2   秋行官張望督促東渚耗(一作刈)稻向畢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017215

の紀頌之5つの校注Blog

 

 

 

 

  総合案内

 

 

 

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注

 

 

Ⅰ李白詩

(李白集校注)

744年-051卷180_9 登太白峰(卷二一(二)一二一九)Ⅰ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 李白詩集8177

 

 

LiveDoo

rBlog

744年-集07字解集 a相逢行-b陌上贈美人-c古風其八-d秋夜獨坐懷-e怨歌行-f望終南山寄紫閣隱者Ⅰ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 李白詩集8159

 

 

孟浩然

李白詩

謝霊運

司馬相如 《子虛賦 ・上林賦》

揚雄 《甘泉賦》

諸葛亮 出師表

 

 

曹植詩65

兩都賦序・西都賦・東都賦

李白全詩

漁父辞(屈原

楚辞・九歌》東君

《楚辞九辯》

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首 

 

 

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注

806年-29 全唐詩338_26 #3憶昨行和張十一 -#3 Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之韓愈詩集8178

 

 

LiveDoo

rBlog

806年-集06- 送許郢州序・寒食日出游 【字解集】 Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之韓愈詩集8160

 

 

・李商隠詩 (1) 136首の75

・李商隠詩 (2) 135首の61

韓愈1 ・孟郊・張籍と汴州乱41

index-2[800年~804年]27

index-3 805年陽山から江陵36

index-4 806年 39 江陵・国子博士25

 

 

index-5 806年39歳(2)25

index-6 807~809年 20

index-7[810年~811年 44歳] 34

index-8 [812年~814年47歳]46

index-9[815年~816年 49歳57

index-10[817年~818年 51歳]「平淮西碑」28

 

 

index-11 819年『論佛骨表』左遷 38

index-12 820 國子祭酒18

index-13 821年~822年 22

index-14 57歳・病気のため退職。没す14

韓愈 哲学・儒学「五原」

孟郊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"

 

 

Ⅲ 杜詩

詳注

767年-73#2 秋行官張望督促東渚耗(一作刈)稻向畢清晨遣女奴阿稽豎子阿段往問#2 杜詩詳注(卷一九(四)一六五五)Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8185

 

 

LiveDoo

rBlog

767年-集-4字解 【字解集】 a灩澦・ b七月一日題終明府水樓・c行官張望補稻畦水歸 字解集 Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8173

 

 

杜甫詩(1)736~751年  53

杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73

杜甫詩(3)45歳 安史の乱に彷徨う 26

杜甫詩(4)757年、左拾遺 43

杜甫詩(5)758年47歳 左遷 53

杜甫詩(6)759年 三吏三別 44

 

 

杜甫詩(7)759年秦州詩 66

杜甫詩(8)759年同谷紀行、成都紀行36

杜甫詩(9)760年、49歳 成都 45

杜甫詩(10)761年、50歳 成都82

杜甫詩(11)762年蜀中転々43

杜甫詩(12)762年 蜀中転々 49

 

 

(13)763年蜀中転々 96

 (14)764年 三月成都へ帰る 100

 (15)765年正月幕府を辞す 63

(16-1) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)80

(16-2) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)81

 

 

 

杜甫詩 (17-1)767年夔州・西閣・赤甲・瀼西132

杜甫詩 (17-2) 767年・瀼西・東屯 133

杜甫詩 (18)768年江陵・公安縣・岳州 78

杜甫詩 (19)769年・洞庭湖・潭州・衡州 78

杜甫詩 (20)770年・洞庭湖・潭州・衡州。27

杜甫詩 (21)洩れ分(未詳分)・散文

 

 

 

杜甫詩 全詩 総合案内 

 

 

 

●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている。花間集連載開始。

 

 

Ⅳブログ詩集

漢・唐・宋詞

花間集訳注解説 (103)回目韋莊二十二首-12《巻二39 歸國遥三首其二》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8180 (02/15)

 

 

  fc2

Blog

91)回目皇甫松十一首 《天仙子/浪濤沙/楊栁枝/摘得新/夢江南/採蓮子 【字解集】》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8108 (02/03)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●花間集全詩●森鴎外の小説の”魚玄機”詩、芸妓”薛濤”詩。唐から五代詩詞。花間集。玉臺新詠連載開始

 

 

.唐五代詞詩・女性

・玉臺新詠

玉-039 情詩一首-#2 〔徐 幹〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠ブログ 8181

 

 

LiveDoo

rBlog

玉集-07 秦嘉妻答詩・飲馬長城窟行・飲馬長城窟行 【字解集】   Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠ブログ 8133

