杜甫  瞿塘兩崖  

三峽傳何處,雙崖壯此門。入天猶石色,穿水忽雲根。

鬚髯古,蛟龍窟宅尊。羲和冬馭近,愁畏日車翻。

(夔門である瞿塘峡の東西の両崖壁の剣峻なることを述べたもの)

三峡というのは世に知られているがおおよその人間はそれがどこに在るのだろうと思っている、この雙崖は門のようであり、何とも荘厳なものである。上の方は天まで入り込んでもまだ石の色であり、下の方は水の底まで穿っていても忽ち雲の根っこの巌をみとめるのである。その崖には、猱玃の類いの大猿が古ぼけた髭面をして晒しているし、淵の処では、蛟龍が窟宅を尊くして潜んでいる。冬の天は日輪の馭者義和が、日が短く、車を駆ってこの崖に近ずく、これを見る時、自分はあの日輪が乗る車が翻り、ひっくり返ってしまうのではないかと心配するのである。

766-102杜甫 1809瞿塘兩崖》 杜甫詩index-15-766年大暦元年55-102 <965 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6475

 

 
 2015年8月19日の紀頌之5つのBlog 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorBlog
293 《巻八10東魯見狄博通》Index-21Ⅱ― 16-741年開元二十九年41歳 <293> Ⅰ李白詩1581 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6453 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorBlog
82 巻09-04李員外寄紙筆【案:李伯康也,郴州刺史。】 韓愈(韓退之) 804年貞元20年 37歳<1499> Ⅱ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6479 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog766年-102杜甫 《1809瞿塘兩崖》 杜甫詩index-15-766年大暦元年55歲-102 <965> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6475 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog10 -8 臨江仙七首其四 牛學士希濟(牛希濟)ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-405-10-#8  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3572 
 薛濤の全詩花間集(1巻花間集(2巻花間集(3巻花間集(4巻花間集(5巻 
 魚玄機全詩花間集(6巻花間集(7巻花間集(8巻花間集(9巻花間集10巻 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 
 

杜甫詩1500-965-1466/2500

年:766年大暦元年55-102

卷別:    卷二二九              文體:    五言律詩

詩題:    瞿塘兩崖

作地點:              目前尚無資料

及地點:瞿塘峽 (山南東道 夔州 夔州) 別名:瞿塘      

 

瞿塘兩崖

(夔門である瞿塘峡の東西の両崖壁の剣峻なることを述べたもの)

三峽傳何處,雙崖壯此門。

三峡というのは世に知られているがおおよその人間はそれがどこに在るのだろうと思っている、この雙崖は門のようであり、何とも荘厳なものである。

入天猶石色,穿水忽雲根。

上の方は天まで入り込んでもまだ石の色であり、下の方は水の底まで穿っていても忽ち雲の根っこの巌をみとめるのである。

猱玃鬚髯古,蛟龍窟宅尊。

その崖には、猱玃の類いの大猿が古ぼけた髭面をして晒しているし、淵の処では、蛟龍が窟宅を尊くして潜んでいる。

羲和冬馭近,愁畏日車翻。

冬の天は日輪の馭者義和が、日が短く、車を駆ってこの崖に近ずく、これを見る時、自分はあの日輪が乗る車が翻り、ひっくり返ってしまうのではないかと心配するのである。

 

(瞿塘の兩崖)

三峽傳うるは 何處ぞ,雙崖 此の門 壯なり。

天に入るも 猶お石色,水を穿ちて 忽ち雲根なり。

猱玃【どうかく】鬚髯【しゅぜん】古たり,蛟龍 窟宅 尊し。

羲和 冬馭 近し,愁えて畏る 日車の翻らんことを。

 

瞿塘峡・白帝城・魚復 

『瞿塘兩崖』 現代語訳と訳註解説
(
本文)

瞿塘兩崖

三峽傳何處,雙崖壯此門。

入天猶石色,穿水忽雲根。

鬚髯古,蛟龍窟宅尊。

羲和冬馭近,愁畏日車翻。


(下し文)
(瞿塘の兩崖)

三峽傳うるは 何處ぞ,雙崖 此の門 壯なり。

天に入るも 猶お石色,水を穿ちて 忽ち雲根なり。

【どうかく】鬚髯【しゅぜん】古たり,蛟龍 窟宅 尊し。

羲和 冬馭 近し,愁えて畏る 日車の翻らんことを。

(現代語訳)
(夔門である瞿塘峡の東西の両崖壁の剣峻なることを述べたもの)

