漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩 杜甫詳注1500

杜甫の詩をあまり知られていないものも取り上げる予定。約1500首。(杜詩詳注・全唐詩・杜甫詩 総合案内時系列に整理した)青春期遊学から長安を中心に就職活動の10年、やっと就職できたら、安史の乱、騒乱の中で自分の生きる道を求めて苦悩、騒乱のない地方へ逃避紀行、成都浣花渓草堂、騒乱回避、夔州寓居、そして漂白の旅。 ブログも2011年~2018年の計画で掲載進行中。。。都合、3往復、とらえ方を変えて掲載していく、2022年ごろ完成する予定である。(ここでは、訓読み下し分にできるだけルビをふりません。漢字の雰囲気で読んでほしいからで、また、意味、読みはすぐわかるようになります。)

杜甫の詩 誠実な詩人特集。2011・11月『士官がきまった。~安禄山の叛乱』期の詩。2011年12月は『反乱軍に捕まる。軟禁状態での詩』2012.1月は『反乱軍からの脱出劇、朝廷に到着・・・・』。2012.2月粛宗に許可をもらって家族を迎えに「北征」紀行を中心に掲載していきます。2012.3月は、朝廷での疎外感、やるせなさが伝わる詩です。2012.4月華州へ左遷、2012.5月三吏三別。秦州抒情9月、同谷紀行11月、成都紀行12月、2013.3現在、成都浣花渓の草堂、2013.12蜀中転々からふたたび成都草堂へ(杜甫全詩の約半分を掲載)・・・・・・そして成都を後にして、夔州へ、(2/3掲載)ここで人生の1/3の量の詩を書く。漂白の旅。紀行。杜甫の苦悩の内容的な変化、様子がよくわかります。
都合、3往復、とらえ方を変えて掲載していく、2022年ごろ完成する予定である。
このブログ以外にも、李白1000首、李商隠150首、韓愈全詩・韓愈グループ、などは別のブログで掲載中 kanbuniinkai 検索で、いろんな漢文委員会HP,ブログ を今までの漢詩紹介とは違っています。
中華書局 発行 杜詩詳注 を基本に訳注解説しています。
杜甫詩の概要目録につては、http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/details1.html 参照。

左拾位での詩(2)

「月」 杜甫 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 杜甫特集700- 186

「月」 杜甫 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 杜甫特集700- 186
鳳翔にあって月をみてよんだ。蓋し至徳二載七月の作。

moon3401

天上秋期近,人間月影清。
天上の星の動きでは、秋のあるべきことが時と共に近づいている、人の間でも秋の変化が感じられ、月のひかりが清らかにみえるようになった。
入河蟾不沒,搗藥兔長生。
天の川の中へと月のひきがえるが入り込むがそのなかにかくれられはしない。 月の世界では兎が不老長寿の媚薬、仙薬を搗いていて、いつまでも生きていている。 
只益丹心苦,能添白發明。
只だこの月の光の冴えはただ自分の心の真っ赤に燃える中心を苦しみをますものであり、このようにあかるければ、ただでさえ見える白髪のあかるさを一層あかるくしてめだてさせてくれるのである。 
干戈知滿地,休照國西營。
盾と矛戈によって兵乱はどこでも繰り広げられている。だからお月さまも国西にあたるこの鳳翔の軍営は遠慮して照らさぬ様にしてもらいたい。(若し明るく照らせば軍兵士もわたしと同じように悲しみを隠すことができないであろうとおもう。

天上秋期近く、人間 月影 清し。
河に入りて 蟾 没せず、薬を搗いて 兔長 生す。
只だ丹心の苦しきを益す、能く白髪の明なるを添う。
干戈 知る 満地、国西の営を照らすことを休めよ。

tsuki001


「月」 現代語訳と訳註
(本文)

天上秋期近,人間月影清。
入河蟾不沒,搗藥兔長生。
只益丹心苦,能添白發明。
干戈知滿地,休照國西營。

(下し文)
天上秋期近く、人間 月影 清し。
河に入りて 蟾 没せず、薬を搗いて 兔長 生す。
只だ丹心の苦しきを益す、能く白髪の明なるを添う。
干戈 知る 満地、国西の営を照らすことを休めよ。


