杜甫  秋興 八首 之〔一〕玉露凋傷楓樹林   

玉露凋傷楓樹林,巫山巫峽氣蕭森。江間波浪兼天湧,寒上風雲接地陰。

菊叢兩開他日淚,孤舟一繫故園心。寒衣處處催刀尺,白帝城高急暮砧。

(秋の感興をのべた詩である。この第一首は秋の時節に逢って旅居を傷むことをいっている。)766年大暦元年55-114の作。

露の白玉が置くにつれて楓樹の林が凋ませられ傷われ、巫山巫峡にわたって秋の気配がしんしんとしてきた。長江の上に起こる波浪は天をもあわせんばかりに高く湧きたち、夔州の城塞にうごく風雲は低く地面にまで接近して曇を生じているのがわかる。自分は去年雲安から奉節で見、今年奉節で二度目の一叢の菊花の開くのを見ているが、いま異郷の花として見る花もいずれは後日思い出のものとなって感傷の涙をながさせることだろう。自分はここまで乗ってきた一つの舟をもっぱら繋ぎとめているのだけれど、それは早晩機会があればそれにのってこの山峡を下り、故郷にかえる思いの心からしていることなのである。すでに、秋も深まって処処で寒衣を製するために刀尺の用意がはじまってきた、白帝城の高くそびえるあたりでは、夕ぐれになっても新旧布の砧をうつ音がいつまでもせわしくきこえる。これをきくとますます故郷への思いが増してくるのである。

766-114杜甫 《巻1726秋興,八首之一》 杜甫詩index-15-766年大暦元年55-114 <977> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6565

 

 

 
  2015年9月5日 の紀頌之5つのBlog  
  ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場  
  Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 LiveDoorBlog
李白301 《巻十八06答友人贈烏紗帽》(改訂版)Index-21Ⅱ― 16-741年開元二十九年41歳 <301> Ⅰ李白詩1589 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6493  
  孟浩然 詩 index 李白詩index 謝霊運 詩 index 司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》 揚雄 《 甘泉賦 》  ●諸葛亮(孔明)出師表  
  曹植(曹子建)詩 65首 index 文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固) 《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原 『楚辞・九歌』東君 屈原 《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>  
  ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首   
  Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorBlog
韓愈88 (改訂)巻一26-#2§1-2 赴江陵途中寄贈王二十補闕、李十一拾遺李二十六員外翰林三學士 韓愈 805年貞元21年 38歳<1516>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6564  
  ・李商隠詩 (1) 136首の75首 ・李商隠詩 (2) 135首の61首 ●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首 ●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首 ●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首 ●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首  
  index-5 806年39歳 50首の(2)25首 index-6[807年~809年 42歳]20首 index-7[810年~811年 44歳] 34首 index-8 [812年~814年47歳]46首 index-9[815年~816年 49歳] 57首 index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首  
  index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首 index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首 index-13 821年~822年 55歳 22首 index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首 韓愈 哲学・儒学「五原」 賦・散文・上奏文・碑文など  
  孟郊 張籍          
  ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"  
  Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog 766年-114杜甫 《巻1726秋興,八首之一》 杜甫詩index-15-766年大暦元年55歲-114 <977> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6565  
  杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首 杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩)  杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首 杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首 杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首 杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首  
  杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首 杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首 杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首 杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首 杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首 杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首  
  ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている  
  Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog  
               
  ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集  
  Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog 9欧陽烱《巻六08南郷(鄉)子八首 其八》『花間集』259全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-6567  
  薛濤の全詩 花間集(1巻 花間集(2巻 花間集(3巻 花間集(4巻 花間集(5巻  
  魚玄機全詩 花間集(6巻 花間集(7巻 花間集(8巻 花間集(9巻 花間集10巻  
  温庭筠66首 花間集1・2巻 皇甫松11首 花間集二巻 韋莊47首 花間集二巻 薛昭蘊19首 花間集三巻 牛嶠31首 花間集三・四巻 張泌27首 花間集四巻  
  毛文錫31首 花間集5巻 牛希濟11首 花間集5巻 欧陽烱17首 花間集5・6巻 和凝20首 花間集6巻 顧夐56首 花間集6・7巻 孫光憲47首 花間集7・8巻  
  魏承班15首 花間集8・9巻 鹿虔扆6首 花間集9巻 閻選8首 花間集9巻 尹鶚6首 花間集9巻 毛熙震29首 花間集9・10巻 李珣39首 花間集10巻  
   ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門) 漢詩総合サイト 07ch  
  杜甫全詩案内 韓愈全詩案内 李白全集 文選 古詩源 花間集案内  
 

