李白と道教48襄陽歌 ⅰ

李白と陶淵明の続き

 陶淵明と李白との共通点を見てみると、①社会風刺の作品が少ない、②どことなく孤独感が感じられる、③身分階級の高さを感じなく、④虚勢を張って居る感がある、⑤酒を題材とする作品が多い、⑥非凡俗性、⑦子供は出てくるが妻は全くでない、

 違いは、①李白は明るい、陶淵明は暗い、②家族に対する姿勢、李白はあんまり考えていない、③李白は頽廃的な感じをもっている、④李白は職業詩人に徹している、などだろうか。もちろん、李白の「寄東魯二稚子」と陶淵明の「責子」だけで比較できるわけではないが、李白の唯一詩で子供のことをこれだけ知らないでいられる人間性はどこから来るのであろうか。お酒を飲んで論じ合っていて、竹渓の六逸と称していても社会風刺、社会批判がないのはどうしてなのか。

 一言で、詩人李白は、天才なのだ。それも群を抜いた天才なのだ。陶淵明や、杜甫のように社会と自分と生活;貧乏と戦ってそれを糧にして成長していく天才と、李白は努力をしなくても人を圧倒させる詩が詠えるのである。その天才的芸術性を育んだのが道教と考える。

 唐朝の成立と道教と密接な関係のあることは承知のことである。そして、武則天、韋后の政策によって、仏教を重んじられ始めたのをその後の皇帝玄宗により、それまで以上に道教が重んじられ、玄宗は道教が儒教や仏教の上位にあるという詔を下し、老子が孔子や釈迦牟尼より上位であると規定し、仏教の発展を制限した。

 全国に老子廟を立て、政治的に利用したため、道教は隆盛を極めていった。李白の成長に合わせたかのように呼応である。玄宗は道教の文学芸術の発展にも努力し、彼自身も道教音楽を作り、煉丹・斎などの宗教活動を提唱して、道教を大いに発展させた。唐代の公主が出家して女冠になり、朝廷内の賀知章などの大臣が道士になったことは、道士・女冠の社会的な地位がかなり高かったことを物語っている。

 こうした社会的背景があってこそ李白の遊学生活が成り立ったと考える。

 李白の生活ぶりを示す襄陽歌、襄陽曲四首 をあげる。


襄陽歌
落日欲沒峴山西。倒著接籬花下迷。
襄陽小兒齊拍手。攔街爭唱白銅鞮。
旁人借問笑何事。笑殺山翁醉似泥。』
鸕鶿杓。    鸚鵡杯。
百年三萬六千日。一日須傾三百杯。
遙看漢水鴨頭綠。恰似葡萄初醱醅。
此江若變作春酒。壘麴便筑糟丘台。』
千金駿馬換小妾。笑坐雕鞍歌落梅。
車旁側挂一壺酒。鳳笙龍管行相催。
咸陽市中嘆黃犬。何如月下傾金罍。
君不見晉朝羊公一片石。龜頭剝落生莓苔。』
淚亦不能為之墮。心亦不能為之哀。
清風朗月不用一錢買。玉山自倒非人推。
舒州杓。力士鐺。李白與爾同死生。
襄王云雨今安在。江水東流猿夜聲。』


まっ赤な夕日が幌山の西にしずもうとしている。白い帽子をさかさまにかぶって、花ざかりの木の下を、ふらりふらりとさまよう。

すると、裏陽の街の子供たちが大勢よってきて、いっせいに手をたたきながら、道いっぱいにふさがり、「白銅提」 の歌を口口にうたってはやしたてる。

いったい何でそんなに笑っているのかと、通りかかった人がたずねる。子供はこたえる、あのおじさんのベロベロに酔っぱらった恰好がおかしい。』


段通の柄杓。そして、艶鵡のさかずき。どちらもすばらしく立派なうつわだ。

人の一生は、百年であり、しょせん三万六千日。一日に三百杯、飲むことが必要だ。

はるかに洪水が見える。水はあおあおとして、ちょうど鴨の頭のような緑色。葡萄が醗酵しはじめる時の色によく似ている。

この川の水が、もしも春の酒に変るものなら、うずたかい麹で、酒の粕の高台を築いてやろう。』


千金の値うちのあるスマートな足の早い馬を、おれの女と取り換えてもらい、にっこり笑い、見事な彫り物をほどこした鞍にまたがり、「落梅」の歌を口ずさむ。
お供の車には傍に一重の酒がぶらさげてあり、鳳の笠やら竜の笛が、道をゆきつつ、酒を飲めと催促している。