 

 

●薛濤の全詩

●花間集(1

●花間集(2

●花間集(3

●花間集(4

●花間集(5

 

 

●魚玄機全詩

●花間集(6

●花間集(7

●花間集(8

●花間集(9

●花間集10

 

 

 ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)

漢詩総合サイト 07ch

 

 

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

文選

古詩源

花間集案内

 

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/

767-732   秋行官張望督促東渚耗(一作刈)稻向畢清晨遣女奴阿稽豎子阿段往問#2 杜詩詳注(卷一九(四)一六五五)Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8185

だから競うように力を用いて努力する、草とりをして、抜いた草を土手や岸のわきにおいておくのである。穀物は人の生命の基本であるから、旅をしている身だとしても、その基本を忘れていいものではない。春から務めるべきことはみんなつとめて、土壌をほりかえすことにつとめたし、農家の守るべき決まりをみださぬようにしてきた。水牛を飼って、これに鋤を付けて引かせ、それも二匹一緒につないで耕場にはたらかせたのだ。

 

 

767-073 -

秋行官張望督促東渚耗稻向畢清晨遣女奴阿稽豎子阿段往問卷一九(四)一六五五#2

杜詩詳注巻1916

全唐詩221-40 -2

767年大暦256  (73) -

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の杜詩ブログ8185

 

開聞岳002杜詩校注01 


作時年:

767

大暦2

56

全唐詩

221-40 -2

文體:

五言古詩

杜詩詳注

1916

卷一九(四)一六五五 -

詩題:

秋行官張望督促東渚耗稻向畢清晨遣女奴阿稽豎子阿段往問

序文

秋行官張望督促東渚刈稻向畢,清晨遣女奴阿稽、豎子阿段往問

作地點:

目前尚無資料

及地點:

茅堂 (山南東道 夔州 夔州別名:東渚、東屯             

荊州 (山南東道 荊州 荊州別名:郢門       

揚州 (淮南道 揚州 揚州別名:廣陵、淮南、淮海    

0

交遊人物:

阿稽         當地交遊(山南東道 夔州 夔州)

阿段         當地交遊(山南東道 夔州 夔州)

 

 

秋行官張望督促東渚耗稻向畢,清晨遣女奴阿稽、豎子阿段往問#1

(農作業の管理を一部代行してもらっている行官の張望という州の役人がいるのだが、杜甫は彼に対して今ひとつ信頼が置けなかった。というのも、最後の除草を前に、役人の張望が好い加減で、配慮があまり行き届かないのを心配して、そこで使用人の阿稽と阿段に言伝てを持たせて、わざわざ行官の張望のところまで行かせたのである。)

東渚雨今足,佇聞粳稻香。

東瀼水のなぎさ(東屯の水田)では、いま雨が十分で、やがて粳稲が香しくみのるであろうとかまえて、まっているのだ。

上天無偏頗,蒲稗各自長。

天には偏頗はないはずであるから稲が育つとともにガマや稗もそれぞれが背を伸ばしてくる。

人情見非類,田家戒其荒。

こうした水田では、人の情で、稲の間に生えて来るやくざな草をそのままにして田地を荒してしまうことは、耕作者としてやってはならないことである。

(秋に行官の張望、東渚の耗稲を督促し、畢るに向(なんなん)とす。清晨に女奴の阿稽と豎子の阿段を遣(つか)わして往()きて問わしむ)
東渚 雨 今足る,聞かんと佇つ粳稻の香しきを。

上天 偏頗無し,蒲稗 各自 長し。

人情 非類を見れば,田家 其の荒るるを戒む

#2

功夫競搰搰,除草置岸旁。

だから競うように力を用いて努力する、草とりをして、抜いた草を土手や岸のわきにおいておくのである。

穀者命之本,客居安可忘。

穀物は人の生命の基本であるから、旅をしている身だとしても、その基本を忘れていいものではない。

青春具所務,勤墾免亂常。

春から務めるべきことはみんなつとめて、土壌をほりかえすことにつとめたし、農家の守るべき決まりをみださぬようにしてきた。

牛力容易,並驅動莫當。

水牛を飼って、これに鋤を付けて引かせ、それも二匹一緒につないで耕場にはたらかせたのだ。

#2

功夫 競いて搰搰たり,除草 岸旁に置く。

穀は 命の本なり,客居 安んぞ忘る可けん。

青春より 務むる所を具う,勤墾せば 亂常を免る。

牛 力 容易なり,並驅 動として當る莫れ。【並驅 紛として場に遊ぶ。】
#3

豐苗亦已,雲水照方塘。

有生固蔓延,靜一資堤防。

督領不無人,提攜頗在綱。

#4

荊揚風土暖,肅肅候微霜。

尚恐主守疏,用心未甚臧。

清朝遣婢僕,寄語踰崇岡。

#5

西成聚必散,不獨陵我倉。

豈要仁里譽,感此亂世忙。

北風吹蒹葭,蟋蟀近中堂。

荏苒百工休,鬱紆遲暮傷。

瞿塘峡・白帝城・魚復

 

