覽柏中允兼子姪數人除官制詞,因述父子兄弟四美,載歌絲綸 #1

紛然喪亂際,見此忠孝門。蜀中寇亦甚,柏氏功彌存。深誠補王室,戮力自元昆。

(夔州都督であった御史中丞柏茂林には子姪が數人あり、除官制詞を作ることで、父子兄弟関係にあるもの、親子関係が美徳であることを歌にして王言とした。)天下紛然とみだれて喪乱のある際に柏氏のごとき此の忠孝のあつまっている一門を見るのはめずらしいことだ。蜀では特に寇乱がひどいので、柏氏の功はいよいよここに存立するわけである。

54杜甫 1822覽柏中允兼子姪數人除官制詞,因述父子兄弟四美,載歌絲綸》【4分割】 杜甫詩index-15-766年大暦元年55-54 <919 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6135 杜甫詩1500-919-1398/2500

 
 2015年6月14日の紀頌之5つのBlog 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorBlog
257 《卷十五01南陽送客》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <257> Ⅰ李白詩1520 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6148 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorBlog
74-#1 《巻09-32 詠雪贈張籍》   (只見縱橫落,) 韓愈(韓退之) 803年貞元19年 38歳<1433> Ⅱ韓昌黎集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6149 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog54杜甫 《1822覽柏中允兼子姪數人除官制詞,因述父子兄弟四美,載歌絲綸》【4分割】 杜甫詩index-15-766年大暦元年55歲-54 <919> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6135 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog張泌《巻四25浣渓沙 十首 其二》『花間集』176全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-6152 
 薛濤の全詩花間集(1巻花間集(2巻花間集(3巻花間集(4巻花間集(5巻 
 魚玄機全詩花間集(6巻花間集(7巻花間集(8巻花間集(9巻花間集10巻 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 
 

年:766年大暦元年55

卷別:    卷二二二              文體:    五言古詩

詩題:    覽柏中允兼子姪數人除官制詞,因述父子兄弟四美,載歌絲綸【覽柏中丞兼子姪數人除官制詞,因述父子兄弟四美,載歌絲綸】

及地點:玉壘山 (劍南道北部 無第二級行政層級 玉壘山) 別名:玉壘      

雲臺 (京畿道 京兆府 長安)          

交遊人物:柏茂林              當地交遊(山南東道 夔州 夔州)

 

 

覽柏中允兼子姪數人除官制詞,因述父子兄弟四美,載歌絲綸 #1

(夔州都督であった御史中丞柏茂林には子姪が數人あり、除官制詞を作ることで、父子兄弟関係にあるもの、親子関係が美徳であることを歌にして王言とした。)

紛然喪亂際,見此忠孝門。

天下紛然とみだれて喪乱のある際に柏氏のごとき此の忠孝のあつまっている一門を見るのはめずらしいことだ。

蜀中寇亦甚,柏氏功彌存。

蜀では特に寇乱がひどいので、柏氏の功はいよいよここに存立するわけである。

深誠補王室,戮力自元昆。

柏氏は深き誠の心を以て王室の不足のところを補い、一門の協力は第一に其の長兄の地位にあるものから始めた。

#2

三止錦江沸,獨清玉壘昏。

高名入竹帛,新渥照乾坤。

子弟先卒伍,芝蘭疊璵璠。

同心注師律,灑血在戎軒。

#3

絲綸實具載,紱冕已殊恩。

奉公舉骨肉,誅叛經寒溫。

金甲雪猶凍,朱旗塵不翻。

每聞戰場,欻激懦氣奔。

#4

聖主國多盜,賢臣官則尊。

方當節鉞用,必祲沴根。

吾病日回首,雲臺誰再論。

作歌挹盛事,推轂期孤騫。

 

(柏中丞兼び子姪数人の除官の制詞を覽、因りて父子兄弟四美を述べ、載ち絲綸を歌う)

紛然たる喪亂の際、見る此の忠孝の門。

蜀中 寇 亦た甚し、柏氏 功 彌よ 存す。

探誠 王室を補う、戮力 元昆よりす。

 

