李白が女性について詠ったのは、一時期にかぎられたものではない。女性にたいすることに関してはある意味一貫しているのではないか。
 李白に大きな変化を及ぼしたのは言うまでもなく長安を放遂されたこと、この時期をおいてほかにない。足かけ3年の宮廷時期の詩を挟むように前後の作品には違いがある。そしてその前半を前後に二分するという李白のエポックメーキングは周知のことではある。
 漢文委員会の目的は、李白の詩を時系列にし、李白を描析することにない。漢詩を数多く紹介することが第一義なのである。杜甫の詩は、すべての詩を時系列に並べ、それぞれが関連しあっているので、一詩をピックアップして紹介していくことはできない。李白も前提のように、同じことが言える部分があるのかもしれないが、李白自身はそれを望んでいない。李白の思想である。李白は後年わざわざ整理して、時期をわからなくしたとしか思えないのである。

 李白は、朝廷に上がり、絶頂を体感する。それまでの「就職大作戦」が見事に成功したのである。道教も、交友も、隠遁も、女性についても、「大作戦」の一貫と考えたら謎も解けるのではないか。絶頂期から過去を振り返るとすべての偶然が、必然であったように感じられたはずである。有頂天になるのも仕方あるまい。しかし、詩文については、この期のものははっきりとした時期が判明する。もしということはないが、仮に李白が朝廷から放免がなかったら、李白の生涯のなぞの部分はほとんどなくなっていたはずである。


 李白は、詩人でいつづけたいというのは一貫していた。それは、政治とおなじ、最も有能な人材がすべきものである。李白は自覚していた。思いもしなかった放免、絶頂から、奈落のそこへ落とされた。「行路難」でもがき、悩み、苦しみを吐露したが、詩人としての矜持は忘れていない。
 「詩」が大切な仕事であるという考えは、中国の詩人が一般にもっている傾向ではあるが、李白はとくに自覚がつよかった。その後も詩を作り続けたのである。


 李白の初期の作品に柔らかさを加えたのは謝朓らの影響が強い。これまで見てきた詩のうち柔らかい詩は普通に見れば模倣とみられるほどの影響を受けている。少し李白と道教から遠ざかるように感じられるかもしれないが触れないわけにいかない。


 謝朓①玉階怨、李白にも同名の詩がある(このブログ李白39)ことは、示しているが次にあげるは250年前後昔の南斉の詩人謝朓(464~499)である。謝公亭を建設した人物。
          
謝朓①玉階怨
夕殿下珠簾,流螢飛復息。
長夜縫羅衣,思君此何極。


大理石のきざはしで区切られた中にいての満たされぬ思い。
夕方になると後宮では、玉で作ったスダレが下される。飛び交えるのはホタルで、飛んだり、とまったり繰り返している。
長い夜を一人で過ごすために、あなたに着てもらうためのうすぎぬのころもを縫っている。あなたを思い焦がれる気持ちは、いつ終わる時があるのだろうか。


玉階怨
楽府相和歌辞・楚調曲。『古詩源』巻十二にも録されている。


夕殿下珠簾、流螢飛復息。
夕方になると後宮では、玉で作ったスダレが下される。飛び交えるのはホタルで、飛んだり、とまったり繰り返している。
・夕殿:夕方の宮殿で。 ・下:おろす。 ・珠簾:玉で作ったスダレ。 ・流螢:飛び交うホタル。 ・飛復息:飛んでは、また、とまる。飛んだりとまったりすることの繰り返しをいう。・息 とまる。文の終わりについて、語調を整える助詞。


長夜縫羅衣、思君此何極。
長い夜を一人で過ごすために、あなたに着てもらうためのうすぎぬのころもを縫っている。あなたを思い焦がれる気持ちは、いつ終わる時があるのだろうか。 
・長夜:夜もすがら。普通、秋の夜長や冬の長い夜をいうが、一人待つ夜は長い。ホタルのように私もあなたのもとに飛べればいいのにそれはできない。せめてあなたにまとってもらいたい肌着を作っている。 ・縫:ぬう。 ・羅衣:うすぎぬのころも。肌着。・思君:貴男を思い焦がれる。 ・此:ここ。これ。 ・何極:終わる時があろうか。


玉階怨(玉のきざはしにさえぎられた思い)
夕殿 珠簾を下し,流螢 飛び 復(また) 息(とま)る。
長夜 羅衣を 縫ひ,君を思うこと 此に なんぞ 極(きわ)まらん。