成陽の町のまん中で「黄いろい犬をつれて免狩りしたかった」などと嘆いた秦の李斯のさいごを思うと、たとえ出世しなくとも、月の下で、こがねのさかずきを傾けているほうが、どれだけよいことか。』


君は見ないか。あの立派な人格者の菅の羊公でさえ、いまは一かけらの石じゃないか。台石の亀の頭は、むざんに欠け落ちてしまって、苔が生えてるじゃないか。
「涙を堕す碑」とよばれるのに、涙さえおとすことも出来ない。心もかれのために、かなしむことが出来ない。

すがすがしい風、まるい明るい月、こんなすてきなものが、一銭も出さずに買える。風に吹かれ、月を眺め、その上、酒を飲むなら、これにまさることはない。

いわゆる「玉山が倒れるように」、人が押さないのに防手に倒れてしまうぐらい、飲むにかざる!

常州の杓よ、力士のうつわよ。李白はたとえ死んでも、まして生きてるうちは、おまえをぜったい離さない。

襄王がたのしんだという巫山の雲や雨は、いまはいずこにありや。けっきよく、はかない夢ではなかったか。現に巫山には、そんなものは跡かたもない。山あいを長江の水がとうとうと東にむかって流れ、江を挟む山の中で、猿が夜になると、啼くだけだ。』

李白と道教48襄陽歌

(李白と陶淵明の続き)
 陶淵明と李白との共通点を見てみると、①社会風刺の作品が少ない、②どことなく孤独感が感じられる、③身分階級の高さを感じなく、④虚勢を張って居る感がある、⑤酒を題材とする作品が多い、⑥非凡俗性、⑦子供は出てくるが妻は全くでない、
 違いは、①李白は明るい、陶淵明は暗い、②家族に対する姿勢、李白はあんまり考えていない、③李白は頽廃的な感じをもっている、④李白は職業詩人に徹している、などだろうか。もちろん、李白の「寄東魯二稚子」と陶淵明の「責子」だけで比較できるわけではないが、李白の唯一詩で子供のことをこれだけ知らないでいられる人間性はどこから来るのであろうか。お酒を飲んで論じ合っていて、竹渓の六逸と称していても社会風刺、社会批判がないのはどうしてなのか。

 一言で、詩人李白は、天才なのだ。それも群を抜いた天才なのだ。陶淵明や、杜甫のように社会と自分と生活;貧乏と戦ってそれを肥やしにして成長していく天才と、李白は努力をしなくても圧倒的な詩が詠えるのである。その天才的芸術世祖育んだのが道教と考える。
唐朝の成立と道教と密接な関係のあることは承知のことである。そして、武則天、韋后の政策によって、仏教を重んじられ始めたのを玄宗により、それまで以上に道教が重んじられ、玄宗は道教が儒教や仏教の上位にあるという詔を下し、老子が孔子や釈迦牟尼より上位であると規定し、仏教の発展を制限した。

 全国に老子廟を立て、政治的に利用したため、道教は隆盛を極めていった。李白の成長に合わせたかのように呼応である。玄宗は道教の文学芸術の発展にも努力し、彼自身も道教音楽を作り、煉丹・斎などの宗教活動を提唱して、道教を大いに発展させた。唐代の公主が出家して女冠になり、朝廷内の賀知章などの大臣が道士になったことは、道士・女冠の社会的な地位がかなり高かったことを物語っている。