(現代語訳)
天上の星の動きでは、秋のあるべきことが時と共に近づいている、人の間でも秋の変化が感じられ、月のひかりが清らかにみえるようになった。
天の川の中へと月のひきがえるが入り込むがそのなかにかくれられはしない。 月の世界では兎が不老長寿の媚薬、仙薬を搗いていて、いつまでも生きていている。 
只だこの月の光の冴えはただ自分の心の真っ赤に燃える中心を苦しみをますものであり、このようにあかるければ、ただでさえ見える白髪のあかるさを一層あかるくしてめだてさせてくれるのである。 
盾と矛戈によって兵乱はどこでも繰り広げられている。だからお月さまも国西にあたるこの鳳翔の軍営は遠慮して照らさぬ様にしてもらいたい。(若し明るく照らせば軍兵士もわたしと同じように悲しみを隠すことができないであろうとおもう。 

(訳注)
天上秋期近,人間月影清。

天上の星の動きでは、秋のあるべきことが時と共に近づいている、人の間でも秋の変化が感じられ、月のひかりが清らかにみえるようになった
天上:人間  秋期:月影  近:清。


入河蟾不沒,搗藥兔長生。
天の川の中へと月のひきがえるが入り込むがそのなかにかくれられはしない。 月の世界では兎が不老長寿の媚薬、仙薬を搗いていて、いつまでも生きていている。 
〇入 河はあまのがわ。○涼蟾 秋の月をいう。月のなかには蟾蜍(ひきがえる)がいると考えられたことから、「蟾」は月の別称に用いられる。河内詩二首 李商隠 紀頌之の漢詩ブログ李商隠特集150- 126『燕臺詩四首 其三』燕臺詩四首 其四 冬#1 李商隠134 紀頌之の漢詩ブログ李商隠特集150- 134-1 柳 李商隠李商隠 7 無題(颯颯東風細雨來)○搗薬 月の中には兎がいて薬をつくと考えられていた。月中には桂の樹があり、また兎がすむと伝説される。兎は、愛の妙薬を臼でついている。月の影の部分。陰暦の十六日の月。新月前後のかすかな光。月の欠けるのは蛙が食べているという伝説もある。


只益丹心苦,能添白發明。
只だこの月の光の冴えはただ自分の心の真っ赤に燃える中心を苦しみをますものであり、このようにあかるければ、ただでさえ見える白髪のあかるさを一層あかるくしてめだてさせてくれるのである。 
丹心苦 中心の苦しみ。 ○白髪明 しらががはっきりみえること。


干戈知滿地,休照國西營。
盾と矛戈によって兵乱はどこでも繰り広げられている。だからお月さまも国西にあたるこの鳳翔の軍営は遠慮して照らさぬ様にしてもらいたい。(若し明るく照らせば軍兵士もわたしと同じように悲しみを隠すことができないであろうとおもう。 
干戈 たで、ほこ、兵乱をいう。○満地 世間いっぱいに。休○休照 若し営を照らすならば軍士はみな月を見て帰家の念を起して悲しむであろう、故に「照らすことをやめよ」という。此の詩は一々たとえとして時事にひきつけてとく解があるが、今は取らぬ。○国西営 国とは国都長安をいい、国西とは鳳翔をさしていう、営は屯兵の合。


杜甫の詩に白髪の語が多く使われ始めた初めのころのものである。これまでは「二毛」という表現であった。
得家書 #1 杜甫 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 杜甫特集700- 181
751年の作。『樂遊園歌』杜甫において初めて「白髪」を使っているがこの時4~5本の白髪といっているのである。それから756年「二毛」になる。そして757年秋7月にはただ「白発」に変わっている。そしてさらに変化していく。それは、漢を辞して華州、秦州へと紀行を始める前後からの心痛により「白髪」が一気に増加していくのである。


blogram投票ボタン

毎日それぞれ一首(長詩の場合一部分割掲載)kanbuniinkai紀 頌之の漢詩3ブログ
05rihakushi350

李白詩350首kanbuniinkai紀頌之のブログ

700Toho shi

kanbuniinkai11の頌之漢詩 杜甫詩700首


800tousouSenshu
kanbuniinkai10 頌之の漢詩 唐宋詩人選集 Ⅰ李商隠150首



burogutitl770
http://kanshi100x100.blog.fc2.com/


得家書 #2 杜甫 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 杜甫特集700- 182

得家書 #2 杜甫 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 杜甫特集700- 182

(家書を得たり)


「得家書」の詩は、安否問いあわせの手紙を出したのち、家族の方より返事を得て作った詩である。杜甫は鳳翔に逃げてきて3か月たっていた。製作時は至徳二載の秋七月、757 46歳である。

