おもしろくない漢詩、とっつきにくい漢詩、漢詩に触れている人口は増加しているのか、減少しているのか、と考える前に、漢詩を紹介しているサイトが少なすぎるし、漢詩数も少ない。ブログをたたき台にしてほしいと考える。

 このブログは、漢詩を紹介してくサイト「漢文委員会kanbun-iinkai」に掲載するものの一部をブログで李白の場合は時系列で紹介できないができるだけ時系列も尊重しつつ進めていこうと考えている。漢文委員会のサイトもこのブログも今、公開開始して間もない、したがってできるだけ漢詩の数を紹介し、一定程度の量になったら、整理し、中身も充実さて行きたいと思っている。

 一定の量と質が蓄積して初めて次の段階に進もうと考えている。それは、このサイトでほとんどの漢詩を掲載すること、そのレベルも初心者から研究者の段階までを網羅したい。掲載した漢詩をさらに充実した内容のものにしたい。杜甫も、李白も王維も、白楽天、杜牧、蘇東坡も一首残らず掲載していくこと、を目指している。


李白36 楊叛兒

楊叛兒

君歌楊叛兒、妾勸新豐酒。
何許最關人、烏啼白門柳。
烏啼隱楊花、君醉留妾家。
博山爐中沈香火、雙煙一氣凌紫霞。

あなたが、『楊叛兒』の歌を歌えば、わたしは、新豊のお酒を勧めましょう。
一番気にかかるのはどこなのですか、カラスが鳴いている金陵の西門の柳になるだろう。
烏はハコヤナギの花に隠れて鳴いており、あなたは、酔っぱらってわたしの家に泊まる。
博山香炉の沈香の香煙は、二筋の煙が一つとなって、夕焼雲をはるかにしのぐ高さになる。

 もともとが恋歌。柳は男女の絡み合いを暗示している。「『楊叛兒』の歌を歌えば」は女性に今日はオッケーかと聞き、女性が飛び切りのお酒を注ぐことは、「お待ちしていました。オッケーよ」と答える。続いて女性が「酔っぱらても浮気心を起さず、私のところへ来るのですよ」高炉の煙はわかれて出てきてもひとつにむすばれる、情熱は最高峰に。
 これ以上は書きづらいがおおよそ以上である。


君は歌う 楊叛兒,妾は勸む 新豐の酒。
何許いずこか 最も 人に 關する,烏は啼く 白門の柳。
烏は啼いて楊花に 隱れ,君は醉ひて 妾の家に 留まる。
博山爐中 沈香じんこうの火,雙煙 一氣に  紫霞を 凌しのがん。


楊叛兒とはもと童謡で宮中の巫女のむすこ、楊旻ようびんにちなんだ歌詞「楊婆児」がなまって楊叛兒となった、と「叛」は「伴」の意。恋歌。

君歌楊叛兒
あなたが、『楊叛兒』の歌を歌えば。 ・君歌:あなた(男性を指す)は、(大きな声に出して)歌う。 ・楊叛兒:男女の愛情を表す歌。

『楽府詩集』現存八首の古辞の第二首に
 暫出白門前,楊柳可藏烏。
 歡作沈水香,儂作博山爐。
暫く白門の前に出るに,楊柳 烏を蔵すべし。。
きみは沈水の香となり,儂われは博山の爐となる

妾勸新豐酒
わたしは、新豊のお酒を勧めましょう。 ・妾:〔しょう〕わたし。わらわ。女性の一人称の謙称。 ・勸:すすめる。 ・新豐:陝西省驪山華清宮近くにある酒の名産地。長安東北郊20kmの地名。

 王維の『少年行』に新豐美酒斗十千,咸陽遊侠多少年。相逢意氣爲君飮,繋馬高樓垂柳邊。
 (紀 頌之のブログ6月11日参照

何許最關人
一番気にかかるのはどこなのですか。
 ・何許:どこ。いづこ。どんな。 ・最:もっとも。 ・關人:気にかかる。心配する。(人の)気になる。

烏啼白門柳
カラスが鳴いている金陵の西門の柳になるだろう。
 ・烏啼:カラスが鳴く。「烏」は人称代詞や疑問詞ともみられる。 ・白門:金陵の別称。五陵関係図参照長安西門の東南に花街があった。 ・柳:シダレヤナギ。前出楽府の「暫出白門前,楊柳可藏烏。」を蹈まえている。
五陵関係図
  五陵関係図   西門付近に花街があった。

烏啼隱楊花
烏はハコヤナギの花に隠れて鳴いており。
 ・隱:かくれる。かくす。前出「暫出白門前,楊柳可藏烏。」 ・楊花:ハコヤナギの花。風に吹かれてゆく、浮気っぽい女性を暗示する。

