尋高鳳石門山中元丹邱 李白236 Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白特集350 -234-#3
(高鳳石門山中の元丹丘を尋ぬ)

751年 李白は、葉州(河南省平頂山市葉県)の石門山(別名、西唐山)に道教の先輩元丹邱を訪ねている。元丹邱は嵩山の山居から石門山に移っていたようだ。
 事前の約束もせずに突然この地を尋ねていったようだ。山路に難渋するようすが描かれている。

尋高鳳石門山中元丹邱 李白 Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白特集350 -234-#1
尋高鳳石門山中元丹邱 李白 Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白特集350 -234-#2
尋高鳳石門山中元丹邱 李白 Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白特集350 -234-#3



尋高鳳石門山中元丹邱
尋幽無前期、 乘興不覺遠。
蒼崖渺難涉、 白日忽欲晚。
未窮三四山、 已歷千萬轉。』-#1
寂寂聞猿愁、行行見云收。
高松來好月、空谷宜清秋。
溪深古雪在、石斷寒泉流。』-#2
峰巒秀中天、登眺不可盡。
高く突き出たような峰、大空の真ん中まで秀でている。登って眺めたいがとても登れるものではないということだ。
丹邱遙相呼、顧我忽而哂。
突然、元丹丘が遥か向こうから声をかけてきた、私を見てうなずきそしてにこやかに笑いかけてきた。
遂造窮谷間、始知靜者閑。
ついに来るところまで来たようだ、そのまま谷合いの奥まったところに行き着いた、そこで、はじめて隠者の静かな生活を知ることになった。
留歡達永夜、清曉方言還。』-#3

その日は永い夜を過ごし、夜を徹して歓談したのだ。 その談笑の達成感で清々しい朝を迎えた、やっと、言葉を交わすことから詩を書くことに変わっていくのである。


○ 遠。晚。轉。/愁、秋。流。/天、盡。哂。閑。還。


#1
幽(ゆう)を尋ねて前期(ぜんき)無く、興(きょう)に乗じて遠きを覚(おぼ)えず。
蒼崖(そうがい)  渺(びょう)として渉(わた)り難く、白日(はくじつ)  忽ち晩(く)れんと欲す。
未だ三四山(さんしざん)を窮(きわ)めず、已(すで)に歴(へ)たり  千万転(せんまんてん)。』
#2
寂寂(せきせき)として  猿の愁うるを聞き、行行(こうこう)  雲の収まるを見る。
高松(こうしょう) 好月(こうげつ)来たり、空谷(くうこく)  清秋(せいしゅう)に宜(よろ)し。
渓(たに)深くして古雪(こせつ)在り、石断(た)たれて寒泉(かんせん)流る。』
#3
峰巒(ほうらん)  中天(ちゅうてん)に秀(ひい)で、登眺(とうちょう)  尽(つ)くす可からず。』
丹邱(たんきゅう) 遥かに相(あい)呼び、我を顧みて  忽(こつ)として哂(わら)う。
遂に窮谷(きゅうこく)の間(かん)に造(いた)り、始めて静者(せいじゃ)の閒(かん)なるを知る。
留歓(りゅうかん)  永夜(えいや)に達し、清暁(せいぎょう)  方(まさ)に言(ここ)に還(いた)る。』

DCF00199

尋高鳳石門山中元丹丘 #3 現代語訳と訳註
(本文) #3
峰巒秀中天、登眺不可盡。
丹邱遙相呼、顧我忽而哂。
遂造窮谷間、始知靜者閑。
留歡達永夜、清曉方言還。』-#3


(現代語訳)
高く突き出たような峰、大空の真ん中まで秀でている。登って眺めたいがとても登れるものではないということだ。
突然、元丹丘が遥か向こうから声をかけてきた、私を見てうなずきそしてにこやかに笑いかけてきた。
ついに来るところまで来たようだ、そのまま谷合いの奥まったところに行き着いた、そこで、はじめて隠者の静かな生活を知ることになった。
その日は永い夜を過ごし、夜を徹して歓談したのだ。 その談笑の達成感で清々しい朝を迎えた、やっと、言葉を交わすことから詩を書くことに変わっていくのである。


(訳註)
峰巒秀中天、登眺不可盡。

高く突き出たような峰、大空の真ん中まで秀でている。登って眺めたいがとても登れるものではないということだ。
峰巒 高く突き出たような峰。○秀中天 大空の真ん中まで秀でている。 


丹邱遙相呼、顧我忽而哂。
突然、元丹丘が遥か向こうから声をかけてきた、私を見てうなずきそしてにこやかに笑いかけてきた。
忽而哂 ・忽:たちまち ゆるがせ1 たちまち。「忽焉(こつえん)・忽然」 2 おろそか。「忽略/軽忽・粗忽」
・「哂」=微笑する。歯を出してにっこりわらう。「笑」=顔がほどけて口が開いてわらう。花の開くのもいう。「嗤」=あざけりわらう。


