杜甫  秋日寄題鄭監湖上亭,三首之三  

暫阻蓬萊閣,終為江海人。揮金應物理,拖玉豈吾身。

羹煮秋蓴滑,杯迎露菊新。賦詩分氣象,佳句莫頻頻。

(秋の日に秘書少監鄭審が荊州の南湖のほとりにある亭に寄せ題した詩)

あなたは、蓬莱仙宮のような漢の蔵書閣であったところから疎外され追いやられ遠ざかり、貶謫されて、ついに江海地方、荊蛮の地、荊州の人になった。あなたが身銭をふるまって、酒宴などして他人を賑やかしてくれていたのは、物の道理にかなっていることであった。そして、私は、玉佩いをわが身に着けてひけらかして歩くような人ではない。だから今度お会いしても、晉の張翰のように羹には、秋のジュンサイの滑らかなものを煮ていて、杯には、陶淵明のように露菊の花弁を浮べての酒を飲むというのが一番良いとおもっている。それに、南湖のほとりの景色を堪能して、詩賦を作ることができれば、頻頻と佳い句が湧き出てこないということはないはずだ。

766-164杜甫 2003秋日寄題鄭監湖上亭,三首之三》 杜甫詩index-15-766年大暦元年55-164 <1036 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6860

 

 
  2015年11月3日 の紀頌之5つのBlog  
  ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場  
  Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 LiveDoorBlog
743年(19)李白338-#2 巻三09-《鞠歌行》-#2 Index-23Ⅲ― 2-743年天寶二年43歳 94首-(19) <李白338-#2> Ⅰ李白詩1662 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6858  
  孟浩然 詩 index 李白詩index 謝霊運 詩 index 司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》 揚雄 《 甘泉賦 》  ●諸葛亮(孔明)出師表  
  曹植(曹子建)詩 65首 index 文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固) 《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原 『楚辞・九歌』東君 屈原 《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>  
  ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首   
  Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorBlog
韓愈98-#1《 巻三18謁衡岳廟,遂宿嶽寺題門樓》 #1 韓愈(韓退之) 805年貞元21年 38歳<1575> Ⅱ#1 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6859  
  ・李商隠詩 (1) 136首の75首 ・李商隠詩 (2) 135首の61首 ●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首 ●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首 ●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首 ●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首  
  index-5 806年39歳 50首の(2)25首 index-6[807年~809年 42歳]20首 index-7[810年~811年 44歳] 34首 index-8 [812年~814年47歳]46首 index-9[815年~816年 49歳] 57首 index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首  
  index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首 index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首 index-13 821年~822年 55歳 22首 index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首 韓愈 哲学・儒学「五原」 賦・散文・上奏文・碑文など  
  孟郊 張籍          
  ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"  
  Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog 766年-164杜甫 《2003秋日寄題鄭監湖上亭,三首之三》 杜甫詩index-15-766年大暦元年55歲-164 <1036> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6860  
  杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首 杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩)  杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首 杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首 杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首 杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首  
  杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首 杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首 杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首 杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首 杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首 杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首  
  ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている  
  Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog  
               
  ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集  
  Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog 11顧夐 (改)《巻七16楊柳枝 秋夜香閨》『花間集』318全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-6862  
  薛濤の全詩 花間集(1巻 花間集(2巻 花間集(3巻 花間集(4巻 花間集(5巻  
  魚玄機全詩 花間集(6巻 花間集(7巻 花間集(8巻 花間集(9巻 花間集10巻  
  温庭筠66首 花間集1・2巻 皇甫松11首 花間集二巻 韋莊47首 花間集二巻 薛昭蘊19首 花間集三巻 牛嶠31首 花間集三・四巻 張泌27首 花間集四巻  
  毛文錫31首 花間集5巻 牛希濟11首 花間集5巻 欧陽烱17首 花間集5・6巻 和凝20首 花間集6巻 顧夐56首 花間集6・7巻 孫光憲47首 花間集7・8巻  
  魏承班15首 花間集8・9巻 鹿虔扆6首 花間集9巻 閻選8首 花間集9巻 尹鶚6首 花間集9巻 毛熙震29首 花間集9・10巻 李珣39首 花間集10巻  
   ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門) 漢詩総合サイト 07ch  
  杜甫全詩案内 韓愈全詩案内 李白全集 文選 古詩源 花間集案内  
 



秋日寄題鄭監湖上亭,三首之一

(秋の日に秘書少監鄭審が荊州の南湖のほとりにある亭に寄せ題した詩)

碧草逢春意,沅湘萬里秋。

荊州は、此処と万里を隔てた沅水、湘水にかけて秋であって、春の意にはそむくが草は依然として緑である。

池要山簡馬,月淨庾公樓。

こんなところではあるが、高陽池というべき池があるから長官は、山簡の馬を迎えることでしょうし、また、庾樓に比すべきあなたの楼には月の光が清らかに照らすことだろう。

磨滅餘篇翰,平生一釣舟。

自分はあなたからもらった詩篇を持っているが、それを愛撫するあまり、それがすり減ってなくなるほどである。しかし、平生の自分は、釣り船を一艘持っている。だからあなたのところいくじゅんびはできている。

