767-141#30 秋日夔府詠懷奉寄鄭監審李賓客之芳一百韻(卷一九(四)一六九九#30§10.-2注(1155)

 

 

 

20171015

の紀頌之”6”つの校注Blog

10年のBLOGの集大成

   李白総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注

Ⅰ李白詩

(李白集校注)

745年 n-56-#3 留別王司馬嵩(卷十五(一)九○九)漢文委員会Kanbuniinkai紀頌之Blog9265

LiveDoo

rBlog

745年-08 【字解集】008 A鳴皋歌送岑徵君  B對雪奉餞任城六父秩滿歸京Ⅰ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 李白詩集8975

孟浩然

李白詩

謝霊運

司馬相如 《子虛賦 ・上林賦》

揚雄 《甘泉賦》

諸葛亮 出師表

曹植詩65

兩都賦序・西都賦・東都賦

李白全詩

漁父辞(屈原

楚辞・九歌》東君

《楚辞九辯》

 

 

 

 

10年のBLOGの集大成

●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首 

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注

806年-155 昌黎先生 巻八-02會合聯句【案:韓愈、張籍、孟郊、張徹】-#1 Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之韓愈詩集9231

LiveDoo

rBlog

806年-集17-133 韓昌黎集字解集秋雨聯句【字解集】 Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之韓愈詩集9064

・李商隠詩 (1) 136首の75

・李商隠詩 (2) 135首の61

韓愈1 ・孟郊・張籍と汴州乱41

index-2[800年~804年]27

index-3 805年陽山から江陵36

index-4 806年 39 江陵・国子博士25

index-5 806年39歳(2)25

index-6 807~809年 20

index-7[810年~811年 44歳] 34

index-8 [812年~814年47歳]46

index-9[815年~816年 49歳57

index-10[817年~818年 51歳]「平淮西碑」28

index-11 819年『論佛骨表』左遷 38

index-12 820 國子祭酒18

index-13 821年~822年 22

index-14 57歳・病気のため退職。没す14

韓愈 哲学・儒学「五原」

孟郊

 

10年のBLOGの集大成

 

 

 

●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"

Ⅲ 杜詩

詳注

767年-141#30 秋日夔府詠懷奉寄鄭監審李賓客之芳一百韻(卷一九(四)一六九九#30§10.-2注(1155) Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9253

LiveDoo

rBlog

767年-集-19 【字解集】 ・H提封 I鸚鵡 J孤雁 K鷗 L猿 M麂 N雞 O黃魚 P白小  Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8998

杜甫詩(1)736~751年  53

杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73

杜甫詩(3)45歳 安史の乱に彷徨う 26

杜甫詩(4)757年、左拾遺 43

杜甫詩(5)758年47歳 左遷 53

杜甫詩(6)759年 三吏三別 44

杜甫詩(7)759年秦州詩 66

杜甫詩(8)759年同谷紀行、成都紀行36

杜甫詩(9)760年、49歳 成都 45

杜甫詩(10)761年、50歳 成都82

杜甫詩(11)762年蜀中転々43

杜甫詩(12)762年 蜀中転々 49

(13)763年蜀中転々 96

 (14)764 三月成都へ帰る 100

 (15)765年正月幕府を辞す 63

(16-1) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)80

(16-2) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)81

 

杜甫詩 (17-1)767年夔州・西閣・赤甲・瀼西132

杜甫詩 (17-2) 767年・瀼西・東屯 133

杜甫詩 (18)768年江陵・公安縣・岳州 78

杜甫詩 (19)769年・洞庭湖・潭州・衡州 78

杜甫詩 (20)770年・洞庭湖・潭州・衡州。27

杜甫詩 (21)洩れ分(未詳分)・散文

杜甫詩 全詩 総合案内 

●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている。花間集連載開始。

Ⅳブログ詩集

漢・唐・宋詞

花間集 訳注解説 (267)回目牛希濟巻五41臨江仙七首其六》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9268 (10/15)

  fc2

Blog

花間集 訳注解説 (238)回目毛文錫【字解集】a.虞美人二首 b.酒泉子 c.喜遷鶯 d.西溪子 e.中興樂 f.更漏子 g.接賢賓 h.贊浦子》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9037 (09/05)