こうした社会的背景があってこそ李白の遊学生活が成り立ったと考える。
李白の生活ぶりを示す襄陽歌、襄陽曲四首 をあげる。


襄陽歌
落日欲沒峴山西。倒著接籬花下迷。
襄陽小兒齊拍手。攔街爭唱白銅鞮。
旁人借問笑何事。笑殺山翁醉似泥。』
鸕鶿杓。    鸚鵡杯。
百年三萬六千日。一日須傾三百杯。
遙看漢水鴨頭綠。恰似葡萄初醱醅。
此江若變作春酒。壘麴便筑糟丘台。』
千金駿馬換小妾。笑坐雕鞍歌落梅。
車旁側挂一壺酒。鳳笙龍管行相催。
咸陽市中嘆黃犬。何如月下傾金罍。
君不見晉朝羊公一片石。 龜頭剝落生莓苔。』
淚亦不能為之墮。心亦不能為之哀。
清風朗月不用一錢買。玉山自倒非人推。
舒州杓。力士鐺。李白與爾同死生。
襄王云雨今安在。江水東流猿夜聲。』


まっ赤な夕日が幌山の西にしずもうとしている。白い帽子をさかさまにかぶって、花ざかりの木の下を、ふらりふらりとさまよう。

すると、裏陽の街の子供たちが大勢よってきて、いっせいに手をたたきながら、道いっぱいにふさがり、「白銅提」 の歌を口口にうたってはやしたてる。

いったい何でそんなに笑っているのかと、通りかかった人がたずねる。子供はこたえる、あのおじさんのベロベロに酔っぱらった恰好がおかしい。』

段通の柄杓。そして、艶鵡のさかずき。どちらもすばらしく立派なうつわだ。

人の一生は、百年であり、しょせん三万六千日。一日に三百杯、飲むことが必要だ。

はるかに洪水が見える。水はあおあおとして、ちょうど鴨の頭のような緑色。葡萄が醗酵しはじめる時の色によく似ている。

この川の水が、もしも春の酒に変るものなら、うずたかい麹で、酒の粕の高台を築いてやろう。』

千金の値うちのあるスマートな足の早い馬を、おれの女と取り換えてもらい、にっこり笑い、見事な彫り物をほどこした鞍にまたがり、「落梅」の歌を口ずさむ。
お供の車には傍に一重の酒がぶらさげてあり、鳳の笠やら竜の笛が、道をゆきつつ、酒を飲めと催促している。

成陽の町のまん中で「黄いろい犬をつれて免狩りしたかった」などと嘆いた秦の李斯のさいごを思うと、たとえ出世しなくとも、月の下で、こがねのさかずきを傾けているほうが、どれだけよいことか。』

君は見ないか。あの立派な人格者の菅の羊公でさえ、いまは一かけらの石じゃないか。台石の亀の頭は、むざんに欠け落ちてしまって、苔が生えてるじゃないか。
「涙を堕す碑」とよばれるのに、涙さえおとすことも出来ない。心もかれのために、かなしむことが出来ない。

すがすがしい風、まるい明るい月、こんなすてきなものが、一銭も出さずに買える。風に吹かれ、月を眺め、その上、酒を飲むなら、これにまさることはない。

いわゆる「玉山が倒れるように」、人が押さないのに防手に倒れてしまうぐらい、飲むにかざる!

常州の杓よ、力士のうつわよ。李白はたとえ死んでも、まして生きてるうちは、おまえをぜったい離さない。

襄王がたのしんだという巫山の雲や雨は、いまはいずこにありや。けっきよく、はかない夢ではなかったか。現に巫山には、そんなものは跡かたもない。山あいを長江の水がとうとうと東にむかって流れ、江を挟む山の中で、猿が夜になると、啼くだけだ。』


襄陽歌
襄陽の歌。漢水に臨む都会で、湖北省の北部にある。李白が三十歳前後、十年ほど住んでいた安陸からいえば、西の方二百キロぐらいの所にある。李白はこの詩のほかに、「嚢陽の曲」という詩を四首つくっている。それには、そのあたりの名所旧蹟がうたわれている。襲陽の街はむかしから浮かれ遊ぶのに楽しい場所である。晋の『襄陽兒童歌』に合わせて作った。歴史上の襄陽の人物の飲酒の故事等を蹈まえて作った飲酒の歌。 ・襄陽:〔じょうよう〕襄州。

