謁先主廟【劉昭烈廟在奉節縣東六里。】 #1

慘淡風雲會,乘時各有人。力侔分社稷,志屈偃經綸。

復漢留長策,中原仗老臣。雜耕心未已,歐血事酸辛。
(夔州魚腹縣の蜀漢の先主、劉備、諡号昭烈帝の祠廟に謁したことを詠んだ詩) #1  後漢の末にものがなし風雲が集まり天下乱れたとき時勢に乗じてうごきだしたものにそれぞれその人があった。蜀の先主は魏・呉と対等の力を以て天下を三分する状態、三権鼎立が成立していた。晩年に遺恨を以て、呉の制覇の志をのばすことができず、經綸の策が倒れてしまった。そうして漢の天下を回復するよい計画を死後のものにのこした。したがって、中原の地を回復することは老臣である諸葛売をたよることにしたのである。諸葛亮は魏と対陣して、兵站に不利であることから、征領した土地の農民にまじって屯田制を敷くという、心は攻めることをやめることはなかったのだが、体力がつづかず血をはいて死ぬことになった、その事たるや悲惨きわまるものである。

766-89-杜甫 1569謁先主廟》-#1 五言古詩 杜甫詩index-15-766年大暦元年55-89-1 <952-#1 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6395

 

 
 2015年8月2日の紀頌之5つのBlog 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorBlog
285-#1 《卷9-03憶襄陽舊遊贈馬少府巨》#1Index-20Ⅱ― 15-740年開元二十八年40歳 <285-#1> Ⅰ李白詩1569 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6393 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorBlog
78-#9 《巻0210送惠師》-#9 韓愈(韓退之) 804年貞元20年 39歳<1482> Ⅱ【11分割】-#9 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6394韓愈詩-78-#9 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog766年-89-杜甫 《1569謁先主廟》-#1 五言古詩 杜甫詩index-15-766年大暦元年55歲-89-1 <952-#1> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6395 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog(改訂)7毛文錫《巻五24浣紗溪一首》『花間集』225全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-6397 
 薛濤の全詩花間集(1巻花間集(2巻花間集(3巻花間集(4巻花間集(5巻 
 魚玄機全詩花間集(6巻花間集(7巻花間集(8巻花間集(9巻花間集10巻 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 
 

杜甫詩1500-952-#1-1450/2500

年:766年大暦元年55-89 

卷別:    卷二二九              文體:    五言古詩

詩題:    謁先主廟【劉昭烈廟在奉節縣東六里。】

作地點:              目前尚無資料

及地點:              先主廟 (山南東道 夔州 奉節)           

劍閣 (劍南道北部 劍州 劍閣)          

 

 

謁先主廟

(夔州魚腹縣の蜀漢の先主、劉備、諡号昭烈帝の祠廟に謁したことを詠んだ詩) #1

【劉昭烈廟在奉節縣東六里。】 #1

(諡号である昭烈皇帝の祠廟は奉節縣の東、六里に在る。)

慘淡風雲會,乘時各有人。

後漢の末にものがなし風雲が集まり天下乱れたとき時勢に乗じてうごきだしたものにそれぞれその人があった。

力侔分社稷,志屈偃經綸。

蜀の先主は魏・呉と対等の力を以て天下を三分する状態、三権鼎立が成立していた。晩年に遺恨を以て、呉の制覇の志をのばすことができず、經綸の策が倒れてしまった。

復漢留長策,中原仗老臣。

そうして漢の天下を回復するよい計画を死後のものにのこした。したがって、中原の地を回復することは老臣である諸葛売をたよることにしたのである。

雜耕心未已,歐血事酸辛。

諸葛亮は魏と対陣して、兵站に不利であることから、征領した土地の農民にまじって屯田制を敷くという、心は攻めることをやめることはなかったのだが、体力がつづかず血をはいて死ぬことになった、その事たるや悲惨きわまるものである。

