(大暦元年初秋、残暑が厳しくたまらない暑さの中、従弟の評事官である徘行13の崔公輔より年少の徘行16の内弟崔某にこの詩を手紙として送った)

 
 2014年12月30日の紀頌之5つのブログ 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
156 《巻02-13 行路難三首 其一 》Index-11 Ⅱ―6 -731年開元十九年31歳 43首 <156> Ⅰ李白詩1352 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5308 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorブログ
30-(4) §2-1 《讀巻05-05 畫記 -(4)》韓愈(韓退之)ID 795年貞元11年 28歳<1272> Ⅱ唐宋八大家文読本 巻三 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5344 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorブログ766年大暦元年55歲-20-1奉節-12 《毒熱寄簡崔評事十六弟 -#1》 杜甫index-15 杜甫<892> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5345 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor『花間集』全詩訳注解説(改訂)-1溫庭筠30《巻1-30 楊柳枝 之一》溫庭筠66首巻一30-〈30〉漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-5347 
 薛濤の全詩花間集(1)花間集(2)花間集(3)花間集(4)花間集(5) 
 魚玄機全詩●花間集(6)●花間集(7)●花間集(8)●花間集(9)●花間集(10) 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 
 

766年大暦元年55-20-1奉節-12 《毒熱寄簡崔評事十六弟 -#1》 杜甫index-15 杜甫<892 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5345


杜甫詩
1500-892-1240/2500766年大暦元年55-20-1

 

年:766年大暦元年55-20-1

卷別:    卷二二一              文體:    五言古詩

詩題:    毒熱寄簡崔評事十六弟

作地點:              夔州(山南東道 / 夔州 / 夔州)

及地點:荊州 (山南東道 荊州 荊州) 別名:郢門         

揚州 (淮南道 揚州 揚州) 別名:廣陵、淮南、淮海     

交遊人物:崔評事              書信往來

 

 

毒熱寄簡崔評事十六弟 #1

(大暦元年初秋、残暑が厳しくたまらない暑さの中、従弟の評事官である徘行13の崔公輔より年少の徘行16の内弟崔某にこの詩を手紙として送った)

大暑運金氣,荊揚不知秋。

「大暑」の厳しい暑さの中、それでも、天の金星が下りはじめて秋の気配を運んで来ようとしているが、此処荊揚の楚の地ではとんでもない暑さで、秋の気配など全く感じさせるものはない。

林下有塌翼,水中無行舟。

というのも、林の木陰には暑さに翼をやられて垂らしたままの鳥がいるし、河江に舟の行き交うことすらない。

千室但掃地,閉關人事休。

ここに在る千軒の家々でも、とにかく家の中で、地面に臥して涼を求めようとしているだけだ、そればかりか家の門の閂を閉じて、仕事も休んでじっとしている。

老夫轉不樂,旅次兼百憂。

自分は歳をとっているのでこの暑さは愈々面白くない、また、旅の途中のみで寓居に宿しているので、先々の事、心配事がおおくて苦慮している。

-#2

蝮蛇暮偃蹇,空床難暗投。

炎宵惡明燭,況乃懷舊丘。

開襟仰弟,執熱露白頭。

束帶負芒刺,接居成阻修。

何當清霜飛,會子臨江樓。

-#3

載聞大易義,諷興詩家流。

蘊藉異時輩,檢身非苟求。

皇皇使臣體,信是德業優。

楚材擇杞梓,漢苑歸驊騮。

短章達我心,理為識者籌。

 

(含異文)

大暑運金氣【大火運金氣】,荊揚不知秋。林下有塌翼,水中無行舟。千室但掃地,閉關人事休。老夫轉不樂【老大轉不樂】,旅次兼百憂。蝮蛇暮偃蹇,空床難暗投。炎宵惡明燭,況乃懷舊丘。開襟仰弟【開襟仰第】,執熱露白頭。束帶負芒刺,接居成阻修。何當清霜飛,會子臨江樓。載聞大易義,諷興詩家流【諷詠詩家流】。蘊藉異時輩,檢身非苟求。皇皇使臣體,信是德業優。楚材擇杞梓,漢苑歸驊騮。短章達我心,理為識者籌【理待識者籌】。

 

 

(毒熱 崔評事十六弟に寄簡す。)