君醉留妾家
あなたは、酔っぱらってわたしの家に泊まる。
 ・醉:酔う。 ・留:とどまる。とどめる。 ・妾家:わたし(女性)の家。

博山爐中沈香火
博山香炉の沈香の香煙は。 
 ・博山:男女の情愛を暗示する。 ・博山爐:香炉の名。彝器(儀式用の鼎等の道具)の上に山の形を刻して装飾とした香炉。
 ・博山:山東省博山県の東南の峡谷名。 ・沈香:〔じんこう〕熱帯や広東省に産する香木の名で、水に沈むからこう呼ばれる。香の名。

雙煙一氣凌紫霞
二筋の煙が一つとなって、夕焼雲をはるかにしのぐ高さになる。
 ・雙煙:二筋の煙。 ・一氣:一つとなる。男女の意気が一つとなったさまをいう。 ・凌:しのぐ。おかす。越える。わたる。 ・紫霞:紫雲 夕焼雲よりはるかに高い。


博山炉について一番わかりやすいページがあったので。

前漢・錯金銅博山炉 :世界の秘宝 大集合_人民中国)参照

 

博山爐は香炉の一種で、古代貴族の贅沢品の1つ。高さは26センチ、錯金という入念な造りはほかにあまり例がない。錯金とは器の表面に溝を造り、同じ幅の金糸や金片を使って装飾を施した後に、磨いてつやを出すという製作方法で、針金象嵌ともいう。博山炉は、金糸や金片の違いを生かし、山にかかる折り重なった雲の形につくられ、空を行く雲や流れる水のように渋りがない芸術効果をおさめた。金糸は細いものもあれば太いものもあるが、細いものは髪の毛ほどの細さ。


pla01401

北宋蘇東坡-蘇軾 ⑪江城子 密州出猟

 蘇東坡(蘇軾)は左遷されたとはいえ、地域の知事であるが、国の中央集権は弱く、その地域の王的存在と考えたほうが理解しやすい。改革派から疎まれたとはいえ、地方に行けば雲の上の人である。密州の知州の時、常山に降雨の祈念に行った帰り道、猟に出かけた折りの作である。

 

江城子 密州出猟

老夫聊發少年狂,
わたしはいささか若者の情熱をもっている

左牽黄,右擎蒼,錦帽貂裘,千騎卷平岡。
左側に猟犬の黄犬を牽き、右側から鷹に襲わせ、蒙帽をかぶり、毛皮のズボンをはく,千騎で低い丘を取り巻いた。

爲報傾城隨太守,親射虎,看孫郞
街を挙げて太守の私自らにさせようとしてくれる。トラを射止めることを、あの勇壮な呉の孫権が虎退治をやったように。

酒酣胸膽尚開張,鬢微霜,又何妨。
座が盛り上がってきた胸の内をぶちまけろ、年長者も何もない無礼講だ。

持節雲中,何日遣馮唐。
雲中の太守が持っていた天子への忠誠心はある、いつの日か天使からの命を受けて馮唐が遣わされたようになろうか

會挽雕弓如滿月,西北望,射天狼。
きっとまた雕弓を満月のようにいっぱいに引き、西北の外敵を狙いをつけ、戦乱を収めてみせる。


 わたしはいささか若者の情熱をもっている
左側に猟犬の黄犬を牽き、右側から鷹に襲わせ、蒙帽をかぶり、毛皮のズボンをはく,千騎で低い丘を取り巻いた。
街を挙げて太守の私自らにさせようとしてくれる。トラを射止めることを、あの勇壮な呉の孫権が虎退治をやったように。
座が盛り上がってきた胸の内をぶちまけろ、年長者も何もない無礼講だ。
雲中の太守が持っていた天子への忠誠心はある、いつの日か天使からの命を受けて馮唐が遣わされたようになろうか
きっとまた雕弓を満月のようにいっぱいに引き、西北の外敵を狙いをつけ、戦乱を収めてみせる。

 

 


江城子  -密州にて猟に出づ-
老夫  聊か發す 少年の狂,
左に黄(いぬ)を牽(ひ)き,右に蒼(たか)を擎(おそ)う,錦帽 貂裘,千騎 平き岡を卷く。
爲に報ぜん傾城して太守に隨せるに,親く 虎を射ん,孫郞を 看よ。
酒 酣(たけなは)にして 胸膽 尚ほ開張す,鬢  微かに霜すとも,又 何ぞ妨げん。
節を雲中に持たらせる,何(いづれ)の日か  馮唐を遣(や)らん。
會(かならず)や雕弓を 滿月の如く挽き,西北を望み,天狼を射ん。


江城子 密州出猟
江城子:詞牌の一。詞の形式名。
密州:現・山東省の諸城。山東省東部の中央に位置する。

老夫聊發少年狂
わたしはいささか若者の情熱をもっている
老夫:ここでは作者自身を指す。聊發:いささかはっする聊:しばらく。仮に。いささか。少年狂:青年の情熱。狂は一心に突き進むさま。狂っているという意味ではない。ほかのものを見ないで。青年の情熱。杜甫に「狂夫」という作品がある。農業に勤しむ自分のことを詠ったものである。

 