#1で、家族は他郷とはいえやっぱりもとの住居にそのまま居た。それに、長男の熊児は幸にも無事であり、小さい次男の驥子もぶじで、最もかわいそうにおもうのだ。

sas0032



1

去憑遊客寄,來為附家書。今日知消息,他且舊居;

熊兒幸無恙,驥子最憐渠。臨老羈孤極,傷時會合疏。』


#2

二毛趨帳殿,一命待鸞輿。

わたしはこの白髪まじりの頭で行在所の御殿に参上した、左拾遺を命ぜられ、最初の命を拝して天子の御乗りものの御そばで侍っている。

北闕妖氛滿,西郊白露初。

長安の北闕では安慶緒等叛乱軍の悪気が充満しており、ここの西郊の鳳翔あたりでは、早くも白露が降りそめた。

涼風新過雁,秋雨欲生魚。

すずく冷たい風が吹き初め、初雁もとおりすぎた、秋の長雨も降りつづいて魚が湧き出してこようとしている。

農事空山裡,眷言終荷鋤。』

家族のいる鄜州はさびしい山中ではあるが冬になる前の農事もあるのだ、自分の心はどうもそちらへとひかれる、わたしは結局山の中での人間となって鋤を荷いたりして人生を終わりたいのだ。

#1

去るは遊客に憑りて寄す来るは家書を附するが為なり

今日消息を知る 他郷なるも且つ旧居なり

熊児は幸に無し 驥子最もを憐む

老に臨みて孤極まる 時を傷みて会合疎なり』

2

二毛帳殿に趨し  一命鸞輿に侍す

北闕妖気満つ   西郊白露の初

涼風新に過雁   秋雨魚を生ぜんと欲す

農事空山の裡   みて言に終に鋤を荷わん』




得家書 現代語訳と訳註

(本文) 2

二毛趨帳殿,一命待鸞輿。

北闕妖氛滿,西郊白露初。

涼風新過雁,秋雨欲生魚。

秋雨欲生魚,眷言終荷鋤。』



(下し文) 2

二毛帳殿に趨し  一命鸞輿に侍す

北闕妖気満つ   西郊白露の初

涼風新に過雁   秋雨魚を生ぜんと欲す

農事空山の裡   みて言に終に鋤を荷わん』




(現代語訳) (家書を得たり)2

わたしはこの白髪まじりの頭で行在所の御殿に参上した、左拾遺を命ぜられ、最初の命を拝して天子の御乗りものの御そばで侍っている。

長安の北闕では安慶緒等叛乱軍の悪気が充満しており、ここの西郊の鳳翔あたりでは、早くも白露が降りそめた。

すずく冷たい風が吹き初め、初雁もとおりすぎた、秋の長雨も降りつづいて魚が湧き出してこようとしている。

家族のいる鄜州はさびしい山中ではあるが冬になる前の農事もあるのだ、自分の心はどうもそちらへとひかれる、わたしは結局山の中での人間となって鋤を荷いたりして人生を終わりたいのだ。

(訳注) #2

二毛趨帳殿,一命待鸞輿。

わたしはこの白髪まじりの頭で行在所の御殿に参上した、左拾遺を命ぜられ、最初の命を拝して天子の御乗りものの御そばで侍っている。

〇二毛 頭髪に黒白二種の毛のあることをいう、老境のこと。○趨 参上おもむく。○帳殿 でんとばりの御殿、粛宗のいる行在所の御殿。〇一命 天子より最初の任官の命を蒙る、左拾遺に任ぜられたことをさす。○鸞輿 鸞はみな鈴をいう。鈴のついたおみこし、天子のお乗りもの。


北闕妖氛滿,西郊白露初。

長安の北闕では安慶緒等叛乱軍の悪気が充満しており、ここの西郊の鳳翔あたりでは、早くも白露が降りそめた。

○北開 長安の北門の小門をいう。長安の北門から入城したためをいうのであろう。○妖気 悪い気、兵乱の気。安慶緒の勢いのさかんなことをいう。親殺しのことを言い、残忍さを言う。○西郊 王城の西方の野外をいう、中国の古礼には王者たるものは立秋には秋の気を西郊に迎えるということがあるが、ここは長安に対して鳳翔の地をいう。水の流れは東流するものであるように西から変化が訪れることを暗示している。○白露初 初めて白露の降るころ。秋風は西風、川の、水の流れと同じである。此の句及び次の「涼風」の句により、此の詩の作られた時が七月であることを知ることができる。