『秋行官張望督促東渚耗稻向畢,清晨遣女奴阿稽、豎子阿段往問』現代語訳と訳註解説
(
本文)

#2

功夫競搰搰,除草置岸旁。

穀者命之本,客居安可忘。

青春具所務,勤墾免亂常。

牛力容易,並驅動莫當。
#2功夫競搰搰,除草置岸旁。穀者命之本【穀者令士本】,客居安可忘。青春具所務,勤墾免亂常。牛力容易,並驅【案:去聲。】動莫當【並驅紛遊場】。


(下し文)
#2

功夫 競いて搰搰たり,除草 岸旁に置く。

穀は 命の本なり,客居 安んぞ忘る可けん。

青春より 務むる所を具う,勤墾せば 亂常を免る。

牛 力 容易なり,並驅 動として當る莫れ。【並驅 紛として場に遊ぶ。】

(現代語訳)
#2

だから競うように力を用いて努力する、草とりをして、抜いた草を土手や岸のわきにおいておくのである。

穀物は人の生命の基本であるから、旅をしている身だとしても、その基本を忘れていいものではない。

春から務めるべきことはみんなつとめて、土壌をほりかえすことにつとめたし、農家の守るべき決まりをみださぬようにしてきた。

水牛を飼って、これに鋤を付けて引かせ、それも二匹一緒につないで耕場にはたらかせたのだ。

夔州東川卜居図詳細 002三峡 巫山十二峰001
(訳注) #2

1915_秋行官張望督促東渚耗稻向畢清晨遣女奴阿稽豎子阿段往問》

稲田の係りの張望に東田の草とり督促させておいたところ、秋になってそれが終わりかけたので、晴れた朝、女婢の阿稽と、奴の阿段とをあちらへやって様子を尋ねさせた。そのことを詠んだ詩。

 

功夫競搰搰,除草置岸旁。【穀者令士本】

だから競うように力を用いて努力する、草とりをして、抜いた草を土手や岸のわきにおいておくのである。

1.    功夫 ①手段や方法。②手間と暇。③物事を行なう素地となる教養や才能。④今までにない新しいものを生み出す

2.    競搰搰 競うように力を用いて努力する。《莊子.天地》:「搰搰然,用力甚多,而見功寡。」(搰搰然として,力を用うること甚だ多く,而して功を見ること寡し。)あくせく身体を動かしているけれど、効果はすくない。

3.    除草置岸旁 抜いた草を土手や岸のわきにおいておく。

 

穀者命之本,客居安可忘。

穀物は人の生命の基本であるから、旅をしている身だとしても、その基本を忘れていいものではない。

4.    穀者命之本【穀者令士本】 穀物は人の生命の基本である

 

青春具所務,勤墾免亂常。

春から務めるべきことはみんなつとめて、土壌をほりかえすことにつとめたし、農家の守るべき決まりをみださぬようにしてきた。

5.    青春 盛春、春の盛りからずっと。

6.    具所務 すべきことはすべてやってきた。

7.  勤墾 みんなつとめて、土壌をほりかえすことにつとめる。

23 亂常 常道が乱れる。春先、春に土地を耕し、種を植え付けることは、農家の常道であるが、これをしないければ、農家そのものが成り立たないことを言う。①破杯綱常;違反人倫。 〈馬王堆  墓帛書〉《經法‧國次》「變故亂常, 擅制更爽。」  ②異常;不正常。

 

牛力容易,並驅動莫當。【案:去聲。】【並驅紛遊場】

水牛を飼って、これに鋤を付けて引かせ、それも二匹一緒につないで耕場にはたらかせたのだ。

24. 牛 呉地方の牛、水牛のことで水田を耕すのに使われる。

25. 力容易 力をださせることがたやすい。

26. 並驅 【案:去聲。】二匹を並べて鋤をひかせること。

27. 動莫當【紛遊場】 粘土質の水田であることで二頭の牛を自由抜動けないように一帯化すること、圃場が掘り起こされることをいう。

 

1915_秋行官張望督促東渚耗稻向畢清晨遣女奴阿稽豎子阿段往問》【字解】

 