三たび止む錦江の沸、燭り清くす 玉壘の昏。

高名 竹帛に入る、新渥 乾坤を照らす。

子弟 卒伍に先だつ、芝蘭 璵璠に疊る。

同心 師律に注く、灑血 戎軒に在り。

 

絲綸 實に具載す、紱冕 巳に殊恩なり。

奉公 骨肉を舉ぐ,叛を誅するに寒溫を經。

金甲 雪に猶お凍り,朱旗 塵に翻らず。

每に聞く 戰場の欻ち 懦氣を激して奔らしむ。

 

#4

聖主 國に 盜多し,賢臣 官は則ち尊し。

方に 節鉞の用に當る,必ず 祲沴の根をたん

吾 病みて日び首を回らす,雲臺 誰か 再び論ぜん。

歌を作りて 盛事を挹し,推轂 孤騫を期す。

 

夔州東川卜居図詳細 001 

『覽柏中允兼子姪數人除官制詞』 現代語訳と訳註解説
(
本文)

覽柏中允兼子姪數人除官制詞,因述父子兄弟四美,載歌絲綸 #1

紛然喪亂際,見此忠孝門。

蜀中寇亦甚,柏氏功彌存。

深誠補王室,戮力自元昆。


(下し文)
(柏中丞兼び子姪数人の除官の制詞を覽、因りて父子兄弟四美を述べ、載ち絲綸を歌う)

紛然たる喪亂の際、見る此の忠孝の門。

蜀中 寇 亦た甚し、柏氏 功 彌よ 存す。

探誠 王室を補う、戮力 元昆よりす。

(現代語訳)
(夔州都督であった御史中丞柏茂林には子姪が數人あり、除官制詞を作ることで、父子兄弟関係にあるもの、親子関係が美徳であることを歌にして王言とした。)

天下紛然とみだれて喪乱のある際に柏氏のごとき此の忠孝のあつまっている一門を見るのはめずらしいことだ。

蜀では特に寇乱がひどいので、柏氏の功はいよいよここに存立するわけである。

柏氏は深き誠の心を以て王室の不足のところを補い、一門の協力は第一に其の長兄の地位にあるものから始めた。


(訳注)

覽柏中允兼子姪數人除官制詞,因述父子兄弟四美,載歌絲綸 #1

(夔州都督であった御史中丞柏茂林には子姪が數人あり、除官制詞を作ることで、父子兄弟関係にあるもの、親子関係が美徳であることを歌にして王言とした。)

柏中允 御史中丞柏茂林、即ち、夔州都督であったということ。中丞都督の命は、大暦元年八月にあり、その任に就いたのは冬であった。杜甫は、柏都督のために、謝上表を代作した。

子姪數人 これについては未詳とされている。

除官制詞 駢儷文のように立派に書かれたもので、これまでの功績材幹を陳べて任ずる。

父子兄弟 中丞都督との父子関係にあるもの。

四美 父子関係の者が四人いて、親子関係が美徳であるという意。

載歌 役回りの事、父子関係の美徳などを歌にするということ。

絲綸 王言のことをいう。ここでは制詞のことをいう。《禮記緇衣》「王言如絲, 其出如綸。」とある。

 

紛然喪亂際,見此忠孝門。

天下紛然とみだれて喪乱のある際に柏氏のごとき此の忠孝のあつまっている一門を見るのはめずらしいことだ。

忠孝門 自身の家門を大切にすること。

 

蜀中寇亦甚,柏氏功彌存。

蜀では特に寇乱がひどいので、柏氏の功はいよいよここに存立するわけである。

蜀中 成都のこと。

寇亦甚 崔旰の寇。以崔旰茂州(今四川茂汶)刺史,充西山防御使。三月二十八日,献与崔旰...,八月,以旰成都尹、西川度行。大二年,鸿渐请入朝奏事,以崔旰知西川留后。六月,鸿渐至京,盛利害,亟荐崔旰才堪重任,代宗也务为姑息

 

深誠補王室,戮力自元昆

柏氏は深き誠の心を以て王室の不足のところを補い、一門の協力は第一に其の長兄の地位にあるものから始めた。

補王室 王室の足らざるところを補う。

戮力 力を合わせる。

元昆 昆とは先に生れたものをいう。元昆は長兄をいう。柏中丞をさす。