李白の『玉階怨』
「玉階生白露、 夜久侵羅襪。却下水晶簾、 玲瓏望秋月。」
(白玉の階きざはしに白い露が珠のように結露し、 夜は更けて羅(うすぎぬ)の襪(くつした)につめたさが侵みてくる。露に潤った水晶の簾をさっとおろした、透き通った水精の簾を通り抜けてきた秋の澄んだ月光が玉の光り輝くのを眺めているだけ。)


 詩名は同じだし、雰囲気も同じにしている、しかし、圧倒的に違うのは、場面の情報量と語の使い方の面白さにある。「似て非なるもの」と言わざるを得ない。影響は受けているが格段の違いがある。しかし、謝朓の詩の雰囲気についてかなりの影響を受けたものである。


謝朓②王孫遊 
綠草蔓如絲,雜樹紅英發。
無論君不歸,君歸芳已歇。


緑の草のツルが糸のように伸びて、見も心もが絡みつく。色々な木々に赤く美しい花が開く春になった。
いうまでもなく、あなたが帰ってこなくとも。あなたが帰ってきたときは、若きかおりはすでにおとろえていることでしょう。


王孫遊
綠草  蔓(つる) 絲の如く,雜樹  紅英 發く。
無論  君 歸えらず とも,君 歸えるとも  芳(かを)り 已(すで)に歇(や)む。


王孫遊
雑曲歌辞。公子が女性のもとを離れて旅路に就いている。通い婚で、より寄り付かなくなったのか。当時は身分が低くても妾を持った。身分が高ければ妻がたくさん居てもおかしくない。


綠草蔓如絲、雜樹紅英發。
緑の草のツルが糸のように伸びて、見も心もが絡みつく。色々な木々に赤く美しい花が開く春になった。 
・綠草:緑の草。 ・蔓:ツル。つる草。 ・如絲:糸のようである。また、「絲」「思」「男女」の掛詞で、糸のように伸びて絡みつくこと。 ・絲:「思」「姿」に掛けている。 ・雜樹:雑木(林)。 ・紅英:赤い花びら。美しい花。 ・發:開く。


無論君不歸、君歸芳已歇。

いうまでもなく、あなたが帰ってこなくとも。あなたが帰ってきたときは、若きかおりはすでにおとろえていることでしょう。(あなたも加齢しているのよ)
・無論:いうまでもない、勿論。…にかかわらず、どうあろうとも、とにかく。 ・君:あなた。。 ・不歸:帰ってこない。 ・君歸:あなたが帰ってくる。 ・芳:女の若さのよさ。


金谷聚           

渠碗送佳人,玉杯邀上客。
車馬一東西,別後思今夕。


大きいお椀の料理でのもてなしは、愛する人を送りだす。玉の盃は、立派な客を迎える。 
乗り物に乗って、ひとたび東と西に別れ去れば。別れた後、今日のこの夕べのおもてなしを懐かしく思い出してください。 


金谷聚
渠碗(きょわん) 佳人を 送り,玉杯 上客を 邀(むか)ふ。
車馬 一(ひとたび) 東西にせられ,別後 今夕を 思はん。


金谷聚
楽府相和歌辞・楚調曲。『古詩源』巻十二にも録されている。


渠碗送佳人、玉杯邀上客。
大きいお椀の料理でのもてなしは、愛する人を送りだす。玉の盃は、立派な客を迎える。 
・渠:大きい ・送:送別する。 ・佳人:美人。愛する人、情人。友人。・玉杯:玉(ぎょく)の盃。飲み物、お酒をいう。 ・邀:〔よう〕むかえる。 ・上客:立派な客人。すぐれた人。


車馬一東西、別後思今夕。
乗り物に乗って、ひとたび東と西に別れ去れば。別れた後、今日のこの夕べのおもてなしを懐かしく思い出してください。 
・車馬:乗り物。乗り物に乗って行くこと。 ・一:ひとたび。 ・東西:東と西に別れ去る。・別後:別れたあと。 ・思:懐かしく思い出す。 ・今夕:今日のこの夕べ。


李白の詩 連載中 7/12現在 75首

2011・6・30 3000首掲載
漢文委員会 ホームページ それぞれ個性があります。
kanbuniinkai2ch175natsu07ZERO
pla01geocitydwt05ch175
nat0017176sas00121205

