登池上樓 #2 謝霊運<25>#2  詩集 396 kanbuniinkai紀 頌之漢詩ブログ1005

 

登池上樓#1
潛虯媚幽姿,飛鴻響遠音。
薄霄愧雲浮,棲川怍淵沉。
進德智所拙,退耕力不任。」
徇祿反窮海,臥痾對空林。
衾枕昧節候,褰開暫窺臨。
傾耳聆波瀾,舉目眺嶇嶔。』
#2
初景革緒風,新陽改故陰。
初春の景色は去年の秋冬の名残の風を改めている、新しい日の光が照り、去年の冬の名残りの陰気はすっかり改まっている。
池塘生春草,園柳變鳴禽。」
池の堤防にびっしり春の草が生えている、庭園の柳の梢に鳴いている小鳥たちも冬のものと違って聞こえてくる。
祁祁傷豳歌,萋萋感楚吟。
春の日あしはのどかにあるとした『詩経』の豳歌に心を痛め、さわさわとした草の茂りに『楚辞、招隠士』の「王孫遊びて帰らず、春草生じて萋萋たり。」ということに感動するのである。
索居易永久,離群難處心。
友と離れて病床につき一人引きこもってれば永久になりやすのだ、群から離れたら心を落ち着けることは難しい。
持操豈獨古,無悶徵在今。』

それでも志を持ち続ける節操として守り続けるのは一人古人だけだろうか、今の世に隠棲してよをのがれることができるなら、「無悶」の徴候は今ここに実証としてあるということなのだ。


(池の上の楼に登る)
潜【ひそ】める虻【みずち】は幽【ゆう】なる姿を媚【よろこ】び、飛ぶ鴻【おおとり】は遠き音を響かす。
空に留まりて雲に浮かぶを愧【は】じ、川に沈みて淵に沈むを怍【は】ず。
徳を進【みがか】んとするも智の拙なる所、耕を退かんとするに力任【た】えず。
禄に徇【したが】いて窮【さいは】ての海に及び、痾【あ】に臥し空林に対す。
衾【ねや】の枕とは節候【じせつ】に昧【くら】く、褰【かか】げて開きて暫く窺【うかが】い臨む。』
耳を傾けて波瀾を聆【き】き、目を挙げて嶇【たかき】嶔【そびえ】を眺むるのみ。
#2
初景【はつはる】は緒風を革【あらた】め、新陽は故き蔭【ふゆ】を改む。
池の塘【つつみ】は春の草生じ、園の柳に鳴く禽【とり】も変りぬ。
祁祁【ひとおお】きに豳【ひん】の歌に傷【いた】み、萋萋【せいせい】たる楚吟【そぎん】に感ず。
索居【ひとりい】は永久なり易く、群れを離れては心を處【しょ】し難し。
操を持するは豈ひとり古【いにしえ】のみ成らんや、悶【うれ】い無きの徵【しる】しは今に在り。


現代語訳と訳註
(本文)
#2
初景革緒風,新陽改故陰。
池塘生春草,園柳變鳴禽。」
祁祁傷豳歌,萋萋感楚吟。
索居易永久,離群難處心。
持操豈獨古,無悶徵在今。』


(下し文) #2
初景【はつはる】は緒風を革【あらた】め、新陽は故き蔭【ふゆ】を改む。
池の塘【つつみ】は春の草生じ、園の柳に鳴く禽【とり】も変りぬ。
祁祁【ひとおお】きに豳【ひん】の歌に傷【いた】み、萋萋【せいせい】たる楚吟【そぎん】に感ず。
索居【ひとりい】は永久なり易く、群れを離れては心を處【しょ】し難し。
操を持するは豈ひとり古【いにしえ】のみ成らんや、悶【うれ】い無きの徵【しる】しは今に在り。


(現代語訳)
初春の景色は去年の秋冬の名残の風を改めている、新しい日の光が照り、去年の冬の名残りの陰気はすっかり改まっている。
池の堤防にびっしり春の草が生えている、庭園の柳の梢に鳴いている小鳥たちも冬のものと違って聞こえてくる。
春の日あしはのどかにあるとした『詩経』の豳歌に心を痛め、さわさわとした草の茂りに『楚辞、招隠士』の「王孫遊びて帰らず、春草生じて萋萋たり。」ということに感動するのである。
友と離れて病床につき一人引きこもってれば永久になりやすのだ、群から離れたら心を落ち着けることは難しい。
それでも志を持ち続ける節操として守り続けるのは一人古人だけだろうか、今の世に隠棲してよをのがれることができるなら、「無悶」の徴候は今ここに実証としてあるということなのだ。


(訳注)
初景革緒風,新陽改故陰。

初春の景色は去年の秋冬の名残の風を改めている、新しい日の光が照り、去年の冬の名残りの陰気はすっかり改まっている。
初景 初春の景色。○緒風 秋冬の風の名残をいう。『楚辞』「九章」の「渉江」に、「乗鄂渚而反顧兮、欵秋冬之緒風。」(鄂渚に乗りて反顧すれば、ああ、秋冬の緒風なり。)とある。○革 あらたまる。革命、改革。「天地陰陽、不革而成。」『易経、革』「上六、君子豹変、小人革面」(上六、君子は豹変し、小人は面を革む。)四季の移り変わりのように自然と直ってゆくことを言う。年が改まり、去年の秋冬の風が初春の景色へと変わってゆくように、何かが新しく、正しく改革されてゆく。それは下から登ってきた陽気が去年の陰気に取って代わられてゆくからである。易では下の陽気が上昇し、陰気と入れ替わってゆくことで春が来る。初春は泰(上が坤で下が乾の卦)で表し、地面の上は去年から残る秋冬の風の陰気が「緒風」として残っているが、地面には既に陽気が登ってきて、春が来たのが感じられる。


池塘生春草,園柳變鳴禽。」
池の堤防にびっしり春の草が生えている、庭園の柳の梢に鳴いている小鳥たちも冬のものと違って聞こえてくる。
池塘生春草 南史に謝霊運は夢に族弟謝蕙連を見てこの名句を得たという。


祁祁傷豳歌,萋萋感楚吟。
春の日あしはのどかにあるとした『詩経』の豳歌に心を痛め、さわさわとした草の茂りに『楚辞、招隠士』の「王孫遊びて帰らず、春草生じて萋萋たり。」ということに感動するのである。
祁祁傷豳歌 『詩経、豳風【ひんのくにのうた】』「春日遅遅、采蔞祁祁。」(春の日は遅々として、蔞【よもぎ】采【と】るものは祁祁たり。)“春の日あしはのどかにある、白よもぎを摘む人もおびただしい。” ○萋萋感楚吟 楚辞招隠士篇に「王孫遊びて帰らず、春草生じて萋萋たり。」とあるのに心を動かす。萋萋は草の茂るさま。


索居易永久,離群難處心。
友と離れて病床につき一人引きこもってれば永久になりやすのだ、群から離れたら心を落ち着けることは難しい。
索居 友と離れて住む。 ○難処心 心を安んじ難い。


持操豈獨古,無悶徵在今。』
それでも志を持ち続ける節操として守り続けるのは一人古人だけだろうか、今の世に隠棲してよをのがれることができるなら、「無悶」の徴候は今ここに実証としてあるということなのだ。
持操豈獨古 荘子斉物論に「罔両(影の外にある輪郭)影を責めて曰く、我には子坐せり、今は子起てり、何ぞ其れ持操無きや」と。古だけであろうか。持操は今でもある志を持ち続ける。○無悶 易の乾の卦に「世を遯るれぱ悶無し」と。 ○徴在今 今も実証がある。自分で実証しよう。