1 行官張望 ・行官:稲田を管理する吏官。・張望:行官の姓名。

㋐ 767年-10-#1杜甫 《19-15 行官張望補稻畦水歸》#1 杜甫詩index-15-767年大暦2年56-10-#1 <1088> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7120

㋑ 767年-8-#1杜甫 《19-06 園人送瓜》#1 杜甫詩index-15-767年大暦2年56-8-#1 <1082> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7090

㋒ 767年-11-#1杜甫 《19-05 園官送菜》#1 杜甫詩index-15-767年大暦2年56-11-#1 <1091> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7135

2 東渚 西瀼水の川向こうの水田。

3 耗稻 稲の間に生えて来る雑草をぬきとってなくすこと。

4 向畢 除草作業が終わりかける。

5 清晨 はれたあさ。

6 女奴 女婢

7 豎子 奴。

8 女奴阿稽と豎子阿段 大暦二年、春から始まった東屯での米作りが、夏の除草、灌漑など幾多の農作業の過程をへて、秋に入り最後の除草が終わろうとしていた。米作りには、干害や水害や虫害などの天災がつきものであるが、この年の東屯での米作は大きな災害にも見舞われず、うまくいきつつあった。この取り入れが首尾よく行けば、杜甫にとっては南下する旅費の一部が工面できることになる。秋の収穫は目前であり、杜甫はこの詩で、「西(あき)の成(みの)りは 聚(あつ)まれば必ず散じて、独り我が倉を陵(おか)のごとくたかくするのみならず」などと、もう秋の豊作を夢見てその後の計画をたてている。杜甫の今次の稲作への期待が想像できるというものである。

 だから彼は、いっそう最後の除草の仕事を好い加減にはしなかった。もともと農作業の管理を一部代行してもらっている行官の張望という州の役人がいるのだが、杜甫は彼に対して今ひとつ信頼が置けなかった。そこで使用人の阿稽と阿段に言伝てを持たせて、わざわざ行官の張望のところまで行かせたのである。そのことをきっかけに作ったのが1915_秋に行官の張望、東渚の耗稲を督促し、畢るに向(なんなん)とす。清晨に女奴の阿稽と豎子の阿段を遣(つか)わして往()きて問わしむ》という長編の五言古詩である。その詩の中ごろに次のように詠じていることが重要である。

有生固蔓延、靜一資隄防。 督領不無人、提攜頗在綱。 

荊揚風土暖、肅肅候微霜。 尚恐主守疏、用心未甚臧。

清朝遣婢僕、寄語踰崇岡。 西成聚必散,不獨陵我倉。

(いのち)有るものは固(もと)より蔓延すれば、静一に隄防するを資()

(ひき)い領(おさ)むることは 人無きにあらず (して行官張望なるものあり)、 かれと提携することは 頗(すこぶ)る綱に在り。

荊揚は風土暖かく、 粛粛として微霜(の降りる収穫のとき)を候()たん。

尚お恐る (行官張望の)主(つかさど)り守ることの疏にして、心を用いること 未だ甚だしくは臧()からざらんことを。

ゆえにわれは清朝(あけがた)に婢と僕とを遣(つか)わして、 語を寄せて崇(たか)き岡を踰()えさす。

西(あき)の成(みの)りは 聚(あつ)まれば必ず散じて、独り我が倉を陵(おか)のごとくたかくするのみならず。

1915_秋行官張望督促東渚耗稻向畢清晨遣女奴阿稽豎子阿段往問》

 

 この詩は農業詩としてみた場合様々な興味深い事柄を含んでいるのだが、それについては別の機会に譲ることにして、ここでは二つの点のみを指摘しておきたい。

 この詩もまた今までの詩と同様、詩題の中に使用人の名前がみえる。豎子の阿段というのは②《巻15-06 示獠奴阿段》に出てきた獠族の少年阿段である。女奴の阿稽というのは、この詩でしか登場しないが、阿夷、阿等などの言い方との類似性を考えれば、阿段と同じ獠族の女性である。行官の張望という人物はこの詩より少し前の、㋐《19-15 行官張望補稻畦水歸》の詩に登場する。張望という人物も、行官という官も、どれほどのものか具体的にはわからないが、いずれにしろ「婢僕」の身分の阿稽と阿段が、行官の張望と同じレベルで並べて述べていることに関しては何の抵抗もないのは、杜甫の心根の問題である。