 

 

 

10年のBLOGの集大成

 

●花間集全詩●森鴎外の小説の”魚玄機”詩、芸妓”薛濤”詩。唐から五代詩詞。花間集。玉臺新詠連載開始

.唐五代詞詩・女性

・玉臺新詠

玉-巻二40 王昭君辭一首并序  -#2 石崇 Ⅴ漢詩・六朝詩・文選・古詩源・唐宋詩詞漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 9220

LiveDoo

rBlog

玉集-019【字解集】  悼亡詩二首其三  Ⅴ漢詩・六朝詩・文選・古詩源・唐宋詩詞漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 9207

●薛濤の全詩

●花間集(1

●花間集(2

●花間集(3

●花間集(4

●花間集(5

●魚玄機全詩

●花間集(6

●花間集(7

●花間集(8

●花間集(9

●花間集10

Ⅵ唐代女性論         ninjaブログ

八、2.59 薛濤 《春郊游眺寄孫處士二首 其二 》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9277

 ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)

漢詩総合サイト 07ch

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

李白詩のサイト

古詩源

花間集案内

漢詩・唐詩・宋詩研究

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/

 

767-141#30 秋日夔府詠懷奉寄鄭監審李賓客之芳一百韻(卷一九(四)一六九九#30§10.-2注(1155)  Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9253

武昌へゆけば頭陀寺の碑に顧愷之のりっぱな絵画と王巾の碑文文字がほりつけてある、建康へゆけば顧愷之の画がずらりならんでいる。

そのあたりの寺寺ではたくさんの香が焚かれてくらくたてこめてあるであろう。さだめしいろいろのところで碧の草が芊芊としげっているであろう。

自分はやせぎすでからだがよわいのはしかたがないが、つまりは旅行をするには大勇猛心を発すのが大切なことだ。

これまで高僧から妙理を説ききかされて、お経にあるごとく金の箆で眼の膜を削ったようにすこしは迷妄がはれかけてはいるのだが、いかにせん、まだ鏡中の物象のような現象の世界をみて実在の世界と考えているようなことで兵の悟道の境地には達していないのである。(だからひとつ最後のチャンスという事で、大勇猛心をおこそうとおもうのである。)

紅葉001 

767-141§5-1 

  秋日夔府詠懷奉寄鄭監審李賓客之芳一百韻

(卷一九(四)一六九九)§8-1 #23

杜詩詳注巻19-41

全唐詩卷二三○ -#15

767年大暦256  (141) -

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の杜詩ブログ9204

 

秋日夔府詠懷奉寄鄭監審李賓客之芳一百韻(卷一九(四)一六九九)