高唐寒浪減,彷彿識昭丘。

自分はあなたからもらった詩篇を持っているが、それを愛撫するあまり、それがすり減ってなくなるほどである。しかし、平生の自分は、釣り船を一艘持っている。だからあなたのところいくじゅんびはできている。

(秋日 鄭監が湖上の亭に寄題す,三首の一)

碧草 春意に逢う,沅湘 萬里秋なり。

池は要う 山簡の馬,月は淨し 庾公の樓。

磨滅 篇翰を餘す,平生 釣舟一つなり。

高唐 寒浪減じ,彷彿 昭丘を識る。

秋日寄題鄭監湖上亭,三首之二

(秋の日に秘書少監鄭審が荊州の南湖のほとりにある亭に寄せ題した詩)之二

新作湖邊宅,還聞賓客過。

あなたは先ごろ新たに南湖のほとりに宅を作ったそうだが、そこへ又、賓客がたくさん来るということを聞いた。

自須開竹逕,誰道避雲蘿。

あなたのことであるから、隠遁した陶潜のようにひっそりとした奥まった庭の竹の林に三徑を作られて人を向い入れているでしょう、そして、雲蘿の影に人を避けたと誰が言いましょう。

官序潘生拙,才名賈傅多。

私は、潘岳が官途の詩序に書いたように修辞を凝らした繊細かつ美しいものであるが、私にはそんなに修辞をつくすのはうまくはないが、あなたは貶謫されても賈誼のように名声は高い。

舍舟應轉地,鄰接意如何。

自分は間もなく、三峡を下って、船を乗り捨ててとどまるならば、きっとそちらで棲むことにしたい、そうしたら、あなたと隣になってくっ付いて棲みたいと思うけれどあなたはいかがなものだろうか。

(秋日 鄭監が湖上の亭に寄題す,三首の二)

新に作る 湖邊の宅,還た聞く 賓客の過ぎるを。

自ら竹逕を開かんと須【ま】つ,誰か 雲蘿に避くと道うや。

官序 潘生 拙なり,才名 賈傅 多し。

舟を舍てれば應に地を轉ずるなるべし,鄰接せんとす意 如何。

 

 

杜甫詩1500-1036-1534/2500

年:766年大暦元年55-164

卷別:    卷二三一              文體:    五言律詩

詩題:    秋日寄題鄭監湖上亭,三首之三

作地點:              夔州(山南東道 / 夔州 / 夔州)

及地點:湖上亭 (山南東道 峽州 峽州)           

交遊人物/地點:鄭審          書信往來(山南東道 峽州 峽州)

 

 

秋日寄題鄭監湖上亭,三首之三

(秋の日に秘書少監鄭審が荊州の南湖のほとりにある亭に寄せ題した詩)

暫阻蓬萊閣,終為江海人。

あなたは、蓬莱仙宮のような漢の蔵書閣であったところから疎外され追いやられ遠ざかり、貶謫されて、ついに江海地方、荊蛮の地、荊州の人になった。

揮金應物理,拖玉豈吾身。

あなたが身銭をふるまって、酒宴などして他人を賑やかしてくれていたのは、物の道理にかなっていることであった。そして、私は、玉佩いをわが身に着けてひけらかして歩くような人ではない。

羹煮秋蓴滑,杯迎露菊新。

だから今度お会いしても、晉の張翰のように羹には、秋のジュンサイの滑らかなものを煮ていて、杯には、陶淵明のように露菊の花弁を浮べての酒を飲むというのが一番良いとおもっている。

賦詩分氣象,佳句莫頻頻。

それに、南湖のほとりの景色を堪能して、詩賦を作ることができれば、頻頻と佳い句が湧き出てこないということはないはずだ。

 

(秋日 鄭監が湖上の亭に寄題す,三首の三)

暫く阻つ 蓬萊閣,終に江海の人と為る。

揮金 物理に應ず,拖玉 豈に吾が身ならんや。

羹は煮る 秋蓴の滑なるを,杯には迎うは 露菊の新なるを。

賦詩 氣象を分たば,佳句 頻頻たらざる莫らんや。

 

『秋日寄題鄭監湖上亭,三首之三』 現代語訳と訳註解説
(
本文)

秋日寄題鄭監湖上亭,三首之三

暫阻蓬萊閣,終為江海人。

揮金應物理,拖玉豈吾身。

羹煮秋蓴滑,杯迎露菊新。

賦詩分氣象,佳句莫頻頻。
詩文(含異文)     暫阻蓬萊閣【暫住蓬萊閣】,終為江海人。揮金應物理,拖玉豈吾身。羹煮秋蓴滑【羹煮秋蓴弱】,杯迎露菊新【杯凝露菊新】。賦詩分氣象,佳句莫頻頻【佳句莫辭頻】。