杜甫詩1500-977-1484/2500秋興,八首

1     玉露凋傷楓樹林,巫山巫峽氣蕭森。江間波浪兼天湧,

       塞上風雲接地陰。叢菊兩開他日,孤舟一系故園心。

       寒衣處處催刀尺,白帝城高急暮砧。

 

2     夔府孤城落日斜,依南斗望京華。聽猿實下三聲

       奉使隨八月。畫省香爐違伏枕,山樓粉堞隱悲笳。

       請看石上藤蘿月,已映洲前蘆荻花。

 

3     千家山郭靜朝暉,一日江樓坐翠微。信宿漁人還泛泛,

       清秋燕子故飛飛。匡衡抗疏功名薄,劉向傳經心事違。

       同學少年多不賤,五陵衣馬自輕肥。

 

4     聞道長安似弈棋,百年世事不勝悲。王侯第宅皆新主,

       文武衣冠異昔時。直北關山金鼓振,征西車馬羽書遲。

       魚龍寂寞秋江冷,故國平居有所思。

 

5     蓬萊宮闕對南山,承露金莖霄漢間。西望瑤池降王母,

       東來紫氣滿函關。雲移雉尾開宮扇,日繞龍鱗識聖顏。

       一臥滄江驚,幾回青瑣照朝班。

 

6     瞿唐峽口曲江頭,萬里風煙接素秋。花萼夾城通禦氣,

       芙蓉小苑入邊愁。朱簾繡柱圍鶴,錦纜牙檣起白鷗。

       回首可憐歌舞地,秦中自古帝王州。

 

7     昆明池水漢時功,武帝旌旗在眼中。織女機絲月夜,

       石鯨鱗甲動秋風。波漂菰米沈雲黑,露冷蓮房墜粉紅。

       關塞極天唯鳥道,江湖滿地一漁翁。

 

8     昆吾禦宿自逶迤,紫閣峰陰入渼陂。香稻啄餘鸚鵡粒,

       碧梧棲老鳳凰枝。佳人拾翠春相問,仙侶同舟更移。

              彩筆昔遊幹氣象,白頭吟望苦低垂。

 

 

年:766年大暦元年55-114

卷別:    卷二三○              文體:    七言律詩

詩題:    秋興,八首之一

作地點:              目前尚無資料

及地點:              白帝城 (山南東道 夔州 奉節) 別名:白帝、白帝樓、公孫城      

 

 

秋興 八首 之〔一〕玉露凋傷楓樹林

(秋の感興をのべた詩である。この第一首は秋の時節に逢って旅居を傷むことをいっている。)766年大暦元年55-114の作。

玉露凋傷楓樹林,巫山巫峽氣蕭森。

露の白玉が置くにつれて楓樹の林が凋ませられ傷われ、巫山巫峡にわたって秋の気配がしんしんとしてきた。

江間波浪兼天湧,寒上風雲接地陰。

長江の上に起こる波浪は天をもあわせんばかりに高く湧きたち、夔州の城塞にうごく風雲は低く地面にまで接近して曇を生じているのがわかる。

菊叢兩開他日淚,孤舟一繫故園心。

自分は去年雲安から奉節で見、今年奉節で二度目の一叢の菊花の開くのを見ているが、いま異郷の花として見る花もいずれは後日思い出のものとなって感傷の涙をながさせることだろう。自分はここまで乗ってきた一つの舟をもっぱら繋ぎとめているのだけれど、それは早晩機会があればそれにのってこの山峡を下り、故郷にかえる思いの心からしていることなのである。

寒衣處處催刀尺,白帝城高急暮砧。

すでに、秋も深まって処処で寒衣を製するために刀尺の用意がはじまってきた、白帝城の高くそびえるあたりでは、夕ぐれになっても新旧布の砧をうつ音がいつまでもせわしくきこえる。これをきくとますます故郷への思いが増してくるのである。

 

夔州東川卜居図詳細 002 

『秋興, 八首 之〔一〕』 現代語訳と訳註解説
(
本文)

秋興 八首 之〔一〕玉露凋傷楓樹林

玉露凋傷楓樹林,巫山巫峽氣蕭森。

江間波浪兼天湧,寒上風雲接地陰。

菊叢兩開他日淚,孤舟一繫故園心。

寒衣處處催刀尺,白帝城高急暮砧。
秋興,八首之一(含異文)

玉露凋傷楓樹林,巫山巫峽氣蕭森。

江間波浪兼天湧,寒上風雲接地陰。

菊叢兩開他日淚【菊叢重開他日淚】,孤舟【案:時方艤舟以俟出峽。】一繫故園心。

寒衣處處催刀尺,白帝城高急暮砧。


(下し文)
(秋興 八首 之〔一〕)