遂造窮谷間、始知靜者閑。
ついに来るところまで来たようだ、そのまま谷合いの奥まったところに行き着いた、そこで、はじめて隠者の静かな生活を知ることになった。
遂造 ついに来るところまで来たさま。・造1 物をこしらえる。つくる。2 なす。行う。3 ある所まで行きつく。至る。4 急であわただしい。いたる・なり○靜者閑 静者が閑散としたところにいる。静かなものが静かな中にいる。静者は隠遁者、元丹邱。道教の道士は隠遁をして、「気」、万物を大事にする。自然を大切にする。あるがままなすがままの生活をするのである。


留歡達永夜、清曉方言還。』
その日は永い夜を過ごし、夜を徹して歓談したのだ。 その談笑の達成感で清々しい朝を迎えた、やっと、言葉を交わすことから詩を書くことに変わっていくのである。
留歡 再会の喜びが続いているさま。○達永夜 夜遅くまでがさらに続くことのさま。○清曉 夜を徹して歓談したのだ。その達成感で清々しい朝を迎えたことをあらわす。○方言還 言葉を交わしたことから詩を書くことに変わっていくさま。


----------------------------------------------
尋高鳳石門山中元丹邱 李白236

尋高鳳石門山中元丹邱
尋幽無前期、 乘興不覺遠。
蒼崖渺難涉、 白日忽欲晚。
未窮三四山、 已歷千萬轉。』-#1
寂寂聞猿愁、行行見云收。
高松來好月、空谷宜清秋。
溪深古雪在、石斷寒泉流。』-#2
峰巒秀中天、登眺不可盡。
丹邱遙相呼、顧我忽而哂。
遂造窮谷間、始知靜者閑。
留歡達永夜、清曉方言還。』-#3


#1
幽(ゆう)を尋ねて前期(ぜんき)無く、興(きょう)に乗じて遠きを覚(おぼ)えず。
蒼崖(そうがい)  渺(びょう)として渉(わた)り難く、白日(はくじつ)  忽ち晩(く)れんと欲す。
未だ三四山(さんしざん)を窮(きわ)めず、已(すで)に歴(へ)たり  千万転(せんまんてん)。』
#2
寂寂(せきせき)として  猿の愁うるを聞き、行行(こうこう)  雲の収まるを見る。
高松(こうしょう) 好月(こうげつ)来たり、空谷(くうこく)  清秋(せいしゅう)に宜(よろ)し。
渓(たに)深くして古雪(こせつ)在り、石断(た)たれて寒泉(かんせん)流る。』
#3
峰巒(ほうらん)  中天(ちゅうてん)に秀(ひい)で、登眺(とうちょう)  尽(つ)くす可からず。』
丹邱(たんきゅう) 遥かに相(あい)呼び、我を顧みて  忽(こつ)として哂(わら)う。
遂に窮谷(きゅうこく)の間(かん)に造(いた)り、始めて静者(せいじゃ)の閒(かん)なるを知る。
留歓(りゅうかん)  永夜(えいや)に達し、清暁(せいぎょう)  方(まさ)に言(ここ)に還(いた)る。』


(現代語訳)
心の許せる先輩に逢いたい気持ちを止めることができないでこんな奥まった静かなところまで前もっての 約束しないで来てしまった、途中の景色にも風流の趣があり、ノリノリになって遠いことなど全然気にならない。
切立った巌場に苔が生えており、その森がいつまでも続いていて歩くのに難儀をする。なかなかいきつかず真昼の太陽ももはや暮れようとしはじめている。
幾つかの山々を越え行き着くところに来たわけでもないのに、千回も万回も曲りくねったところを登ってきたような気がする。

まわりがさびしく気持ちまで寂しくなっていると、悲しげな猿の声を聞こえてくる、道をそのまま進んでいると雲がいつの間にか消えてゆくのが目に入る。
高い所にすっと立っている松の上にわたしの趣向によく合う綺麗な月が昇ってきた、人けのない谷というものは これほどの清々しい秋にふさわしいというものだ。
どこまでも続く奥深い渓谷、里では融けているのに残雪がある。岩の裂け目から、その融けた冷たい水が流れ出ている。
高く突き出たような峰、大空の真ん中まで秀でている。登って眺めたいがとても登れるものではないということだ。

高く突き出たような峰、大空の真ん中まで秀でている。登って眺めたいがとても登れるものではないということだ。
突然、元丹丘が遥か向こうから声をかけてきた、私を見てうなずきそしてにこやかに笑いかけてきた。
ついに来るところまで来たようだ、そのまま谷合いの奥まったところに行き着いた、そこで、はじめて隠者の静かな生活を知ることになった。
ついに来るところまで来たようだ、そのまま谷合いの奥まったところに行き着いた、そこで、はじめて隠者の静かな生活を知ることになった。
その日は永い夜を過ごし、夜を徹して歓談したのだ。 その談笑の達成感で清々しい朝を迎えた、やっと、言葉を交わすことから詩を書くことに変わっていくのである。

blogram投票ボタン

毎日それぞれ一首(長詩の場合一部分割掲載)kanbuniinkai紀 頌之の漢詩3ブログ
05rihakushi350

李白詩350首kanbuniinkai紀頌之のブログ

700Toho shi

kanbuniinkai11の頌之漢詩 杜甫詩700首


800tousouSenshu
kanbuniinkai10 頌之の漢詩 唐宋詩人選集 Ⅰ李商隠150首



burogutitl770
http://kanshi100x100.blog.fc2.com/