§1-1 #1

塞烏蠻北,孤城白帝邊。飄零仍百里,消渴已三年。

雄劍鳴開匣,群書滿繫船。

§1-2 #2

亂離心不展,衰謝日蕭然。筋力妻孥問,菁華月遷。

登臨多物色,陶冶賴詩篇。』

§2-1 #3

峽束滄江起,巖排石樹圓。拂雲霾楚氣,朝海蹴天。

煮井為鹽速,燒畬度地偏。有時驚疊嶂,何處覓平川。

§2-2 #4

鸂鶒雙雙舞,獼猿壘壘懸。碧蘿長似帶,錦石小如錢。

春草何曾歇,寒花亦可憐。獵人吹戍火,野店引山泉。』

§3-1 #5

喚起搔頭急,扶行幾屐穿。兩京猶薄四海隨肩。

幕府初交辟,郎官幸備員。

§3-2 #6

瓜時猶旅寓,萍泛苦夤緣。藥餌虛狼藉,秋風灑靜便。

開襟驅瘴癘,明目掃雲煙。

§3-3 #7

高宴諸侯禮,佳人上客前。哀箏傷老大,華屋豔神仙。

開元曲,常時弟子傳。法歌聲變轉,滿座涕潺湲。』

§4-1 #8

弔影夔州僻,回腸杜曲煎。即今龍水,莫帶犬戎羶。

耿賈扶王室,蕭曹拱御筵。

§4-2 #9

乘威滅蜂蠆,戮力效鷹鸇。舊物森猶在,凶徒惡未悛。

國須行戰伐,人憶止戈鋋。

§4-3 #10

奴僕何知禮,恩榮錯與權。胡星一彗孛,黔首遂拘攣。

哀痛絲綸切,煩苛法令蠲。

§4-4 #11

業成陳始王,兆喜出於畋。宮禁經綸密,台階翊戴全。

熊羆載呂望,鴻雁美周宣。』

§5-1 #12

側聽中興主,長吟不世賢。音徽一柱數,道里下牢千。

鄭李光時論,文章並我先。陰何尚清省,沈宋欻聯翩。

§5-2 #13

律比崑崙竹,音知燥弦。風流俱善價,愜當久忘筌。

置驛常如此,登龍蓋有焉。雖云隔禮數,不敢墜周旋。

§5-3 #14

高視收人表,虛心味道玄。馬來皆汗血,鶴唳必青田。

羽翼商山起,蓬萊漢閣連。

§5-4 #15

管寧紗帽淨,江令錦袍鮮。東郡時題壁,南湖日扣舷。

遠遊凌境,佳句染華牋。

§6-1 #16

每欲孤飛去,徒為百慮牽。生涯已寥落,國步乃迍邅。

衾枕成蕪沒,池塘作棄捐。

§6-2 #17

別離憂怛怛,伏臘涕漣漣。露菊班豐鎬,秋蔬影澗瀍。

共誰論昔事,幾處有新阡。

§6-3 #18

富貴空迴首,喧爭懶著鞭。兵戈塵漠漠,江漢月娟娟。

局促看秋燕,蕭疏聽晚蟬。雕蟲蒙記憶,烹鯉問沈綿。』

§7-1 #19

卜羨君平杖,存子敬氈。囊虛把釵釧,米盡坼花鈿。

甘子陰涼葉,茅齋八九椽。

§7-2 #20

陣圖沙北岸,市瀼西羈絆心常折,棲遲病即痊。

紫收岷嶺芋,白種陸池蓮。

§7-3 #21

色好梨勝頰,穰多栗過拳。敕廚唯一味,求飽或三鱣。

兒去看魚苟,人來坐馬韉。

§7-4 #22

縛柴門窄窄,通竹溜涓涓。塹抵公畦稜,村依野廟壖。

缺籬將棘拒,倒石賴藤纏。』

§8-1 #23

借問頻朝謁,何如穩醉眠。誰云行不逮,自覺坐能堅。

霧雨銀章澀,馨香粉署妍。

§8-2 #24

紫鸞無近遠,黃雀任翩翾。困學違從眾,明公各勉旃。

聲華夾宸極,早晚到星躔。

§8-3 #25

懇諫留匡鼎,諸儒引服虔。不逢輸鯁直,會是正陶甄。

宵旰憂虞軫,黎元疾苦駢。雲臺終日畫,青簡為誰編。』

§9-1 #26

行路難何有,招尋興已專。由來具飛楫,暫擬控鳴弦。

身許雙峰寺,門求七祖禪。落帆追宿昔,衣褐向真詮。

§9-2 #27

安石名高晉,昭王客赴燕。途中非阮籍,上似張騫。

披拂雲寧在,淹留景不延。

§9-3 #28

風期終破浪,水怪莫飛涎。他日辭神女,傷春怯杜鵑。

淡交隨聚散,澤國繞迴旋。

§10-1 #29

本自依迦葉,何曾藉偓佺。爐峰生轉眄,橘井尚高褰。

東走窮歸鶴,南征盡跕鳶。晚聞多妙教,卒踐塞前愆。

§10-2 #30

顧愷丹青列,頭陀琬琰鐫。眾香深黯黯,幾地肅芊芊。

勇猛為心極,清羸任體孱。金篦空刮眼,鏡象未離銓。


 

