767-230   昔遊-#3(卷二○(四)一七九五)注(1247)

 

 


2018311

の紀頌之"6"つの校注Blog

口號王美人半醉

毛頴傳§5-2〔#14

昔遊-#3

孫光憲 河傳四首其二

#9 秋胡詩一首〔顏延之〕

(1) 《項羽と虞美人》

李白詩

韓愈詩

杜甫詩

花間集

玉臺新詠

古代史女性論

 

 

2018311

の紀頌之"6"つの校注Blog

10年のBLOGの集大成

   李白総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」。、現在、①李白集校注詩全詩、②昌黎先生集全40巻他全詩、③杜詩詳注、④花間集、⑤玉臺新詠、⑥薛濤詩 全訳注解説

Ⅰ李白詩(李白集校注)      LiveDoor

748年-2《同王送杜秀芝舉入京(卷十八(二)一○六四)》漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之の李白詩訳注解説Blog 10261

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注      LiveDoor

807年-06元和二年40歳《5.【字解集】》〔毛頴傳〕Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog10255

Ⅲ 杜詩詳注                  LiveDoor

767年-230 昔遊-#3(卷二○(四)一七九五)注(1247)昔謁華蓋君 Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10256

杜甫詩 全詩 総合案内 

Ⅳブログ詩集漢・唐・宋詞  fc2Blog

花間集 訳注解説 (393)回目《孫光憲巻七50河傳四首其四》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10285 (03/10)

.唐五代詞詩・女性・玉臺新詠     Livedoor

玉臺・巻4•2-2 -#9 秋胡詩一首(高張生絶絃)〔顏延之〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10258

Ⅵ唐代女性論ブログ唐代女性論

(1)中国史・女性論 《項羽と虞美人》漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10252

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

李白詩のサイト

古詩源

花間集案内

漢詩・唐詩・宋詩研究

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/


  

767-230   昔遊-#3(卷二○(四)一七九五)注(1247)昔謁華蓋君 Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10256

翌朝はやく、溪川のそばをとおると、水は流れがはやく、心地良く音を立てているにもかかわらずそれがむなしく感じ、昨日あるいた同じ道を、今は戻り路として帰るのである。

青鞋布韈のすがたで、足にたこができることくらいは、何の問題もないが、うらめしくながめやられるのは道士の金匕で盛る仙薬が手に入ればいいと思うことである。

だから、おもいきって以前隠遁したところである東蒙山の隠處へと再び赴こうと思う。というのも、いまだに記憶にあるのは、あのころの同志の人人と楽しい思いをしたことがあるからである。

それに、あの時は董先生にお仕えをして慶びを感じたものだが、今では音信もなく、自分ひとりが蕭蕭としてさびしいことになっているのである。 

 

 

 

 

杜甫    《東屯の詩》 (7

 

 

昔遊二首 其一

昔謁華蓋君,深求洞宮。玉棺已上天,白日亦寂寞。

暮升艮岑頂,巾几猶未卻。弟子四五人,入來淚俱落。

#2

餘時游名山,發軔在遠壑。良覿違夙願,含淒向寥廓。

林昏罷幽磬,竟夜伏石閣。王喬下天壇,微月映皓鶴。

#3

晨溪向虛駃,歸徑行已昨。豈辭青鞋胝,悵望金匕藥。

東蒙赴舊隱,尚憶同志樂。休事董先生,於今獨蕭索。

#4

胡爲客關塞,道意久衰薄。妻子亦何人,丹砂負前諾。

雖悲鬒發變,未憂觔力弱。扶藜望清秋,有興入廬霍。

昔遊二首 其二

昔者與高李,晚登單父臺。寒蕪際碣石,萬里風雲來。

桑柘葉如雨,飛藿去裴回。清霜大澤凍,禽獸有餘哀。

是時倉廩實,洞達寰區開。猛士思滅胡,將帥望三台。

君王無所惜,駕馭英雄材。幽燕盛用武,供給亦勞哉。

門轉粟帛,泛海陵蓬萊。肉食三十萬,獵射起黃埃。

隔河憶長眺,青已摧不及少年日,無復故人杯。

賦詩獨流涕,亂世想賢才。有能市駿骨,莫恨少龍媒。

商山議得失,蜀主嫌猜。呂尚封國邑,傳已鹽梅。

景晏楚山深,水鶴去低回。龐公任本性,攜子臥蒼苔。


 

767-0168

  昔遊(卷二(四)一七九五)