李商隠の女詞特集ブログ連載中
burogutitl185李商隠 毎日書いています。

 李白の漢詩特集 連載中
kanshiblog460李白 毎日書いています。


同王主薄有所思

佳期期未歸,望望下鳴機。
徘徊東陌上,月出行人稀。


逢瀬の約束をして待っているのに、まだ来てくれない。 こんなにも切なくてやりきれないハタを織るのをやめた。東の方の道の辺りを行ったり来たりさまよい歩く。 月が東の方から出てくる宵になると、道を行く人の姿は、まれになる。 

同王主薄有所思
王主薄の 思ふ所有りに 同す
佳期 期すれども  未だ歸らず,
望望として  鳴機を 下(くだ)る。
徘徊す  東陌の上,
月 出でて  行人 稀(まれ)なり。


同王主薄有所思
王主薄の作った「有所思」に和して作る。楽府相和歌辞・楚調曲。『古詩源』巻十二にも録されている。

佳期期未歸、望望下鳴機
逢瀬の約束をして待っているのに、まだ来てくれない。 こんなにも切なくてやりきれないハタを織るのをやめた。
・佳期  美人と約束をして会うこと。男女が日時を決めて会うこと。よい時節。逢瀬の約束。(本ブログ7/6李白53大堤曲にまったく同じにつかう。) ・期 会う。待ちもうける。契る。約束する。 ・未歸 (男性がまだやって来ない。 ・歸 来てくれる。かえる。・望望:失意のさま。恥じるさま。去って顧みないさま。思い慕うさま。 ・下:やめる。おりる。 ・鳴機:ハタを(音を立てて)織る。ハタを織るは男女のことを連想する道具。

徘徊東陌上、月出行人稀
東の方の道の辺りを行ったり来たりさまよい歩く。 月が東の方から出てくる宵になると、道を行く人の姿は、まれになる。  
・徘徊:行ったり来たりする。さまよい歩く。 ・東陌:東の方の道。 ・陌:東西に通ずるあぜ道。 ・上:かたわら。ほとり。…で。…に。漠然と場所を指す。・月出:月が東の方から出る。宵になること。 ・行人:道を行く人。旅人。 ・稀:まれである。


太堤曲で「大堤の下で逢うことを約束したのに来てくれない、南の空の雲をみると、涙がすぐにもこみあげてくる。」この詩で、「こんなにも切なくてやりきれないハタを織るのをやめた」。
心情は同じである。佳期について、結婚の時期という解釈もあるが、この時代は、女性のことを詠うのは、貴族、王族の本人か、各階層の芸妓についてしか詩にしないのが原則だ。地方政府の営む芸妓が貴族屋敷の芸妓のなる約束があった。それを守ってくれないという意味では広く考えて嫁入りといえるかもしれない。ここは約束すっぽかされて失望した芸妓について詠っているとしたほうがよい。この詩を受けて、李白が襄陽の大堤の花街の女性の「佳期」を詠ったとみるべきである。



遊東田
戚戚苦無踪、攜手共行樂。
尋雲陟纍榭、隨山望菌閣。
遠樹曖仟仟、生煙紛漠漠。
魚戲新荷動、鳥散餘花落。
不對芳春酒、還望青山郭。


憂愁深く楽しみの無いのに苦しみ、友と手を携えて一緒に山野を行楽する
雲の高さを尋ねては幾重にも重なる高殿に登り、山道をたどっては美しい楼閣を遠くに眺める
遠くの木々はぼんやりとかすみつつ生い茂り、わき上がる靄は果てしなく広がっている
魚が戯れつつ泳ぐと 芽生えたばかりのハスの葉が動き、鳥が木から飛び立つと 春の名残の花は散り落ちる
芳しい春の酒には目もくれず。

戚戚(せきせき)として踪(ゆくえ)無きに苦しみ、手を携へて共に行楽す。
雲を尋ねて累榭に陟(のぼ)り、山に随(したが)ひて菌閣を望む、
遠樹 曖として仟仟(せんせん)、生煙 紛として漠漠
魚戯れて 新荷動き、鳥散じて 余花落つ
対(むか)はず 芳春の酒、還(かへ)って望む 青山の郭


戚戚苦無踪、攜手共行樂。
憂愁深く楽しみの無いのに苦しみ、友と手を携えて一緒に山野を行楽する
○戚戚 戚:みうち。ひどく悲しむ。心痛める。 ○踪 足跡。ゆくえ。 ○攜手 手を携ぐ。

