李白40 春歸終南山松龕舊隱
五言古詩

 晩秋から春にかけての北辺の長旅だったが、求職の進展はなかった。事情はなにも変わらず、館にはバラや女羅(ひかげかずら)や草はあるじなしでも成長していた。酒樽をもってこさせて一人酒をたのしむ。久しぶりの家で詠った。

春歸終南山松龕舊隱
我來南山陽、事事不異昔。
卻尋溪中水、還望岩下石。
薔薇緣東窗、女蘿繞北壁。
別來能幾日、草木長數尺。
且復命酒樽、獨酌陶永夕。


自分が南山の南にきてみると、何事も昔と変わらない
却ひとえに谷川の流れを求め、また巌いわおの下の石を眺めても同じ
バラは  東の窓に這いあがり、女羅は  北の壁に巻きついている
一別してから 幾日もたっていないのに、草木は数尺も伸びている
では まずは酒樽でも持ってこさせ、独酌で 永い夕べをたのしもう


○韻 昔、石、壁、尺、夕。

春 終南山の松龕しょうがん旧隠に帰る
我  南山の陽ように来きたる
事事じじ  昔に異ことならず
ひとえに渓中けいちゅうの水を尋ね
た巌下がんかの石を望む
薔薇しょうび  東窓とうそうに縁
女羅じょら  北壁ほくへきに繞めぐ
別来べつらい  能く幾日ぞ
草木そうもく  長ずること数尺
しばらく復また酒樽しゅそんを命じ
独酌どくしゃく  永夕えいせきを陶たのしまん




pla01401



李白詩全集 卷二十二(古近體詩四十七首)

李白の詩 連載中 7/12現在 75首

漢文委員会 ホームページ それぞれ個性があります。

kanbuniinkai2ch175natsu07ZEROdwt05ch175


pla01geocitynat0017176sas00121205

ブログ
burogutitl185kanshiblog460
 李商隠の詩(恋歌女詩) 特集中         李白の詩 特集中