古詩十九首之十一 漢の無名氏(11) 漢詩<98>Ⅱ李白に影響を与えた詩530 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1407

     
  同じ日のブログ 
     1407古詩十九首之十一 漢の無名氏(11) 漢詩<98>Ⅱ李白に影響を与えた詩530 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1407 
     1408記夢  韓退之(韓愈)詩<78-#1>Ⅱ中唐詩443 紀頌之の漢詩ブログ1408 
     1409秦州抒情詩(29) 秋日阮隠者致薤三十束 杜甫 <314> kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1409 杜甫詩 700- 434 
   
 李商隠詩李商隠/韓愈韓退之(韓愈)・柳宗元・李煜・王安石・蘇東坡 
   2011/7/11李商隠 1 錦瑟 
      2011/7/11 ~ 2012/1/11 まで毎日掲載 全130首(187回) 
   2012/1/11 唐宋 Ⅰ李商隠187 行次西郊作一百韻  白文/現代語訳 (全文) 
     

古詩十九首 第十一首
回車駕言邁,悠悠涉長道。
行く当てもなく車の向きをかえ、行く当てもなく馬に引かせてはるばる長い道をゆく。
四顧何茫茫,東風搖百草。
四方をかえりみるとはてしもない広野はぼうっとひろがる、春風はあたり一面の草々をゆり動かしている。
所遇無故物,焉得不速老。
そこここで出遇うものはもと見たものとおなじものが何一つないのだ、どういうものかわたしが老いてゆくのも道理なのだ。
盛衰各有時,立身苦不早。
人生に繁栄と衰退はつきものである。そういうことだから早く立身出世できないのは苦しいことなのだ。
人生非金石,豈能長壽考?
人は生まれながらにして金石のように堅固ではないのだから、どうしていつまでも長生きすることはできるというのか。
奄忽隨物化,榮名以為寶。
たちまち周囲の事物と同様に変化し、しぼうしてしまうのだから、それから後に残る名誉、名声が残ることだけが大切なのだ。

車を廻らして駕して言に邁【ゆ】き、悠悠として長道を涉る。
四顧すれば何ぞ茫茫たる、東風百草を搖【うご】かす。
遇ふ所 故物無し、焉んぞ速かに老いざるを得んや。
盛衰各おの時有り、立身早からざるを苦しむ。
人生は金石に非ず、豈能く長く寿考【じゅこう】ならんや。
奄忽【えんこつ】として物に隨って化す、栄名【えいめい】以て宝と爲さん。


現代語訳と訳註
(本文)
第十一首
回車駕言邁,悠悠涉長道。
四顧何茫茫,東風搖百草。
所遇無故物,焉得不速老。
盛衰各有時,立身苦不早。
人生非金石,豈能長壽考?
奄忽隨物化,榮名以為寶。


(下し文)
車を廻らして駕して言に邁き、悠悠として長道を涉る。
四顧すれば何ぞ茫茫たる、東風百草を搖【うご】かす。
遇ふ所 故物無し、焉んぞ速かに老いざるを得んや。
盛衰各おの時有り、立身早からざるを苦しむ。
人生は金石に非ず、豈能く長く寿考【じゅこう】ならんや。
奄忽【えんこつ】として物に隨って化す、栄名【えいめい】以て宝と爲さん。


(現代語訳)
行く当てもなく車の向きをかえ、行く当てもなく馬に引かせてはるばる長い道をゆく。
四方をかえりみるとはてしもない広野はぼうっとひろがる、春風はあたり一面の草々をゆり動かしている。
そこここで出遇うものはもと見たものとおなじものが何一つないのだ、どういうものかわたしが老いてゆくのも道理なのだ。
人生に繁栄と衰退はつきものである。そういうことだから早く立身出世できないのは苦しいことなのだ。
人は生まれながらにして金石のように堅固ではないのだから、どうしていつまでも長生きすることはできるというのか。
たちまち周囲の事物と同様に変化し、しぼうしてしまうのだから、それから後に残る名誉、名声が残ることだけが大切なのだ。


(訳注)
第十一首

・第十一首 志を得ないおのれを自らいましめて、名を後世に立てようと期する詩。


回車駕言邁,悠悠涉長道。
行く当てもなく車の向きをかえ、行く当てもなく馬に引かせてはるばる長い道をゆく。
廻車 車往く所なくして廻る。暗に致仕して出直す意味。
駕言 言は助字。「ここに」または「われ」と訓ず。


四顧何茫茫,東風搖百草。
四方をかえりみるとはてしもない広野はぼうっとひろがる、春風はあたり一面の草々をゆり動かしている。
東風 五行思想で春:東:青である。


所遇無故物,焉得不速老。
そこここで出遇うものはもと見たものとおなじものが何一つないのだ、どういうものかわたしが老いてゆくのも道理なのだ。


盛衰各有時,立身苦不早。
人生に繁栄と衰退はつきものである。そういうことだから早く立身出世できないのは苦しいことなのだ。


人生非金石,豈能長壽考?
人は生まれながらにして金石のように堅固ではないのだから、どうしていつまでも長生きすることはできるというのか。
非金石 人の生死あること、金石ように長久不変なものであることはないの意。


奄忽隨物化,榮名以為寶
たちまち周囲の事物と同様に変化し、しぼうしてしまうのだから、それから後に残る名誉、名声が残ることだけが大切なのだ。
 変化、死亡すること。