自代内贈 #2 李白 240 Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白特集350 -239―#2

李白が妻に代って詠じた詩である。


自代内贈 #1 李白 Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白特集350 -239-#1
自代内贈 #2 李白 Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白特集350 -239-#2
自代内贈 #3 李白 Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白特集350 -239-#3



自代內贈
寶刀截流水。無有斷絕時。妾意逐君行。纏綿亦如之。」
別來門前草。秋黃春轉碧。掃盡更還生。萋萋滿行跡。
鳴鳳始相得。雄驚雌各飛。」―#1
游云落何山。一往不見歸。
鳳凰も帰るところがあり、大空に浮んでいる雲もどこかの山のいわやの中に隠遁していく、でも、あなたはいったん旅に出ていくと帰ってくるということを全くしないのです。
估客發大樓。知君在秋浦。
先日、旅の行商人に聞いたところによると大楼山を出発したということだった、それで、あなたが秋浦にいるということを知ったのです。
梁苑空錦衾。陽台夢行雨。
あなたとの梁苑での二人だけの暮らしというのがむなしい気がします、朝廷につかえ、官僚として十分な働きをすることは夢です。
妾家三作相。失勢去西秦。
わたしの実家は則天武后の治世に三度宰相になった宗氏です、その後は、政権の交代で勢を失って長安を去ったのです。
猶有舊歌管。淒清聞四鄰。」―#
2
しかし、いまでもなお古くからの詩歌、歌人、笛、管楽器をするものがおります、卓越してすずしく清い音をたてているということは天下に知られているのです。
曲度入紫云。啼無眼中人。妾似井底桃。開花向誰笑。
君如天上月。不肯一回照。 窺鏡不自識。別多憔悴深。
安得秦吉了。為人道寸心。」―#3

時。之。/碧。跡。飛。/歸。浦。雨。秦。鄰。/云。人。/笑。照。/深。心。

自ら内に代りて贈る

#-1
宝刀流水を截(た)つとも、断絶の時あるなし。
妾が意 君を逐うて行く、纏綿(てんめん)またかくのごとし。
別れてこのかた門前の草 秋は黄に春はまた碧(みどり)なり。
掃い尽せば更にまた生じ 萋萋(せいせい)として行跡に満つ。
鳴鳳 はじめあい得しが 雄驚いて雌おのおの飛ぶ。

#-2
遊雲いづれの山にか落つ 一たび往いて帰るを見ず。
估客大楼を発し 知る 君が秋浦にあるを。
梁苑むなしく錦衾 陽台 行雨を夢む。
妾が家は三たび相となりしが 勢を失って西秦を去る。
なほ旧歌管あり 凄清 四鄰に聞ゆ。

#-3
曲度(キョクド)  紫雲に入り 啼いて眼中の人なし。
妾は井底の桃のごとく 花を開けども誰に向ってか笑まむ。
妾は井底の桃のごとく 花を開けども誰に向ってか笑まむ。
君は天上の月のごとく あへて一たびも廻照せず。
鏡を窺ふもみづからも識らず 別多くして憔悴(ショウスイ)深し。
いづくんぞ秦吉了 人のために寸心を道(い)はしめん。

宮島(3)

自代内贈 #2 現代語訳と訳註
(本文)

游云落何山。一往不見歸。
估客發大樓。知君在秋浦。
梁苑空錦衾。陽台夢行雨。
妾家三作相。失勢去西秦。
猶有舊歌管。淒清聞四鄰。」―#2

(下し文)
遊雲いづれの山にか落つ 一たび往いて帰るを見ず。
估客大楼を発し 知る 君が秋浦にあるを。
梁苑むなしく錦衾 陽台 行雨を夢む。
妾が家は三たび相となりしが 勢を失って西秦を去る。
なほ旧歌管あり 凄清 四鄰に聞ゆ。

(現代語訳)
鳳凰も帰るところがあり、大空に浮んでいる雲もどこかの山のいわやの中に隠遁していく、でも、あなたはいったん旅に出ていくと帰ってくるということを全くしないのです。
先日、旅の行商人に聞いたところによると大楼山を出発したということだった、それで、あなたが秋浦にいるということを知ったのです。
あなたとの梁苑での二人だけの暮らしというのがむなしい気がします、朝廷につかえ、官僚として十分な働きをすることは夢です。
わたしの実家は則天武后の治世に三度宰相になった宗氏です、その後は、政権の交代で勢を失って長安を去ったのです。
しかし、いまでもなお古くからの詩歌、歌人、笛、管楽器をするものがおります、卓越してすずしく清い音をたてているということは天下に知られているのです。


(訳注)#-2
游云落何山。一往不見歸。

鳳凰も帰るところがあり、大空に浮んでいる雲もどこかの山のいわやの中に隠遁していく、でも、あなたはいったん旅に出ていくと帰ってくるということを全くしないのです。
遊雲 大空に浮んでいる雲。昔から、中国では雲は巌谷の割れ目、奥まったところから発生し、また楚聲帰っていくとされて絲ことを踏まえる。○一往 ひとたび旅に出ていくこと。


估客發大樓。知君在秋浦。
先日、旅の行商人に聞いたところによると大楼山を出発したということだった、それで、あなたが秋浦にいるということを知ったのです。
估客 行商人。○大樓 秋浦の北の大楼山。


梁苑空錦衾。陽台夢行雨。
あなたとの梁苑での二人だけの暮らしというのがむなしい気がします、朝廷につかえ、官僚として十分な働きをすることは夢です。
梁苑 前漢の文帝の子、景帝の弟、梁孝王劉武が築いた庭園。現在の河南省商丘市東南5kmに在った、と考えられる。この句により、開封にいた妻4人目の妻であることがわかる。○錦衾 きんきん にしきのふすま。李白たちの閨。○陽台 朝廷、政治の中心でつかさどる。 ○行雨 朝廷につかえ、官僚として十分な働きをするさま。


妾家三作相。失勢去西秦。
わたしの実家は則天武后の治世に三度宰相になった宗氏です、その後は、政権の交代で勢を失って長安を去ったのです。
三作相 則天武后の治世に三度宰相になった宗○失勢 則天武后が病死をすると王朝は、政権争いになり、玄宗のクーデターで様変わりしたため、それまでの高級官僚は排斥されたことを言う。○西秦 西都長安のこと


猶有舊歌管。淒清聞四鄰。」
しかし、いまでもなお古くからの詩歌、歌人、笛、管楽器をするものがおります、卓越してすずしく清い音をたてているということは天下に知られているのです。
舊歌管 古くからの詩歌、歌人、笛、管楽器をするものがおり淒清聞 すずしく清い音をたてて。○四鄰:四隣。四囲の国。周り。周囲。