(下し文)
(秋日 鄭監が湖上の亭に寄題す,三首の三)

暫く阻つ 蓬萊閣,終に江海の人と為る。

揮金 物理に應ず,拖玉 豈に吾が身ならんや。

羹は煮る 秋蓴の滑なるを,杯には迎うは 露菊の新なるを。

賦詩 氣象を分たば,佳句 頻頻たらざる莫らんや。

(現代語訳)
(秋の日に秘書少監鄭審が荊州の南湖のほとりにある亭に寄せ題した詩)

あなたは、蓬莱仙宮のような漢の蔵書閣であったところから疎外され追いやられ遠ざかり、貶謫されて、ついに江海地方、荊蛮の地、荊州の人になった。

あなたが身銭をふるまって、酒宴などして他人を賑やかしてくれていたのは、物の道理にかなっていることであった。そして、私は、玉佩いをわが身に着けてひけらかして歩くような人ではない。

だから今度お会いしても、晉の張翰のように羹には、秋のジュンサイの滑らかなものを煮ていて、杯には、陶淵明のように露菊の花弁を浮べての酒を飲むというのが一番良いとおもっている。

それに、南湖のほとりの景色を堪能して、詩賦を作ることができれば、頻頻と佳い句が湧き出てこないということはないはずだ。


(訳注)

秋日寄題鄭監湖上亭,三首之三

(秋の日に秘書少監鄭審が荊州の南湖のほとりにある亭に寄せ題した詩)大暦元年55

鄭監 秘書少監鄭審、この時荊蛮の地に謫貶されている。・秘書少監:古代の官職。図書助の別称。

湖上亭 山南東道 峽州南湖のほとりの亭。

 

暫阻蓬萊閣,終為江海人。

あなたは、蓬莱仙宮のような漢の蔵書閣であったところから疎外され追いやられ遠ざかり、貶謫されて、ついに江海地方、荊蛮の地、荊州の人になった。

蓬萊閣 華嶠《後漢書》「學者稱東觀爲老氏藏室,道家蓬萊山。」(學者 東觀を稱して老氏の藏室と爲し,道家の蓬萊山となす。)とあり、鄭監がかっていたところは、蓬莱仙宮のような漢の蔵書閣であったことを言う。杜甫《1940 秋日夔府詠懐鄭監李賓客一百韻》「羽翼商山起,蓬萊漢閣連。」とこの時の様子を詳しく述べている。鄭監は、房琯グループであったので、貶謫されたのである。

江海人 貶謫されて荊州の人になったことを言う。

 

揮金應物理,拖玉豈吾身。

あなたが身銭をふるまって、酒宴などして他人を賑やかしてくれていたのは、物の道理にかなっていることであった。そして、私は、玉佩いをわが身に着けてひけらかして歩くような人ではない。

揮金 自前の銭を揮る舞って、酒宴を開くことを言う。

應物理 事理にかなう、物の道理にかなっていること。

拖玉 玉佩を引く。身分地位を示す玉佩を、これ見よがしにして歩く。

豈吾身 杜甫は、自分の地位をひけらかすこと、此処では、その地位に見合うご馳走を出してほしいとは思わないことを示していて、次句の二句に掛かってゆく語である。

 

羹煮秋蓴滑,杯迎露菊新。

だから今度お会いしても、晉の張翰のように羹には、秋のジュンサイの滑らかなものを煮ていて、杯には、陶淵明のように露菊の花弁を浮べての酒を飲むというのが一番良いとおもっている。

○羹煮秋蓴滑 晉の張翰の「蓴羹鱸膾」故事、故郷を懐かしく思い慕う情のこと。▽「蓴羹」は蓴菜じゅんさいの吸い物。「羹」はあつもの・吸い物。「鱸膾」は鱸すずきのなますの意。張翰ちょうかんが、故郷の料理である蓴菜の吸い物と鱸のなますのおいしさにひかれるあまり、官を辞して帰郷した故事をいう。

○露菊新 陶潜《飲酒其七》「秋菊有佳色、裹露掇其英。汎此忘憂物、遠我遺世情。」(秋菊 佳色あり、露を裹【つつ】みて其の英を採り。此の忘憂の物に汎べて、我が世を遺るるの情を遠くす。)に基づくもの。

 

賦詩分氣象,佳句莫頻頻。

それに、南湖のほとりの景色を堪能して、詩賦を作ることができれば、頻頻と佳い句が湧き出てこないということはないはずだ。

分氣象 南湖のほとりの気象を分けてもらう、南湖のほとりの景色を堪能させてもらうこと。

佳句 杜甫が作るのに、佳い句ができること。

莫頻頻 莫は「莫不」で、詩賦が頻頻と湧き出ないということはないということ。