三峡というのは世に知られているがおおよその人間はそれがどこに在るのだろうと思っている、この雙崖は門のようであり、何とも荘厳なものである。

上の方は天まで入り込んでもまだ石の色であり、下の方は水の底まで穿っていても忽ち雲の根っこの巌をみとめるのである。

その崖には、猱玃の類いの大猿が古ぼけた髭面をして晒しているし、淵の処では、蛟龍が窟宅を尊くして潜んでいる。

冬の天は日輪の馭者義和が、日が短く、車を駆ってこの崖に近ずく、これを見る時、自分はあの日輪が乗る車が翻り、ひっくり返ってしまうのではないかと心配するのである。

 

 (訳注)

瞿塘兩崖

(夔門である瞿塘峡の東西の両崖壁の剣峻なることを述べたもの)

瞿塘兩崖 瞿塘峡の東西の両崖壁。地図に示すように西から流れてきた長江が瞿塘峡で90度まがって南に下って行き瞿塘峡が終われば再び東流してゆく。

  瞿塘峽:在夔州東一里,舊名西陵峽,乃三峽之門。

    長江二首其一(卷一四65眾水會涪萬,瞿塘爭一門。朝宗人共挹,盜賊爾誰尊?孤石隱如馬,高蘿垂飲猿 。歸心異波浪,何事即飛翻?

  (卷一七31)秋興八首其六「瞿塘峽口曲江頭,萬里風煙接素秋。花萼夾城通御氣,芙蓉小苑入邊愁。珠簾繡柱圍黃鵠,錦纜牙檣起白鷗。回首可憐歌舞地,秦中自古帝王州。」

1810瞿塘懷古》「西南萬壑注,勍敵兩崖開。地與山根裂,江從月窟來。削成當白帝,空曲隱陽臺。疏鑿功雖美,陶鈞力大哉。」

夔州東川卜居図詳細 002 

三峽傳何處,雙崖壯此門。

三峡というのは世に知られているがおおよその人間はそれがどこに在るのだろうと思っている、この雙崖は門のようであり、何とも荘厳なものである。

三峽 長江本流にある三つの峡谷の総称。重慶市奉節県の白帝城から湖北省宜昌市の南津関までの193kmの間に、上流から瞿塘峡(くとうきょう、8km)、巫峡(ふきょう、45km)、西陵峡(せいりょうきょう、66km)が連続する景勝地である。

傳何處 「所傳何處」(傳うる所何の處ぞ)

此門 夔門、瞿塘峡の入り口。

 

入天猶石色,穿水忽雲根。

上の方は天まで入り込んでもまだ石の色であり、下の方は水の底まで穿っていても忽ち雲の根っこの巌をみとめるのである。

雲根 空の雲は、岩場の洞窟から湧いて出るということから、巌を「雲根」という。

 

猱玃鬚髯古,蛟龍窟宅尊。

その崖には、猱玃の類いの大猿が古ぼけた髭面をして晒しているし、淵の処では、蛟龍が窟宅を尊くして潜んでいる。

猱玃 おおざる。

鬚髯 1 人、特に男性の口の上やあご・ほおのあたりに生える毛。2 動物の口のまわりに生える長い毛状の突起物。また、昆虫の口器にみられる二対の細い突起物。3 12を思わせる形状のもの。

 

羲和冬馭近,愁畏日車翻。

冬の天は日輪の馭者義和が、日が短く、車を駆ってこの崖に近ずく、これを見る時、自分はあの日輪が乗る車が翻り、ひっくり返ってしまうのではないかと心配するのである。

羲和 古代の伝説上の人物で太陽の御者とか太陽を生んだ母といわれる。のちに東南西北のそれぞれの地の天文に関する任務を担当する羲仲 (ぎちゅう) ,羲叔 (ぎしゅく) ,和仲,和叔の4人兄弟の総称であるという説も生れた。神話の女神。帝俊の妻で10個の太陽を産み,毎日産湯をつかわせているという。のち太陽の御者とされ,馬または竜の引く車に太陽を載せて天空をかけるとも。なお,《書経》では非神話化され,羲仲・羲叔・和仲・和叔の4人の総称で,天文をつかさどる官吏。

冬馭近 崖間で、冬の馭者は太陽の高さが低く時間がみじかい。

愁畏日車翻 ここでは、崖が急であるため、自分はあの日輪が乗る車が翻り、ひっくり返ってしまうのではないかと心配するのである。