#2

霸氣西南歇,雄圖曆數屯。

錦江元過楚,劍閣復通秦。

舊俗存祠廟,空山立鬼神。

虛簷交鳥道,枯木半龍鱗。

#3

竹送清溪月,苔移玉座春。

閭閻兒女換,歌舞時新。

域歸舟遠,荒城繫馬頻。

如何對搖落,況乃久風塵。

#4

孰與關張並,功臨耿鄧親。

應天才不小,得士契無鄰。

遲暮堪帷幄,飄零且釣緡。

向來憂國淚,寂寞灑衣巾。

 

先主の廟に謁す【劉昭烈廟は奉節縣東六里に在る。】#1

慘淡たり風雲の會,時に乘ずる 各の人有り。

力侔しくして社稷を分つ,志 屈して經綸偃す。

復漢 長策を留どめ,中原 老臣に仗る。

雜耕 心 未だ已まず,歐血 事 酸辛なり。

#2

霸氣 西南歇み,雄圖 曆數 屯す。

錦江 元と楚に過ぐ,劍閣 復た秦に通ず。

舊俗 祠廟 存し,空山 鬼 神立つ。

虛簷 鳥道に交り,枯木 半ば龍鱗。

#3

竹は送る 清溪の月,苔は移る 玉座の春。

閭閻兒 女 換り,歌舞 時に新たなり。

域 歸 舟遠く,荒城 馬を繫ぐこと頻りなり。

如何んぞ 搖落に對せん,況や乃ち 風塵に久しきをや。

#4

孰か 關張と並び,功は 耿鄧の親しきに臨む。

應天 才 小ならず,得士 契り 鄰 無し。

遲暮 帷幄に堪えたり,飄零 且つ 釣緡。

向來 憂國の淚,寂寞として 衣巾に灑ぐ。

 

詩文(含異文)     慘淡風雲會,乘時各有人。力侔分社稷,志屈偃經綸。復漢留長策,中原仗老臣。雜耕心未已,歐血事酸辛【案:雜耕、嘔血皆諸葛亮事。】【嘔血事酸辛】。霸氣西南歇,雄圖曆數屯。錦江元過楚,劍閣復通秦。舊俗存祠廟,空山立鬼神【空山泣鬼神】。虛簷交鳥道【虛簷交鳥過】【虛簷扶鳥道】【虛簷扶鳥過】,枯木半龍鱗。竹送清溪月【竹送青溪月】,苔移玉座春。閭閻兒女換,歌舞時新。域歸舟遠,荒城繫馬頻。如何對搖落,況乃久風塵。孰與關張並【勢與關張並】,功臨耿鄧親。應天才不小【斷天才不小】,得士契無鄰【得土契無鄰】。遲暮堪帷幄,飄零且釣緡。向來憂國淚,寂寞灑衣巾。

夔州東川卜居図詳細 002 

 

『謁先主廟』 現代語訳と訳註解説
(
本文)

謁先主廟【劉昭烈廟在奉節縣東六里。】 #1

慘淡風雲會,乘時各有人。

力侔分社稷,志屈偃經綸。

復漢留長策,中原仗老臣。

雜耕心未已,歐血事酸辛。

(下し文)
先主の廟に謁す【劉昭烈廟は奉節縣東六里に在る。】 #1

慘淡たり風雲の會,時に乘ずる 各の人有り。

力侔しくして社稷を分つ,志 屈して經綸偃す。

復漢 長策を留どめ,中原 老臣に仗る。

雜耕 心 未だ已まず,歐血 事 酸辛なり。

(現代語訳)
(夔州魚腹縣の蜀漢の先主、劉備、諡号昭烈帝の祠廟に謁したことを詠んだ詩) #1

後漢の末にものがなし風雲が集まり天下乱れたとき時勢に乗じてうごきだしたものにそれぞれその人があった。

蜀の先主は魏・呉と対等の力を以て天下を三分する状態、三権鼎立が成立していた。晩年に遺恨を以て、呉の制覇の志をのばすことができず、經綸の策が倒れてしまった。

そうして漢の天下を回復するよい計画を死後のものにのこした。したがって、中原の地を回復することは老臣である諸葛売をたよることにしたのである。

諸葛亮は魏と対陣して、兵站に不利であることから、征領した土地の農民にまじって屯田制を敷くという、心は攻めることをやめることはなかったのだが、体力がつづかず血をはいて死ぬことになった、その事たるや悲惨きわまるものである。


