李白38
 李白は、坊州(陝西省黄陵県)へ行って州司馬(従六品)の王嵩(おうすう)と閻正字(えんせいじ)に会って就職運動をしている。
 詩は坊州での雪見の宴席で王嵩(おうすう)と閻正字(えんしょうじ)から遠山の雪についての詩を贈られ、李白がそれに和する詩を作った。まず自分が中国の東南の地方から「宛」(南陽)を経て都へ上ってきたこと。それから西北の邠州を経て坊州にきたこと、晋の嵆康(けいこう)が呂安(りょあん)と親密に行き来したように王司馬と逢うことができて嬉しいと述べ、かねてからお名前を承知していたと述べている。


酬坊州王司馬與閻正字對雪見贈
   坊州の王司馬と閻正字と雪に対して贈らるるに酬ゆ
游子東南來、自宛適京國。
さすらいのわたしは東南から来り、南陽をへて都にやってきた
飄然無心云、倏忽復西北。
流れゆく無心の雲のように、たちまち西北の地にいたる
訪戴昔未偶、尋嵇此相得。
昔王子猷が戴安道を訪ねて遇えず、いまここに 嵆康を尋ねて会うことができた
愁顏發新歡、終宴敘前識。』
愁い顔は新しい歓びにかわり、宴会を終えてお名前は承知していたと申しあげる』

閻公漢庭舊、沉郁富才力。
閻公はかつて宮廷に仕えた方で、充分な才力を備えておられる
價重銅龍樓、聲高重門側。
その声価は龍楼門内に重く、名声は宮廷の門傍(もんぼう)に高い
寧期此相遇、華館陪游息。
いま思いがけなくここに出逢い、結構な屋敷の宴会に相判する
積雪明遠峰、寒城鎖春色。』
おりしも 遠くの山の積雪は明るく輝き、城内の春の気配は 寒さで凍りついている』

主人蒼生望、假我青云翼。
人は民の希望の星であるから、私に青雲の翼を貸してください
風水如見資、投竿佐皇極。』
風水による助けがあるならば、釣り竿を投げ捨てて王道の補佐をいたす所存です』






さすらいのわたしは東南から来り、南陽をへて都にやってきた
流れゆく無心の雲のように、たちまち西北の地にいたる
昔王子猷が戴安道を訪ねて遇えず、いまここに 嵆康を尋ねて会うことができた
愁い顔は新しい歓びにかわり、宴会を終えてお名前は承知していたと申しあげる』

閻公はかつて宮廷に仕えた方で、充分な才力を備えておられる
その声価は龍楼門内に重く、名声は宮廷の門傍(もんぼう)に高い
いま思いがけなくここに出逢い、結構な屋敷の宴会に相判する
おりしも 遠くの山の積雪は明るく輝き、城内の春の気配は 寒さで凍りついている』

主人は民の希望の星であるから、私に青雲の翼を貸してください
風水による助けがあるならば、釣り竿を投げ捨てて王道の補佐をいたす所存です』

 嵆康は竹林七賢のひとり。竹林に入り、清談にふけった。「あるとき訪ねてきた鍾会に挨拶せず、まともに相手をしなかった。」 その嵆康に逢うことができた、李白は会えた喜びを表している。
 閻正字(えんしょうじ)にお世辞を言っている。正字(正九品下)は秘書省の属官で、進士及第者が最初に任官する官職のひとつ。閻正字が坊州にいるのは転勤してきたためで、李白は閻という若い官吏を旧職で呼ぶことで進士及第の秀才であることをほめているのだ。李白はかなり焦っていた。最後の四句は、王司馬に対してチャンスがほしい、風水を持ち出して就職斡旋を述べている。若くして科挙、進士に及第していても所詮、李白の頼みごとをかなえられる力はない。

○韻  國。北。得。識。力。側。息。色。翼。極。


坊州の王司馬と閻正字と雪に対して贈らるるに酬ゆ
遊子ゆうし  東南より来り、宛えんより京国けいこくに適
飄然ひょうぜんたり無心の雲、倏忽しゅくこつとして復た西北
たいを訪うて 昔 未だ偶ぐうせず、嵆けいを尋ねて  此ここに相あい得たり
愁顔しゅうがん  新歓しんかんを発し、宴えんを終えて  前識ぜんしきを敍じょす 』

閻公えんこうは漢庭かんていの旧、沈鬱ちんうつとして才力に富む
は銅龍どうりゅうの楼に重く、声は重門の側に高し
なんぞ期せんや  此ここに相遇い、華館かかん  遊息ゆうそくに陪ばい
積雪  遠峰  明らかに、寒城かんじょう  春色  沍こおる 』

主人は蒼生そうせいの望ぼう、我に青雲の翼つばさを仮
風水ふうすい  如し資たすけらるれば、竿かんを投じて皇極こうきょくを佐たすけん 』


酬坊州王司馬與閻正字對雪見贈
游子東南來。自宛適京國。飄然無心云。倏忽復西北。
訪戴昔未偶。尋嵇此相得。愁顏發新歡。終宴敘前識。 』
閻公漢庭舊。沉郁富才力。價重銅龍樓。聲高重門側。
寧期此相遇。華館陪游息。積雪明遠峰。寒城鎖春色。 』
主人蒼生望。假我青云翼。風水如見資。投竿佐皇極。 』

 李白は就職運動のために坊州のような北辺の街まで行きましたが、ここでも成果は得られず、留別の詩を残して長安にもどってきます。



 李白は自分の才能に自信を持っている。自信を持っている人間の特徴としては、一生懸命頼みごとをしても相手側からすると、どこか胡散臭さを感じることがよくある。まして、抜群の詩を詠み、武道ができ、ちょっと任侠風である30過ぎの男が、理解されるかというと、なかなか難しい。

 また、一生懸命になればなるほどうまくいかない時もある。自分のどこかに問題点があるのかと自己分析を行わないのだろうか。
 もし、李白、杜甫が求職活動や人生の岐路に立たされたからと言って、生き方を変えるようであったら、歴史的な詩人になっていない。



李白の詩 連載中 7/12現在 75首

漢文委員会 ホームページ それぞれ個性があります。

kanbuniinkai2ch175natsu07ZEROdwt05ch175


pla01geocitynat0017176sas00121205

ブログ
burogutitl185kanshiblog460
 李商隠の女詞特集ブログ    李白の漢詩特集 連載中