作時年:

767

大暦2

56

全唐詩

卷二三○ -#12

文體:

五言古詩

杜詩詳注

19-41

§2-2 -#12

詩題:

秋日夔府詠懷奉寄鄭監審李賓客之芳一百韻(卷一九(四)一六九九)

序文

【鄭審官祕書少監,時謫貶江陵,李之芳留吐蕃歸,拜禮部尚書,改太子賓客。】

作地點:

奉節(山南東道 / 夔州 / 奉節)

及地點:

夔州 (山南東道 夔州 夔州別名:夔府、信州

白帝城 (山南東道 夔州 奉節別名:白帝、白帝樓、公孫城

興慶宮 (京畿道 京兆府 長安別名:南

杜曲 (京畿道 京兆府 杜曲)

 

下牢鎮 (山南東道 峽州 下牢鎮)

 

崑崙山 (隴右道東部 肅州 崑崙山)

 

青田 (劍南道北部 括州 青田)

 

商山 (山南東道 商州 商州別名:南山、地肺山、楚山、商顏

 

天祿閣 (京畿道 京兆府 長安別名:漢閣

 

夷陵 (山南東道 峽州 夷陵別名:東郡、彝陵

 

岷山 (劍南道北部 茂州 岷山別名:西山、汶山

 

雲臺 (京畿道 京兆府 長安)

 

香爐峰 (江南西道 江州 廬山別名:鑪峰、爐峰

 

橘井 (江南西道 郴州 馬嶺山)

 

 

交遊人物:

鄭審

書信往來(江南西道 袁州 袁州)

李之芳

書信往來

 

長江三峡 

§9-1 #26

行路難何有,招尋興已專。

自分は今、行路の難などは問題があることなどない、もはや隠者でも尋ねてあるこうという興味だけが専一のことになっている。

由來具飛楫,暫擬控鳴弦。

もとから快船の楫はすっかりそなえ、準備完了した、ちょうど、弓づるを鳴らして盗難の予防でもして、でかけようとまちかまえている。

身許雙峰寺,門求七祖禪。

我が身は双峰寺でもたずねることにきめているし、教えの門は七祖の禅宗を求めようとおもう。

落帆追宿昔,衣褐向真詮。

少壮時代のあとを追うて江湖に泊り舟の帆をおろし、粗衣をきながら仏法の真理に向かおうとおもう。

§9-2 #27

安石名高晉,昭王客赴燕。

鄭君は晋の時、名の高い謝安石のようだし、李君は燕の昭王の如く多くの賓客がそのいる処に赴きあつまる。

途中非阮籍,上似張騫。

自分は慟哭して涕をながしていることは、張騫のようだが、今や行く途のゆきづまった阮籍とはわけがちがうのである。

披拂雲寧在,淹留景不延。

自分のゆくてには青天が開かれて雲なんぞは在りえない。ここにとどこおっている時間も決して長くはない。

§9-3 #28

風期終破浪,水怪莫飛涎。

自分は長風の吹くのを待ちうけてあくまで万里の浪を破ろう、自分の前には水中の怪物も涎を飛ばすことはない。

他日辭神女,傷春怯杜鵑。

杜鵑がなきたてて春の心を傷ましめられるのはたまらなくこわい、後日きっと自分はここの神女廟からたち去るつもりだ。

淡交隨聚散,澤國繞迴旋。

夔州の人々との交際は、集まり散ずるのに任せる因縁次第として、自分は江湖の地方をめぐってたちまわろうと思っているのである。

 

