杜甫、奉節-2《客堂 -#1》(飲み水で苦心した雲安から移居してその心情を述べる。)おもうに自分は前に成都の西の少城から離れて今では楚の雲安とも違う奉節に居場所がかわった。

 
 2014年11月26日の紀頌之5つのブログ 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
140-#1 《邠(豳)歌行上新平長史兄粲》Index-10 Ⅱ―5-730年開元十八年30歳 李白<140-#1> Ⅰ李白詩1325 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5173 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorブログ
27-#9 《此日足可惜贈張籍-9》韓愈(韓退之)ID <1238> Ⅱ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5174 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorブログ766年大暦元年55歲-10-1奉節-2《客堂 -#1》 杜甫index-15 杜甫<873> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5175 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor《花間集序 (1)》 欧陽烱『花間集』全詩訳注解説 0-(1) 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5177 
 薛濤の全詩花間集(1)花間集(2)花間集(3)花間集(4)花間集(5) 
 魚玄機全詩●花間集(6)●花間集(7)●花間集(8)●花間集(9)●花間集(10) 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 
 

766年大暦元年55-10-1奉節-2《客堂 -#1》杜甫index-15 杜甫<873> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5175

 

 

杜甫詩1500-873-1206/2500766年大暦元年55-10-1

 

年:766年大暦元年55-

卷別:  卷二二一        文體:  五言古詩

詩題:  客堂

作地點:        夔州(山南東道 / 夔州 / 夔州) 奉節。*2

及地點:       

少城 (劍南道北部 益州 成都) 別名:小城   

雲安 (山南東道 夔州 雲安) 別名:南楚     

 

夔州東川卜居図000 

客堂

(飲み水で苦心した雲安から移居してその心情を述べる。)

憶昨離少城,而今異楚蜀。

おもうに自分は前に成都の西の少城から離れて今では楚の雲安とも違う奉節に居場所がかわった。

舍舟復深山,窅窕一林麓。

さて舟をすておいて、陸にあがってみるとまた深山に囲まれており、おくふかい一つの林の麓の地に住むことになった。

棲泊雲安縣,消中相毒。

雲安県に泊まったのは澄んだのは、やむを得なかったのだ、というのも、持病の消渇の病が内部で自分を酷く苦しめたからだ。

舊疾甘載來,衰年得無足。

その持病である旧い疾をしかたなく船にのせてやってきたが、くわえて、老衰になって、足が弱ってきたうえ、きかなくなった。

(客堂)

憶う昨 少城を離れしことを、而今【じこん】 楚蜀 異なれるを。

舟を捨つれば復た深山あり、窅宨【ようちょう】たり一林麓。

棲泊【せいはく】す 雲安県、消中にあって内は 相い毒す。

旧疾 甘んじて載せ来たり、衰年  弱足を得たり。

#2

死為殊方鬼,頭白免短促。

老馬終望雲,南雁意在北。

別家長兒女,欲起慚筋力。

客堂序節改,具物對羈束。

#3

石暄蕨芽紫,渚秀蘆筍綠。

巴鶯紛未稀,徼麥早向熟。

悠悠日動江,漠漠春辭木。

臺郎選才俊,自顧亦已極。

#4

前輩聲名人,埋沒何所得。

居然綰章紱,受性本幽獨。

平生憩息地,必種數竿竹。

事業只濁醪,營葺但草屋。

#5

上公有記者,累奏資薄祿。

主憂豈濟時,身遠彌曠職。

循文廟算正,獻可天衢直。

尚想趨朝廷,毫髮裨社稷。

形骸今若是,進退委行色。

蜀中転々圖 

 

『客堂』 現代語訳と訳註解説

(本文)#1

客堂

憶昨離少城,而今異楚蜀。

舍舟復深山,窅窕一林麓。

棲泊雲安縣,消中相毒。

舊疾甘載來,衰年得無足。

 

(下し文) #1

(客堂)