涼風新過雁,秋雨欲生魚。

すずく冷たい風が吹き初め、初雁もとおりすぎた、秋の長雨も降りつづいて魚が湧き出してこようとしている。

○涼風 すずしいかぜ。○過雁 かりが通過する。○欲生魚 秋の出水のため平地にも魚がわきでようとする。


農事空山裡,眷言終荷鋤。』

家族のいる鄜州はさびしい山中ではあるが冬になる前の農事もあるのだ、自分の心はどうもそちらへとひかれる、わたしは結局山の中での人間となって鋤を荷いたりして人生を終わりたいのだ。

○農事 農事が山中にあることをいう。○空山人の居らぬ山、戯州蒐村の地をさす。○彗一一口 言は古語で、「ここに」又は「われ」と訓ずる。啓はそちらに目をくれる、愛顧の意。○荷鋤 耕作に従事すること。


blogram投票ボタン

毎日それぞれ一首(長詩の場合一部分割掲載)kanbuniinkai紀 頌之の漢詩3ブログ
05rihakushi350

李白詩350首kanbuniinkai紀頌之のブログ

700Toho shi 

kanbuniinkai11の頌之漢詩 杜甫詩700首

800tousouSenshu
kanbuniinkai10 頌之の漢詩 唐宋詩人選集 Ⅰ李商隠150首


burogutitl770
http://kanshi100x100.blog.fc2.com/

得家書 #1 杜甫 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 杜甫特集700- 181

得家書 #1 杜甫 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 杜甫特集700- 181

(家書を得たり)

鄜州方面へゆく人に書信を託して家族の安否を調べたが、三川県羌村からの返事はなかなか返ってこず、聞こえてくるのは鄜州方面は兵禍に遭って、鶏や子犬までが殺されてしまったという悲惨な噂だけ。杜甫の心配はつのり、家族は死に絶えてしまったのではないかと思う。
七月に鄜州の妻から返事が届き、家族全員が無事であるとわかる。
「述懷」は安禄山の叛乱軍に拘束され、そこから鳳翔の行在所に逃げ帰ったことなど、杜甫の周りの出来事、心境を述べたものであった。

「得家書」の詩は、安否問いあわせの手紙を出したのち、家族の方より返事を得て作った詩である。杜甫は鳳翔に逃げてきて3か月たっていた。製作時は至徳二載の秋七月、757年 46歳である。

DCF00196


得家書
去憑遊客寄,來為附家書。
わたしは鄜州の方へ商用でで出かける旅人があったから、その方にたのんで家族への手紙を送り届けさせたのだが、その同じ人がまた家族からの手紙をわたしへとどけてくれるために鳳翔へ来てくれた。
今日知消息,他鄉且舊居;
その手紙に由って今日は家族の消息を知ることができた。その消息によると、家族は他郷とはいえやっぱりもとの住居にそのまま居るそうだ。
熊兒幸無恙,驥子最憐渠。
またそれによると、長男の熊児は幸にも無事であり、次男の驥子、わたしはまだ小さい彼を最もかわいそうにおもうのだ。
臨老羈孤極,傷時會合疏。』
#1
わたしは年よりはじめてきて鳳翔は初めての土地で、仮住まいで旅客人でのひとりぼっち、朝廷内でも孤独感をもっている、時世のことを考えると王朝軍は劣勢で気にやむばかりで家族たちとはめったにあえずにいる。
二毛趨帳殿,一命待鸞輿。北闕妖氛滿,西郊白露初。
涼風新過雁,秋雨欲生魚。農事空山裡,眷言終荷鋤。』#2


(家書を得たり)#1
去るは遊客に憑りて寄す来るは家書を附するが為なり
今日消息を知る 他郷なるも且つ旧居なり
熊児は幸に恙無し 驥子最も渠を憐む
老に臨みて羈孤極まる 時を傷みて会合疎なり』

#2
二毛帳殿に趨し  一命鸞輿に侍す
北闕妖気満つ   西郊白露の初
涼風新に過雁   秋雨魚を生ぜんと欲す
農事空山の裡   眷みて言に終に鋤を荷わん』


 現代語訳と訳註
(本文) #1

去憑遊客寄,來為附家書。今日知消息,他鄉且舊居;
熊兒幸無恙,驥子最憐渠。臨老羈孤極,傷時會合疏。』


(下し文)
去るは遊客に憑りて寄す、来るは家書を附するが為なり。
今日消息を知る、他郷なるも且つ旧居なり。
熊児は幸に恙無し 驥子最も渠を憐む
老に臨みて羈孤極まる 時を傷みて会合疎なり