§9-1 #26

行路は難きこと何か有らん、招尋は興己に専らなり。

由来 飛楫を具え、暫く鳴弦を控かんと擬す。

身は許す 双峰寺、門は求む 七祖禅。

帆を落して 宿昔を追い、褐を衣て 真詮に向かわん。

§9-2 #27

安石 名は晋に高く、昭王 客は燕に赴く。

途中 阮籍に非ず、査上 張虔に似たり。

披払すれば 雲 寧ぞ在らん、滝留するも 景 延びず。

§9-3 #28

風期には 終に浪を破らん、水怪は 涎を飛ばす莫かれ。

他日 神女を辞せん、傷春 杜鵜を怯る。

淡交 随いて聚散し、沢国繞りて廻旋せん。

 

§10-1 #29

本自依迦葉,何曾藉偓佺。

自分は本から、大迦葉の教えにより、仏法に帰依するものであって慢性のような神仙の教えによったことはないのだ。

爐峰生轉眄,橘井尚高褰。

これから出だせばみるみるうちに香炉峰があらわれるだろう。蘇耽の橋井も高いところにあらわれている。

東走窮歸鶴,南征盡跕鳶。

東に走っては遼東の帰鶴をきわめ、南にいっては馬援が鳶が暑さのために堕ちてきたという地方までゆきつくそう。

晚聞多妙教,卒踐塞前愆。

自分は晩年に多く仏教の妙理をき学んだ。その説くところの教えをふみ行って過去のあやまちの責めをふさごうと思うのだ。

§10-2 #30

顧愷丹青列,頭陀琬琰鐫。

武昌へゆけば頭陀寺の碑に顧愷之のりっぱな絵画と王巾の碑文文字がほりつけてある、建康へゆけば顧愷之の画がずらりならんでいる。

眾香深黯黯,幾地肅芊芊。

そのあたりの寺寺ではたくさんの香が焚かれてくらくたてこめてあるであろう。さだめしいろいろのところで碧の草が芊芊としげっているであろう。

勇猛為心極,清羸任體孱。

自分はやせぎすでからだがよわいのはしかたがないが、つまりは旅行をするには大勇猛心を発すのが大切なことだ。

金篦空刮眼,鏡象未離銓。

これまで高僧から妙理を説ききかされて、お経にあるごとく金の箆で眼の膜を削ったようにすこしは迷妄がはれかけてはいるのだが、いかにせん、まだ鏡中の物象のような現象の世界をみて実在の世界と考えているようなことで兵の悟道の境地には達していないのである。(だからひとつ最後のチャンスという事で、大勇猛心をおこそうとおもうのである。)

§10-1 #29

本自 迦葉に依る、何ぞ曾て偓佺に籍らん。

炉峰 轉眄に生じ、橘井 尚お高く褰げん。

東に走りて 帰鶴を窮め、南に征きて 跕鳶を尽くさん。

晩に聞きて 妙教多く、卒に践みて 前恵を塞がん。

§10-2 #30

顧愷 丹青 列なり、頭陀 琰鐫として琬る。

衆香 深くして 黯黯、幾地か 粛として芊芊。

勇猛を心の極と為し、清羸もて 体の孱きに任す。

金篦もて 空しく眼を刮るも、鏡象 末だ銓を離れず。

 

 

《秋日夔府詠懷奉寄鄭監審李賓客之芳一百韻》現代語訳と訳註解説
(
本文)
 
§10-2 #30

顧愷丹青列,頭陀琬琰鐫。

眾香深黯黯,幾地肅芊芊。

勇猛為心極,清羸任體孱。

金篦空刮眼,鏡象未離銓。

 

(下し文)
§10-2 #30

顧愷 丹青 列なり、頭陀 琰鐫として琬る。

衆香 深くして 黯黯、幾地か 粛として芊芊。

勇猛を心の極と為し、清羸もて 体の孱きに任す。

金篦もて 空しく眼を刮るも、鏡象 末だ銓を離れず。

 

(現代語訳)

