杜甫《放船》(忠州から雲安(四川省雲陽県)まで長江を下るときの岸辺の寒々としたようすが詠われている。)忠州を発って長江の急流に差し掛かったので帆を片づけ、幔幕を巻いて次々と早瀬を左右に回りながら水を追うようにして進む。

 
 2014年11月3日の紀頌之5つのブログ 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
122 《靜夜思(静夜思)》Index-7 Ⅱ―2 727年開元十五年27歳 6首 <122> Ⅰ李白詩1302 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5058 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
24-1 《遠遊聯句〔韓愈、李翱、孟郊〕》韓愈(韓退之)ID 798年貞元14年 31歳<1212> Ⅱ韓昌黎集 巻五 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5044 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorブログ765年永泰元年54歲-63 《草堂逸詩拾遺。放船》 杜甫index-15 杜甫<863> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5060 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor20-520《南鄉子十首,其三》十巻 李珣Ⅻ唐五代詞・『花間集』全詩訳注解説Gs-703-20-(520) 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5062 
 薛濤の全詩花間集(1)花間集(2)花間集(3)花間集(4)花間集(5) 
 魚玄機全詩●花間集(6)●花間集(7)●花間集(8)●花間集(9)●花間集(10) 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 
 


765年永泰元年54-63 《草堂逸詩拾遺。放船》 杜甫index-15 杜甫<863 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5060
杜甫詩
1500-863-1183/2500 765年永泰元年54-63

 

 

 

年:765年永泰元年54

卷別:    卷二三四              文體:    五言律詩

詩題:    放船【草堂逸詩拾遺。】

忠州では江辺の龍興寺に滞在し、華陰(陝西省華陰県)にかえる厳武の柩を見送っている。

 杜甫は忠州に三か月ほど滞在した。持病の悪化を治すためであった。忠州を離れたのは九月になってからである。

 詩は忠州から雲安(四川省雲陽県)まで長江を下るときの作とされており、岸辺の寒々としたようすが詠われている。長江に秋は深まり、雲安城下に船を繋いだのは、日暮れのまだ暗くならない時刻であった。

 

 

放船【草堂逸詩拾遺。】

(忠州から雲安(四川省雲陽県)まで長江を下るときの岸辺の寒々としたようすが詠われている。)

收帆下急水,卷幔逐回灘。

忠州を発って長江の急流に差し掛かったので帆を片づけ、幔幕を巻いて次々と早瀬を左右に回りながら水を追うようにして進む。

江市戎戎暗,山雲淰淰寒。

長江沿いの市街地には晩煙がさかんに揚がって暗くなるほどであり、そこに、山から湧き出る雲は何処の治まるのかゆらゆらあがっていくのを見ると寒さを覚えるのである。

荒林無徑入,獨鳥怪人看。

山は、入るべき小路もなく荒れ果てた林が続く、その中から、「怪し良い人か」と、こちらをにらんでいる一羽の鳥がいる。

已泊城樓底,何曾夜色闌。

やがて、雲安の城樓の街中に宿を見つけたが、宿で落ち着いてみると、まだまだ夜の盛りで、まだまだ更けていない、何と早く着いたものかと思うのだ。 

(船を放つ)

帆を収めて急水)を下り、幔を巻き 灘を回りて 逐う。

江市 戎戎として暗く、山雲淰淰【せんせん】として寒し。

荒林入るに径【こみち】無く、独鳥人を怪しみて看る。

已に泊す  城楼の底、何ぞ曾て夜色闌【たけなわ】ならん。

 

 

『放船』 現代語訳と訳註解説

(本文)

放船【草堂逸詩拾遺。】

收帆下急水,卷幔逐回灘。

江市戎戎暗,山雲淰淰寒。

荒林無徑入,獨鳥怪人看。

已泊城樓底,何曾夜色闌。

 

 

(下し文)

(船を放つ)

帆を収めて急水)を下り、幔を巻き 灘を回りて 逐う。

江市 戎戎として暗く、山雲淰淰【せんせん】として寒し。

荒林入るに径【こみち】無く、独鳥人を怪しみて看る。

已に泊す  城楼の底、何ぞ曾て夜色闌【たけなわ】ならん。

 

(現代語訳)

(忠州から雲安(四川省雲陽県)まで長江を下るときの岸辺の寒々としたようすが詠われている。)

忠州を発って長江の急流に差し掛かったので帆を片づけ、幔幕を巻いて次々と早瀬を左右に回りながら水を追うようにして進む。

長江沿いの市街地には晩煙がさかんに揚がって暗くなるほどであり、そこに、山から湧き出る雲は何処の治まるのかゆらゆらあがっていくのを見ると寒さを覚えるのである。

山は、入るべき小路もなく荒れ果てた林が続く、その中から、「怪し良い人か」と、こちらをにらんでいる一羽の鳥がいる。

やがて、雲安の城樓の街中に宿を見つけたが、宿で落ち着いてみると、まだまだ夜の盛りで、まだまだ更けていない、何と早く着いたものかと思うのだ。 

(訳注)

放船【草堂逸詩拾遺。】

(忠州から雲安(四川省雲陽県)まで長江を下るときの岸辺の寒々としたようすが詠われている。)

7659月から春まで雲安宮經にて過ごす。【草堂逸詩拾遺。】雲安で病気療養中に整理したためこの位置に置く。

○放船 船で出発したということ。

 

收帆下急水,卷幔逐回灘。

忠州を発って長江の急流に差し掛かったので帆を片づけ、幔幕を巻いて次々と早瀬を左右に回りながら水を追うようにして進む。

○收帆・卷幔 風がある内にかかわらず、急流に差し掛かるので帆や幔幕を巻き上げてしっかり括り付ける。この二句は、流れに逆らわず水流に乗って下ることをいう。

 

江市戎戎暗,山雲淰淰寒。

長江沿いの市街地には晩煙がさかんに揚がって暗くなるほどであり、そこに、山から湧き出る雲は何処の治まるのかゆらゆらあがっていくのを見ると寒さを覚えるのである。

○江市 長江沿いの市街地

○戎戎 ここは市街地の夕飯の支度の煙が谷間に充満することをいう。

○山雲 雲は、谷間、岩間、洞窟から湧き出るとされていた。ここでは煙と雲とで暗くなることをいう。

○淰淰 湧き出る雲が、留まることもなく曇ってきた厚い雲まで上がってゆくさまをいう。

 

荒林無徑入,獨鳥怪人看。

山は、入るべき小路もなく荒れ果てた林が続く、その中から、「怪し良い人か」と、こちらをにらんでいる一羽の鳥がいる。

○無徑入 入るべき小路もないことをいう。

 

已泊城樓底,何曾夜色闌。

やがて、雲安の城樓の街中に宿を見つけたが、宿で落ち着いてみると、まだまだ夜の盛りで、まだまだ更けていない、何と早く着いたものかと思うのだ。

○城樓底 城郭樓の下の繁華街のようなところ。