(現代語訳)
わたしは鄜州の方へ商用でで出かける旅人があったから、その方にたのんで家族への手紙を送り届けさせたのだが、その同じ人がまた家族からの手紙をわたしへとどけてくれるために鳳翔へ来てくれた。
その手紙に由って今日は家族の消息を知ることができた。その消息によると、家族は他郷とはいえやっぱりもとの住居にそのまま居るそうだ。
またそれによると、長男の熊児は幸にも無事であり、次男の驥子、わたしはまだ小さい彼を最もかわいそうにおもうのだ。
わたしは年よりはじめてきて鳳翔は初めての土地で、仮住まいで旅客人でのひとりぼっち、朝廷内でも孤独感をもっている、時世のことを考えると王朝軍は劣勢で気にやむばかりで家族たちとはめったにあえずにいる。』


(訳注)#1
去憑遊客寄,來為附家書。

わたしは鄜州の方へ商用でで出かける旅人があったから、その方にたのんで家族への手紙を送り届けさせたのだが、その同じ人がまた家族からの手紙をわたしへとどけてくれるために鳳翔へ来てくれた。
 此の「去」の字は人にかけて見るべきか書にかけて見るべきかは不明であるが、下旬の「来」が人にかかっている以上それに対するならば人にかけてみるべきである。しかし「寄去」の二字を分用したものとし、書にかけてみるのも亦た義を為す。予は後の解を取る。即ち去とは書を寄せさったことをいう。○憑遊客 鄜州の方へ往遊する客をたのんで。・ 人に頼みごとをする。よりどころ。憑衣:たより。○ 書を家族によせたこと。○来 さきに書を依頼してやった同じ遊客が鳳翔へもどって来たことをいう。○附家書 附とはこちらへ附与し、わたすこと。家書は鄜州の家族からの返事のてがみ。


今日知消息,他鄉且舊居;
その手紙に由って今日は家族の消息を知ることができた。その消息によると、家族は他郷とはいえやっぱりもとの住居にそのまま居るそうだ。
消息 たより、様子。○他郷 此の句以下三句は書中の言葉と杜甫自身の思いを一緒にのべている。他郷とは鄜州をさす。○且旧居 且はまあやっぱりという意味。旧居とは羌村の以前の住居をいう、他処へ移転、略奪にも会っていないことを言う。。


熊兒幸無恙,驥子最憐渠。
またそれによると、長男の熊児は幸にも無事であり、次男の驥子、わたしはまだ小さい彼を最もかわいそうにおもうのだ。
熊児 長子宗文の幼名。○無恙 恙は毒虫の名、恙無しとは無事であること。○驥子 次子宗武の幼名。○ 俗語、駿子をさす。憶幼子 杜甫 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 杜甫特集700- 156「驥子春猶隔,鶯歌暖正繁。」(驥子 春 猶隔たる、鶯 歌 暖くして正に繁し。)と可愛くて仕方なかったようだ。


臨老羈孤極,傷時會合疏。』
わたしは年よりはじめてきて鳳翔は初めての土地で、仮住まいで旅客人でのひとりぼっち、朝廷内でも孤独感をもっている、時世のことを考えると王朝軍は劣勢で気にやむばかりで家族たちとはめったにあえずにいる。』
臨老 年よりはじめてきて。○羈孤極 鳳翔は初めての土地で、仮住まいで旅客人でのひとりぼっち、朝廷内でも孤独感をもっている。○傷時 時世のことを考えると王朝軍は劣勢で気にやむばかり。○会合疎 家族たちとの会合がめったにできない。

blogram投票ボタン

毎日それぞれ一首(長詩の場合一部分割掲載)kanbuniinkai紀 頌之の漢詩3ブログ
05rihakushi350

李白詩350首kanbuniinkai紀頌之のブログ


700Toho shi

kanbuniinkai11の頌之漢詩 杜甫詩700首


800tousouSenshu
kanbuniinkai10 頌之の漢詩 唐宋詩人選集 Ⅰ李商隠150首



burogutitl770

http://kanshi100x100.blog.fc2.com/

プロフィール

紀 頌之

Twitter プロフィール
記事検索
livedoor 天気
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