玉露 凋傷す 楓樹の林、巫山巫峡 気 蕭森たり。

江間の波浪 天を兼ねて沸き、塞上の風雲 地に接して陰(こも)る。

叢菊両(ふたた)び開く他日の涙、孤舟一(ひとえ)に繋ぐ故園の心。

寒衣 處處 刀尺を催(うなが)し、白帝城高くして 暮砧 急なり。

(現代語訳)
(秋の感興をのべた詩である。この第一首は秋の時節に逢って旅居を傷むことをいっている。)766年大暦元年55-114の作。

露の白玉が置くにつれて楓樹の林が凋ませられ傷われ、巫山巫峡にわたって秋の気配がしんしんとしてきた。

長江の上に起こる波浪は天をもあわせんばかりに高く湧きたち、夔州の城塞にうごく風雲は低く地面にまで接近して曇を生じているのがわかる。

自分は去年雲安から奉節で見、今年奉節で二度目の一叢の菊花の開くのを見ているが、いま異郷の花として見る花もいずれは後日思い出のものとなって感傷の涙をながさせることだろう。自分はここまで乗ってきた一つの舟をもっぱら繋ぎとめているのだけれど、それは早晩機会があればそれにのってこの山峡を下り、故郷にかえる思いの心からしていることなのである。

すでに、秋も深まって処処で寒衣を製するために刀尺の用意がはじまってきた、白帝城の高くそびえるあたりでは、夕ぐれになっても新旧布の砧をうつ音がいつまでもせわしくきこえる。これをきくとますます故郷への思いが増してくるのである。


(訳注)

秋興 八首 之〔一〕玉露凋傷楓樹林

(秋の感興をのべた詩である。この第一首は秋の時節に逢って旅居を傷むことをいっている。)766年大暦元年55-114の作。

 

玉露凋傷楓樹林,巫山巫峽氣蕭森。

露の白玉が置くにつれて楓樹の林が凋ませられ傷われ、巫山巫峡にわたって秋の気配がしんしんとしてきた。

巫山巫峡 巫山は特定の山名、巫峽は其の上下方にわたってつらなる山峡の名である。巫山は夔州府巫山県東にある。

「水經注」巻三十四、江水條「江水又東,逕巫峽,杜宇所鑿以通江水也。江水歷峽東,逕新崩灘。其下十餘里,有大巫山,非惟三峽所無,乃當抗峰岷、峨(山名),偕嶺衡、疑(山名)。其翼附群山,並概青雲,更就霄漢,辨其優劣耳。神孟塗所處。」とあり、「又帝女居焉。其間首尾百六十里,謂之巫峽,蓋因山爲名也。自三峽七百里中,兩岸連山,略無闕處。重巖疊嶂,隱天蔽日,自非停午夜分,不見曦月。至于夏水襄陵,沿溯阻絶,或王命急宣,有時朝發白帝,暮到江陵,其間千二百里,雖乘奔御風,不以疾也。春冬之時,則素湍緑潭,迴清倒影,絶巘多生怪柏,懸泉瀑布,飛其間,清榮峻茂,良多趣味。每至晴初霜旦,林寒澗肅,常有高猿長嘯,屬引淒異,空谷傳響,哀轉久絶。故漁者歌曰:巴東三峽巫峽長,猿鳴三聲淚沾裳。」と巫山巫峽を案内している。

江水 又た東にして,巫峽に逕す,杜字がちて以て江水を通ぜし所なり、江水峡を歴、東して新崩灘に逕す、其の下十余里、大巫山有り、唯三峡の無き所なるのみに非ず、乃ち当に峰を岷峨と抗し、嶺を衡疑と偕にすべし、其の翼附せる群山、並に青雲にし、更に霽漢に就きて、其の優劣を弁ずるのみ、神孟涂の処る所なり、又帝女焉に居る、其の間、首尾百六十里、之を巫峡と謂う、蓋し山に因って名と為すなり」と。また其の下流に及ぶまでを記していう、「三峡より、七百里中、両岸連山、略闕けたる処無し、重巌畳嶂、天を隠し日を蔽う、停午夜分に非ざる自りは、曦月を見ず、夏水の陵に嚢るに至れば、沿阻絶す、或は王命急に宣するときは、時有ってか、朝に白帝より発し、暮に江陵に到る、其の間、千二百里、乗奔風に御すと雖も、以て疾からざるなり、春冬の時には、則ち素瑞緑潭、清をめぐらし影を倒にす、絶多く怪柏を生ず、懸泉瀑布、其の間に飛漱す、清栄唆峻茂、良に趣味多シ、霜旦に至る毎に、林寒く澗粛かに常に高猿有りて長嘯し、屬引淒異に、空谷響きを伝え、哀転すること久しくして絶ゆ、故に漁者歌って日く、巴東の三峡巫峡長し、猿鳴三声涙裳をす。」と。以て其の境を想見することができよう。