(訳注)

謁先主廟【劉昭烈廟在奉節縣東六里。】 #1

(夔州魚腹縣の蜀漢の先主、劉備、諡号昭烈帝の祠廟に謁したことを詠んだ詩)

○先主廟 蜀漢の先主劉備、字は玄徳の廟である。奉節県の東六里、白帝城の西郊にあたる地にある。

(諡号である昭烈皇帝の祠廟は奉節縣の東、六里に在る。)

○劉昭烈 昭烈帝(しょうれつてい)は、中国の皇帝の諡号の一つ。三国時代の蜀漢の劉備(在位:221 - 223年)。『蜀書』先主伝では「昭烈帝」と記されている。

 

慘淡風雲會,乘時各有人。

後漢の末にものがなし風雲が集まり天下乱れたとき時勢に乗じてうごきだしたものにそれぞれその人があった。

○惨澹ものがなしいさま。

○風雲会 天下に騒乱の撃-ったことをいう。

○乗時 時勢をしおにうごきだす。

 

力侔分社稷,志屈偃經綸。

蜀の先主は魏・呉と対等の力を以て天下を三分する状態、三権鼎立が成立していた。晩年に遺恨を以て、呉の制覇の志をのばすことができず、經綸の策が倒れてしまった。

○力侔 魏・呉・蜀が鼎の足のごとくに対時する、三権鼎立。

○分社稷 天下を分かつ。社稷:社稷(しゃしょく)とは、社(土地神を祭る祭壇)と稷(穀物の神を祭る祭壇)の総称。天壇・地壇や宗廟などとともに、中国の国家祭祀の中枢を担う。本項で記述。転じて、国家のことを意味する。古代中国に於いては、土地とそこから収穫される作物が、国家の基礎であると考えられており、村ごとに土地の神と五穀の神を祀っていたが、やがて古代王朝が発生するようになると、天下を治める君主が国家の祭祀を行うようになり、やがて国家そのものを意味するようになった。

○志屈 先主は晩年、呉を征伐しようとして戦いに敗れて死んだので志を伸べることができなかった。

〇偃經綸 經綸の策がたおれた。經綸:国家の秩序をととのえ治めること。また、その方策。

 

復漢留長策,中原仗老臣。

そうして漢の天下を回復するよい計画を死後のものにのこした。したがって、中原の地を回復することは老臣である諸葛売をたよることにしたのである。

○復漢 漢の天下を回復しょうとしたこと。

○留長策 よいはかりごとを身後にのこす。

○中原 黄河地方(魂の地)を奪取しようとすること。

○老臣 諸葛亮をさす。

 

雜耕心未已,歐血事酸辛。

諸葛亮は魏と対陣して、兵站に不利であることから、征領した土地の農民にまじって屯田制を敷くという、心は攻めることをやめることはなかったのだが、体力がつづかず血をはいて死ぬことになった、その事たるや悲惨きわまるものである。

○雑耕 兵站が上手くいかず、五回にわたって北伐をしている。屯田の兵卒が農民とまじって耕すこと。諸葛充が北伐して魏の司馬懿と渭水の南に対陣したとき、糧食のとだえることをうれえて兵を分かって屯田し久駐留の基となした、耕者は渭浜の居民の間に雜わったが、百姓は生活に安んじ軍隊には利己的な行為がなかったという。

○欧血 欧は嘔とおなじ、はくこと、諸葛亮は糧尽き勢い窮まり憂患のあまり血をはき、営を焼き逃がれ、走って谷に入り、道に病を発して卒したという。

建興12年(234年)春2月、第5次の最後の北伐を行った。諸葛亮は屯田を行い、持久戦の構えをとって五丈原で司馬懿と長期に渡って対陣した。しかし、同時に出撃した呉軍は荊州および合肥方面の戦いで魏軍に敗れ、司馬懿も防御に徹し諸葛亮の挑発に乗らなかった。諸葛亮は病に倒れ、秋8月(『三国志演義』では823日)、陣中に没した(五丈原の戦い)。享年54
唐時代 地図山南 東・西道50