 杜甫がこの詩を書くに当たっての動機は、先にも述べたように、最後の除草を前に、役人の張望が好い加減で、配慮があまり行き届かないのを心配して、使用人の阿稽と阿段に言い付けを託す、ということであった。この婢僕の二人は単なる杜甫の走り使いということではあるまい。張望がちゃんと除草の仕事をなし終えるかどうかは、杜甫にとってはその後の旅程にも影響するきわめて重要な事であった。杜甫は張望の仕事をきちんと見極めることのできる人間として、阿稽と阿段を使いに送ったものと思われる。行官の張望に対してよりは、むしろ現地の異民族の二人の「婢僕」に信頼を置いていたと言ってもいいくらいである。

 この詩と、前出の《巻15-42 信行遠修水筒》の詩とをくらべて「『信行修水筒(ママ)』の詩は其の奨賞を極め、此の詩には乃ち『尚恐主守疏、用心未甚臧』の語有り。則ち二人の賢否見えたり」(巻二)と述べるかいせつもあるし、使用人の信行と行官の張望とを比較して、おのずと賢なる信行と、賢にあらざる張望とが見えてくると言っているが、これはそのまま阿稽・阿段と張望との関係にも当てはまるであろう。

 このように杜甫が、詩題の中に社会の最下層の人たちの呼び名を書き込み、その人たちへの信頼を示すのは、杜甫指示通り、あるいはそれ以上の作業するという実績の中で生まれた信頼関係であり、一方、それとは対照的に、出来の悪い役人への不信をあらわにしているという詩の書き方も、杜甫の人間性を表している。

 

杜甫が下僕に指示をしたもの、あるいは、息子の宗文に指示して下僕に作業させたもの。

    15-05引水》②《巻15-06 示獠奴阿段》③《巻15-42 信行遠修水筒》④《巻19-20 驅豎子摘蒼耳》⑥《巻15-43 催宗文樹雞柵》⑦《巻19-02豎子至》 ⑧《19-07 課伐木 幷序》⑨《19-16 秋行官張望督促東渚耗稻向畢,清晨遣女奴阿稽、豎子阿段往問》

 

    引水

月峽瞿塘雲作頂,亂石崢嶸俗無井。雲安酤水奴僕悲,魚復移居心力省。

白帝城西萬竹蟠,接筒引水喉不乾。人生留滯生理難,斗水何直百憂寬。

 (引水)

月峽 瞿塘 雲頂と作し,亂石 崢嶸【そうおう】俗 井無し。雲安 水を酤うて奴僕悲しむ,魚復 居移して心力省く。

白帝城 西萬竹 蟠【わだかま】る,筒を接し水を引きて喉を乾かず。人生 留滯 生理難し,斗水 何ぞ直【あた】らん百憂の寬なるに。

766年大暦元年55-9 《引水》 杜甫index-15 杜甫<872> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5170 杜甫詩1500-872-1205/2500766年大暦元年55-9

 

 

杜甫が下僕に支持をしたもの、あるいは、息子の宗文に支持して下僕に作業させたもの。

   766年大暦元年55-36 奉節-29 《巻15-06 示獠奴阿段》 杜甫index-15 杜甫<900-01> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5565

    766年大暦元年55-29-#1奉節-19 《巻15-42 信行遠修水筒 -#1》 杜甫index-15 杜甫<891-#1> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5445 杜甫詩1500-891-#1-1260/2500766年大暦元年55-29-#1

   766年大暦元年55-37-#1奉節-20-#1 《巻19-20 驅豎子摘蒼耳 -#1》 杜甫index-15 杜甫<892-#1> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5455 

   766年大暦元年55-30-#1奉節-20 《巻15-43 催宗文樹雞柵 -#1》 杜甫index-15 杜甫<892-#1> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5455 

   767年-7-#1杜甫 《19-07 課伐木 序》#1 杜甫詩index-15-767年大暦2年56-7-#1 <1075> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7055 

   767-65杜甫 《巻19-02豎子至》 杜甫詩index-15-767年大暦256-65 <1155> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7422 杜甫詩1500-1155-1611/2500

とある。

9 粳稻 一種稻米、うるち米。葉片較狹くして短い,色は深綠,莖稈は堅硬である。穀粒はわりあい短く圓形であり,外の穎には上細毛が多くして長い,煮起すると較軟である。粳稻は一般學術上、「日本型稻」或「中國型稻」というよびかたをし,其の米粒は直鏈性をもっていて、澱粉含量は18%~25%である。炊きあがりの香りがよく、味もよい。

10 偏頗 えこひいき。

11 蒲稗 がま、ひえ。

12 非類 同類でないもの、此処では稲以外の雑草をいう。

13 田家 東屯の農家。

14 戒其荒 東屯の水田を耕さず荒れたままにすることを戒める。