武昌へゆけば頭陀寺の碑に顧愷之のりっぱな絵画と王巾の碑文文字がほりつけてある、建康へゆけば顧愷之の画がずらりならんでいる。

そのあたりの寺寺ではたくさんの香が焚かれてくらくたてこめてあるであろう。さだめしいろいろのところで碧の草が芊芊としげっているであろう。

自分はやせぎすでからだがよわいのはしかたがないが、つまりは旅行をするには大勇猛心を発すのが大切なことだ。

これまで高僧から妙理を説ききかされて、お経にあるごとく金の箆で眼の膜を削ったようにすこしは迷妄がはれかけてはいるのだが、いかにせん、まだ鏡中の物象のような現象の世界をみて実在の世界と考えているようなことで兵の悟道の境地には達していないのである。(だからひとつ最後のチャンスという事で、大勇猛心をおこそうとおもうのである。)

 

(訳注)

秋日夔府詠懷奉寄鄭監審李賓客之芳一百韻(卷一九(四)一六九九)

1.題意(昔から交際のあった鄭審と李之芳に、思い起こすこと、現状分析、これからの事など感慨を述べて寄せたもの)

 

§10-2 #30

顧愷丹青列,頭陀琬琰鐫。

武昌へゆけば頭陀寺の碑に顧愷之のりっぱな絵画と王巾の碑文文字がほりつけてある、建康へゆけば顧愷之の画がずらりならんでいる。

231. 顧愷丹青列 顧愷之(348409)の絵がたくさん並んでいる。「丹青」は丹と青の絵の具、転じて絵画。顧愷之は六朝時代を代表する画家で、建康(南京)の瓦官寺に維摩詰の壁画を描いたことは有名。

232.  頭陀琬琰鐫 頭陀寺には、王巾の碑文が美しく彫られている。「頭陀寺」は郡州(湖北省武漢市)にあった寺。「碗攻」は美玉、ここでは文字の美しさをいう。「錦」は石に彫る。王巾(「巾」は一説に「中」。?〜五〇五)が作ったこの「頭陀寺碑文」は、『文選』巻五九所収。

 

眾香深黯黯,幾地肅芊芊。

そのあたりの寺寺ではたくさんの香が焚かれてくらくたてこめてあるであろう。さだめしいろいろのところで碧の草が芊芊としげっているであろう。

233. 衆香 寺に立ちこめる香の煙。

234. 黙射 光が弱いさま。ここでは香の煙が立ちこめるさま。

235. 幾地 いくつもの場所。行く先々。

236. 粛芊芊 おごそかに緑に茂る。寺院の境内なので、草の緑も俗気を絶っておごそかに目に映る。西晋・潘岳の「籍田の賦」(『文選』巻七)に「碧色は粛として其れ芊芊たり」。李善注に「芊芊は碧なる貌」。

 

勇猛為心極,清羸任體孱。

自分はやせぎすでからだがよわいのはしかたがないが、つまりは旅行をするには大勇猛心を発すのが大切なことだ。

237. 勇猛焦心極 勇猛心(仏法を求める心)を信念(心極)とする。

238. 清羸 痩せた体格。痩せぎす。

239. 體孱 体が弱い。「孱」は孱弱、弱いこと。

 

金篦空刮眼,鏡象未離銓。

これまで高僧から妙理を説ききかされて、お経にあるごとく金の箆で眼の膜を削ったようにすこしは迷妄がはれかけてはいるのだが、いかにせん、まだ鏡中の物象のような現象の世界をみて実在の世界と考えているようなことで兵の悟道の境地には達していないのである。(だからひとつ最後のチャンスという事で、大勇猛心をおこそうとおもうのである。)

240. 金篦 眼の治療のために用いられた箆。仏教では、煩悩を払いのける比喩とする。『大般捏築経』巻八に「盲目の者が眼を治療するために良医にかかったならば、良医はただちに金箆を用いて眼の膜を切開し、指を一本示して、これが見えるかと尋ねるだろう」。

241. 鏡象 鏡に写った虚像。悟らぬ者が見る世界の姿。

242. 離銓 俗世の知恵を離れる。悟りの境地に入る。「銓」は錠衡、竿秤で量る。転じて、俗世の知恵を用いること。