憶う昨 少城を離れしことを、而今【じこん】 楚蜀 異なれるを。

舟を捨つれば復た深山あり、窅宨【ようちょう】たり一林麓。

棲泊【せいはく】す 雲安県、消中にあって内は 相い毒す。

旧疾 甘んじて載せ来たり、衰年  弱足を得たり。

 

(現代語訳) #1

(飲み水で苦心した雲安から移居してその心情を述べる。)

おもうに自分は前に成都の西の少城から離れて今では楚の雲安とも違う奉節に居場所がかわった。

さて舟をすておいて、陸にあがってみるとまた深山に囲まれており、おくふかい一つの林の麓の地に住むことになった。

雲安県に泊まったのは澄んだのは、やむを得なかったのだ、というのも、持病の消渇の病が内部で自分を酷く苦しめたからだ。

その持病である旧い疾をしかたなく船にのせてやってきたが、くわえて、老衰になって、足が弱ってきたうえ、きかなくなった。

唐時代 地図山南 東・西道50 

(訳注) #1

客堂

(飲み水で苦心した雲安から移居してその心情を述べる。)

○客堂 客寓している座敷、夔州奉節にあっての寓居をいう。66年大暦元年55-春。この前の詩《引水》(夔州最初の詩)を参考。

 

憶昨離少城,而今異楚蜀。

おもうに自分は前に成都の西の少城から離れて今では楚の雲安とも違う奉節に居場所がかわった。

○少城 秦の恵王(恵文王), 張儀と張若に命じて, 成都を築いたという。大城の西の城、張儀が築いたといわれるもの、大城に続いて“少城”をつくる。《九日奉寄厳大夫》「九日應愁思,經時冒險艱。不眠持漢節,何路出巴山。小驛香醪嫩,重岩細菊斑。遙知簇鞍馬,回首白雲間。」(九日厳大夫に寄せ奉る)九日応に愁思するなるべし 経時険難を冒す。眠らずして漢節を持す、何の路か巴山を出でん。

小駅香惨敗らかに、重巌細菊斑なり。造かに知る鞍馬を族らして、首を白雲の間に回らさんことを。

石犀行 杜甫 成都(2部)浣花渓の草堂(2 -14-1)  <376> 1 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1815 杜甫詩1000-376-553/1500

○異楚蜀 ここ夔州奉節をいい、楚は雲安、蜀は成都をいい、異なる所へ住むことをいう。

 

舍舟復深山,窅窕一林麓。

さて舟をすておいて、陸にあがってみるとまた深山に囲まれており、おくふかい一つの林の麓の地に住むことになった。

○窅窕 おくふかいさま。

 

棲泊雲安縣,消中相毒。

雲安県に泊まったのは澄んだのは、やむを得なかったのだ、というのも、持病の消渇の病が内部で自分を酷く苦しめたからだ。

○消中 病の名、消渇におなじ、多く食べれば数よ小便する病という。

 

舊疾甘載來,衰年得無足。

その持病である旧い疾をしかたなく船にのせてやってきたが、くわえて、老衰になって、足が弱ってきたうえ、きかなくなった。

○甘載来 甘はあまんじて、平気で。載来とは疾をのせてここにやって来たこと。

○得無足 無の字を弱に作っている本があるが、弱の字がまさっているもののごとくである。弱足は脚力のよわったことをいぅ、763年船で荊州に向おうと決意して宴会を開いてもらった。杜甫は、蜀中転々で梓州にいる時から、足が弱って、章彝県令から杖をもらっている。杜甫が東方の旅に出発することを申し出ると、彼らは送別会を開いてくれ、章彝は無事な旅を祈って、梓州特産の桃竹の杖を二本、杜甫に贈った。雲安では、歩行もかなり困難であったが少し良くなったので依拠したのだ。

719 《倚杖〔原注 鹽亭縣作〕》 蜀中転々 杜甫 <626  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3440 杜甫詩1000-626-882/1500五言律詩
成都関連地図 00