い時に遊んだ斉州が今わ何処にあるやら、どうなっているやらわからないが何時までも思いを追い続けていることにする。

 

(舍弟〔潁〕が頻に齊州に赴くを送るその二)

風塵 暗うして開けず,汝去って 幾時か來らん。

兄弟 分離苦しむ,形容 老病催す。

江は 一柱觀に通じ,日は 望臺に落つ

客意 長に東北にあり,齊州 安くに在り哉。

 

送舍弟潁赴齊州,三首之三

(実弟の穎が齊州へ赴くのを送った詩で、第三首は別れるけれども、二人が落ちぶれてはいけない、帰って来るにはとても大変だけど待っているとの意をのべる。その3)764年広徳二年秋、成都での作。

諸姑今海畔,兩弟亦山東。

自分たちのおばさまたちは今、海の畔に住んでおられるようであれば寄ってみてくれ、又二人の実弟の豐、觀も山濤の何処かにいるはずだ。

去傍干戈覓,來看道路通。

往くときの注意点は一緒に行く矛や盾をもった人たちの側にくっ付いてよく守ってもらうことを求めればいいのだが、帰って来るときは、どの道路が一番安全であるかをよく観察し、通行しないといけないのだ。

短衣防戰地,匹馬逐秋風。

まず、裾の短い衣をつけること、騒乱に巻き込まれないようにすることと、盗賊に襲われないように防備をすることが大事なことで、ぼやぼやしないで、一頭の馬でぶっ飛ばし、秋風を追い越すような速さで行動することだ。

莫作俱流落,長瞻碣石鴻。

もしかして、その地が大変なことになっていても、君まで零落れ果てるようではいけないのだ、わたしは、君と彼らのことをいつも思い続けているから、君は、山東の北にある渤海湾秦皇島の付近にある海中の石門の方からくる鴻に信書を託してくれれば、私はそれを待っている。

 

(舍弟〔潁〕が頻に齊州に赴くを送るその三)

諸姑 今 海畔にあり,兩弟 亦た山東にある。

去って 干戈に傍いて覓む,來って 道路を看て通ず。

短衣 戰地を防げ,匹馬 秋風を逐う。

俱に流落するを作すこと莫れ,長く瞻る 碣石の鴻を。

 

taigennankin88 

『送舍弟潁赴齊州,三首之三』 現代語訳と訳註

(本文)

送舍弟潁赴齊州,三首之三

諸姑今海畔,兩弟亦山東。

去傍干戈覓,來看道路通。

短衣防戰地,匹馬逐秋風。

莫作俱流落,長瞻碣石鴻。

 

(下し文)

(舍弟〔潁〕が頻に齊州に赴くを送るその三)

諸姑 今 海畔にあり,兩弟 亦た山東にある。

去って 干戈に傍いて覓む,來って 道路を看て通ず。

短衣 戰地を防げ,匹馬 秋風を逐う。

俱に流落するを作すこと莫れ,長く瞻る 碣石の鴻を。

 

(現代語訳)

(実弟の穎が齊州へ赴くのを送った詩で、第三首は別れるけれども、二人が落ちぶれてはいけない、帰って来るにはとても大変だけど待っているとの意をのべる。その3)764年広徳二年秋、成都での作。

自分たちのおばさまたちは今、海の畔に住んでおられるようであれば寄ってみてくれ、又二人の実弟の豐、觀も山濤の何処かにいるはずだ。

往くときの注意点は一緒に行く矛や盾をもった人たちの側にくっ付いてよく守ってもらうことを求めればいいのだが、帰って来るときは、どの道路が一番安全であるかをよく観察し、通行しないといけないのだ。

まず、裾の短い衣をつけること、騒乱に巻き込まれないようにすることと、盗賊に襲われないように防備をすることが大事なことで、ぼやぼやしないで、一頭の馬でぶっ飛ばし、秋風を追い越すような速さで行動することだ。

もしかして、その地が大変なことになっていても、君まで零落れ果てるようではいけないのだ、わたしは、君と彼らのことをいつも思い続けているから、君は、山東の北にある渤海湾秦皇島の付近にある海中の石門の方からくる鴻に信書を託してくれれば、私はそれを待っている。

 

安史の乱当時の勢力図 

(訳注)

送舍弟潁赴齊州,三首之三

(実弟の穎が齊州へ赴くのを送った詩で、第三首は別れるけれども、二人が落ちぶれてはいけない、帰って来るにはとても大変だけど待っているとの意をのべる。その3)764年広徳二年秋、成都での作。

○舎弟穎 作者の弟、名は

○斉州 今の山東省済南府。

 

諸姑今海畔,兩弟亦山東。

自分たちのおばさまたちは今、海の畔に住んでおられるようであれば寄ってみてくれ、又二人の実弟の豐、觀も山濤の何処かにいるはずだ。

諸姑 おばさまたち。中國の女性は通常記録に留めないので不明、祖父杜審言の娘、と先妻薛士に三人、後妻盧氏に三人とされるが海の側かどうかも不明。

兩弟 山東にいる豐、觀のふたりのこと。

 

去傍干戈覓,來看道路通。

往くときの注意点は一緒に行く矛や盾をもった人たちの側にくっ付いてよく守ってもらうことを求めればいいのだが、帰って来るときは、どの道路が一番安全であるかをよく観察し、通行しないといけないのだ。

傍干戈覓 往くときの注意点は一緒に行く矛や盾をもった人たちの側にくっ付いてよく守ってもらうことを求めればいい。

看道路通 帰って来るときは、どの道路が一番安全であるかをよく観察し、通行しないといけないという意味。

 

短衣防戰地,匹馬逐秋風。

まず、裾の短い衣をつけること、騒乱に巻き込まれないようにすることと、盗賊に襲われないように防備をすることが大事なことで、ぼやぼやしないで、一頭の馬でぶっ飛ばし、秋風を追い越すような速さで行動することだ。

短衣 裾の短い衣。貧しいものの格好をいう。

防戰地 騒乱に巻き込まれないようにすることと、盗賊に襲われないように防備をすること。

 

莫作俱流落,長瞻碣石鴻。

もしかして、その地が大変なことになっていても、君まで零落れ果てるようではいけないのだ、わたしは、君と彼らのことをいつも思い続けているから、君は、山東の北にある渤海湾秦皇島の付近にある海中の石門の方からくる鴻に信書を託してくれれば、私はそれを待っている。

俱流落 倶は両兄弟が落ちぶれていても訪ねて行く君までも、流されて零落する。

長瞻 いつも見ている。いつも思い続けているということ。

碣石鴻 大鳥が信書を携えて北からくるものであることから、山東の北にある渤海湾秦皇島の付近にある海中の石門をいい、そこからくる鴻に信書を託せということ。