盛唐詩 宿天台桐柏觀#1 孟浩然<32> Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白特集350 -339



孟浩然の道教の詩

盛唐詩 舟中曉望 孟浩然 Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白特集350 -332

盛唐詩 將適天臺,留別臨安李主簿 孟浩然26 Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白特集350 -333

盛唐詩 寄天台道士 孟浩然<27> Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白特集350 -334

盛唐詩 越中逢天臺太乙子 孟浩然<29> Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白特集350 -336


宿天台桐柏觀
桐柏観
尋天台山



宿天台桐柏觀孟浩然(天台の桐柏觀に宿す)

☆唐百、方外志巻二八、全唐詩巻159_28 「宿天臺桐柏觀」孟浩然

便宜上2分割して掲載

宿天台桐柏觀
#1
海行信風帆,夕宿逗雲島。
滄海の仙界にむかって、帆は風をうけてふくらみ、風にまかせて進んでいる。
緬尋滄洲趣,近愛赤城好。
はるかに隠者や神仙の趣のするこの土地にやって來る。船は進んで、赤城山のすばらしさを身近に愛でることができるようになる。
捫蘿亦踐苔,輟棹恣探討。
私は船から離れ、好き勝手にあたりを訪ねまわる、山中に分け入り、蔦をつかみ、また苔を踏んで自然にひたるのである。
息陰憩桐柏,采秀弄芝草。
秀でた華を摘んだり、薬草、霊芝を手にもてあそんだりする、そうして、木陰で休み、桐柏観で憩うのである。
鶴唳清露垂,雞鳴信潮早。

ここの自然は素晴らしく、それは鶴が声をあげ、清らかな露が滴るのである。この自然の時の経過は、鶏が鳴き、潮の流れが早さによってわかるのである。
#2
願言解纓紱,從此去煩惱。高步淩四明,玄蹤得三老。
紛吾遠遊意,學彼長生道。日夕望三山,雲濤空浩浩。

#1
海汎風帆に信【まか】せ、夕宿雲島に逗【とど】まる。
緬【はるか】に尋ぬ滄洲の趣、近くに愛す赤城の好きを。
蘿【かずら】を捫【ひ】き亦た苔を踐【ふ】み、棹を輟【と】めて窮討を恣【ほしいまま】にす。
陰に息み桐柏に憩【いこふ、秀を采りて芝草を弄ぶ。
鶴唳きて清露垂れ、鷄鳴きて信潮早し。
#2
言【われ】願はくば 纓紱【えいふつ】を解き、此より煩惱【ぼんのう】を去らん。
高歩して四明を凌ぎ、玄蹤に三老を得ん。
紛たるかな吾が遠遊の意、學ばんかな彼の長生の道。
日夕三山を望めば、雲濤【うんとう】空しく浩浩たり。


現代語訳と訳註
(本文) 宿天台桐柏觀

海行信風帆,夕宿逗雲島。
緬尋滄洲趣,近愛赤城好。
捫蘿亦踐苔,輟棹恣探討。
息陰憩桐柏,采秀弄芝草。
鶴唳清露垂,雞鳴信潮早。』

(下し文) #1
海汎風帆に信【まか】せ、夕宿雲島に逗【とど】まる。
緬【はるか】に尋ぬ滄洲の趣、近くに愛す赤城の好きを。
蘿【かずら】を捫【ひ】き亦た苔を踐【ふ】み、棹を輟【と】めて窮討を恣【ほしいまま】にす。
陰に息み桐柏に憩【いこふ、秀を采りて芝草を弄ぶ。
鶴唳きて清露垂れ、鷄鳴きて信潮早し。


(現代語訳)
滄海の仙界にむかって、帆は風をうけてふくらみ、風にまかせて進んでいる。
はるかに隠者や神仙の趣のするこの土地にやって來る。船は進んで、赤城山のすばらしさを身近に愛でることができるようになる。
私は船から離れ、好き勝手にあたりを訪ねまわる、山中に分け入り、蔦をつかみ、また苔を踏んで自然にひたるのである。
秀でた華を摘んだり、薬草、霊芝を手にもてあそんだりする、そうして、木陰で休み、桐柏観で憩うのである。
ここの自然は素晴らしく、それは鶴が声をあげ、清らかな露が滴るのである。この自然の時の経過は、鶏が鳴き、潮の流れが早さによってわかるのである。


(訳注)
宿天台桐柏觀

天台山の西部地域にある道観「桐柏觀」に宿をとった。
桐柏観 天台山の西部地域にある道観。呉孫権の創建になるなどの伝説があるが、確実なのは唐睿宗が司馬承禎のために重修したこと「天台山記」にみある。又承禎は玄宗に進言し、天台山に桐柏観と王屋山に陽台観を、そして五嶽に真君祠を建立したという。かつては、麓の天台観から登った先にあり、奥深い山奥に突然開けた仙境のような雰囲気をなしていたらしい。天台道教の中心であったが、現在はダムが造られて移転しており、周囲に荘厳な雰囲気はない。山中道観ではあるが、かなり大型の施設であり、唐代には外来者の宿泊施設になっていたのである。又、一般的に寺観、道教の祠は妓女の救済場所にもなっていたようだ。