#1

大暑 金氣を運び,荊揚 秋を知らず。

林下 塌翼【とうよく】有り,水中 行舟無し。

千室 但だ地を掃い,關を閉じて人事休す。

老夫 轉た樂しまず,旅次 百憂を兼ぬ。

-#2

蝮蛇 暮に偃蹇【えんてん】たり,空床 暗に投じ難し。

炎宵 明燭を惡む,況んや乃ち舊丘を懷うえをや。

開襟 弟を仰ぎ,執熱 白頭を露わす。

束帶 芒刺を負い,接居 阻修を成す。

何【いつ】か當に清霜飛びて,子に臨江の樓に會さん。

-#3

載【すなわ】ち大易の義を聞き,諷興【ふうきょう】せん 詩家の流。

蘊藉【うんしゃ】時輩に異なり,檢身 苟【いやし】くも求むるに非ず。

皇皇たり使臣の體,信に是れ德業優なり。

楚材 杞梓【きし】擇ばれ,漢苑 驊騮【かりゅうる】歸る。

短章 達我が心をし,理 識者の籌と為らん。

 唐時代 地図山南 東・西道50

 

『毒熱寄簡崔評事十六弟』現代語訳と訳註解説

(本文)

毒熱寄簡崔評事十六弟 #1

大暑運金氣,荊揚不知秋。

林下有塌翼,水中無行舟。

千室但掃地,閉關人事休。

老夫轉不樂,旅次兼百憂。

 

(下し文)

(毒熱 崔評事十六弟に寄簡す。)#1

大暑 金氣を運び,荊揚 秋を知らず。

林下 塌翼【とうよく】有り,水中 行舟無し。

千室 但だ地を掃い,關を閉じて人事休す。

老夫 轉た樂しまず,旅次 百憂を兼ぬ。

 

(現代語訳)

(大暦元年初秋、残暑が厳しくたまらない暑さの中、従弟の評事官である徘行13の崔公輔より年少の徘行16の内弟崔某にこの詩を手紙として送った)

「大暑」の厳しい暑さの中、それでも、天の金星が下りはじめて秋の気配を運んで来ようとしているが、此処荊揚の楚の地ではとんでもない暑さで、秋の気配など全く感じさせるものはない。

というのも、林の木陰には暑さに翼をやられて垂らしたままの鳥がいるし、河江に舟の行き交うことすらない。

ここに在る千軒の家々でも、とにかく家の中で、地面に臥して涼を求めようとしているだけだ、そればかりか家の門の閂を閉じて、仕事も休んでじっとしている。

自分は歳をとっているのでこの暑さは愈々面白くない、また、旅の途中のみで寓居に宿しているので、先々の事、心配事がおおくて苦慮している。

夔州東川卜居図001唐時代 地図山南 東・西道50 

 

(訳注)

毒熱寄簡崔評事十六弟 #1

(大暦元年初秋、残暑が厳しくたまらない暑さの中、従弟の評事官である徘行13の崔公輔より年少の徘行16の内弟崔某にこの詩を手紙として送った)

毒熱 たまらないあつさ。

崔評事十六弟 杜甫に『1523 贈崔十三評事公輔』詩あり。大理寺に属す出張裁判官の官名、母方の従弟の崔公輔より年少の徘行の内弟。

 

大暑運金氣,荊揚不知秋。

「大暑」の厳しい暑さの中、それでも、天の金星が下りはじめて秋の気配を運んで来ようとしているが、此処荊揚の楚の地ではとんでもない暑さで、秋の気配など全く感じさせるものはない。

大暑大火 大暑(たいしょ)は、二十四節気の第12六月中から下旬立秋まで(通常旧暦6月内)。 現在広まっている定気法では太陽黄経が120度のときで723日ごろ。大火:暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。大火心星、おおよそ七月に下る星。

金気 秋の気をいう。五行思想で秋は金が支配す、「月令」に「孟秋之月盛徳在金」とみえる。

 

林下有塌翼,水中無行舟。

というのも、林の木陰には暑さに翼をやられて垂らしたままの鳥がいるし、河江に舟の行き交うことすらない。

荊揚 荊揚、即ち江蘇省の地をいう。しかし、厳密には楚の地、杜甫は南方の義としてみている。

塌翼 くづれた翼、つばさ垂れて飛べない鳥。

 

千室但掃地,閉關人事休。

ここに在る千軒の家々でも、とにかく家の中で、地面に臥して涼を求めようとしているだけだ、そればかりか家の門の閂を閉じて、仕事も休んでじっとしている。

千室 千家。

掃地 地面に臥して涼を求めようとすること。

開閉 かんぬきをとざす。

人事休 仕事をやすむ。ここまで、楚地が灼熱であることをいう。

 

老夫轉不樂,旅次兼百憂。

自分は歳をとっているのでこの暑さは愈々面白くない、また、旅の途中のみで寓居に宿しているので、先々の事、心配事がおおくて苦慮している。

老夫 自己をいう。

旅次 たびでやどをすること。