落日欲沒峴山西、倒著接籬花下迷。
まっ赤な夕日が幌山の西にしずもうとしている。白い帽子をさかさまにかぶって、花ざかりの木の下を、ふらりふらりとさまよう。 ・落日:夕陽。 ・欲沒 沈もうとしている。 ・峴山 〔けんざん〕襄州の東南すぐに接してある山。その東を漢水が囲むように流れる。三者の位置関係は、西から東へ、襄州・山・漢水と並ぶ。 ・倒著:逆さまにつける。 ・接籬:〔せつ〕頭巾の総称。白い頭巾。白帽。本来は後出・晋の山簡の酒に酔ったときの様をいう。酔っては、頭巾を逆さまに被った ・迷:さまよう。

襄陽小兒齊拍手、攔街爭唱白銅鞮。
すると、裏陽の街の子供たちが大勢よってきて、いっせいに手をたたきながら、道いっぱいにふさがり、「白銅提」 の歌を口口にうたってはやしたてる。
・小兒 子ども。 ・齊 一斉に。 ・拍手 手を拍(う)っている。 ・攔街 通せんぼ をする。 ・攔〔らん〕さえぎる。 ・爭唱 きそって歌う。 ・白銅提 六朝時代に襄陽で流行した童謡。ここでは童謡の『襄陽白銅』のこと。白銅の馬蹄の意。

傍人借問笑何事、笑殺山公醉似泥。
いったい何でそんなに笑っているのかと、通りかかった人がたずねる。子供はこたえる、あのおじさんのベロベロに酔っぱらった恰好がおかしい。
 ・傍人 傍らの人。 ・借問 お訊ねする。質問の内容は後出の「笑何事」になる。 ・笑何事 何をそんなに笑っているのか。 ・笑殺 笑って問題としない。大いに笑う。笑いとばす。山公のことでありまた李白のことでもある。 ・-殺 用言に附き、程度の甚だしさを表す。 ・山公 山簡のこと。字は季倫。西晋時代の人。竹林の七賢の一の山濤の子。 ・醉似泥 泥のように酔いつぶれる。

鸕鶿杓 鸚鵡杯 
段通の柄杓。そして、艶鵡のさかずき。どちらもすばらしく立派なうつわだ。 
・鸕鶿〔ろじ〕カワウ。鵜(う)。首の長い水鳥。「杓」とは首の長い酒を注ぐ酒器。 ・杓 〔しゃく〕しゃく。ひしゃく。 ・鸚鵡〔おうむ〕ここでは、オウムガイのことになる。

百年三萬六千日、一日須傾三百杯。
人の一生は、百年であり、しょせん三万六千日。一日に三百杯、飲むことが必要だ。 ・百年:人の一生。
・須 …する必要がある。すべからく…べし。 ・傾 (盃を)傾ける。酒を飲む。 ・三百杯 後漢の大学者鄭玄が別れの席で、一日300人以上から酒を注がれて、すべて飲み干しても酔わなかったという。

遙看漢水鴨頭綠、恰似葡萄初醗。
はるかに洪水が見える。水はあおあおとして、ちょうど鴨の頭のような緑色。葡萄が醗酵しはじめる時の色によく似ている。 
・遙看:遥かに眺める。 ・漢水:襄陽を流れる川。現在の武漢(漢口、漢陽)で長江に合流する川の名。陝西省に発して、湖北省襄陽、襄樊を経て漢口に至る大河。 ・鴨頭:カモの頭。 ・恰似:まるで…にそっくりだ。まるで…のようだ。 ・初醗:〔はつばい〕醗酵する。

此江若變作春酒、壘麹便築糟丘臺。
この川の水が、もしも春の酒に変るものなら、うずたかい麹で、酒の粕の高台を築いてやろう。 
・若:もし。 ・變作:…と変わる。変わって(いって)…となる。 ・作:…となる。 ・春酒:去年仕込んだできたての新酒。 ・壘麹:積み重ねた麹(こうじ)。 ・麹:〔きく〕米、麦などを蒸して暖室に置き、麹黴(こうじかび)を繁殖させたもので、酒の醸造の原料となる。 ・便:するとすぐに。すぐに。すなわち。 ・糟丘臺:殷の帝紂が築いた酒の糟(かす)で造った小山。