李白43 杜陵絶句

五言絶句 杜陵絶句

  南登杜陵上、 北望五陵間。
  秋水明落日、 流光滅遠山。

 

南のかた杜陵の上に登り、北のかた五陵の間を望む

秋水 落日明らかに、流光 遠山滅す


長安城の南杜陵の上に登り、そこから北のかた五陵の間を望む、川の流れに落日が反映し、流れ行くその光は遠い山々の間に消えていく

choan9ryo赤枠は長安の城郭
この墓陵群は中国のピラミットといわれている。


杜陵とは前漢の宣帝の陵墓で長安の(城郭の右下)東南にある。小高い丘の上にあり、見晴らしが良いところだ。五陵は長安の北東から北西にかけて、渭水の横門橋わたって東から陽陵(景帝)、長陵(高祖)、安陵(恵帝)、平陵(昭帝)、茂陵(武帝)と咸陽原にある。杜陵からの距離は、30km~50km。
○韻 間、山。

五陵原という皇帝の陵墓区で、西から茂陵、平陵、昭陵、延陵、渭陵義陵、安陵、長陵、陽陵の9つが並んでいる。このうち長陵は高祖・劉邦の陵、茂陵は武帝の陵。ほとんどの皇帝陵に皇后陵が併設されており、有名な呂后の様に皇后の地位が高かったことの現れと言われてる。皇帝が西、皇后が東。延陵の場合、右上(東北)にやや規模の小さな皇后陵が見える。また東端にある陽陵は周囲が発掘されて兵馬俑が出土、博物館として公開されている。


  南登杜陵上、 北望五陵間。
  秋水明落日、 流光滅遠山。

南のかた杜陵の上に登り、北のかた五陵の間を望む

秋水 落日明らかに、流光 遠山滅す

nat00007ch250