海行信風帆,夕宿逗雲島。
滄海の仙界にむかって、帆は風をうけてふくらみ、風にまかせて進んでいる。
夕べには、雲の上の仙人の島に逗留する
○海行 天台山は仙界ということで捉えられていたので、神秘性、カリスマ性を持たせる語としている。ここでは、滄海を暗示させる。


緬尋滄洲趣,近愛赤城好。
はるかに隠者や神仙の趣のするこの土地にやって來る。船は進んで、赤城山のすばらしさを身近に愛でることができるようになる。
滄洲 実際の地名というよりは、水辺の土地をいい、隠者の住むところを象徴する。前聯の「海行」がかかる。謝眺『之宣城、出新林浦、向版橋』『文選』巻二七に「既懽懐禄情、復協滄州趣」(禄を得たいという心情にもかない、また隠遁したいという心にもかなうのだ)とある。李白『夜泊黄山聞殷十四呉吟』「朝来果是滄州逸、酤酒提盤飯霜栗。」『春日獨酌 二首 其二』「我有紫霞想、緬懷滄洲間。」


捫蘿亦踐苔,輟棹恣探討。
私は船から離れ、好き勝手にあたりを訪ねまわる、山中に分け入り、蔦をつかみ、また苔を踏んで自然にひたるのである。
○捫蘿、踐苔 蔦をつかみ、苔を践む、は、孫綽の賦にある天台山遊行の常套句。
孟浩然『寄天臺道士』
海上求仙客,三山望幾時。
焚香宿華頂,裛露采靈芝。
屢躡莓苔滑,將尋汗漫期。
倘因松子去,長與世人辭。
輟棹 棹をやめる、舟をすてる。船から離れること。この聯は倒句として読む。


息陰憩桐柏,采秀弄芝草。
秀でた華を摘んだり、薬草、霊芝を手にもてあそんだりする、そうして、木陰で休み、桐柏観で憩うのである。
息陰 木陰で休むこと。孟浩然の鹿門山に関する詩にはこの聯の思いは同じものである。
孟浩然『登鹿門山懐古』
清曉因興來,乘流越江峴。
沙禽近方識,浦樹遙莫辨。
漸至鹿門山,山明翠微淺。
岩潭多屈曲,舟楫屢回轉。
昔聞龐德公,采藥遂不返。
金澗餌芝朮,石床臥苔蘚。
紛吾感耆舊,結攬事攀踐。
隱跡今尚存,高風邈已遠。
白雲何時去,丹桂空偃蹇。
探討意未窮,回艇夕陽晚。
『田園作』『澗南即事,貽皎上人』『仲夏歸漢南園,寄京邑耆』『夏日辮玉法師茅齋』などイメージが同じものである。この聯も倒句として見る。


鶴唳清露垂,雞鳴信潮早。
ここの自然は素晴らしく、それは鶴が声をあげ、清らかな露が滴るのである。この自然の時の経過は鶏が鳴き、潮の流れが早さによってわかるのである。
鶴唳、鷄鳴 唳は鳥などが鳴く。鶴は風光明媚、自然に対するものをいい、鶏は時の経過によって生じることを詠うのである。○信潮 一定の間隔で必ず満干する潮。
この聯はSV構文である。



 minamo008
 宿天台桐柏觀
海行信風帆,夕宿逗雲島。
緬尋滄洲趣,近愛赤城好。
捫蘿亦踐苔,輟棹恣探討。
息陰憩桐柏,采秀弄芝草。
鶴唳清露垂,雞鳴信潮早。
願言解纓紱,從此去煩惱。
高步淩四明,玄蹤得三老。
紛吾遠遊意,學彼長生道。
日夕望三山,雲濤空浩浩。
海汎風帆に信【まか】せ、夕宿雲島に逗【とど】まる。
緬【はるか】に尋ぬ滄洲の趣、近くに愛す赤城の好きを。
蘿【かずら】を捫【ひ】き亦た苔を踐【ふ】み、棹を輟【と】めて窮討を恣【ほしいまま】にす。
陰に息み桐柏に憩【いこふ、秀を采りて芝草を弄ぶ。
鶴唳きて清露垂れ、鷄鳴きて信潮早し。
願はくは言【ここ】に纓紱【えいふつ】を解き、此より煩惱【ぼんのう】を去らん。
高歩して四明を凌ぎ、玄蹤に二老を得ん。
紛たるかな吾が遠遊の意、學ばんかな彼の長生の道。
日夕三山を望めば、雲濤【うんとう】空しく浩浩たり。

hinode0200

blogram投票ボタン

毎日それぞれ一首(長詩の場合一部分割掲載)kanbuniinkai紀 頌之の漢詩3ブログ
05rihakushi350

李白詩350首kanbuniinkai紀頌之のブログ

700Toho shi

kanbuniinkai11の頌之漢詩 杜甫詩700首

800tousouSenshu
kanbuniinkai10 頌之の漢詩 唐宋詩人選集 Ⅰ李商隠150首 Ⅱ韓退之(韓愈)Ⅶ孟郊
各詩人についてはブログ内の検索を利用したほうが良い場合もあります。
burogutitl770

http://kanshi100x100.blog.fc2.com/


唐宋詩 
(Ⅰ李商隠Ⅱ韓退之(韓愈))
李白詩INDEX02
李商隠INDEX02
杜甫詩INDEX02