古詩十九首之四 (4) 漢詩<91>Ⅱ李白に影響を与えた詩523 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1386

     
  同じ日のブログ 
     1386古詩十九首之四 (4) 漢詩<91>Ⅱ李白に影響を与えた詩523 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1386 
     1387琴操十首 (6)岐山操 周公為太王作 韓退之(韓愈)詩<72-(6)>Ⅱ中唐詩436 紀頌之の漢詩ブログ1387 
     1388秦州抒情詩(22) 病馬 杜甫 <307> kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1388 杜甫詩 700- 427 
   
 李商隠詩李商隠/韓愈韓退之(韓愈)・柳宗元・李煜・王安石・蘇東坡 
   2011/7/11李商隠 1 錦瑟 
      2011/7/11 ~ 2012/1/11 まで毎日掲載 全130首(187回) 
   2012/1/11 唐宋 Ⅰ李商隠187 行次西郊作一百韻  白文/現代語訳 (全文) 
     

盛宴に列して自己の貧賎を憤る自嘲の詩。


 古詩十九首 第四首  
今日良宴会、歓楽難具陳。
今日のよい宴会出席している、その歓楽の様子はくわしくは述べたくないというものだ。
弾筝奮逸響、新声妙入神。
それは台上にひく十三絃琴の音のすぐれたひびきを聞けば、新曲の妙は人間わざとも思えない。
令徳唱高言、識曲聴其真。
さて高徳の人がりっぱな歌詞を歌えば、曲を識る者にはその真意がわかる。
斉心同所願、含意倶未申。
今日の宴会はそうした良友のみを集められており、いわばみな同心の人で、その理想も同じであるが、その意はなかなか申される通りにはいかないものなのだ。
人生寄一世、奄忽若飆塵。
人のこの世に在るは風に吹かれる塵のようなもの、たちまち吹き飛ばされてしまうものなのだ。
何不策高足、先拠要路津。
どうして、自分の持つ才能を発揮し、まず要路の人に伝手を求めることである。
無為守窮賎、轗軻長苦心。
儒者はそういうことしないで貧賎を貫き通し、不遇のままにいつまでも苦労をするものである。

第四首(今日の良宴会)
今日の良宴会、歓楽は具【つぶさ】に陳【の】べ難し。
筝を弾いて逸響【いつきょう】を奮【るる】い、新声 の妙 神に入る。
令徳【れいとく】高言を唱【とな】へば、曲を識りて其の真を聴く。    
心を斉しくして願う所を同じくするも、意を含みて倶【とも】に未だ申べず。
人生 一世に寄せること、奄忽【えんこつ】として飆塵【ひょうじん】の若し。
何ぞ高足に策【むち】うちて、先づ要路の津に拠らずして。
無為に窮賎【きゅうせん】を守り、轗軻【かんか】長【とこしな】しえに苦心する。


現代語訳と訳註
(本文)
第四首  
今日良宴会、歓楽難具陳。
弾筝奮逸響、新声妙入神。
令徳唱高言、識曲聴其真。
斉心同所願、含意倶未申。
人生寄一世、奄忽若飆塵。
何不策高足、先拠要路津。
無為守窮賎、轗軻長苦心。


(下し文)
第四首(今日の良宴会)
今日の良宴会、歓楽は具【つぶさ】に陳【の】べ難し。
筝を弾いて逸響【いつきょう】を奮【るる】い、新声 の妙 神に入る。
令徳【れいとく】高言を唱【とな】へば、曲を識りて其の真を聴く。    
心を斉しくして願う所を同じくするも、意を含みて倶【とも】に未だ申べず。
人生 一世に寄せること、奄忽【えんこつ】として飆塵【ひょうじん】の若し。
何ぞ高足に策【むち】うちて、先づ要路の津に拠らずして。
無為に窮賎【きゅうせん】を守り、轗軻【かんか】長【とこしな】しえに苦心する。


(現代語訳)
今日のよい宴会出席している、その歓楽の様子はくわしくは述べたくないというものだ。
それは台上にひく十三絃琴の音のすぐれたひびきを聞けば、新曲の妙は人間わざとも思えない。
さて高徳の人がりっぱな歌詞を歌えば、曲を識る者にはその真意がわかる。
今日の宴会はそうした良友のみを集められており、いわばみな同心の人で、その理想も同じであるが、その意はなかなか申される通りにはいかないものなのだ。
人のこの世に在るは風に吹かれる塵のようなもの、たちまち吹き飛ばされてしまうものなのだ。
どうして、自分の持つ才能を発揮し、まず要路の人に伝手を求めることである。
儒者はそういうことしないで貧賎を貫き通し、不遇のままにいつまでも苦労をするものである。


(訳注)
第四首 
 
この詩は知音知己の良友が、楽しい宴会の感動から、短い人生の間に、互いに尊敬する人物が才能を発揮する機会も無く窮賤に苦しむことを惜しみ概いた詩である。


今日良宴会、歓楽難具陳。
今日のよい宴会出席している、その歓楽の様子はくわしくは述べたくないというものだ。


弾筝奮逸響、新声妙入神。
それは台上にひく十三絃琴の音のすぐれたひびきを聞けば、新曲の妙は人間わざとも思えない。
 十三絃琴。
逸響 優れた響き。
・妙入神 霊妙なる神秘性を感じる域にはいること。又は怪しく不思議な程,上手なこと。


令徳唱高言、識曲聴其真。
さて高徳の人がりっぱな歌詞を歌えば、曲を識る者にはその真意がわかる。
令徳 善良な徳を積んだ人柄のもの。儒者の人格。
高言 功徳を積んだものが詩に歌った優れた歌詞。


斉心同所願、含意倶未申。
今日の宴会はそうした良友のみを集められており、いわばみな同心の人で、その理想も同じであるが、その意はなかなか申される通りにはいかないものなのだ。


人生寄一世、奄忽若飆塵。
人のこの世に在るは風に吹かれる塵のようなもの、たちまち吹き飛ばされてしまうものなのだ。
奄忽 たちまち見えなくなる。
・飆塵 風に翻る塵。飆は暴風または旋風。


何不策高足、先拠要路津。
どうして、自分の持つ才能を発揮し、まず要路の人に伝手を求めることである。
高足 足の速い馬,転じて,才能を言う。
要路津 要路は権力者。大切な場所(政治上の地位))
 立場上優位な場所。地位,出世上の利用となるひと,


無為守窮賎、轗軻長苦心。
儒者はそういうことしないで貧賎を貫き通し、不遇のままにいつまでも苦労をするものである。
・轗軻 車が行き悩む事,物事のうまくいかないさま。不遇の意。