古詩十九首之六 (6) 漢詩<93>Ⅱ李白に影響を与えた詩525 漢文委員会紀頌之の漢詩ブログ1392


     
  同じ日のブログ 
     1392古詩十九首之六 (6) 漢詩<93>Ⅱ李白に影響を与えた詩525 漢文委員会 紀頌之の漢詩ブログ1392 
     1393琴操十首 (8)雉朝飛操 牧犢子七十無妻,見雉雙飛,感之而作 韓退之(韓愈)詩<74-(8)>Ⅱ中唐詩438 漢文委員会紀頌之の漢詩ブログ1393 
     1394秦州抒情詩(24) 銅瓶 杜甫 <309> 漢文委員会紀頌之の漢詩ブログ1394 杜甫詩 700- 429 
   
 李商隠詩李商隠/韓愈韓退之(韓愈)・柳宗元・李煜・王安石・蘇東坡 
   2011/7/11李商隠 1 錦瑟 
      2011/7/11 ~ 2012/1/11 まで毎日掲載 全130首(187回) 
   2012/1/11 唐宋 Ⅰ李商隠187 行次西郊作一百韻  白文/現代語訳 (全文) 
     

古詩十九首 第六首
涉江采芙蓉,蘭澤多芳草。
江水をわたって蓮の花をとるのである、蘭草の茂った沢があり、たくさんの芳しい草花が咲いている。
采之欲遺誰,所思在遠道。
それをとって誰におくろうというのか。わが思う人は遠い旅路にいったままなのだ。
還顧望舊鄉,長路漫浩浩。
ふりかえって故郷の方を眺めると、はてしもない長い路がひろびろと続いているのを見られるのだ。
同心而離居,憂傷以終老。

慕う思いは、同じ心の二人でありながら、離れはなれにくらしているのだ、そのため憂と悲しみにくれてついには老いこんでしまうというものだ。

pla051

現代語訳と訳註
(本文)
 第六首
涉江采芙蓉,蘭澤多芳草。
采之欲遺誰,所思在遠道。
還顧望舊鄉,長路漫浩浩。
同心而離居,憂傷以終老。


(下し文)
江を捗【わた】りて芙蓉【ふよう】を采る、蘭澤【らんたく】芳草【ほうそう】多し。
之を采りて誰にか遺【おく】らんと欲する、思ふ所は遠道【えんどう】に在り。
還【めぐ】り顧【かえりみ】て 旧郷を望めば、長路漫として浩浩たらん。
同心にして離屈【りきょ】せば、憂傷【ゆうしょう】して以て終に老いなん。


(現代語訳)
江水をわたって蓮の花をとるのである、蘭草の茂った沢があり、たくさんの芳しい草花が咲いている。
それをとって誰におくろうというのか。わが思う人は遠い旅路にいったままなのだ。
ふりかえって故郷の方を眺めると、はてしもない長い路がひろびろと続いているのを見られるのだ。
慕う思いは、同じ心の二人でありながら、離れはなれにくらしているのだ、そのため憂と悲しみにくれてついには老いこんでしまうというものだ。


(訳注)
第六首
第六首 芳草をとって思う人に遣るのは男女・夫婦の間に多いから、この詩も男女相愛の情を述べたもの。


涉江采芙蓉,蘭澤多芳草。
江水をわたって蓮の花をとるのである、蘭草の茂った沢があり、たくさんの芳しい草花が咲いている。
芙蓉 蓮花。『楚辞』離騒で、「芰荷以爲衣兮,集芙蓉以爲裳」(芰荷を製して以て衣と為し、芙蓉を集めて以て裳と為す)とうたわれ、高潔で孤高に生きる君子の袴とされた花。
 毎年花を咲かせる多年草です。河原や池の側など水辺に好んで自生するふじばかのこと。


采之欲遺誰,所思在遠道。
それをとって誰におくろうというのか。わが思う人は遠い旅路にいったままなのだ。


還顧望舊鄉,長路漫浩浩。
ふりかえって故郷の方を眺めると、はてしもない長い路がひろびろと続いているのを見られるのだ。
還顧 旋願、回敵に同じ。頭をめぐらしてかえりみること。
浩浩 ひろびろとしてほてなきさま。


同心而離居,憂傷以終老。
慕う思いは、同じ心の二人でありながら、離れはなれにくらしているのだ、そのため憂と悲しみにくれてついには老いこんでしまうというものだ。