氣蕭森 気は秋の気をいう、蕭森は厳粛なさま。

 

江間波浪兼天湧,寒上風雲接地陰。

長江の上に起こる波浪は天をもあわせんばかりに高く湧きたち、夔州の城塞にうごく風雲は低く地面にまで接近して曇を生じているのがわかる。

江間 前句巫峡を承けていう。

兼天湧 水面上のみならず高く天上までをもあわせて湧きたつ。雲は、河川から、岩場、洞窟から湧き出でる。

塞上 前句巫山を承けていう、塞は夔州城の城塞をいう。

接地陰 城上の高いところより起こってひくく地面に接近してくもる。

 

菊叢兩開他日淚,孤舟一繫故園心。

自分は去年雲安から奉節で見、今年奉節で二度目の一叢の菊花の開くのを見ているが、いま異郷の花として見る花もいずれは後日思い出のものとなって感傷の涙をながさせることだろう。自分はここまで乗ってきた一つの舟をもっぱら繋ぎとめているのだけれど、それは早晩機会があればそれにのってこの山峡を下り、故郷にかえる思いの心からしていることなのである。

叢菊両開 叢菊は叢をなしてしげる菊、両開とは二度ひらくこと、永泰元年雲安にあって秋にあうのは一回、今大暦元年夔州にあって秋にあうのは二回、合わせて二度である。

他日涙 杜詩には他日を①往日の意に用いる場合と、②後日の意に用いる場合との二つの場合があり、ここは大暦元年の今を含んでいうもので、②後日の意としてみるべきである。思うに去年と今年と両回見た花が後日感傷の涙をそそぐたねとなるであろうことをいう。

賈島 《度桑乾》「客舎并州已十霜、歸心日夜憶咸陽。 無端更渡桑乾水、卻望并州是故郷。」 

(客舎幷州己二十霜、帰心日夜咸陽を憶う、端なくも更に渡る桑乾の水、卻って幷州を望めば是れ故郷」のごときものであろう。

孤舟一繋 杜甫が三峡を下る準備としてつねに舟を繋いで置くことをいう。一繋とはもっぱらつなぐこと。

故園心 故園を思うの心、或は故郷に帰ろうとの念よりするというのである。

 

寒衣處處催刀尺,白帝城高急暮砧。

すでに、秋も深まって処処で寒衣を製するために刀尺の用意がはじまってきた、白帝城の高くそびえるあたりでは、夕ぐれになっても新旧布の砧をうつ音がいつまでもせわしくきこえる。これをきくとますます故郷への思いが増してくるのである。

寒衣 寒時にあたって着るころも。その衣を裁縫せんがためにの意。

催刀尺 刀は織物を裁断する刀である、尺は寸法をはかるものさしのこと。催は用意をすることをいう。

白帝城 蓼州城の東部、公孫述の築いた城をいう。すでに見える。

急暮砧 夕ぐれにうつきぬたの音が急である。砧で織物をうち、それに刀尺を施して衣をつくるのである。催刀尺は新衣を製することをいい、急暮砧は旧衣をうつことをいう。いろんな音に加え、音のリズムが異なるというからせわしいのである。音が一定のリズムであれば、せわしないというよりひたむきな頑張りを表現するということである。同じ砧の音を杜甫は見事に表現している。秦州で聞いた砧の音は、ひたむきな頑張りを表現している。

擣衣・搗衣(擣衣)【とうい】砧【きぬた】で衣を打つこと。「擣【う】つ砧を臼にいれ、布を杵(棒杵)でつく。砧でつくのは洗濯ではなく、冬用の厚いごわごわした布を柔軟にするため。

擣衣

(衣を擣つ)

亦知戍不返,秋至拭清砧。

亦た知る戊の返らざるを、秋至りて清砧【せいちん】を拭う。

已近苦寒月,況經長別心。

己に近し苦寒の月、況んや長別の心を経たるをや。

寧辭擣衣倦,一寄塞垣深。

寧ぞ辭せん擣衣の倦むを,一に塞垣【さいえん】の深きに寄す。

用盡閨中力,君聽空外音。

用い尽くす閨中【けいちゅう】の力 君聴け空外の音を。

巻七70搗衣(擣衣) 杜甫 <295> kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1352 杜甫詩 700- 415