尋雲陟纍榭、隨山望菌閣
雲の高さを尋ねては幾重にも重なる高殿に登り、山道をたどっては美しい楼閣を遠くに眺める
○陟 のぼる 昇進する。 ○纍榭 幾重にも重なる高殿 ・纍:つらなる ・榭:屋根のある見張り台 高殿  ○菌閣 丸い飾りのついた楼閣。


遠樹曖仟仟、生煙紛漠漠。
遠くの木々はぼんやりとかすみつつ生い茂り、わき上がる靄は果てしなく広がっている
○仟仟 草木が生い茂っていること。  ○漠漠 広々と果てしないさま。ぼんやりしてはっきりしていない。

魚戲新荷動、鳥散餘花落。
魚が戯れつつ泳ぐと 芽生えたばかりのハスの葉が動き
鳥が木から飛び立つと 春の名残の花は散り落ちる


不對芳春酒、還望青山郭。
芳しい春の酒には目もくれず
振り返って青い山々の先にある街を望む
○春酒 新酒のできたて。 ○青山郭 い山々の先にある街。


謝靈運      *385~433年 南朝の宋の詩人。
 東陽谿中贈答           
可憐誰家婦,淥流洗素足。
明月在雲間,迢迢不可得。


可愛らしいのは、どの家にいる婦人か、澄み切った流に、白い足を洗っている。
明月は、雲のむこうにあるもの、遥か彼方の存在だから、手にいれることはできない。


東陽谿中 贈答
憐れむ 可(べし)  誰(た)が家の 婦(おんな)ぞ,淥流(ろくりゅう)に 素足を 洗ふ。
明月  雲間に 在り,迢迢(ちょうちょう)として  得 可(べ)からず。


可憐誰家婦、縁流洗素足。
可愛らしいのは、どの家にいる婦人か、澄み切った流に、白い足を洗っている。
・可憐 愛すべき。可愛らしい。 ・誰家 どこの。 ・婦 おんな。 ・淥流:谷川の流れに沿って。 ・洗 あらう。 ・素足 白い足。 ・素:白い。


明月在雲間、迢迢不可得。
明月は、雲のむこうにあるもの、遥か彼方の存在だから、手にいれることはできない。 
・明月 澄みわたった月。 ・雲間:雲の間。 ・迢迢 (ちょうちょう) 遥か。遠い。高い。 ・不可得 得ることができない。



班婕妤と蘇小小


班婕妤 〔はんしょうよ〕三国時代の少し前、おおよそ2世紀中ごろ、中国・前漢成帝の愛人。成帝の寵愛を得たが、後に趙飛燕に愛顧を奪われ、大后を長信宮に供養することを理由に退いた。失寵した女性の象徴として、王維らの詩の主題にあつかわれることが多い。 ・婕妤:〔しょうよ〕漢代宮中の女官の一。=倢伃。

班婕妤 怨詩


怨詩  
新裂齊紈素,皎潔如霜雪。
裁爲合歡扇,團團似明月。
出入君懷袖,動搖微風發。
常恐秋節至,涼風奪炎熱。
棄捐篋笥中,恩情中道絶。

---
  新たに裂きやぶっているのは斉の国産の白い練り絹、練り絹の穢れない清い白さは、霜や雪のようだ。
裁断して、合歡の扇を作っている。丸くして明月のようにしたわ。
あなたさまの胸ふところやソデに出たり入ったりしたい。搖動かして、そよ風を起こすの。
でもいつも秋の季節が来ることを恐れているの。涼しい風が、この情熱を奪ってしまうから。
捨てられる、籠の中になげすてられるわ。私への愛が、もう絶えてしまったの。
---

怨詩
新たに 齊の 紈素を 裂けば,皎潔にして  霜雪の 如し。
裁ちて 合歡の扇と 爲せば,團團として  明月に 似たり。
君が懷袖に  出入し,動搖すれば  微風 發す。
常に恐らくは  秋節の至りて,涼風  炎熱を 奪ひ。
篋笥の中に  棄捐せられ,恩情  中道に 絶えんことを。


怨詩
『古詩源』では『怨歌行』とする。相和歌辞・楚調曲。同様の趣に 、謝朓の『玉階怨』「夕殿下珠簾,流螢飛復息。長夜縫羅衣,思君此何極。」や、 李白の『怨情』「美人捲珠簾,深坐嚬蛾眉。但見涙痕濕,不知心恨誰。」