左牽黄,右擎蒼,錦帽貂裘,千騎卷平岡。
左側に猟犬の黄犬を牽き、右側から鷹に襲わせ、蒙帽をかぶり、毛皮のズボンをはく,千騎で低い丘を取り巻いた。
牽黄:猟犬の黄犬を牽く。狩りをするということ。  擎蒼:鷹で襲う。狩りをする姿。擎は襲う。蒼は蒼鷹で、オオタカのこと。  錦帽:錦のかぶりもの。蒙帽:もともとは兜などの下に被り顎のところで結んで固定する。  貂裘:(ちょうきゅう)テンのかわごろも。テンの毛皮で作った衣装。テンの毛皮は高級品とされた。ここでは狩りの時の颯爽とした装束をいう。トラの爪などから防御するため下半身外側に装着したもの。  千騎:多くの(人が)騎乗した馬。「千」は多数をしめす。  巻:席巻する。  平岡:低い丘。

爲報傾城隨太守,親射虎,看孫郞
街を挙げて太守の私自らにさせようとしてくれる。トラを射止めることを、あの勇壮な呉の孫権が虎退治をやったように。
爲報:むくいるために。(これは別に一単語ではない)  傾城:街を挙げて。城(街)を尽くして。  随:つきしたがう。ギャラリーが一杯来たということ。  太守:漢代の役職名で郡の長。作者は当時知州だったので、ここでは作者のことになる。
親:みずから。したしく(自分で)。  射虎:孫権が虎退治をしたことから、そういう。 孫郎:呉の孫権のこと。

酒酣胸膽尚開張,鬢微霜,又何妨。
座が盛り上がってきた胸の内をぶちまけろ、年長者も何もない無礼講だ。
酒酣:酒がたけなわになる。座が盛り上がってきたこと。 胸膽:心に思うこと。胸:心に思っている思い。膽:根性。  尚:なお。 開張:(現代語)ひらく。胸襟を開くに近いが、それよりももっと強烈で、鬱懐を吐露すること。
鬢:びん。髪の毛。 微霜:白髪が僅かに混じっていることをいう。霜は白髪になっていること。 ・何妨:なんぞ さまたげん。(反語に使う)

持節雲中,何日遣馮唐。
雲中の太守が持っていた天子への忠誠心はある、いつの日か天使からの命を受けて馮唐が遣わされたようになろうか
節:符節のこと。天子の命を受けて多国に使する際に持って、その証拠とした物。雲中:漢代の地名(現内蒙古)で、ここの太守の魏尚が讒言で失脚したが、馮唐の諫言により、赦免されたことを指す。 何日:漢の文帝の時、雲中の太守の魏尚が讒言で失脚した際、馮唐の諫言で、赦免された馮唐が赦免状を持ってきたことで、魏尚が再び重用された故事を踏まえて、何時になったら、自分(作者)を重用してくれるのか、と訴えているわけである。遣:派遣する。人を遣いにやること。馮唐:文帝の時、讒言で失脚した魏尚のために、文帝に諫言して、赦免状を持ってきた人物。

會挽雕弓如滿月,西北望,射天狼。
きっとまた雕弓を満月のようにいっぱいに引き、西北の外敵を狙いをつけ、戦乱を収めてみせる。
會:(古。現代)かならずや、きっと。また、…できる。白居易の長恨歌の終わりの方の「天上人間会相見」もこれになる。なお、まさに…せんとす、ともとれる。會挽:かならずや、きっとひける。または、まさに ひかんとす。挽:挽ひく。 雕弓:色彩で装飾した弓。  如滿月:満月のように。大きくいっぱいに引くこと。 西北:西北の天にある天狼星をいうが、勿論敵の暗喩で、遼や西夏を指す。遼:12世紀初頭、現河北省・内蒙古以北の地域に興ったモンゴル系契丹族の国家。西夏:同じく12世紀初頭に、現内蒙古西部に興ったチベット系タングート族の国家。この頃が楊家将の舞台になる。 天狼:天狼星のこと。戦乱、戦災をを招く凶星という。《楚辭・九歌・東君》に「擧長矢兮射天狼」とある。

江城子 密州出猟
老夫聊發少年狂,
左牽黄,右擎蒼,錦帽貂裘,千騎卷平岡。
爲報傾城隨太守,親射虎,看孫郞。
酒酣胸膽尚開張,鬢微霜,又何妨。
持節雲中,何日遣馮唐。
會挽雕弓如滿月,西北望,射天狼

江城子  -密州にて猟に出づ-
老夫  聊か發す 少年の狂,
左に黄いぬを牽き,右に蒼たかを擎おそう,錦帽 貂裘,千騎 平き岡を卷く。
爲に報ぜん傾城して太守に隨せるに,親く 虎を射ん,孫郞を 看よ。
酒 酣たけなはにして 胸膽 尚ほ開張す,鬢  微かに霜すとも,又 何ぞ妨げん。
節を雲中に持たらせる,何いづれの日か  馮唐を遣らん。
かならずや雕弓を 滿月の如く挽き,西北を望み,天狼を射ん。