古詩十九首之十二 漢の無名氏(12)-2 漢詩<99-#2>Ⅱ李白に影響を与えた詩532 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1413

     
  同じ日のブログ 
     1413古詩十九首之十二 漢の無名氏(12)-2 漢詩<99-#2>Ⅱ李白に影響を与えた詩532 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1413 
     1414記夢  韓退之(韓愈)詩<78-#3>Ⅱ中唐詩445 紀頌之の漢詩ブログ1414 
     1415秦州見敕,薛三璩授司議郎,畢四曜除監察,與二子有故,遠喜遷官,兼述索居,凡三十韻 杜甫 <315-#2>漢文委員会 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1415 杜甫詩 700- 436 
   
 李商隠詩李商隠/韓愈韓退之(韓愈)・柳宗元・李煜・王安石・蘇東坡 
   2011/7/11李商隠 1 錦瑟 
      2011/7/11 ~ 2012/1/11 まで毎日掲載 全130首(187回) 
   2012/1/11 唐宋 Ⅰ李商隠187 行次西郊作一百韻  白文/現代語訳 (全文) 
     

古詩十九首之第十二首
#1
東城高且長,逶迤自相屬。
東の城壁は高く且つ長く、うねうねと続き互いにつながっている。
回風動地起,秋草萋已綠。
旋風が地を動かして吹きはじめても、秋の草は既に夏から繁って緑の色を連ねている。
四時更變化,歲暮一何速!
四季がかわるがわる変化して、としのくれとなるのもまことに早いことであろうか。
晨風懷苦心,蟋蟀傷局促。
古人の歌った『晨風』の詩には見棄てられた臣の苦愁をものがたる意があり、「蟋蟀」の詩には持っている才能を発揮できないことに心を痛めるものである。
蕩滌放情志,何為自結束!

自分はそんな思いはさっぱりと洗い去って、かって気ままにくらそうと思う。何もわが身を束縛することはないのではなかろうか。
東城 高く且つ長く、逶迤【いい】として自ら相属す。
廻風地を動かして起り、秋草萋【せい】として以【すで】に緑なり。
四時更【こもご】も變化し、歳暮【さいぼ】一に何ぞ速【すみや】かなる。
晨風【しんふう】苦心を懐【いだ】き、蟋蟀【しつしゅつ】 局促【きょくそく】を傷む。
蕩滌【とうてき】して情志を【ほしいまま】にせん、何為【なんす】れぞ自ら結束する。
#2
燕趙多佳人,美者顏如玉。
燕や趙の北地には美人が多く、その美人の顔ははれやかな玉のようである。
被服羅裳衣,當戶理清曲。
そしてうす絹の衣裳を身にまとっているいて、戸口に立ってすんだ音色の曲をかなでているのだ。
音響一何悲!弦急知柱促。
そのひびきのひとつひとつのなんと悲しげなものであるのだろう。絃の音のテンポを急にし、琴柱を動かして絃の間をせばめ、絃声を高くしたりするのだ。
馳情整巾帶,沈吟聊躑躅。
これを聴いてしまったら万感迫る思いを美人にはせ、まず自分の身なりをととのえるのであり、詩をうち沈みながら吟じてしばらく立ちどまるのである。
思為雙飛燕,銜泥巢君屋。

自分の思いはいっそつがいとなって飛ぶ燕ともなりたいものであり、泥を口に銜えてあなたの屋根の下に暮らしたいと思うのである。

燕趙佳人多く、美なる者顏【かんばせ】玉の如し。
羅【うすもの】の裳衣を被服し、戸に当りて清曲を理【おさ】む。
音響一に何ぞ悲しき、絃急【げんきゅう】にして柱【ことじ】の促【せま】れるを知る。
情を馳せて巾帯を整へ、沈吟して聊【しばら】く躑躅【てきちょく】す。
思ふ雙飛燕【ひえん】と為りて、泥を銜んで君が屋に巢くはんことを。


現代語訳と訳註
(本文)#2
燕趙多佳人,美者顏如玉。
被服羅裳衣,當戶理清曲。
音響一何悲!弦急知柱促。
馳情整巾帶,沈吟聊躑躅。
思為雙飛燕,銜泥巢君屋。


(下し文)
燕趙佳人多く、美なる者顏【かんばせ】玉の如し。
羅【うすもの】の裳衣を被服し、戸に当りて清曲を理【おさ】む。
音響一に何ぞ悲しき、絃急【げんきゅう】にして柱【ことじ】の促【せま】れるを知る。
情を馳せて巾帯を整へ、沈吟して聊【しばら】く躑躅【てきちょく】す。
思ふ雙飛燕【ひえん】と為りて、泥を銜んで君が屋に巢くはんことを。


(現代語訳)
燕や趙の北地には美人が多く、その美人の顔ははれやかな玉のようである。
そしてうす絹の衣裳を身にまとっているいて、戸口に立ってすんだ音色の曲をかなでているのだ。
そのひびきのひとつひとつのなんと悲しげなものであるのだろう。絃の音のテンポを急にし、琴柱を動かして絃の間をせばめ、絃声を高くしたりするのだ。
これを聴いてしまったら万感迫る思いを美人にはせ、まず自分の身なりをととのえるのであり、詩をうち沈みながら吟じてしばらく立ちどまるのである。
自分の思いはいっそつがいとなって飛ぶ燕ともなりたいものであり、泥を口に銜えてあなたの屋根の下に暮らしたいと思うのである。


(訳注) #2
燕趙多佳人,美者顏如玉。

燕や趙の北地には美人が多く、その美人の顔ははれやかな玉のようである。
・燕趙 周末北方の二国で、今の河北省。古来美人を産すといわれる。この句以下五聯をもって、別に一首として、芸妓を口説く詩とされた。いわば古代のラブレターというところである。


被服羅裳衣,當戶理清曲。
そしてうす絹の衣裳を身にまとっているいて、戸口に立ってすんだ音色の曲をかなでているのだ。


音響一何悲!弦急知柱促。
そのひびきのひとつひとつのなんと悲しげなものであるのだろう。絃の音のテンポを急にし、琴柱を動かして絃の間をせばめ、絃声を高くしたりするのだ。
・柱促 琴の絃を支える柱を動かして絃の間をせばめ、絃声を高くすること。


馳情整巾帶,沈吟聊躑躅。
これを聴いてしまったら万感迫る思いを美人にはせ、まず自分の身なりをととのえるのであり、詩をうち沈みながら吟じてしばらく立ちどまるのである。
・巾帯 頭巾と帯、李善注文選には、中帯とある。したぎの帯の意、身仕度をととのえる意。
躑躅 たちもとおる、足を止めて進まぬさま。また足ぶみすること。


思為雙飛燕,銜泥巢君屋。
自分の思いはいっそつがいとなって飛ぶ燕ともなりたいものであり、泥を口に銜えてあなたの屋根の下に暮らしたいと思うのである。


古代のラブレター
燕趙多佳人,美者顏如玉。
被服羅裳衣,當戶理清曲。
音響一何悲!弦急知柱促。
馳情整巾帶,沈吟聊躑躅。
思為雙飛燕,銜泥巢君屋。

燕趙佳人多く、美なる者顏【かんばせ】玉の如し。
羅【うすもの】の裳衣を被服し、戸に当りて清曲を理【おさ】む。
音響一に何ぞ悲しき、絃急【げんきゅう】にして柱【ことじ】の促【せま】れるを知る。
情を馳せて巾帯を整へ、沈吟して聊【しばら】く躑躅【てきちょく】す。
思ふ雙飛燕【ひえん】と為りて、泥を銜んで君が屋に巢くはんことを。