新裂齊紈素、皎潔如霜雪。
新たに裂きやぶっているのは斉の国産の白い練り絹、練り絹の穢れない清い白さは、霜や雪のようだ。
・新:あらたに。 ・裂:さきやぶる。さきはなす。 ・齊:国の名。斉の国に産する(紈素)。  ・紈素:〔がんそ〕白い練り絹。 ・皎潔:〔こうけつ〕白くて穢れなく清いさま。純潔。純白。「皎潔」を「鮮潔」ともする。 ・如:…のようである。 ・霜雪:霜や雪のように潔白な喩え。


裁爲合歡扇、團團似明月。
裁断して、合歡の扇を作っている。丸くして明月のようにしたわ。 
・裁爲:裁断して…とする。…と裁断する。 ・合歡扇:あわせおうぎ。細い絹で作ったもので、両面から張り合わせているもの。ここでは、自分を円くて潔白な扇におきかえたい、という願いでもある。「含桃已中食,郞贈合歡扇。」 ・合歡:喜びをともにする。夫婦が同棲する。・團團:丸いさま。「団円」で家族や夫婦の憩いの集いをも暗示する。 ・似:…に似ている。 ・明月:清らかに澄んだ月。


出入君懷袖、動搖微風發。
あなたさまの胸ふところやソデに出たり入ったりしたい。搖動かして、そよ風を起こすの。 
・出入:出たり入ったりする。 ・君懷袖:貴男の胸ふところやソデに(出たり入ったりして)。・動搖:ゆりうごかす。 ・微風:そよ風。 ・發:起きる。


常恐秋節至、涼風奪炎熱。
でもいつも秋の季節が来ることを恐れているの。涼しい風が、この情熱を奪ってしまうから。
 ・常恐:常恐:いつも(…を)おそれる。「常恐」がかかるのは、「秋節至,涼風奪炎熱。棄捐篋笥中,恩情中道絶。」の部分になる。 ・秋節:秋の季節。 ・至:くる。なる。
 ・涼風:涼しい風。「涼風」「涼飆」ともする。同義。 ・奪:うばう。 ・炎熱:きびしい夏の暑さ。炎暑。
 * ここでは、班妤が趙飛燕姉妹のために逐われたことをいう。


棄捐篋笥中、恩情中道絶。
捨てられる、籠の中になげすてられるわ。私への愛が、もう絶えてしまったの。
 ・棄捐 〔きえん〕すてる。すてられる。 ・篋笥 〔きょうし〕はこ。小箱。竹で編んだ小箱や竹・葦で編んだ方形の籠。ここでは、屑籠のような物になる。 ・中:…の中に。 ・恩情:ここでは、帝王の寵愛。 ・中道:中途。途中。 ・絶:たえる。



錢唐 蘇小(蘇小小)

蘇小小  西陵歌

妾乘油壁車,郞乘靑驄馬。
何處結同心、西陵松柏下。


わたくしは、赤い色をした轎に乗り。あなたさまは、あし毛の馬に乗っている。
どこで、契りを交わしましょうか。西陵の松柏の下で(契りましょう)。


西陵歌
妾(わたくし)は  油壁の車に 乘り,郞(あなた)は  靑の驄馬に 乘る。
何處(いづこ)にか  同心を 結ばん、西陵の  松柏の下(もと)。


蘇小小 南斉(南齊)時代、謝朓と同時期、銭塘の名妓。才色兼備の誉れが高かった。現・浙江省杭州市、「銭塘」のこと。唐代に「唐」字を避けて「錢唐」を「銭塘」とした。白楽天、杜牧、羅隱も詩の中に詠う。

妾乘油壁車、郞乘靑驄馬。
わたしは、赤い色をした轎に乗り。貴男は、あし毛の馬に乗っている。 
・妾 わたし。わたしめ。女性の謙譲を表す一人称。 ・乘 のる。 ・油壁車 赤い色をした漆塗りの轎。駕籠。 ・郞 貴男。 ・靑驄馬 葦毛の馬。青、白の毛の混じった馬。


何處結同心、西陵松柏下。
どこで、契りを交わしましょうか。西陵の松柏の下で(契りましょう)。 
・何處 どこで。 ・結同心 男女が契りを交わす。・西陵:地名。現・杭州の銭塘江の東の蕭山市。 ・松柏下:松や柏(はく。コノテガシワ)の繁っている木の下。松柏は、常緑樹で、変わらぬ誓いともとれ、また、墓場の樹木でもあり、偕老同穴の誓いともとれる。