杜詩詳注卷二○(四)一七九五

全唐詩卷二一八-03

 (杜少陵集 巻20-87)訳注 1247

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の杜詩ブログ10235

 

其一: #1

(儒家の杜甫が、二十歳のころ、道教本山のある王屋山、東蒙山に遊び、仙道を求めたことがあったと追憶した詩)

昔謁華蓋君,深求洞宮

昔、自分は華蓋君という道士に謁することがあった、それは、深く洞宮の根元、道教「道」を求めようしたことのである。

玉棺已上天,白日亦寂寞。

ところが、その華蓋君という道士は、死んで後漢王喬の故事のように玉棺は天にのぼってしまったので、白日の光も寂しげに見えた。

暮升艮岑頂,巾幾猶未卻。

そして、その道士を思い、ひぐれに東北の峰の頂に登ったところ、天壇のようなところに、その道士の用いていた頭巾や脇息はまだそのままにおいであった。

弟子四五人,入來淚俱落。

そこへ華蓋君の弟子、盧老たち四五人が、天壇のようなところ白茅室に入ってきて、皆が涙を落した。

#2

餘時游名山,發軔在遠壑。

自分はそのころ天下の名山に遊學することにして巡り歩いていたのである、まず最初の出かけたのは、黄河の怒涛を渡って、すこし北方の遠方の隠遁者の棲んでいる谷の方まで出掛けたのである。

良覿違夙願,含淒向寥廓。

それに崇敬する道士とのよい面会を得ようというかねてからの願が、道士の死でかなわなかったので、かなしさを心にいだいて寥廓たる天にうち向うことしかできなかったのであった。

林昏罷幽磬,竟夜伏石閣。

そして、その日は、林は昏くなってかすかな磬石も鳴らされず静かなもので、自分は夜もすがら石閣にひれ伏すことができたのである。

王喬下天壇,微月映皓鶴。

そんなおり、王子喬ではないかとおもわれる仙人が天壇へおりてこられた。かすかな月光であるのに、彼の乗ってきた白い鶴ははっきりと映ろうでいた。

#3

晨溪向虛駃,歸徑行已昨。

翌朝はやく、溪川のそばをとおると、水は流れがはやく、心地良く音を立てているにもかかわらずそれがむなしく感じ、昨日あるいた同じ道を、今は戻り路として帰るのである。

豈辭青鞋胝,悵望金匕藥。

青鞋布韈のすがたで、足にたこができることくらいは、何の問題もないが、うらめしくながめやられるのは道士の金匕で盛る仙薬が手に入ればいいと思うことである。

東蒙赴舊隱,尚憶同志樂。

だから、おもいきって以前隠遁したところである東蒙山の隠處へと再び赴こうと思う。というのも、いまだに記憶にあるのは、あのころの同志の人人と楽しい思いをしたことがあるからである。

休事董先生,於今獨蕭索。

それに、あの時は董先生にお仕えをして慶びを感じたものだが、今では音信もなく、自分ひとりが蕭蕭としてさびしいことになっているのである。 

#4

胡爲客關塞,道意久衰薄。

妻子亦何人,丹砂負前諾。

雖悲鬒發變,未憂觔力弱。

扶藜望清秋,有興入廬霍。

 

 

(昔遊二首其一)#1

昔 華蓋君に謁して,深く洞宮の求めんとす。

玉棺 已に天に上り,白日 亦た寂寞たり。

暮に升る 艮岑【ごんしん】の頂,巾几【きんき】猶お未だ卻【しりぞ】けられず。

弟子 四五人,入り來って 淚 俱に落つ。

#2

余 時に名山に遊ばんとし,發軔【はつじん】遠壑に在り。

良覿【りょうてき】夙願【しゅくがん】違う,含淒 寥廓【りょうかく】に向う。

林 昏くして幽磬【ゆうけい】罷む,竟夜 石閣に伏す。

王喬 天壇に下り,微月 皓鶴に映ず。

#3

晨溪 嚮【ひびき】虛しく駃【はや】し,歸徑 行 已に昨なり。

豈に辭せんや 青鞋【せいあい】の胝【ち】,悵望す 金匕の藥。

東蒙 舊隱に赴く,尚お憶う 同志の樂しかりしことを。

休事す 董先生,今に於て 獨り 蕭索たり。

#4

胡為れぞ 關塞に客となりて,道意 久して衰薄なるや。

妻子 亦た何人ぞ,丹砂 前諾に負く。

鬒髮の變を悲しむと雖も,未だ筋力の弱きことを憂えず。

藜を扶けて 清秋に望み,興の廬霍み入らんとする有り。

 

 

『昔遊二首其一』 現代語訳と訳註解説
(
本文)

昔遊二首其一 #3

晨溪嚮虛駃,歸徑行已昨。

豈辭青鞋胝,悵望金匕藥。

東蒙赴舊隱,尚憶同志樂。

休事董先生,於今獨蕭索。

 

(下し文)
昔遊二首其一 #3

晨溪 嚮き虛しく駃,歸徑 行 已に昨なり。

豈に辭せんや 青鞋の胝,悵望す 金匕の藥。

東蒙 舊隱に赴むけば,尚お 憶う 同志の樂かりりしことを。

休事す 董先生,今に於て 獨り 蕭索たり。

(現代語訳)
翌朝はやく、溪川のそばをとおると、水は流れがはやく、心地良く音を立てているにもかかわらずそれがむなしく感じ、昨日あるいた同じ道を、今は戻り路として帰るのである。

青鞋布韈のすがたで、足にたこができることくらいは、何の問題もないが、うらめしくながめやられるのは道士の金匕で盛る仙薬が手に入ればいいと思うことである。

だから、おもいきって以前隠遁したところである東蒙山の隠處へと再び赴こうと思う。というのも、いまだに記憶にあるのは、あのころの同志の人人と楽しい思いをしたことがあるからである。

それに、あの時は董先生にお仕えをして慶びを感じたものだが、今では音信もなく、自分ひとりが蕭蕭としてさびしいことになっているのである。 


(訳注) #3

昔遊二首其一

(儒家の杜甫が、二十歳のころ、道教本山のある王屋山、東蒙山に遊び、仙道を求めたことがあったと追憶した詩)

杜甫1920歳のころのことを追憶した767年大曆二年56、夔州での作。766年の《巻1513 昔遊》を昔遊二首其二(744年 天宝3載 33歳のころ)として整理する。

16-16昔遊〔二首之二〕》昔遊

昔者與高李,晚登單父臺。寒蕪際碣石,萬里風雲來。

桑柘葉如雨,飛藿去裴回。清霜大澤凍,禽獸有餘哀。

 

晨溪嚮虛駃,歸徑行已昨。

翌朝はやく、溪川のそばをとおると、水は流れがはやく、心地良く音を立てているにもかかわらずそれがむなしく感じ、昨日あるいた同じ道を、今は戻り路として帰るのである。

25. 虛駃 川の水が心地よく流れ、心地良く音を立てているにもかかわらずそれがむなしく感じていることをいう。駃:駿馬の名。馬が速く走る行く。はやい、快とおなじ。「駃雨」:心地良く降る雨。駃流:はやいながれ。

26. 行已昨 「昨已行」、今帰える路は、既に昨日、往きすすんだ道である。

 

豈辭青鞋胝,悵望金匕藥。

青鞋布韈のすがたで、足にたこができることくらいは、何の問題もないが、うらめしくながめやられるのは道士の金匕で盛る仙薬が手に入ればいいと思うことである。

27. 青鞋胝 旅をするときに着る服装のこと。胝は足の皮が厚くなること。「青鞋布韈」「青鞋」はわらじのこと、「布韈」は脛を保護するために巻く布製の脚半のこと。

28. 金匕藥 金丹、丹沙を修業した道士はさじではかって調合し、不老不死の薬を作ることをいう。

 

東蒙赴舊隱,尚憶同志樂。

だから、おもいきって以前隠遁したところである東蒙山の隠處へと再び赴こうと思う。というのも、いまだに記憶にあるのは、あのころの同志の人人と楽しい思いをしたことがあるからである。

29. 東蒙 (河南道 沂州 蒙山別名:蒙山。現山東省沂州府蒙陰縣の西南にある山。

30. 舊隱 旧時の隠遁地、以前隠遁したところに再び隠遁する。

31. 同志樂 蘇源明などであるが、自然と一体化する道士については、形跡を残さないので名前は不明。

 

休事董先生,於今獨蕭索。

それに、あの時は董先生にお仕えをして慶びを感じたものだが、今では音信もなく、自分ひとりが蕭蕭としてさびしいことになっているのである。 

32. 休事 仕えることを慶ぶ。休は慶。

33. 董先生 道士の先生。

34. 蕭索 さびしいさま。